北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

番傘の話・其の一。

先月中旬の話になりますが。

隣町のフリーマーケットに行ってきました。

そのフリマは骨董の店も出るので毎月楽しみにしてるんですが。

その日はとーっても、バカみたいに暑くて、

フリマ会場に着いて車を降りた途端、クラ~っと目眩がするほどの殺人的な暑さ。

帽子被ってきたけど…全部の店を回れるかな…

なんて思いながら物色開始してすぐ、目に留るものが。

番傘

これ、日傘かわりになるかな? なんてちょっとだけ開いて、値段を見ると…

¥300と値札が貼ってある。

とりあえずの日傘にはなるかな…300円ならいいかな…

なんて思いつつも、迷ったので、番傘を閉じて元の場所に戻してその場を後に。

旦那は横で、同じ店が売ってるカーゴパンツなんて見ている。

「おー、そのカーゴ、サイズ合うんじゃない?」

なんて言いながら、ふと、番傘の思い出が蘇った。。。





あれは…そう、もう10年以上前かな。まだ旦那と知り合って間もない頃。

私達は表参道で友達と会う約束があった。

当時は世田谷に住んでおり、バイクも車もなかった私達は、バスで渋谷まで行く事に。

渋谷まで出ているバス停に行く途中の公園で、ちょうどフリマを開催していた。

時間に余裕があったので、しばらくフリマを物色していると、突然の雨。

傘なんて持ってなくて、バス停まではまだ距離があって、どうしようかとふと見ると、

突然の雨に慌てて撤収し始めてる店に番傘があった。

傘。確かに傘…たけど…番傘。 でも今はとにかく雨をしのげる物が欲しい!

これ幾らですか?と聞くとお店のおっちゃん、

んもう!今、撤収で忙しいんだよっ みたいな口調で100円!と言い放った。

おぉ。100円ならいっか、と、その番傘をゲット。

さっそくその番傘をさしてバス停まで行き、そこから渋谷まで。

渋谷から表参道までは歩くことに… 番傘のあいあい傘で。

すると、道ゆく人、みんなが 「おぉ???」 「何???」 という顔して私達を見た。

2度見する人もいた。

んー、確かに。番傘のあいあい傘で渋谷を歩くカップルはそういないだろう。

色んなファッションセンスの行きかう渋谷でも、番傘は相当珍しいらしい。

そんな周りの「奇妙な人を見る目」が、なんだかちょっと面白くなってきた私達。

そして表参道に差し掛かると「奇妙な人を見る目」とは違う視線が加わった。

そう。表参道って、外国人が多いんですよね。

その外国人の、番傘の私達を見る目が、日本人のそれとは違うんです。

お土産屋さんとか伝統工芸屋さんで見る番傘を、

実際に使ってる! 若いカップルが番傘であいあい傘してる!

さすが日本人! これぞ日本の雨の風景! 風情がある! すばらしい!

そんな、羨望の眼差しというか、ちょっと憧れも入ってる感じの視線。

特に、オリエンタルバザーっていう名前だったと思うけど、
(今もあるのかしら?)

その店の前を通った時はすごかった。

店の入口で雨宿りをしてるのはみーんな外国人。

たくさんのその外国人達が、私達を発見するなり、

ワォ…  ホゥ!

みんな感嘆の声をあげ、、私達を指さす。

指さして、なにやら言ってる。


「ジャパニーズごにょごにょ…」
「アンブレラごにょごにょ…」
「BANGASAごにょごにょ…」


奇妙な人、とか、変わった人、という目で見られるのは面白がれるけど、

こんな風に羨望の眼差しで注目される事には全く慣れてない私達。

超ーーーーーーーーーーー恥ずかしくなって、二人して足早に通り過ぎた。

で、友達と待ち合わせのお店に到着。

その時、待ち合わせしていたお友達というのは、

生まれも育ちもニューヨークというドイツ系アメリカ人の彼と、その日本人の彼女と、

あなた、どー見てもメキシコ人でしょ?という顔をした日本人の男友達。

先に到着してテーブルに着いていたそのアメリカ人の彼は、私達の番傘を見るなり、

「それ、もしかして番傘? さしてきたの?」と興味津津。
(彼は日本文化とっても詳しい人。)

そう、来る途中のフリマでね、100円だったからね、とりあえずの雨しのぎ。
でもさすがにこれで表参道歩くのは恥ずかしかったよ。

という話をすると、

「なにいってるの! ナイスだよ! とってもクールじゃないか!」

と、ものすごいいい笑顔で褒めてくれ、

羨ましそうな顔をして番傘を見たりしてて。

そして私達はご飯を食べ、 お茶をしてたくさんおしゃべりし、そろそろ帰ろうか、

と店を出た頃には、もうすっかり雨もやんでいて…。

そうなると番傘の出番はないわけで。そこで、

「もう使わないからこの番傘、もし良かったらいる?  あ、荷物になっちゃうかな」

と、アメリカ人の彼に番傘を差し出すと、

「えっ? ホント? いいの? 嬉しい! すっごく嬉しいよ! ありがとう!」

と、目をキラキラさせて、手にした番傘を嬉しそうに開いたりしてる。

あー、こういう時の喜び方、アメリカ人って上手いなー。

「よかったね! 日本のこういう物、大好きだもんね!」

なんて言いながら、喜んでる彼を見て喜んでる日本人の彼女。

「よかったじゃん! 今度から雨の日は番傘さして通勤だね!」

なんて言いながらアメリカ人の背中を叩く、メキシコ人の顔をした日本人。

そんなみんなを見てたら、こっちまで嬉しくなっちゃって。

100円の番傘なのに、とってもいいプレゼントした気分になっちゃって。

そんなこんなで楽しかった時間はここで終わり。

雨なんてもう止んでるのに、番傘さしてウキウキしてるカップルと

いい笑顔のメキシコ人っぽい日本人の友達に、

道だけがまだ濡れている表参道で思いっきり手を振って、

渋谷に住む彼らとはお別れしたのでした。





300円の番傘を見て、ふと思いだした、そんな若かりし頃の思い出。

なんとなくその番傘の元に戻って、今度は開いてさしてみた。

破れ、穴もなく、状態は良し。

思ったより大きくて、番傘が作ってくれた日陰がとっても心地イイ。

ねぇ、これ日傘に買っていい? と横でまだカーゴパンツを物色してる旦那に聞くと、

お、いいじゃん、いいじゃん! とこれまた心地イイ返事。

なので、私は番傘をさしたままでお店のオヤジに、「これください!」

するとそのオヤジに、買うと思ってたよ、みたいな目で「似合ってるよ」と言われてしまった。

えー?ほんとー?なんて言いながら300円を払ってその店を後にしました。

思えば前から日傘があるといいな、とは思ってた。

でも、毎年小笠原に行って真っ黒に日焼けして、雪遊びじゃ日焼け止めも塗らず、

ホワイトニングなんて言葉がまったく不似合いな私。

他人が見たら別になんとも思わないんだろうけど、

日傘をさす自分て…なんて思うと、なんとなく抵抗があり…。

でも番傘なら私も堂々と日傘させる!

恥ずかしくない!

しかし。。。またしても「とりあえずしのぎ」で番傘買う事になるとは!

番傘に縁があるのかしら…

でも番傘、大きいから日陰も大きくて涼しい! 具合がいい!

いい買い物したな~ なんて満足しながらフリマ物色を再開するのでした。。。





☆番傘の話・其の二に続く…☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

Comment

非公開コメント