北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

咬む犬…今回はダークな内容ですが良かったら読んでください。

これから書くのは、私個人的な意見です。

いや、ただの悪口?!

異論・反論ある方もいらっしゃるかもしれませんが、

その場合はどうかスルーしてください。




***********************************************

一週間ほど前、大家さんにゴミステーションの鍵当番のやり方を教えてもらう事になった。

「こんにちは~。」と言って我が家の玄関まで現れた大家さん、手に何かを持っている。

よく見ると、お菓子のかりんとう。

私達の住む部屋は、門は別だが大家さんの家と同じ敷地内に建てられており、

我が家からゴミステーションに行くには、敷地内を突っ切って行くのが近道。

だけど、その近道には大家さんちの、あの狂暴な犬が繋がれて、待ち構えている。

リードも長めに繋がれているので、まだ慣れない私達はとてもじゃないけど通れない。

そこで、大家さん曰く、「一度オヤツをあげれば、オヤツをくれる人って認識するから大丈夫」と。

で、大家さんに渡されたかりんとうを片手に、いざ庭へ。

庭に近づく前から…厳密に言えば私が玄関を出た時から、その犬はワンワンワンワンと吠え始めた。

「こらっ ○○(犬の名前)! 鳴かないのっ。ほらっかりんとう」

大家さんがそう言ってかりんとうを差し出すと、嬉しそうに食べ始める犬。

でも食べ終わると、また私に向かって吠えかかってきた。

…これ、本当に大丈夫なのか? と思っていると、大家さん、

「大丈夫、お座りさせて、かりんとうあげちゃえばもう慣れるわよ」

なので吠えたてまくるその犬に「お座り」と言うと、ワンワン鳴いていたのが、チョコンとお座りをした。

そしてかりんとうを鼻先に差し出すと、今にもパクつきそうな勢いで待っている。

「おぉ、エライね~」とか言いながら、でも指を咬まれないようにグーの指の間にかりんとうを挟んで

「ヨシッ」と言ってみると、案外優しくかんりとうをパクリとくわえて食べ始めた。

ま、これで慣れたかどうかは疑問だけど、

とりあえず、食べてる隙にここを通り過ぎてしまえ…と、歩きだすと…

くわえていたかりんとうをペッと放り出し、いきなり私に向かって突進してきて、

靴をガブガブと咬み始めた。

こえぇぇ、、、と思ったものの、その犬は靴を咬むのに必死になっている…

よし、靴を咬ませているこの隙に、リードの届かない場所まで逃げてしまおう!

と、歩き出そうとすると!

靴じゃ納得いかないのか、靴を咬むのを止め、今度は私のスネを目がけてきた。

私はもう壁にペッタリ張り付く姿勢で、もう後ろにも前にも横にも逃げ場がない。

どっちに逃げたってリードはまだまだ長さの余裕がるので、犬は私のスネまで届いてしまった。

さっき靴を咬んでいたのと同じように、私のスネをガブガブと咬みはじめ、

スネを咬みながらも次はどこを咬もうか、という目で私の足のさらに上の部分を見ている。

咬まれている足を上げて、片足状態で避けたけど、まだ咬み続ける犬。

忍者とかヤモリように、壁をしゅるしゅると張って逃げられたら…!

と思ったけど、私にはそんな忍術も吸盤も持ち合わせてない。

もう、次は別の場所、もしくは立っているもう片方の足を咬まれるのは時間の問題!

