北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

丼ちゃん命日 葬儀の様子。

今日は、フェレット丼ちゃんの命日です。

凛々しい顔の丼ちゃん。

早いもんで、あれからもう一年が経つんですねぇ。。。

去年の今日、仕事から帰ったらもう既に亡くなっていた丼ちゃん。

ペットのお葬式って、ちょっと…やり過ぎだよ…と思ってましたが、

丼ちゃんを亡くした時、当たり前のようにペットの葬儀屋さんを

ネットで検索してました。

で、見つけたのが、当時の私の職場に近いペット葬儀屋さん。

亡くなった翌日は一日丼ちゃんと一緒にいて、その次の日に火葬の予約を入れました。

火葬の当日、仕事だった私は、朝、火葬場に向かう車の中で、会社の上司に

「ペットが亡くなり、午前中に火葬に行くので、午後出勤させてください」

と電話を入れました。

その電話口で、最初は普通に喋れていた私でしたが、

急に悲しみがこみ上げてきて、言葉に詰まって

話したいのに何も声にならなくなってしまって…。

電話口とはいえ、上司の前で号泣してしまいました。

上司(女性)は 「あら…なんと言っていいか…遅刻で大丈夫なの?」

と、気を使って優しい言葉をかけてくれたのですが、

その時、会社はちょうど繁忙期で一日休むのは厳しいのを知っていたので、

「はい、昨日一日、一緒にいてあげられたので…

 火葬場も偶然、職場に近いので午後から出られますから大丈夫です…」

と泣きながら説明し、電話を切りました。

葬儀屋さんに近づくにつれ、

「ペット火葬場・反対!!」 「環境悪化のペット葬儀屋・断固反対!!」

という看板があちこちに立てられており、

近所の住民には迷惑がられている葬儀屋だと、一目で分かりました。

でも出迎えてくれたのは60歳くらいの男性と、30歳くらいの男性で、

とても人が良さそうな雰囲気の方たちでした。

丼ちゃんを焼くのに、愛用のハンモックに寝かせ、

エサとリードを周りに並べてあげたのですが、

それを見て葬儀屋さんは申し訳なさそうに、

「ハンモックは完全に焼けず残ってしまうので、

ハンモックは外してください」

と言ってきました。

「愛用だったんです…、一緒に焼いてあげたいんですが…」

とお願いしてみましたがダメで、仕方なく丼ちゃんをハンモックから出し、

用意してくれてあった布の上に寝かせました。

ちょっとした用意があるらしく、「しばらくお待ちくださいね。」と、

葬儀屋さんが奥にひっこんでいる間、

色とりどりの花に囲まれた丼ちゃんをずっと撫で続けました。

「え? 寝てただけだよーん♪」 なーんて目を開けてくれないかな…と思いながら。

その時、ふと丼ちゃんの匂いを嗅ぎたくなった私。

丼ちゃんの体に鼻をつけてみると、

まだ丼ちゃん独特の匂いがしていました。

「そうそう、コレコレ。これが丼ちゃんの匂いなのよ…」

そう思ったら、なんだか不思議な感覚に陥りました。

今、目の前に丼ちゃんがいるのに、いない…。

今、目の前のフェレットは、間違いなく丼ちゃんで、

丼ちゃんの顔も毛も髭も、そして匂いもここにある。

なのに、丼ちゃんはいない…。

なんか、ソレって、すごく不思議…。

あ~、死ぬって、こういう事なんだ…。

体っていうのは、本当に魂の入れ物に過ぎないんだな…。

そう思うと同時に、

焼いてしまったら、もう丼ちゃんには触れないんだ、

この体にも毛にも触れない…

そう、この丼ちゃんの匂いもなくなっちゃうんだ…。

そう気づいてしまった私は

「そんなのイヤだ! 焼きたくない! 亡骸でいい、このまま一緒にいたい!」

と、急に火葬する事を後悔し、キャンセルしちゃおうか?と思い始めました。

しかしそんな事できるはずもなく、剥製なんて、もっと可愛そう…。

そんな事を考えているうちに葬儀屋さんの用意が終わり、

「では、これから火葬に入ります。どうぞ、最後のお別れを…」

と、丼ちゃんを撫でつづける私に言ってきました。

あぁ、、、もうこれで本当にお別れなんだ…

そう思ったら撫でる手を止めることができなくて…。

「では、そろそろ…」

という葬儀屋の促しでやっと手を下ろして…

でも、でも、最後に丼ちゃんの匂いを嗅いで脳裏に焼き付けておきたい!

そう思った私は、丼ちゃんにキスをするフリをして匂いを嗅ぎました。

そんな私を見た旦那と葬儀屋は、ちょっと苦笑いしてたような気がします。

こうして丼ちゃんは焼かれていきました。

「まって! やっぱり焼かないで!」

そう叫んでしまいそうな自分を必死に抑えながら、

空に登る煙を泣きながら眺めていました。

すると葬儀屋さんが私達に、

「ハーブの一つ、ローズマリーですよ。よかったらどうぞ」

と、小さな苗を手渡してくれました。

へぇ、ハーブって育てた事ないけど、育ててみよう。

そして、このローズマリーを収穫するたび、丼ちゃんを思い出すんだ…。

私は大事にその苗を抱えました。

骨になった丼ちゃんは、葬儀屋さんに褒められてました。

「普通、フェレットの骨はもっと粉々になってしまうのに、

 丼ちゃんは骨がシッカリした子だったんですね。

 ほら、全ての骨がこんなにキレイに残ってますよ。

 頭部の骨が大きい! 立派ですね! 
 
