北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

番傘の話・其の三

ホーローキャニスター&ガラスと、私の番傘。

1000円の商品と300円の番傘を交換しない?

と、言ってきたお店のおばちゃん。

んー、、、なんかそれって、

その商品、本当は二つで300円で売ってもいいような物ってことか?

それともこの番傘、1000円出してもまだ安いと思えるようないい代物なのか?

なんだか複雑な心境になって考えてるいると、

「私ね、番傘の骨組が欲しいのよ。」と言う。

聞くと、番傘を全部分解して、骨組を使って、籠とかバッグを作っているのだとか。

それはスバラシイと思うものの、この番傘が分解される所を想像したら

なんだかセツナクなってしまった。 

もうボロボロで破れまくりで傘として機能しない番傘の骨組を利用するならまだしも、

この子はまだこうして私の日傘として頑張ってくれている。

妙な安心感のある日陰を作ってくれている。

そんなこの子をバラバラにしてしまうなんて…。

そう思ったら、いくらお金を払われてもこのおばちゃんには譲れない!

と、なんだか急にこの番傘がいとおしく思えてきてしまい…

いやいや、そんな! 300円だったのに悪いですよー、

とかテキトーに誤魔化していたのだけれど、

おばちゃんもなかなか引き下がってくれない。

「えー、でもこの傘の鶴の絵が可愛くて気に入ってるしー」

と言えば、「鶴? あぁ、でも小さい絵じゃないの」と返され、

「いやいや、破れてないし、穴も開いてないし、まだ充分番傘として使えるから…」

と言えば「穴、開いてるじゃないの! ほらここに! 雨もってくるよ!」

なんて、針でプスッとしたくらいの小さな小さな穴を指摘。

「えー、こんな程度なら雨しのげる…」

という私の言葉をかき消すように、「ね、ね、その番傘、欲しいのよ!」と押してくる。

今の私には日傘が必要なんだ! とアピールしようと、

「えー、でも、今この番傘なくなっちゃったら、私、日傘がなくなっちゃうもん。」

と困った顔してみせると、

「あるわよ、日傘ならここに!」

と、おばちゃん、いつのまにか私物であろう赤いビニールの折りたたみ傘を手にしてるし…。

1000円の商品と交換する上に、更にその折りたたみの雨傘もくれる、というのか。

だんだんおばちゃんの勢いが怖くなってきた私。

もうこれはハッキリ言わなきゃわかってくれないな、と覚悟して、

「んー、ごめんなさい、この番傘、気に入ってるし好きだから譲る気ないです」

と言うと、やっと

「あら、、、残念、、、。」

そう言いながら、手で私が買ったホーローとガラスを新聞紙で包み始めたけど、

目は私の番傘しか見ていない。

おいおい、きっちり包めよ…と思いながら、

1000円を支払い、ホーローとガラスを受け取った。

すると、「ね、他に番傘売ってる店あった?」と。

あったあった! さっきの白い布の番傘! でも値段聞かなかったなぁ。

と説明すると、そのおばちゃん、その白い番傘欲しい、と言いだした。

「でも、お店、無人にするわけにいいかないし…」

というので、なんなら一瞬、お店番をしてましょうか? と提案すると、

「んー、それも…。 あのさ、その番傘、値段聞いてきてくれないかしら?
 で、1000円以内なら買ってきて!」

要はパシリなんだけど、私の番傘がこれでおばさんから解放されると思えばお安い御用。

「いいよー、1000円以内ね。わかった。」 「うん、悪いね。」

なんて、まるで、友達か?! というようなやり取りをしてそのお店を離れた。



…ふぅ…。とにかく脱出した…。

胸をなでおろしながら、白い番傘の店に行ってみると、

店のオヤジ、ちょうどその白い番傘を手にして開きながら、

同業者と思われるオヤジと、談笑していた。

そして私の番傘を見るなり、その白い番傘をアピールしてきた。

「おっ番傘!
 でもこっちの方がいいよ~
 これは布張りだから丈夫だよ~、だから雨の日も使えるしね~
 ほら、ハジキもちゃんとしたいい金具使ってるんだよ。
 細かいところまでキチンと作られてるだろ?
 そっちの番傘より立派だよ~」


…このオヤジ… 商品を売ろうとするばかりに客を敵にまわしちゃうタイプだな…

と、若干、むかっとする私。

今ここで値段を聞いたら、

その白い番傘に興味があるように思われるのがスゴ~クしゃくだけど、

頼まれてるんだからしょうがない。 いくらですか? と聞くと、

3000円だ、と。

たとえ半額にしてくれても1500円だもんなぁ。

おばちゃん、残念。

その3000円が高いのか妥当なのか分からないけれど、

そんな白く小奇麗な番傘よりも、私の素朴な番傘の方が可愛いよ。

金具を使ってる?

私の番傘はハジキだって竹でできてるんだよ。

そっちの方がカワイイじゃないか。

なんて思いながらおばちゃんのお店に戻ると、

期待を込めた目でおばちゃんが「どうだった?」

「3000円だった…」と言うと、あら~、とあきらめ顔。

やっぱり3000円じゃ買わないらしい。

そしてまた私の番傘を見た。 やばい、また売ってと言われるのか?とビビってると、

「あら、何かついてるわよ」と、番傘に手を伸ばしてきた。

ん? なに? と見ると、300円の値札。

「あっ、そうだ、値札取るの忘れてた(汗) 300円。」

というと、そのおばちゃん、今度はちゃんと私の目を見て

「アンタ、正直者だね。あ、いや、こんなんで嘘ついたってしょうがないもんねぇ」

と、意味不明な事を言ってきた。

そして「ありがとうねー」と。

いえいえ、いいんですよーじゃ、また~、と、お別れをした。

しばらく歩いていると、誰かに肩を叩かれた。振り返ると、さっきのおばちゃん。

やっぱりどうしてもその番傘、売って!!

そう言われるのかと一瞬構える私。 でも、違った。

「さっきのお礼、何もなくてごめんねぇ、これ、良かったら何枚でも持ってって。」

と、手にしたビニール袋には、たくさんのポケットティッシュカバー。

えー、そんな、わざわざ店離れてまで… お礼なんていいのに。

と思いつつ、おばちゃんの気持ちがなんだか嬉しくなって、

ポケットティッシュカバー、2枚もらっておきました。

「ほんと、ありがとうね、じゃ、またね!」

そう手を振りながら、おばちゃんは足早にお店に戻っていき、

私達は改めてフリマ物色再開したのでした。

101002007.jpg

☆番傘の話・其の四につづく
 まだ続くのか、とか言わないの☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

Comment

非公開コメント