思いっきり犬を蹴り飛ばしてしまいたい衝動を抑えながら、私は叫んだ。

「ちょっとー!○○(大家)さん!この犬、咬む! 咬んでるっ!」

すると、大丈夫だと思い込んで、すでに庭の外に向かって歩いていた大家さんが飛んで戻ってきて、

「こらっ何してるのっ 咬んじゃダメーーーーっ!」といってリードを引いて犬を遠ざけてくれた。

そしてその隙に、私は庭から脱出した。

後ろでは、まだ足りないとばかりに、その犬はワンワンとしきりに吠えたて続けていた。

すごく痛かったけど、縫わなきゃいけないほどのケガじゃないみたい。

大丈夫ですよ、と言いつつ、

狂犬病の予防注射はしてるか?何か病気持ってないか?だけ確認。

何か病気があれば、私じゃなく、私の犬達に病気が伝染するのが一番厄介なので、と。

すると「そのへんは大丈夫だから。」と自信を持って答えていた。

その犬が繋がれているエリアには、

8割が毛と思われるフェルトの塊みたいなウンPが転がっている光景が目に浮かんだし、

以前「注射って大変よね~!ウチの犬はなかなか注射させてくれなくて…」

とボヤいていたのを思い出してちょっと心配になったけど、

とりあえず大家さんの言葉を信じるしかない。

その後、血が垂れる足でゴミステーションに行き説明を受けた。

説明が終わると、庭は通らず遠回りして自分の家に帰った。

家に帰って傷口を流水で洗い流し、消毒していると、

マキロンを持った大家さんが謝りにきて、

「一度でもオヤツをくれると、それを覚えてその人にはおとなしくなるハズなんだけど…」

「あれくらいじゃないと、番犬にならないから。前は共働きだったから助かってたのよ」

という言い訳を何度も何度も聞かされた。

その後も、顔が会えば「足、大丈夫?」と言われたり、言い訳を聞かされたりした。

さらに旦那も「奥さんの足、怪我させちゃってゴメンネ」と謝られたらしい。

本当に悪いと思ってくれているみたいだった。

ところが昨夜。

たまたま大家さん一家(旦那さん、奥さん、息子さん)と私達夫婦で話す機会があり、

当然、犬の話になった。

そこで分かった。

私が咬まれた事を、奥さんは、旦那さんと息子さんには内緒にしているのだ。

旦那さんと息子さんは自分ちの犬がワンワンうるさい、と、前から認めている。

それに引き替え、我が家の北犬達は本当に静かでいいねぇ、と褒めてくれる。

その二人が、「ウチの犬はワンワンうるさい。でも、咬む犬っていうのはまた違うんだよ。

どんなにワンワン吠えても、咬む犬と咬まない犬はは一目見れば分かる。ウチのは吠えるだけだ。」

と、話していた。その話の間、奥さんは適当に話を合わせて相槌を打っているだけだった。

よほど「いえ、私、お宅の犬に咬まれましたけど。ね、奥さん」

と言って、未だ治らないキズを見せてやりたかったけど、相手は大家さん。とりあえず我慢した。

我慢しながら、私は無償に腹が立った。

犬に咬まれた時も、本当は蹴りを入れるとか、張り飛ばすとか、ねじ伏せて抑え込むとか

何かしらの反撃をしたかった。

でも、大家さんの犬だし、犬にどんな接し方をしてるのかわからないから、我慢してたら咬まれた。

私が咬まれた事を知らず、自分の犬は咬まないと思い込んでいる二人に何も言えなかった。

横で、平気な顔で内緒にして「ウチの子は悪くない」とのたまっている奥さんも信じられなかった。

あそこまで狂暴になって人に懐かなくなったのは、

自分達が今まで共働きで、あまり相手をしてあげられなかったからだ、

と平気で正当化してる事も信じられなかった。

そしてことあるごとに、今の犬ではなく、すでに亡くなってしまっている先代の犬の自慢話ばかりする。

なんで今いる犬を可愛がってあげないの? 自慢できるような子にしてあげないの?

そして、大家さん、私は犬の気持ちはお見通しなの、的な事を得意気に言う。

ひばりが癲癇持ちだと話した時も

 「やっぱりね~、そんな気がしたの。だってこの犬だけ、な~んか目つきが違うのよ」

 と言っていた。

が、数日後、五匹一緒に会ったら、結局どれがひばりだか見分けがつかなかった。

話はそれたけど…。

私は咬む犬が悪いなんて思わない。

なぜあそこまで放っておいたの?と思う。

犬が咬むようになった理由もあるかもしれないし、

もし持って生まれた性格ならば、それをふまえた上で、

それでもわが子として可愛がってあげるべきではないの?

私は調教師じゃないし、訓練士じゃないし、ボランティアでもない。

どんな犬とも仲良くできればうれしいけど、他人が飼う狂暴な犬とまで仲良くしたいなんて思わない。

咬む犬は咬む犬として、だからと言って嫌うのではなく、それなりの対応をしていくだけ。

そしていつか、犬の方から仲良くしてくれたら嬉しく思う。それだけだ。

だからと言って、大家さんが今の犬を全く可愛がってないワケではないみたい。

ちゃんと散歩もしてるみたいだし、(他犬との接触は避けてるらしいけど)、

飼い主には咬みつかないし、吠えない。

「慣れれば平気になるし、吠えなくなる」という言い訳はもう何万回も聞いた。

けど、旦那さんや息子さんの話だと、どんなにオヤツをくれる慣れたご近所さんでも、

吠えるのは吠えるみたいだし。

変な言い訳しないで、その子の性格をそのまま受け入れてあげようよ、大家さん。

それにしても、何もしてないのに犬に咬まれたのは生れて初めて。

モチロン、喧嘩の仲裁に入って咬まれたことはあるけれど。

今は、瘡蓋と言うにはちょっとデカイ血の塊になって、内出血の跡で青さがまだ残ってますが、

化膿することなく、治りつつあるので良かったです。

これが咬まれて三日目の怪我の写真↓汚い足でごめんねごめんねー。


田舎暮らし、合わない人とも付き合わなきゃいけない時もある?