 私、初めてこんな立派なフェレットを見ましたよ」

とても嬉しい言葉だったけど、

「あ~、丼ちゃんの事を褒められて親バカになって喜べるのもこれが最後なんだ」

そう思ったらまた悲しくなってきました。

骨を見ながら葬儀屋さんが、

「亡くなる直前、何か投薬とかしていましたか?」 と聞いてきました。

いえ、直前どころか、今まで病院にかかったこともないし、

モチロン、投薬もしたことないんですよ、

そう答えると、丼ちゃんのお腹のあたりにある緑色の物を指して、

「これは消化しきれなかった薬かと思ったんですが…

 じゃぁ、消化しきれなかったフードかもしれませんね。

 フードに入ってる成分で焼けずに残る物もあるんですよ、たまに。」

へぇ、そんな事もあるんだ…。 焼けない成分なんて、なんだか体に悪そうだなぁ…。

葬儀屋さんが、骨の事やその他、色々な話をしてくれたおかげで、

私はだんだん平常心を取り戻していきました。

だから、あの、「チーン」という鐘の音を鳴らす時、

旦那が鳴らし損ねて 

「ガスッ…」

と変な音をたててしまい、慌ててる姿を見た時は、

大爆笑してしまうほどまで、私の気持ちは回復していました。

こうして無事に丼ちゃんのお葬式・告別式も終わりました。

旦那は丼ちゃんと一旦家に戻ってから仕事へ、

私はそのまま仕事に行きました。

職場に入ると、先輩が私を見て悲しそうな顔をして笑って頷いていました。

「あ、この人は私の遅刻の理由、聞いたんだな」

そう思いながら上司に挨拶に行くと、

「もう大丈夫なの? 休んでなくて平気なの?」 と気遣いの言葉をかけてくれました。

はい、大丈夫です。ご迷惑をおかけしてすみません、

そう言って自分の席に行きました。

あぁ、優しい上司でよかった…。

そんな事を思いながらふと見ると、

私の机の上に一枚の紙が置いてありました。

それは… なんと、残業依頼の用紙。

大丈夫? なんて聞いておきながら、残業はさせるのね…。

アンタも、容赦ねぇなぁ…。

そんな思いで上司をチラッと見てみましたが、

気まずいのか、あえてこっちに背中を向けているようにも見えました。

ま、会社なんて、こんなもんだよなぁ…。

むしろ、ペットの葬儀での遅刻を容認してくれただけでも優しい会社か…。

でも仕事が忙しい方が気持ちが紛れていいから、と、

その日はキッチリ残業して帰りました。





こんな丼ちゃんの葬儀からもう一年が経つんですね。

本当に、一年って早い!





私は丼ちゃんに関しては後悔ばかりです。

それは、ブログ記事にもしましたが、

その後悔の気持ちは消えず、今も私の心にしっかり染みついています。

いや、染みとして残すのが私の償いのような気がするんですよ。

「あーしてあげればよかった」

「こうしてあげとけばよかった」

そんなふうに、



いなくなってから後悔するような飼い方はしちゃいけない。



丼ちゃんのおかげで、そんな当たり前で大切な事を勉強する事ができました。


ありがとう、丼ちゃん。




日向ぼっこしてる丼ちゃん
091210003.jpg

091210004.jpg

裕次郎とも仲良しだったよね~
09919210005.jpg

眉毛が変な方向なのはきっと、寝グセだね。
091210001.jpg

大嫌いなシャンプーされて、どよ~んとしてる丼ちゃん。
091210007.jpg

これが丼ちゃんのお部屋~
091210006.jpg
写ってるハンモック、これは春・夏用。

今、丼ちゃんは、

一緒に焼けなかった例のお気に入りのハンモックに入って寝てます。




さ、丼ちゃん、

次は何に生まれ変わって私達の家族になるのかな~?

わんこかな? 猫かな? それともまたフェレットかな?

丼ちゃん、待ってるからね!

☆ちなみに、葬儀屋さんに貰った丼ちゃんローズマリーは、
 その後すぐにひばりにイタズラ&食べられてしまいました…。☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

Comment

もう・・・

1年が経つんですねぇ・・。

丼ちゃんに関わらず絶対にこうしてあげればとか後悔しますよ。
大丈夫!きっとどこかから見守ってくれてますよ^^

いやもう戻ってくる準備しているかも~。

裕さんとのツーショットいい感じ。

一年て早いんだね…

人事とは思えず、泣いてしまったぜい!

文章の魔術にかかってしまった…くーっ

でも、生き物と暮らす(人間も含め)って、避けては通れない別れがあるんだよね…考えたくなくても、考えないとだよね。

来てしまう、その日まで…れんを愛しんで側にいてもらおーっと!

丼ちゃん、安らかに…

ぺぐさん
おぉ、丼ちゃん、もう戻ってくる準備してるんですかね~!
だと嬉しいんですけど♪
なるほど確かに、全く後悔しないって方が難しいのかもしれませんね。
同じ過ちを犯さないようにできる限りの愛情を注いであげたいものです!



れんママさん
泣いてしまった…?
鬼の目にも…いやいや、はははっ。
久しぶりだけど、れんちゃんは元気~?
大丈夫、れんママやれんパパの親バカっぷりは、
私も知ってるから~(笑)
きっとあれから服だって増えてるに違いない・・・。
非公開コメント