北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

エルちゃんの事。犬の飼い方はそれぞれなんだけど…

昨日、お隣さんに頂きました。

赤玉ねぎ、キュウリ、ナス、ピーマン。

あ~、本当にありがたいです。

で、いつもおすそわけを頂きにお隣さんにお邪魔した時はいつも、

お隣で飼われているわん達をナデナデするのですが、

二匹いるハズなのに一匹しかいない…。

聞くと、もう老犬だったエルちゃんが亡くなったと…。

もう17歳だったというから、大往生と思います。

実は数日前、そのエルちゃんが夜、変な鳴き方をしてたんです。

エルちゃんはご飯の時間になると、まるで羊のような鳴き声で鳴いて、

ご飯の器をカラカラと音をさせて、催促していて、

その声と音は我が家まで聞こえていました。

その日はいつもの羊のような鳴き声でもなく、器の音もしない。

時間も遅い。


「エルちゃん、なんで鳴いてるのかね?、まだご飯もらってないのかねぇ。
 いつもと鳴き声が違うし、もうご飯の時間はとっくに過ぎているはずだし…。
 もしかしたら、まきこのヒートに反応しちゃってるのかね?」


そう旦那と話していたんですよ、と奥さんに言うと、


「あーそれそれ、その日ね、亡くなったのは。
 そうなのよ、変に鳴くから私もおかしいと思ってね。
 だからそばに行って、ブラッシングしてあげながら撫でてあげると静かになるの。
 でも離れるとまた鳴く。それの繰り返しでねぇ。

 もう歳だったからどこか体の具合でも悪いのかと思ってね。
 お父さんにも、エル、もうダメかもよ~なんて話ながらね、
 エル~痛いのか~エル~ って言いながらブラッシングしてあげて。

 で、ちょっと家の中に入ったら鳴かなくなった。
 あら、鳴かないわ~、と思ってね。見に行ったら、亡くなってたのよ。」

あ、そうか。あの夜の鳴き声はエルちゃんが

「そろそろ逝くからそばにいて。」と訴えていた声だったんだ…。

奥さんも、「きっとそうだったんだと思うのよ」 としみじみと話していました。

あの夜の鳴き声が最後を知らせる声だったなんて。


それを聞いて、私はどうしてもやるせない気持ちになってしまいました。

なんで気がついてあげられなかったんだろうって。

お隣さんはあの夜、エルちゃんが亡くなる寸前、「もしかしたら…」と思うなら、

なぜずっとエルちゃんのそばにいてあげなかったのか?と思うんです。

話によると、犬が好きと言っている隣のご主人は  

エルちゃんがいつもと違う事に気がついていながらも、

家の中にいたままで、最後には立ち会っていないそうです。

で、本来なら動物が嫌いで、犬を飼う事もあまりよろしく思っていない奥さんが

家の中とエルちゃんを行ったり来たりしていたそうで。

エルちゃんも最後くらいはそばにいて欲しくて鳴いていたんじゃないかと思うんです。

17年も飼われたエルちゃんが逝く時、そばにだれもいてあげなかったなんて…。

せめて、せめて私ぐらい目を閉じる瞬間、一緒にいてあげられたのでは?

なんであの時のあの鳴き声に気がついてあげられなかったんだろう?

