北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

せめて覚えておく。

福島第一原発の警戒区域での一時帰宅が始まって、
残されていたペット達が救出されたようですね。


「どうして最初からペットを連れて避難しなかっのだろう?」


と疑問に思っていたのですが、
「2~3日で帰れるから」と聞いていた方もいたようですね。
(私個人的には、2~3日ペットを繋いだまま、ゲージに入れたままで
しかもこのような状況の中、家を離れるのは
いかがなものかと思いますが。)


いずれにしても、あぁ、やっと一時帰宅!ペットを救い出すチャンスだね。
と思いながら見たニュースでは。

「猫も家族だから…」と泣きながら一時帰宅するある婦人を取材していました。
これ、テレビで見た人も多いと思う。
うんうん、そうだよね、良かったね、やっと助け出してあげられるね。
私も泣きながら画面にくぎ付け。
でも。
その人は、「孫がぜんそくだから」という理由で、
エサだけ置いて、猫はそのまま残していってしまいました。

ま、確かにね、繋いでるわけじゃないし、
閉じ込めているわけじゃないし、
野良化して自力で生き延びるのかもしれない。

でも。

「猫も家族だから…」と言って泣いた、
あの涙はなんだったの?


もう愕然。
次に怒りがこみ上げてきたのは私だけでしょうか。

今が一緒に暮らせない環境ならば、一緒に暮らせる環境を探すとか、
せめて信頼できる保護団体を探して預けるとかしませんか。

と、ここまで書いて、ふと思った。

保護団体に預けられて、狭いゲージに格納されて暮らすよりも、
野良猫になってて自由に生きた方が、猫にとっては幸せ?
世の中、野良猫なんて、たくさんいるしね。

そんな思いが頭をよぎりました。



動物を助けたい。
せめて自分にできること…
寄付・募金、それでいいのだろうか。
ずーっと何かが気持ちにひっかかってます。
でも、正直、今いる自分のわん達の生活を犠牲にするような事は
私はしたくない。


もう何が正解なのかわかりません。



でも、人間の都合で見捨てられた動物がたくさんいることは事実。
その悲しい現実を、目を背けず受け止めて、忘れないでいくこと。
それが今の私にできること。







サムネイル画像にしましたが、見たくない人はスルーしてください。











110516221.jpg
写ってる牛、みんな死んでいます。
エサを求めて首をのばして。

110516223.jpg
人間の為に、閉じ込められた場所で卵を産み続け、
閉じ込められたままで、卵を産んで
死んでいきました。


110516222.jpg
本当にごめんね。






これらの写真は新庄動物病院ブログからお借りしました。
色んな方がブログにリンクを貼っているようなので、
ご存じの方も多いと思います。

暗い気持ちにしてしまってごめんなさい。
でも、現実を見ること。忘れないこと。
それが今の私達にできる動物たちへの供養と思って記事にしました。



最後に。


壊れた柵から逃げだした豚らしいです。
110516224.jpg
分かっててこの場所に立っているんでしょうか。


人間は自然や動物に生かされている。
驕ってはいけない。

にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

欧米では、災害時の避難注意事項に
「IF YOU EVACUATE, TAKE PETS WITH YOU!」
(「避難をする時には、必ずペットを連れて行く事!」ですか?)
って項目があるらしいです。

様々な事情がある事は十分承知しているつもりですが、
日本のペット事情は、欧米に100年遅れてますよね。

この記事すごく良かったです。 私も前から訴えていました。嘆願書も沢山出したのに、無念です!
写真見たくないという人ほど、目をしっかり開けてみて欲しいですね。 家族だったら、置いていけないはず。すごくおかしいですよね!こういうのを聞くと飼い主さんももっと頑張って欲しいと思います。

ハビグさん
なるほど。素晴らしい注意事項…
というか、注意事項にしなくても当たり前だと思うのです。
本当に日本はペット大国と言われるくせに、ペットの命の事は何も考えていないですよね。
結局、金儲けの事だけ。
同じ日本人として恥かしく思います。


Tomotanさん
私も嘆願メールは何度か送りました。
でも、届いたと思ったら結局はお役所仕事でしたね。命よりも規則が優先される。
この写真はまだいい方。もっと悲惨な写真もあるのですよね。
そして現場はもっと悲惨。
やはり忘れてはいけない現実です。

自分が実際に被災してみないとわからないけど、牛などの家畜達、せめて柵から出して自由にしてから避難して欲しかったと思う。悲しいね。

Re: タイトルなし

エバさん
そうですね。実際に被災してないから言えることもあるかもしれません。
動物は、せめて自由に行動できるようにしておいてあげれば、
まだ救われた命もあったろうに、と思うと悔しくてなりません。

私もそのブログ少しだけみました。

切ないしやりきれないし・・
何が正解か分からないよね・・

けど伊豆大島で被災犬を保護してる人の
ブログを見ると飼い主さんに会えてホッと
したりしますhttp://osanpoikuyo.blog112.fc2.com/

ちなみに5月から私は転勤で水戸暮らしですが時々ツイッターでつぶやいて情報拡散をと
思ってるこのごろだよ。

Re: タイトルなし

ポレポレさん
本当、正解は分からないよね。
被災した犬を助ける団体も色々あって、純血種しか保護しないとか、
保護団体だってウソついて純血種を捕まえて
繁殖に使おうとする悪い人達もいるらしい。
伊豆大島にも保護してる人がいるんだね!
頭が下がる思いです。
…って、今水戸にいるの?!
山梨にはいつくるの?(笑)

5月から水戸暮らしだよ~

山梨に行きたいよぉ~
Yっちも奈良から行ったんだもんね~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメさん
さすが鍵コメさん!!
そして、お疲れ様でした。
こちらこそ、色々な意味で本当にありがとうございます。
今後も、自分にできることを探していきます!

Re: タイトルなし

ポレポレさん
水戸か~。
そうそう、Yっち一家も来たよ。
れんちゃん強化合宿(笑)
非公開コメント