北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

28日は。



おかげ様で無事に昨日、小笠原から帰ってまいりました。

ブログの更新が27日で止まってしまいました!

28、29日もモチロン、色々ありましたよ。

記録として残したいので、遅れましたがまずは28日の日記から。

いよいよ明日、帰るんだなぁ…と思いながら、朝、裕次郎と散歩をしていたら。。。

最後にイルカと泳ぎたい!イルカと遊びたい!という思いがムクムクと湧きあがってきて、

イルカ船が出る40分前に、ドルフィンスイムツアーに参加を決めた私。

慌しく用意をして、裕次郎を友達に託し、なんとか間に合わせていざドルフィンスイムへ。

でもこの衝動的決断は大正解でした!

朝から夕方まで、イルカ・イルカ・イルカのイルカ祭りの1日。

小笠原のイルカは、もちろん野生のイルカなので、会えるかどうかもわからないし、

会えたとしても、その時のイルカの状況と気分次第で、遊んでくれるかどうかが決まります。

いくらこちらが遊びのアピールをしても、イルカの気が乗らなければ遊んでくれません。

サーッと逃げてしまいます。

私はドルフィンスイムの時、海に入ってもスーッと行ってしまうイルカだったら

諦めて、追いかけるという事はしません。

イルカが遊ぶ気がないのなら、そのままそっとしておきたいんです。

(勿論、単なる私個人の意見ですよ。)

遊んでくれるイルカって、船の前で人間が海に入るのをプカプカ浮いて待ってくれます。

待ってなくても、海の中で、私達が潜って追いつく速さで泳いでくれます。

そんなイルカさんに会えたらもうラッキー。

この日会ったイルカさん達は、みんな、こんな風に一緒に遊んでくれるイルカさんでした。

潜り放題・遊び放題で、クルクルクルクルと遊んでもらいましたよ。

息が続かなくなって、いったん浮上する私に

「あれ?もう上がっちゃうの?まだまだ遊ぼうよ」

という視線を投げてくるイルカさん。

ちくしょー、エラ呼吸が欲しい!

そう思いながら呼吸をし、また息を止めてイルカさんのもとへ潜っていきます。

すると「お。きたね。よっしゃー!」という感じで、またクルクルと遊んでくれました。

中には人が潜ってくるのを、下の方で上を見上げながら待ってくれている正面顔のイルカさんも。

モチロン、そのイルカさんの元に潜っていって遊んでもらいました。

顔と顔を付き合わせ、目と目が合って、そしてクルクルクルクル。

信じてもらえないかもしれないのを覚悟の上で言いますが、

イルカと一緒にクルクル回っている時、たまに不思議な感覚に陥る事があります。

水中にいる事も、息を止めている事も感じなくなって、

体がフワッと急にラクになって、空中を浮いている感じ。

頭の中の何かがスコーンと抜けて、いつまでもこまま水中にいられるような気持ちになるんです。

そんな事、あるか?!

そう思いますよね。でも私にはあるんですよ。不思議ですね。

朝から夕方までイルカづくしの1日。

この日、朝ご飯がヨーグルト一杯。で、急遽決めたツアー参加だったため

お昼ごはんの用意ができずに、この日のお昼は大豆バーSOYJOY一本という、過酷な食糧事情。

そんな日に限ってイルカさん達はノリノリだし。

でもそのおかげで、空腹なんて全く感じませんでしたよ。

ハンドウイルカ、ハシナガイルカ、イソマグロ、ウミガメ…。

色々な海の生き物に出会えたツアーでした。

そして夜は小笠原返還祭りで盛り上がり。生ビールがうまいうまい!

疲れたけど楽しかった1日となりました。

Comment

非公開コメント