北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

丼ちゃんについて②

私が丼ちゃんに謝らなければならないもう一つの理由。

まず、丼ちゃんが我が家の子になったいきさつから。

丼ちゃんが私達の子になったのは、まだ私達が同棲している時。

全く日の当たらない、ヤツ(ゴ○ブリ)さえも住みつかない、

ダンゴ虫が普通に部屋を歩いているような、木造オンボロアパートに住んでいた私達。

本当は犬を飼いたかったけどアパートなので無理。

そんな時、ある公園で長細い何かを散歩させているカップルを見掛けました。

あれは何?とよく見てみると、当時、ペットとして流行っていた

「フェレット」だという事が分かりました。

早速フェレットについて調べてみると、

鳴かないし、必須ではないけれど犬のように散歩ができるし、世話がラク。

でもただの小動物とは違い、飼い主の認識もちゃんとしてくれ名前も理解する。

賃貸の部屋に住む一人暮らしの人にも飼える

「これだ!」と思った私達が真っ先に向かったのは、

当時、二子玉川にあった「たまいたち」という、フェレット専門の店。

大きめでガッチリしたフェレットがいいと店員さんに伝えると、

それならサウスランドフェレットがいいのでは?と。

フェレットにも出身やブランドによって色・形・大きさ等、タイプが色々あるらしい。

で、サウスランドのベビーが入ったら連絡をもらえるようにし、帰宅。

数日後、たまいたちから連絡がきて、我が家にやってきたのが、丼ちゃんでした。

名前は、先住猫が天ちゃんだから、二匹あわせて「天丼」にしよう、という事で丼。

「最初の頃は寂しさからか、夜鳴きをするかもしれません。

そしたら話しかけたり抱っこしたりして安心させてあげてください」

というたまいたちの店員さんのアドバイス通り、丼ちゃんも夜鳴きをしました。

「大丈夫だよ~寂しくないよ~ここが丼のお家なんだよ~」と言いながら、

抱っこしてあやしてあげました。

夜鳴きも最初の2、3日で、すぐに自分の家と理解してくれて、元気一杯の丼ちゃん。

ボールを転がすと走って追いかけてって、ボールに追いつくとかじってみたり、

猫用のネコジャラシのオモチャでも遊んだり、

置いておいたハンカチをくっちゃくっちゃ噛んで、結局、一部分を食べちゃったり。

本当にイタズラっ子で、ちっともジッとしない落ち着きのない子でした。

でもこの元気さがサウスランドフェレットの特徴らしいのです。

マーシャル社のフェレットはもっと落ち着いた穏やかな子ばかりなんだとか。

でも私達はこんな丼ちゃんが楽しくて可愛くて仕方ありませんでした。

丼ちゃんを連れて色々な所に行きました。

公園はモチロン、普通に犬のように、ハーネスとリードで近くのコンビニまで

散歩がてら買い物に行ったり、当時、車を持っていなかった私達は、

レンタカーを借りて伊豆旅行もしました。

ペットOKの宿に予約を入れる時、「ペットはわんちゃんですか?猫ちゃんですか?」

と聞かれ、「フェレットです」と答えると、「はぁ?…フェ?」と聞き直されたりして。

「小さなイタチみたいなもんです」と答えると、宿泊を断られる宿もありました。

そんな中、家族で経営しているような小さな民宿が

「なんかよく分からないけど、ペットならいいですよ」とOKしてくださり、

実際に連れていくと「カワイイわぁ。こんなペットもあるのねぇ!」と歓迎してくれました。

あのおばちゃんと民宿は今、どうなってるんだろう…。

サウスランドフェレットの丼ちゃん、ジッとしない暴れん坊だったので、

車の中で抱っこしていてもよじ登ろうとしたり、車の中を徘徊したがるので、

こっちも、ちっとも落ち着かない。

抱っこすれば「降ろせ~!」とジタバタするし、それならばと地面を歩かせると

「抱っこして~!」と足をよじ登ろうとしてアピール。

で、抱っこするとまた「降ろせ~!」とジタバタ。

どうしたいのか、何がしたいのか全く分からない子でした。

なので私達はやっぱり本当の犬が飼いたくなって、今の家に引っ越してきました。

引っ越してすぐに念願のハスキー・裕次郎が我が家の子に。

裕次郎は子犬の頃、本当にやんちゃでイタズラっ子で手がかかる犬だったので、

私達は毎日がヘトヘト。

そして次第に丼ちゃんの存在が二の次になっていってしまったのです。

裕と丼ちゃんを連れて河原を何度か散歩しました。

