北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

長文ですが、良かったら読んでくださいね。



先週の火曜日の夜。

旦那と車で近所のスーパーで買い物をして帰る途中、家のすぐそばの道で、

一人で歩いている犬を発見。

一度は通り過ぎたものの、気になったのですぐに引き返してみると

いました。一人でてくてくと歩く中型の犬。

こういう犬種があるのか、雑種なのかわからないけど、テリア系のようです。

この辺では、私達は会った事がない子です。

車から降りてそばまで行き、「どうしたの?」と話しかけてみると、

「あ、どーも、こんばんは。」という感じでこちらに近寄ってきて、

何も言わないのにじっと目を見上げながら、チョコンとお座り。

しゃがみこむ私のひざ小僧とひざ小僧の間にオデコを押し付けて

じっと撫でられて甘えてきました。

これって、やっぱり俗に言う「迷い犬」だよね?

雨上がりという事もあり、結構濡れていました。

革製の立派な首輪はしてあるけど、迷子札はなし。

とても頑丈そうな鎖をジャラジャラ引きずりながら歩いていました。

鎖は切れたのではなく、外れてしまった、という感じ。

さっき雷が鳴っていたから、それで脱走しちゃったのかな。

どうしようか、このまま放っておいたら自分で帰れるの?

そうしている間にもまた一人でフラフラと歩き出す迷子君。

車の通る道なので「危ないからおいで」と呼ぶと、嬉しそうに近寄ってきて、

また何もいわないのに目をじっと見つめながらチョコンとお座り。

カワイイ…。これはそうとう可愛がられていたに違いない。

初対面の人にも臆せず、知らない人の手も怖がらずに喜んで撫でられるし、

なにより、人の目をジッと見つめ、クチを舐めてくる。

どうしたものかと思っていたら、ちょうどそこにチャリンコおまわりさんが。

なんてグッドタイミングなんだ!と、おまわりさんに事情を説明。

しかし、そのおまわりさんが何を聞いても「担当じゃないのでわからないのですが…」

と言うだけで、なんとも頼りない。

で、私達の連絡先と名前を一通りメモした後、無線で応援要請。

すると数分で、もう二台のチャリンコおまわりさんが駆けつけてきました。

さっきも話したんだけど…と思いつつ、後から来たおまわりさんにも

「警察に保護されて飼い主が現れない場合、保健所に連れて行かれると思うけど、

もし保健所でも飼い主が現れなかったら、殺処分されてしまうと思うのですが、

殺されるくらいなら私達が引き取りますので、処分する前に連絡を頂けるように

保健所に話を通してもらえないでしょうか?絶対に殺さないで欲しいんです。」

と訴えました。すると、

「とりあえず担当が警察の会計課になりますので、今後の流れとか対応は

会計課から連絡するように話しておきますので、

連絡のつく電話番号等を教えてください」

との事で、携帯番号を教え、とりあえず迷子君はおまわりさん達に任せて、

帰宅しました。

帰宅後、旦那と会議。

もし飼い主が現れなかった場合、我が家で引き取り、飼い主か里親を探そう。

一生面倒を見る事になるかもしれないけど、これも何かの縁かもしれない。

との結論に至りました。

で、翌日の水曜日。早速警察の会計課から旦那の携帯に連絡が入りました。

この地区で保護された犬は警察で預かり、飼い主からの届けが無い場合は

翌日に動物保護センターに送られるそうです。

センターで飼い主からの連絡を待ち、現れなかった場合は

犬のテストを行い、里親募集できそうな子は里親探しをするそうで、

処分は滅多にしないらしい、との事でした。

一応保護センターには私達の事を話してあるので、○○警察署の会計課○○から

保護された犬の件で、と言えば話が通るようにしてある、と。

旦那が電話をくれた会計課の人に迷子君の様子を聞いたら

「今も横で元気ですよ!カワイイですね~」と話していたそうです。

犬好きの人でよかった。

その水曜日の夜、動物保護センターのHPの「収容動物一覧」を見てみたら、

あの迷子君が載ってました。

もし飼い主が現れなくても、あの性格なら里親募集対象になれるね、きっと。

次の日の木曜の朝、保護センターのHPにはまだあの迷子君が。

大丈夫だと思っても、やっぱり心配。

私はもしかしたら余計な事をしてしまったのかな?

あのまま放っておいたら、自分で帰れる子だったかもしれないし…。

子供の頃に見ていたドラマ「炎の犬」でも、確か同じようなシーンがあったな。。。

優しい人が、良かれと思って保護してしまったために、

ママがすぐ近くを通りかかったのに、鎖につながれてて、

大好きなママの元へ走れず、また離れ離れ… あ~すれ違い…。

こいつっ! なんて余計な事をするんだよぅ! 

とテレビの前で悔しい思いをしていた事を思い出し、

もしや、今、私はその優しい人になっちゃったかも?

大丈夫、少なくとも処分前には連絡をくれるようになってるハズ…。

で、木曜日の夕方。HPを見てみたら…迷子君がリストから削除されていました!

これって、これって、飼い主が現れたって事だよね?

念のため、翌日保護センターに問い合わせてみた所、

無事、飼い主さんがお迎えにきて、一緒に帰っていったとの事。

よかった!火曜日に保護して木曜日には引き取られたなんて…。

きっと飼い主さんも必死に探していたんだね。

本当に良かった。

たまたま迷子になったのか、脱走の常習犯だったのか、

どちらにしても、やっばり迷子札は大切なんだ、と思い知らされました。

そして我が家はわんこが迷子になった事も、迷子犬を保護した事もなかったので、

今回は、とても貴重な経験をさせて頂きました。

我が家の迷子対策、もう一度再確認しようと思いました。

Comment

非公開コメント