北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

本栖湖から海へ。

本栖湖を撤収して私たちが向かったのは…

海です!

泳がなくてもいいから海を見たい…
と、日ごろブツブツぼやいていた私のために、
今度は海に連れてってくれました。

本栖湖から一番近い、静岡県の清水港近くの海水浴場へ。

内海は穏やかでしたが、ここにも家族連れが多くて、
わん達を放せなかったので、外海に行ってみました。

すると、、
110831771.jpg
やっぱりこっちは、いい波ですね~。


山梨に移住してから一度も海を見ていなかった私。
テンションあがりまくり!
肌にまとわりつくような潮風も、この日は気持ちいい!
でも暑い!!!


裕さんも、小笠原以来の海だもんね。
110831772.jpg
呼んでません。

海を眺める女子二人。
110831773.jpg


そしてひとり、海を見つめるひばりん。
110831774.jpg
何も考えてないと思います。



波が高くて、波打ち際でパシャパシャと遊ぶのも危険な気がした。
特にドンくさい文太とひばりは危険。。。

そこで、少しだけ海水をさわりに、
オンナだけで行ってみた。
110831775.jpg
そんなオンナ軍を遠くで見てる男衆。


オンナだけって思ったのに、なぜか良太郎までついてきた。
110831776.jpg
お前は尾木ママか。

久しぶりの海水だなぁ。。。なんてピチャピチャやってたら、
ドバーッと大波が押し寄せた!

ひぇぇぇええええ! と逃げる私とまきと良太郎と…
110831777.jpg
逃げずにそのまま波にのまれるひばりん…。
白いあぶく立つ波の中、ボーッと立ちすくんで、
波がササーと引く間も、ボーッと立ったまま。。。

ふと後ろの波を見ると、次もまたこっちまで打ち寄せる気配!
「ひばりっひばりっ 危ないから早くこっち来なさい!」
何度か呼んだら、やっと私の元にゆっくり歩いてきた。
危機感ゼロ。
やっぱアブナイ。。。

ということで、危険だし暑いしで、記念写真を撮って、、、
110831888.jpg
撤収。


そしてこの近くには「三保の松原」があるので、行ってみることに。
110831778.jpg
確かに、とっても立派な松でした。
カッコイイ! と思うような松がウネウネとたくさん。

ここに「羽衣の松」があり、天女が羽衣を掛けた、という伝説の松があります。

その伝説とは…


昔々、天女がその松に羽衣を掛けて水浴びしていた所、
その様子を覗き見していたとある漁師。

「おっ、羽衣めーっけ♪」と羽衣を持ち帰ろうとする漁師。

「おいっ、それはあたいの羽衣だよ!」という天女。

「へん、やーだねっ。オレが見つけたんだ、オレんだ!」

「なんだと?! 
 それがないと天に帰れねーだろーが!
 早よ返せっ このボケっ」

「うるせー!
 そんなに返して欲しければ、羽衣の舞でもなんでも、
 なんか芸やってみな。」

「ちっ。しょーがねーなー!」

と、天女は持ちネタの羽衣の舞を舞い、羽衣を返してもらって、
やっと天に帰ることができたとさ。


という、なんともひでぇ漁師の話。
なんでこんな話が伝説になるのかわかりませんが。

この羽衣の松には
旧・羽衣の松」と「新・羽衣の松」があって、
旧・羽衣の松はもう半分枯れてたりして、
伝説の松に、なぜ「新」があるのか分からず、
しかも、「二代目・羽衣の松」なるものもあったりで、
ポリシーないんかい!
と突っ込み所満載の楽しいところでした。

でも確かに、この松群は迫力あって見事でした。

そして帰りの車の中。
110831881.jpg
乗せたとたん、バタンキュー(表現もレトロです)な北犬のみなさんと、


110831882.jpg
一人、まだまだ元気な良太郎。
ホント良太郎って、体力あるよなー。


湖、海、観光と、盛りだくさんの日曜日。

とっても楽しい一日となりました。

旦那、家族サービスお疲れ様でした☆
また頼むよ。

Comment

「お前は尾木ママか」の写真の良太郎は、
まるで、北犬ママさんを盾にしているような、、、
もしくは、後ろから近づいて背中をドンッて、、、
イヤイヤ、、、まさかね、、、そんな命がけな、、、ね。

それにしても、ひばりの予想道理の反応。
うける。。。(でもちょっと泣ける)

ハビグさん
良太郎、もし私の背中をドンッなんてしやがったら、
一緒にこの波に引きずりこんでやりますよ。
ふふっ。
ひばり、本当にボーッとしたままだったので、
マジで服が濡れるの覚悟で連れ戻しに行かなきゃいけないかと思ったんですよ~。

はじめまして。今度三保に行くので、ブログ村で検索してこちらの記事にたどりつきました。うちは犬2匹ですが、5わん1にゃんの大家族も素敵ですねー。

ありさん
コメントありがとうこざいます!
三保の松原に行かれるのですね~。
松がとてもかっこ良くていい海岸でした!
わんこの散歩コースにもなっているようで、夕方は地元のわんこ達が続々と集まってきていました。
我が家もまた行きたいです☆
非公開コメント