でも抱っこされる事も、地面を自分で歩く事も、ナゼか嫌がる丼ちゃん。

二匹一緒の散歩はかなり疲れるので、

次第に散歩は裕次郎だけになりました。

そして裕次郎が手がかからなくなってきた頃にまき子が我が家の子に。

その後、良太郎、ひばりと立て続けに我が家の子に。

丼ちゃんを外に連れ出す事がなくなりました。

丼の小屋掃除などの世話は旦那の仕事だったので、旦那は毎日丼ちゃんを見ていましたが、

私は犬育てや自分の色々な事で精いっぱいになってしまい、

丼ちゃんの顔を一度も見ないで終わる日もありました。

そんな、私にとって丼ちゃんとの生活が空白の時期がありました。

そしてある日、ふと思ったのです。

私、丼ちゃんの存在をないがしろにしている、と。

そう気づいた時、丼ちゃんはすでにフェレットにしては高齢の域に達しており、

逆に重荷になってしまうという事で、ワクチンや外出も控えるようになっていました。

「私はここ数年、丼ちゃんの事を全くかまってあげてない…。

 昔はあんなに可愛がっていたのに…。」

それから今までよりは丼ちゃんと過ごす時間を増やしました。

でもやっぱりお出かけの時は丼ちゃんは留守番…。

犬が主体の毎日…。




もっと外に連れ出してあげればよかった…。

好奇心旺盛な丼ちゃんだったのに。

河原も家のすぐ目の前なんだから、もっと一緒に河原散歩に連れて行ってあげればよかった…。

だから 「丼ちゃん、かまってあげなくなって、ごめんね」なのです。

亡くなる数日前、わん達の日向ぼっこに丼ちゃんも出してあげました。

思えば家から出る事が久し振り。

寒さが体に堪えないようにと、布を敷いてあげて、日光浴。

最初は寒さでブルブル震えていたけど、次第に慣れてきてあちこち徘徊する丼ちゃん。

そんな丼ちゃんを見て、

「もっとはやく気がついて、色々な所に連れて行ってあげればよかったな」

そう思っていました。

春になって暖かい季節になったら抱っこして河原に連れて行ってあげよう。

そう思っていました。

そう思って、数日後…。



ごめんね、丼ちゃん、私、気付くのが遅かったよね…。

こんな自分勝手な飼い主で、ごめんね。

本当にごめんね。




「もっとこうしてあげればよかった」

「もっとあんな事してあげればよかった」

いなくなってから、こんな風に思ってしまうような飼い方は絶対にしちゃいけないんです。

そう思っていた、分かっていたハズなのに。

そりゃ、最初の頃は色々お出かけしたり、遊んだりした。

でも、犬が来てからの私は、どれくらいの時間を丼ちゃんと過ごした?

丼ちゃんに何をしてあげた?

毎日、夜、運動がてらわん達と遊ぶ丼ちゃんしか見ていなかった。

で、結果、最後も丼ちゃんを独りきりで逝かせてしまったんじゃないか…。

本当に後悔でいっぱいなんです。

こんな話をすると旦那は「そんな事はないよ。お前もちゃんと可愛がってあげてたじゃん」

そう言ってくれます。

ハタからみたらそう見えるのかもしれない。

でも私は自分で自分が許せないのです。

数年前の自分に会えるのなら、こう言ってやりたい。

「もっと丼ちゃんにも目を向けて。かまってあげて。」 と。

だから皆さんも、

あ、皆さんは分かっていますよね。

愛する我が子に、今してあげられる事は、今してあげないと、

私のように後悔してしまいます。

今日、今を大切に、ちゃんと向き合って一緒に暮らしていって欲しいのです。

こんな私が言える事じゃないけど、後悔しまくりの私だから言えるのです。

私達に明日はないかもしれない。

それは動物も人間も同じ。

もうこんな後悔はしたくない。

だから忘れないように、と、記録としてブログに載せてみました。

本当はまだ気持ちは落ち着いていません。

でも、いつもでもメソメソ、暗い顔をしていては、わん達、天ちゃんも楽しくない。

あ、旦那もね。。。

だからこんな湿っぽい暗い記事は今日で終わり。

次からはいつもの北犬一家のブログに戻ります!

長い文章、最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気持ちはきっと伝わってます。
いたちって、思ってる以上にかしこいからね^^

なめぽさん
はい。伝わってるといいです。
イタチがこんなに頭の良い生き物だなんて、飼ってみないとわからないですよね。
噛みついても怒らない人にしか噛みつかなかったですからね~。
非公開コメント