すぐ隣の家にいたのに、鳴き声を聞いていたのに…。

だって、お隣さんのわんこでしょ? 仕方ないよ。 そう思ってはみるものの、

いろんな思いが頭をぐるぐる回って、どうしても自分を責めてしまう。



…実はお隣さんの犬の飼い方は、以前から気になっていたんです。

エルちゃんは完全外飼い、鎖に繋がれっぱなし。

小屋は畳・二畳ほどの広さはあるものの、三方を板で囲って、波板の屋根が付いているだけ。

その壁や屋根ももうボロボロで隙間だらけ。

あれじゃ、雨ぴたし。ちょっと風が吹いたり、台風がきたらしのげない。

床は土で、すでに土と同化し始めている古汚いゴザと毛布があるだけ。

雨が降ればドロドロ。 雪溶け時期もドロドロでした。

ウンPは新旧、鎖の届く範囲にゴロゴロしていてハエが飛び交っている。

体はガリガリ、毛ツヤなんてありゃしない、目ヤニだらけ、皮膚病だらけ。

水の入った洗面器は、コケで緑色になっている。

私から見ると、「劣悪な環境で飼われている可哀そうな犬」にしか見えなかったんです。

私は、人懐こいわんこだと、思いっきり全身でワシワシッとしてあげるのが大好きですが、

エルちゃんは、申し訳ないけど、ちょっとそれはできないような不潔な状況。

でもエルちゃんはとっても人懐こくって、私が行くと尻尾をゆらゆらさせて、

嬉しそうに私をじーっと見つめ、いい顔をして撫でられていました。

「じゃ、エルちゃん、またね」と言いながらそばを離れる時は、

「もう行っちゃうの? だよね…。 帰っちゃうよね…」

と、少しさみしそうな顔で、私を見るので、

いつも後ろ髪を引かれるような、セツナイ気持ちでした。

もう歳だからか、もともとしない主義なのか知らないけど、

散歩に連れて行っている様子もなし。

外で飼うな、とか、鎖に繋ぐな、とは言わないけれど、

せめてもう少し飼育環境を考えてほしい、と常々思っていました。

でもここは田舎だし、犬を飼う考え方の違いはそれぞれなので、なにも言えず。

前に奥さんが、

「息子や娘から、これじゃ、飼い殺しだよ! って言われるんだけど、
 犬なんてこれでいいのよ。ウチはこの飼い方でいいの。」

そう言いながら、我が家が犬を家の中で飼っているのを、信じられない!といった顔をしていました。

その様子から、犬の飼い方を考え直す気は全くないんだな、と思っていました。

意味なく叩いたり蹴ったり、ご飯を与えていない、屋根のない所でつなぎっぱなし、、、

という明らかな虐待行為があれば、私も何かしらしてあげられたけど、

そうじゃなきゃ、やっぱり言えないです。ましてお隣さんだし…。

だからといって、私が散歩に連れて行くのも…。

私はエルちゃんをこの先もずっと、ちゃんと散歩に連れて行ってあげられるのか?

中途半端な思いで手を出してはいけないと思うのです。

ヘタに外の楽しさ、散歩の楽しさを知ってしまうと、

今度は散歩に行けない時、ストレスになっちゃうだろうから。

我が家の文太がいい例です。

文太は三年間、繁殖犬として暮らしてました。

もちろん愛情を受けて育てられていましたが、外の世界は知らず。

でも、それで、その生活で文太は幸せだった。

で、我が家に来て、外の世界、散歩の楽しさを知ってしまった今、

もう文太は繁殖犬の生活には戻れないでしょう。

散歩のない生活は、今の文太にはストレスになるはずです。

でも田舎って、まだまだこんな飼い方している人はたくさんいるんですよね。

というか、都心のような飼い方をする人種の方がまだまだ少ないんでしょうね、今の日本は。

で、そんな人とわんこが隣にいて、しかもそれを、

何もできないままでいる私は、なんだか見て見ぬふりをしているようで、

エルちゃん達に申し訳ないような気がしてたんです。



お隣さんにはその亡くなったエルちゃんの他に、もう一匹犬がいます。

こちらはまだ若くて、人懐こくって、元気いっぱいの男の子。

こちらの子はご主人が朝、散歩させているのを旦那が見かけているので、

とりあえず、朝の散歩はしてもらっているようです。

小屋も、日曜大工で作ったような、ちゃんとした犬小屋があるので、雨風もしのげる。

でも、鎖につなぎっぱなしで、新旧ウンPがゴロゴロしているけれど…。

奥さんが昨日、

「これからは私も散歩に行けるわ。二匹じゃ大変だけど、一匹なら私もなんとか。」

と言ってました。

はたして本当に奥さんは散歩してあげるのでしょうか?