人間関係の修行がまだまだ足りない、と

思い知らさせている北犬ママです。

☆どうかこのブログが大家さんに見つかりませんように☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

Comment

読みましたよー。

痛かったでしょう…大変でしたね。
化膿してないから大丈夫とは思いますが、歯の刺さった傷、奥までグリグリ消毒しましたか?
もしまだなら、綿棒や、ガーゼ巻いたピンセットを消毒薬に浸して傷に突っ込んでくださいね。←友達が秋田犬にかまれた時の外科の処置。(それも、ガーゼを突っ込んだままで一晩過ごし、翌日取り替えて、また突っ込んだまま一晩過ごし…を数日繰り返すくらい、犬の口の中の菌は強いんですって)

今回は足の傷よりも、納得いかない腹立たしさとか、気持ちのもって行き場とか、これから先の付き合い方とか、頭の中の方が痛いかもしれませんね。

犬との関係の持ち方って難しい。
北犬ママの言われる事すごくよく分かります。(ワタシの実家にも、犬好きだが知識なく甘やかす強敵=実父がおり、頭痛いです)

お大事にしてくださいね。

同感です!

写真の傷が痛々しいですー!(--;)順調に治っているようでなによりです☆

大家さんもその旦那さんも「飼っている犬のことを解ってないんだなぁ」と感じました。
吠えるだけで咬まない犬
吠える+咬む犬
吠えはしないがいきなり咬む犬
吠えもしないし咬むこともしない犬

他にもたくさんいると思いますが、ただ単に今までは咬む事態にならなかっただけで、いざこんな事態が起こった時に「今まで一度だって人を咬んだことなかったんだよ?」なんて言われても・・・・・「だからどうした?」としか思わないですよね。
犬に「絶対」なんてないんですから、本当に「万が一」の事を考えて飼った方がいいです!うちも犬を2匹飼っているんですが、「恐ろしい事態」の上位に挙げられるのが、「脱走して行方不明になる事」・「うちの犬が誰か(よその動物)を傷つける事」なんです。今はもう亡くなってしまったんですが、一代目の犬を連れて姉が散歩している時に、近所の女性を咬んでしまったことがあったんです。
その時はうちの両親と謝りに行ったり色々したんですが、その女性が咬まれた日のことを思い出して、「怖くてもう散歩に出かける気がしない。」とおっしゃっていたそうです。    とても申し訳ないことをしてしまいました・・・・・。
もうそんな事が決して繰り返さないように、今は散歩の時に触ろうとする方には「時々咬みますよ。」と注意(軽く脅し)しながら悪いと思いつつ触りにくい状況を作っています。もっと違うやり方があるんでしょうけど思い付かなくて(><;)

その大家さんも今回の事を反省するのなら、家族に本当の事を打ち明けて何か対策を立てるべきです。リードを少し短くしてみるとか、したくはないでしょうが「咬みます」と書いた板か何かを側に立てて人を近くに来させないようにしておくとか。そしてその飼っている犬ときちんと向き合う事もすべきだと思います。家族には吠えないし咬まないのなら、まだ躾も絶対無理じゃないと思うので。
もう犠牲者が出ないでほしいですね。

それから・・・・ひばちゃんの目つきはクールなんだよぉ。。。カッコよくていいじゃん。。。ブルーで綺麗な眼してるんじゃん。。。ひばちゃんの目つき・・わたくし大好きです(^^)b

ついでに・・・・夏でも(夏だから?)5本指靴下~~♪♪感服します(笑)

