FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家借家生活を経て、
標高1260の山の家で暮らしています。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ
2018年12月22日永眠しました。


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎
2020年6月24日永眠しました。


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事

丼ちゃんについて。①

丼ちゃんが亡くなって一週間が経ち、やっと落ち着いてきた私です。

丼ちゃんは、12/10水曜日、私が仕事から帰ってきて、

わん達をゲージから出し、おかえりなさいの歓迎を受け、ふと丼ちゃんのゲージに目をやると…。

ハンモックの上で長く伸びている丼ちゃん。

一目で亡くなっている事が分かりました。

慌てて丼ちゃんを触ってみましたが…やっぱり息をしていませんでした。

丼ちゃんを抱っこした私は、

「ごめんね」

この言葉しか言えませんでした。

何度も何度も丼ちゃんに「ごめんね、ごめんね」と言いました。

何万回も言ったら丼ちゃんが目覚めるんじゃないか?

そんな、なんの根拠もない、すがるような思いがあったので。

でもやっぱり駄目でした。

二度と丼ちゃんは目覚める事はありませんでした。

見ると、ハンモックに血がついていました。

ハンモックの真下の床も血で染まっていました。

お尻から出血したらしく、血が付いていました。

確かに今年夏過ぎくらいから丼ちゃんの体に異変がありました。

皮膚が荒れて毛が抜けてハゲが何か所かできていました。

裕次郎用の皮膚炎の子用の優しいシャンプーで洗ったら少しよくなりましたが、

それでもしばらくすると炎症とハゲが広がっていました。

尻尾の毛も薄くなりはじめました。

そして後ろ脚を引きずるようになりました。

思うように動かないらしく、ツルンと滑ったりコテっと転んだりしながら歩くようになりました。

でも丼ちゃんももう高齢だし、薬や手術や入院というストレスを与えてまで

延命するつもりは私達にはなく、「このまま自然に任せよう」と、何もしませんでした。

数か月前からハンモックを降りるのがイヤなのか、降りれないのか、降りても登れないのか、

ハンモックの上や中でトイレをするようになりました。

だから床すれすれの高さにハンモックをセットしてあげましたが、

それでもエサ・水飲み・トイレすべてをハンモックの上で済ませるようになっていました。

そんな様子を見て、「考えたくないけど、もう長くないのかな…」

と思うようになっていました。



だから、丼ちゃんが亡くなったのは覚悟していたと言えば覚悟していました。

でも…でも…。

なにも、よりによって、私達がいない時に…。

一人で逝かせてしまって…ごめんね、丼ちゃん。

もう息をしていない丼ちゃんを抱っこしながら、私には「ごめんね」という言葉しか出ませんでした。

丼ちゃんが息を引き取る瞬間に一緒にいてあげられなかった。

基本、鳴かないフェレットだけど、爪がハンモックに引っ掛かってしまった時、

まるで「助けてー」と言ってるみたいに「キューキュー」と鳴くのですが、

出血した時も、びっくりしてキューキュー助けを求めて鳴いたのかもしれない…。

なのに誰にも「大丈夫だよ」と言ってもらえないまま息を引き取ったのかな…。

不安だったろうな、寂しかったろうな…。

そう思うと、「一人で逝かせちゃって、ごめんね、丼ちゃん」

そんな「ごめんね」しか私には言えなかった。

たとえ一緒にいたって、私は何もしてあげられなかっただろうし、

丼ちゃんの死を止められなかったかもしれない。

でも、最後の瞬間、一人にしてしまった事が、今でもどうしても悔やまれてならないのです。

そして、私が丼ちゃんに謝るもう一つの理由があります。

それは、「丼ちゃん、かまってあげなくなって、ごめんね」です。

その理由は、我が家に丼が来た頃の話から始めたいと思います。

②へ続く。

Comment

非公開コメント