だって頭数は、散歩できない理由にはならないハズですもんね。

奥さんも散歩を通じて、犬を飼うことに対する考え方が少しでも改善されればいいのですが…。

そんな奥さんですが、昨日はこうも言っていました。

「エルがもういないのに、ご飯の用意を2匹分しちゃいそうになるのよ。
 
 それに、エルがいた小屋の前を通るたび、ふっと見ちゃうのよね。
 
 それで、あ~エルはもういないんだ~って思うの。

 やっぱりさみしいわよね、今まであそこにエルがいたのに、今はいないなんて…。」

もう病気だからとか、歳とったからとか、もういらないから、

なんていう信じられない理由で保健所に処分に連れてってしまう人間もいる事を考えると、

どんな飼い方されていたにせよ、亡くなってから「さみしい」って思ってもらえるのなら、

エルちゃんはまだ幸せなのかな…。


エルちゃんは、飼われ始めた頃はどんな扱いだったのかはわかりません。

でも、少なくとももう何年も、あの不衛生な場所で繋がれたまま、

鎖の届く範囲の世界しか知らず、庭から見える景色だけを眺めながら、

朝晩の御飯と、たまに撫でに来てくれるかもしれない人間を待ちながら、

春・夏・秋・冬・・・ただ時間が過ぎてゆくのを待ちながら生きていくしかなった。

それがエルちゃんにとって幸せだったのか、不幸だったのかはわかりません。

でも、どうしてもこう思ってしまうんです。

「エルちゃん、次に犬に生まれ変わったら、もっと違う人間に飼われて、もっと愛情たっぷり受けて、
 もっと快適でいい暮らしができるといいね。
 いや、きっとできるよ。だってエルちゃん、今生、ずーっと耐えたんだもんね。
 でも、、、本当にごめんね、エルちゃん、私、何もしてあげられなかったよ…。」


なんだか何をどう書いていいのか分からなくて、
これって単なる私のエゴなのかもなんて思ったりもして、
書いてる最中にひばりの発作があったりもして、
まとまりのない内容になったかもしれません。

でも、エルちゃんの事、どこかに残してあげたくて記事にしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

Comment

こんにちは、いつも読み逃げしてます(笑)。
北犬大好きな私にとって、北犬ママさんの暮らしは憧れです。
ウチも、雑種を06年に保護し、ハスキーセナは、去年9月に1歳7ヶ月の時に里親になりました。
セナは、文太くんと同じく繁殖犬として迎えたコだと思います。
元々そこは、土佐犬メインのブリーダーで、他にサモエド、ピットなど、10頭近くの繁殖犬?がいたんです。
飼育環境は、悪くなかったし、ブリーダーさんもいい感じでセナも大切にして下さってたんですが・・・
でも、セナが2歳になる前に交配してできた子が死産してしまい、その後子宮摘出手術をし、里親募集をしていた所を知人を通じて紹介してもらいました。
やはり、あれだけの大型犬がたくさんいると、毎日散歩なんて無理だったのでしょう。
セナも、ほとんどを檻の中で過ごしていたため、若い割にはビックリするほど筋力がなくて・・・
車には飛び乗れない、川へ行けば堤防を駆け上がれない、這い上がろうとしても、後ろ足が弱過ぎて前足だけで這いつくばってる感じ。
これがハスキー?ってくらいでした。
それからは、毎日川岸ダッシュ、田んぼを走り回らせ、3ヶ月くらいたってようやく、まともに筋力がついてきたんです。
人に甘えたくても甘えられなかった反動か、甘え方も半端なく、常に私や主人、空のそばにいます。
きっと、今の楽しさを知ってしまった以上、文太くんと同じく繁殖犬としての暮らしには戻れないでしょうね。
まっ、子宮を取ってしまったので繁殖犬にはなれないけど。

飼い方も人それぞれで、やっぱりこっちも田舎で、犬は庭先で繋いで飼うものって思ってる人が多いです。
義母んちは(5歳の柴くん)、朝晩きちんと散歩もし、ご飯もあげて可愛がってますが、雷が大嫌いで腰を抜かして動けなくなってたことがあったんです。
「雷の日くらい、玄関にいれてやれば?」って行ってみたのですが、「それは、イヤ」でした。
毛が抜けて汚れるのが、イヤみたいで。
真夏もよしずをかけて、日よけ対策はしてますが、やっぱり炎天下はこたえるのでしょう。
成犬になってから保護した空なので、年齢は推定ですが、8~10歳です。
5歳の柴くんの方が、もうすでに老化現象が出てるんです。
獣医さんに、老化が始まってると言われたそうで。
「過酷な寒さ、暑さがダメなんだから、状況を見て、玄関に入れるなりすれば違うよ」と言ってみたけど、反応なし。