傷はもちろん痛そうだけど、精神的に辛いのが心配です
大家さんじゃ、言いずらいよね
もう引っ越します!ってときじゃないと言えないね

ご家族に話しても、たぶん飼い方は変わらないだろうし・・・
奥さん以外がさらにその子を嫌うだけで終わっちゃうだろうね

みんなに可愛がられる子に。。。って思いで育ててる私達にはちょっと切ない気分になります
ちゃんとしつけてあげたら、こんなことにはならなかっただろうにね


なんか良い策があるといいね

うわ、痛々しい・・・・。

せめて、リード短くしようよ・・・。番犬で、テリトリー意識強いんだろうからさぁ、狭めて欲しい・・・。
かわいそうだなと思いました、そのワンコ。一生懸命、家族を守ってるんだな・・・。でも、やり方を家族からしっかり教えてもらえなかったんだね。
犬は、『絶対に咬まない』は無いと思います。うちの、ノホホン4姉妹だって、自分の身を守らなきゃならない事態になったら戦うかもしれないし!だからこそ、しっかり家族との信頼関係をつくらなきゃイカンと思います。

しかし、咬んでんだから、家族全員で対応しようよ、大家さーん!!

ひばりんの顔は、幸せそうな顔だよね、にこすけと同じだし!!なんか、こう、「そっかぁ、幸せかぁ。うん、よしよし。」って、つい言っちゃう。

咬まれたトコ、お大事にしてくださいね。

大丈夫ですか???

久しぶりにお邪魔したら・・・・
びっくりです!!
破傷風の注射、うちました?念のために射っておいた方がいいと思います。

実は昨年の4月に近所の秋田犬に噛まれたことがあるんです。
飼い主が横にいて尻尾も振っていて手の匂いをかかせてから、撫でてやろうとしたら、いきなりガブッ~~~!!です。左手親指と人差指のつけねあたりを、2度、噛まれ12針縫いました。すぐに破傷風の注射を射ち1週間毎日、抗生点滴でした。大きい神経は無事でしたが、細かい神経はズタズタで1年以上たってますが、人差指はうまく使えないし、痛みも残ったまま、痺れっぱなしです。
でも、犬にも何かしらのストレスや飼い方の問題がある(飼い主は年配の女の人で初めて犬を飼ったのが秋田犬)のと、ご近所じゃ、あまりな事は言えないから、ましてや大家さんとなると中々言いにくいですよね。
でも、大家の奥さんもこれからの事があるから、リード位は短くしてもらいたいですよね!!じゃなきゃ、危険すぎますよね!
犬に罪はないと思い私も噛まれた犬の事は内緒にしてるんですが、流石にそれ以来その犬には近ずきたくはないですよ~!!ちょっと、恐いです。

北犬ママさんも同じだと思うんですが、傷は月日がたてば良くなっていくと思うけど、心に受けたものは中々・・難しいけど、可愛い家族に癒されながら、早く元気になってくださいね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変でしたねぇ。

北犬ママさん、大変でしたねぇ。痛かったでしょう。狂犬病は、大丈夫ですかぁ?もの凄く心配です。私たちと、ワンたちの飼い方が、違うんでねぇ。私も田舎に住んでいますが、番犬として飼ってるのと、愛玩として飼ってる違いは、大きいです。私たちは、もちろん、家族の一員と思っていますが、番犬として飼って方々とは、違います。それに、私たち大型犬を飼っている人たちとの違いもあります。大型犬を飼っている私たちは、人を傷つけたら、大変なことになるのを、認識しています。いろいろ難しいことは、ありますが、ワンたちには、責任は、ないですよねぇ。番犬で、飼っていても、愛玩として飼っていても、人間が、いっぱいの気持ちで、愛してあげていれば、そんなことには、ならないですよねぇ。大家さんのワンは、可哀想です。北犬ママさん、怪我気を付けてくださいねぇ。

ぺこるーさん
流水とマキロンしかしてないんですが、そんなに犬のクチの菌って強いんですか?! とりあえず化膿しなかったのでヨシとしたんですが、ちょっと怖くなってきちゃいました…。
傷は全く痛まないけど、ぺこるーさんの言うとおり、やり場のない怒りとか、これからの付き合い方とか…気持ちが痛いです。

みゆきさん
私も犬の大きさに関わらず、常に自分の犬が他人に迷惑やケガをさせないように、と気を遣ってるつもりです。でも、犬に「絶対」はありませんからね。
やはり飼い主態度・対処が大切ですよね。
五本指靴下、私は一年中履いてますよ♪五本指じゃないと、冬は寒いし、夏は蒸れて暑いです!


