北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

お山で山菜採り散歩


















月曜日、またまた八ヶ岳のお友達の家に遊びに行きました。

今回は春のお山で、山菜採り&散歩です。

山道の入口に、「ツキノワグマ出没するかもよ」という看板があって、かすかにビビる私。

ま、我が家のわん達はみんな熊除けベルを着けているし、

しかも今回ひばりには、大きくて音がうるさい!というカウベルを着けているので、

きっと熊の方が音を聞いて逃げていくでしょう。。。。

と自分に言い聞かせ、いざ山菜採りへ。

このひばりのデカいカウベル。とっても良かったですよ~!

音がものすごくウルサイので、かなり遠くまで音が聞こえるので、安心です。

ただし、これを着けて近くを歩かれると、うるさくてウンザリしますが、

我が家のお山散歩には、必須アイテムとなりました。

山菜採りに慣れていない私達は、言われれば「あ、ほんとだ」と発見できるものの、

自分ではなかなか見つけられない。

そんな中、お山に住むお友達はサクサク山菜を見つけては採っていました。

せめて一つくらいは自分で発見して採りたいなーと必死になると、

まるで3Dアートを見ているかのように、目が点になってしまいます。

んーー、まだまだ修行が足りない。。。

この山道は、乗馬のコースにもなっているそうで、わん達は馬フ○を味見したり、

裕次郎は、どこかから何かの獣(たぶん鹿)の骨をくわえて戻ってきて、

「ほら見て♪ とったどー!」と、嬉しそうに私達に報告。

で、私達にあえなく没収され、残念そうな裕次郎。

しばらく歩くと、わん達が何やら反応してたむろっている場所がありました。

「何があるの?」と覗き込んで見ると、なぜかキューピー人形が落ちていました。

薄汚れてるのに、微妙に微笑んでいるそのキューピーちゃん、ちょっとホラーです。

そんな不気味に微笑むキューピーちゃんを、オモチャと勘違いして

「これは自分のモンだ!」と主張し、われ先にとくわえようとするわん達。

別にバッチくもないし、ただのキューピーちゃんなんだけど、

なんか怖くて、私達はわん達がくわえないように必死になってしまいました。

そんなホラーゾーンを通り過ぎ、ちょっとした山登りをしていると、

今度は、遠くで我が家の北犬達が何かの匂いを嗅いでいます。

しまいには、裕次郎が首のあたりをクネクネと押しつけ、臭い付けを始めました。

「コラーっ!」と急いで駆け寄ると、そこには何かの獣の死体が。

大きさからして、ウサギ? タヌキ? なんだろう…。

既に毛皮だけの状態になってましたが、くさーーーーい!

近くに寄っただけで、くさーーーい!

そして匂い付けした裕次郎も、そばに寄っただけで、くさーーーーい!

ちょっとー! こうなったら、もっと熊笹の繁みに入って走り回って、匂いを落としてきてくれ。

お山散歩では「遠くに行くな、なるべく近くを歩け」と、わん達に言っている私達ですが、

この時ばかりは裕次郎には、近くに来られると臭いので、

「裕次郎、もっと遠くを歩きなさい」と、裕次郎を遠ざけて歩いていました。

まったく、なぜ我が家の北犬達は、こんなにも無駄な動きが多いのか…。

そんな中、ふとまき子のクチを見ると、ゴムパッキンが白い泡だらけ。

そういえば、家を出る前に飲ませたきり、水を飲ませるのを忘れていた!

それに曇ってるし寒いからと、水も持たずにお山散歩に来ちゃった…。

なのに無駄な動きの多い我が家のわん達は、暑いし喉乾くしで、

舌が変な方向にデロンと垂れ下がり、ハァハァ暑そう。

ひばりなんて、まるで蒸気機関車のよう。

あらら、、、ごめんよー。

聞くと、この先に三味線滝があるというので、そこまで我慢してもらうことに。

三味線滝の少し手前まで歩いていくと、今まで重い足取りだったまき子が、

急に先頭を切って走り、それに続いて裕次郎・ひばりも走りだしました!

滝の音か水の匂いを感知したようです。

それでも微妙に私達との距離を保って走っているので、

「いいよ、先に行っていいよ」と促すと、「やったー!お先っ!」という感じで、

道ではなく斜面を斜めに下りて走っていき、姿が見えなくなりました。

私達が滝に着いた時には、我が家の北犬はすでに、川の水をがぶ飲み中。

よほど喉が渇いていたと思われ、その後随分長い間、飲み続けていました。

寒い・曇っているからといって油断してはいけませんね。

今度からは水持参でお山散歩しようと思います。

そしてこの川で裕次郎を少し洗浄。どうにか臭わなくなりました。

そんな山菜採り&お山散歩も終了し、今度は黒ラブチワワ家で、採った山菜を天ぷらにして頂きました。

黒ラブチワワのパパが、卓上で目の前で揚げてくれ、その揚げたてサクサクを頂く。

あ~、なんて幸せ。まるで高級な天ぷらのお店みたいだ…。

マジウマな天ぷら。揚げても揚げてもあっと言う間に消える天ぷら。

神様が降らす山菜天ぷらを、お箸片手に待っている飢えた人類…。

そんな感じでしょうか。(言い過ぎ?)

「揚げるのばかりで、黒ラブチワワパパは、ちゃんと食べれていたんだろうか?」

と、(あとから)心配してしまいました。

いや~、しかし、あんなに一気に天ぷらを食べたのは、私は初めてかもしれません。

胃にもたれるか…?と心配しましたが、なぜか全然胃もたれしませんでした。

前回の蕗の薹の天ぷらも美味しかったけど、今回もみんな美味しかったです。

中でも私のお気に入りは、「コシアブラ」の天ぷら。風味がサイコー♪

コシアブラ…覚えられたら覚えおこうと思います。(名前覚えるの苦手なもんで…)

わん達はお山を思いっきり走り回って、色々なもの食べて、臭くなって、

私達は美味しいものをたくさん食べられて、今回もとっても楽しいお山訪問になりました。

黒ラブチワワファミリーのみなさん、ありがとうございました!

Comment

非公開コメント