エルくんみたいに、新旧のうんちが転がってる家と比べれば幸せなのでしょうが、見える所にいるので、切ないです。

そうそう、ひばりちゃんが生まれた頃に空を保護したんです。
ニアミスでした!
前から北方犬が欲しかった私は、空を保護してひと月経った頃に、知人のブログにひばりちゃんのきょうだいのオーナーを募集してたんです。
さすがに、保護したばかりだったので子犬は無理だったので、泣く泣く諦めました。

これからも、ブログを楽しみにしてます。
ひばりちゃんの発作、あれから落ち着いていますか?
お疲れが出ませんように。

エルちゃんのこと、じっくり読んで
泣いてしまいました。
確かに、犬の飼い方は人それぞれかもしれないのですが、せめて散歩に連れていってあげて、ウンチのお掃除などしてあげてほしかったですね。
そして、最期ぐらいは・・・そばについてあげてほしかったですね。
ママさんはとっても優しい方なので、つらいと思いますが、ママさんと一緒に暮らしているワンちゃん達はとっても幸せですね。
ひばりちゃんの発作はどうですか?
早く治まってくれるといいですね。

今日は!
エルちゃんの記事、読みました。
そして、泣いちゃった!
都会もそうだけれど、本当に飼い主で犬の人生が決まっちゃいますね。
私も偉そうな事は云えないけれど、田舎暮らしは私にとっても改革有るのみだと感じています。
変わり者だと云われても良いから、犬も猫も一つ屋根の下で寝起きするです。
寒い時には、犬に服も着せるし!
行けるかどうかは分からないけれど、25日の天神祭の本宮には花火が上がるので、一応 仕事を休んで島根県の出雲に行こうと考えています。
龍(りょう)が、毎年 花火が上がるとブルブルと震えてヨダレが滝のように流れるのが可哀想なので大阪を脱出、車の免許と新車が有るのに利用しない訳にはいかない。

ひばりちゃん、発作から解放される日が来ますように!

北犬ママさん、こんばんは。
ご無沙汰してます。

ひばりちゃんの発作、どうですか?
ママさんもお疲れでしょう…。
大丈夫ですか?
どうか早く発作が落ち着きますように。

エルちゃんの事を考えると、
そして、ママさんがどれほど心を痛めているだろうと思うと切なくて涙が止まりませんでした。

どんなに劣悪な環境で飼われていたとしても、最後の最後くらいは家族と一緒にいたかったんでしょうね…。

エルちゃん、次に生まれてきたときは、
のびのびと過ごせる環境で愛情をたっぷり受けて幸せになってほしいです!

犬の飼い方は本当に人それぞれですし、
口を出すのはなかなかできない問題ですよね。
これから先、犬の飼い方や飼い主さんの考え方も時代と共に変わっていって、不幸なわんこが少しでも減っていくといいですね。

空ママさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。
そうですね。外飼いでもいいんですけど、天候を考慮して臨機応変に、屋内に入れてあげるとかしてあげてほしいです。
ブログ拝見しました!空ちゃんもセナちゃんも美系ですね♪カワイイ♪
空ちゃんもセナちゃんも空ママに引き取られて幸せですね!本当に良かった!
これからも宜しくお願いします。


ひなこママさん
そうなんですよね、せめて最後くらいはそばにいてあげてほしかったです。
自分が死ぬ時、一人でもいいの?って聞いてみたい(笑)いや、マジで、自分のわんこの飼い方と同じ生活させてみたいですよ。
ひばりは落ち着きました!ご心配おかけしました!



スコッチさん
あー、「変わり者」わかります!
こちらの田舎も、ちょっとでも周りと違うとすぐに「変わり者」呼ばわりです。
我が家も大きい犬四匹いるだけで、変わり者と言われていると思いますよ~。
変わり者・上等!ですよね。
人に迷惑かけなければ他人が何を言おうと関係ない、と思います。


きっちょむママさん
ご心配おかけしました!
ひばりは落ち着きました!今は元気一杯です。
これから先、犬の飼い方が少しでも改善されればいいんですけど…。田舎の、しかも年寄り達の世代には理解してもらうのは大変でしょうけど…。
そして犬はモチロン、色んな動植物たちが幸せに暮らせる世の中になってほしいものです。
非公開コメント