アッシュママさん
そう、みんなに可愛がってもらえる犬になるなら、私は鬼にでもなんにでもなってやる! そう思って毎日我が家のわん達と接しています。可愛がるだけが愛情じゃぁないですからね。
大家さんじゃなかったら、もう少し状況が違うんですけどねー。


たまぶすさん
そういえばハスキーとかマラミュートって、あまり縄張り意識とかないですもんね(笑)ちょっと吠えてみても、すぐにおとなしくなっちゃうし…。
にこちゃんの顔、見ましたよ~。本当ににこちゃんとひばりは似てますよね♪
ゴルゴモミアゲも同じなのが嬉しい(笑)

ひなちー母さん
え゛~、ひなちー母さんこそ大丈夫ですか?!
破傷風、、、やっぱり注射した方がいいんですかね、、、。
そ、それはおいくら万円しますかね、、、注射、、、。
もし、自分ちの犬に咬まれたとしても破傷風なんて気にしないし、、、と思うと、大丈夫かな?なんて思ってしまいます。
私は大家さんの許しがあるなら、その犬を躾けてみたい気もするんです。
だってきっと何も教えてもらってないだけだと思いますから。
でも流血は必須だろうから、やるなら戦国武将みたいな格好で挑まなきゃいけませんけどね(笑)
それに大家さんもきっと、許さないと思います。へんなとこ、愛情があるみたいで。


タロウandはなパパさん
確かに、番犬としては100点満点な犬ですよ、ヤツは(笑)
犬の飼い方とか考え方ってそれぞれだから、愛情があればいいとは思うんですが、ケガさせた事を内緒にして笑ってるのが許せなかったですね。
その程度に人間だと思って今後付き合ってくしかないですね~。

こんにちは!

私は数年前に義母が飼っている猫に思いっきり噛まれた事があるんですが、
すぐに病院に行って破傷風の注射を打ってもらいましたよ~!
(いくらかかったかは忘れちゃいました。)
犬と猫では少しは違うと思いますが、甘く見てるとあとでヒドイ事になる事もあるみたいです。
その時診てもらった先生は、実は人間の口の中が一番ばい菌が多いんだよーといってました(苦笑)

それにしても…困った大家さんですね。
噛んだわんこに責任はありませんよね。
すべて飼い主の責任なのに…自覚がないっていうか。
読んでて大家さん一家にムッとしちゃいました!

実は去年 きっちょむが、繋いでいたリードを切って、ちょうど家の前をお散歩していたご近所様のわんこに噛み付いて怪我をさせてしまった事がありました。
(いつも家の前にオシッコをしていくので、自分のナワバリに用を足される事がきっちょむは以前から気に入らなかったようです。)
幸いな事に、縫ったりするような大きな怪我ではありませんでした。

その日の夜、旦那と二人で謝りに行きました。
義母と義父も謝罪の電話を入れてくれたみたいです。

わんこの治療費はもちろん私たちが払いました。

あんな大きな犬が襲い掛かって来たわけですから、すごく怖かったと思います…。

もし、あの時 きっちょむが噛み付いたのが飼い主さん(ご年配の方でした)の方だったとしたら。
もし、わんこを連れていた飼い主さんがショックを起こして亡くなったりしたら…。
謝りに行くだけでは済まなかったでしょう。

自分たちの管理が甘かったせいで、本当に申し訳ないことをしたと思います。
それからは今まで以上に管理に気をつけています。

こういう問題は、家族全員で対応しないといけないと思います。
家族に内緒にして笑っているなんて、信じられません…。
少し様子を見て、リードを短くするなどの対応をしてくれなかったら、
私なら旦那に、大家さんの旦那さんか息子さんに相談しに行ってもらうかもしれません。

それに、
> 「やっぱりね~、そんな気がしたの。だってこの犬だけ、な~んか目つきが違うのよ」
こんな事言うなんて…。
こんなに綺麗な瞳なのに~!私はひばりちゃんのブルーアイ大好きです!

きっちょむママさん
そうですか、、、そんな事があったんですね、、、。
犬に大きいも小さいも関係ないと思うけど、大型犬が何かした場合、
コトが大きくなってしまうので、余計に気をつけなきゃいけないんですよね。

数年前、知り合いの大型犬が、嬉しくて喜びの表現でハイタッチしてきたのですが、エキサイトしてきてなかなか止まらず…。
服はよごれるわ、倒れそうになるわで危なくて。ガシガシ飛び付かれて、止めさせても止めないし。で、飼い主は何も言わず横で笑ってる…
心底ムカッ腹立った事ありますよ。
それ以来、犬の喜びの表現も、迷惑になることもあるんだと、思い知らされました。
人のフリみて我がフり直せ、ですね。
ひばりのブルーアイ、キレイと言ってくださってありがとうございます!
私も、きっちょむさんトコのわんこ達、みんな好みのタイプなんですよー♪
非公開コメント