北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

怒り過ぎでしょうか。





先日、サシ散歩のお相手ひばりと、近所を歩いていた時の事。

ガードレール内を歩いていると、前方に小学校の中学年くらいの男女の子供達が

4~5人、たむろしていました。

そのままガードレール内を歩き、その子供達に近づくにつれ、

一人、また一人とひばりの存在に気づき始め、

今までしていた遊びは中断。視線はひばりに集中。

「うわぁ、でっけぇ犬~」とか、「オオカミだ!こえぇぇ」という声が出始めました。

まぁ、これはよくある事なので特に気にせず、歩いていきました。

ガードレール内の歩道は狭いのですが、みんなひばりの見た目の怖さに、

まるで花道のように道をあけてくれてました。

でも、さすがに私とひばりが並んで歩く巾はないので、

ひばりを私のやや斜め後ろに引き、できるだけ場所を取らないように、と

気を使いながら、その子供達の横を歩きました。

通り過ぎる間、みんな、ひばりが怖いのかひばりを凝視したまま固まって、

中には数歩、後ずさる子もいました。

はじめに私が子供達を通り過ぎ、次にひばり…と視界にひばりが入るくらいの目線で

ひばりを誘導しながら子供達の横を通る過ぎる瞬間、

「オオカミ」と言った、体が大きな男の子が変な動きをしたのが

私の視界に入りました。

表現が難しいんだけど、男の子の足がステップを踏むような、

体が跳ねたような感じに見えました。

その瞬間、ひばりが何かにはじかれたように「ビクッ」と後ろを振り返り、

何かを除けるように後ろ足が跳ね上がりました。

ひばりが蹴られた!

瞬間にそう思い、怒りが頂点に。

すかさず振り返り、その男の子に向かって、

「おい!! おまえ何した! 今、あたしの犬に何したよ!!!!」

と、怒りにまかせて怒鳴りました。

すると一瞬、間があいてから、その男の子は

「……ちょっと…さわった…」

…チョット…? …サワッタ…?

嘘だ、嘘言ってる。

ちょっと触ったくらいで、ひばりがあんなに飛び跳ねるはずがない。

後ろから突然触られたわけではなく、ひばりも子供達の存在を認識しながら

通り過ぎようとしていたんだから。

そう思いましたが、私はその現場を見ていないし、その子が嘘ついてる証拠もない。

それに触ったって言えば怒られないとでも思ってるのかもしれない。

そんな魂胆が余計に許せなかった。

「急に触ったらダメでしょう? 驚くじゃない!

 今だって、この犬、びっくりして飛び跳ねてたでしょ! かわいそうでしょ!」

私の言葉にコクン、コクンとうなずいて聞いている男の子。

「ごめんなさいは?」 と言うと、

「ごめんねぇ~」

(ごめんねぇ~じゃなくてごめんなさいだろ!)

とは思ったけど、その男の子は、私ではなく、ちゃんとひばりを見て謝っていたので

「よし、いい子だ。もうこうゆう事しちゃダメだよ。」

と言う私に、男の子はコクンとうなずきました。

私が歩きはじめると同時に背中から「ひぇぇぇ、こえぇ」という声が聞こえました。

誰が言ったのかは分かりません。が、その男の子は終始、ニヤけていました。

私には男の子の動きがひばりを蹴ったように見えました。

でも、本当にちょっと触っただけかもしれない。

人には叩いたように見える程度でも、

男の子にとってはちょっと触っただけだったのかもしれない。

友達がみんな「怖い」と引き下がるような犬を触って、

「僕はこんな犬、怖くない! へっちゃらさ!」

と、自分の度胸の良さをアピールしたかったのかもしれない。

そして子供相手に少し怒りすぎた? もっと冷静に叱った方がよかった?

色々な考えが頭をよぎりました。

でも、相手がたとえ子供でもお年寄りでも、許せないものは許せないのです。

せっかく先日のフリーマーケットのブログで、「オトナの対応、まぶしいっす」

というコメントも頂いたばかりなのに、このザマでした。。。

いやしかし、自分の子供に何かされたら、親として冷静になれない。

そう実感した体験でした。

Comment

非公開コメント