FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事

ひばり、また入院す。


今朝の事。

「ガンガン!」 という音で目が覚めた私たち人間。

今日は二人とも休みでいつもより起きるのが遅かったので、まき子が

「出せ出せ~ 起きろ起きろ~」

とアピールしているのかと思い、静かにさせるために旦那が起きて一階に下りて行きました。

これは休日に寝坊するとたまにある事なので、私は布団に入ったまま静かになるのを待っていました。

するとガンガンという音はしなくなったものの、

「ワンワン! ワンワン!」という犬の鳴き声。

旦那がいるのに鳴きやまないのはおかしい。

しかも我が家のわん達は「ワンワン」という、いわゆる普通の犬の鳴き方はしません。

「ハウハウ」とか「ピーピー」としか言わないはずなので、これはもう尋常じゃない。

そう思い、あわてて一階にかけ下りると同時に旦那の

「おい! ひばりが怪我してるぞ!」と私を呼ぶ声。

ひばりを見ると、ワンワン鳴いているのはバリケンの中のひばりでした。

お座りの姿勢のひばりは、前足が血だらけ。しかも旦那がどんなに声を掛けても鳴きやまず、

手を差し出すと歯をむいて威嚇。

私が呼んでもやはり同じで、「ワンワンワンワンッ!」と鳴くばかり。

最初は、ひばりは怪我をしているから、それをかばって人間が近づくのを威嚇している、

と思いましたが、様子がどうも違う。

ひばりは怪我をかばうために、私たちに威嚇するような性格ではないはずなんだけど、

私たちでさえ近づく事を許さないほど、すごい怪我なの?

その時、何事かとまき子が、ひばりのバリケンの横にある柵からの中を覗きこみました。

すると、まき子にも歯をむいて威嚇。

まき子に威嚇…。 もうこれは異常だ…。

どうしちゃったの? 何があったの? 何が起きてるの?

どんなにひばりの名前を呼んでも、

自分の名前を把握していない犬のように、まったく耳にはいらない様子でワンワンワンワン!

オヤツをあげても、無視してワンワンワンワン! 

オヤツをクチに持っていっても、匂いもかがずにワンワンワンワン!

そしてひばりのクチのまわりは、白い泡だらけです。

目の前にいるのはひばりだけど、中身は全くの別犬のようでした。

まるで、捕獲したての野良犬が、人間を恐れて鳴きわめき、

「私達は何もしないから大丈夫だよ」となだめているような気分でした。

もうどうしていいのか、何が起こっているのかわからなくて、途中で泣きたくなったげど、

ここで私たち人間がアタフタ、オロオロしてしまってはひばりに伝わってしまう。

とにかく、ひばりをひばりに戻さなくちゃ…。

そう思い、あえて平常心で、明るい声でひばりに呼び掛け続けました。

バリケンの中で鳴き続けるひばりに呼びかけ続けて数分。

すると突然、「ワンワン!」が「ピーピー」に変わりました。

変わった途端、自分からバリケンから出てきて、私たちにすり寄ってきて、

顔をぺろぺろ舐めまわしたり、クネクネ甘えてきたり…。

「よかった! ひばりに戻った!」

すり寄られた私たちのスウェットも血だらけになるけど、そんなのは気にしない。

ひばりがひばりに戻ってくれれば、お気に入りのスウェットなんてどうなったっていい。

「大丈夫だよ、大丈夫だよ」とひばりを抱きしめながら、泣きそうな気持をぐっと我慢。

「大丈夫」ってひばりに言いながら、実は自分に言い聞かせてたんだと思います。

その後、ひばりはピーピー言いながら部屋をウロウロ歩き回るので、なかなかよく見れないけど、

どうやら左の前足がおかしいらしい。

とにかく旦那と交代で着替え、病院へ行く事に。

ひばりはびっこは引いているけど、歩けるので靴下をはかせて車で行きました。

病院で先生に事情を説明しましたが、私達でさえなぜこんな事になったのかわからないので、

先生はもっとわからない顔をしていました。

とりあえず怪我の様子をみると、先生の顔が歪みした。

表現してもいいんだけど、生々しすぎるのでやめろ、と旦那から依頼されたので

あえてここでは言いません。

私は見ましたが、あれで歩いていたのも不思議だけど、

逆にあんなにすごい事になっていて、あれだけの出血で済んだのが不思議に思いました。

(ちなみに旦那は怖くて見ませんでした。やっぱりこういう時は女子の方が強いらしい…。)

すぐにでも縫わなきゃならない、という事でそのまま入院。

一泊入院という事なので、人間はひばりのご飯二食分と、

念のために、匂いのついた毛布を取りに一旦帰宅し再び病院へ。

病院のゲージに入れられたひばりの様子を先生に聞いたら

ゲージの柵に、怪我している前足を突っ込んだ状態で、爆睡している、との事。

「痛くないんですかねぇ」と先生が苦笑いしてました。

それを聞いて、「よかった、それでこそ、ひばりだ」と、妙な安心をして帰ってきました。

結局、何が原因なのか、どうしてあんな怪我をしてしまったのか、未だナゾです。

バリケンを隅々まで調べたけど、怪我するような物もないし、

どかこに挟んでしまったとか、入口の扉に挟まったとか、そんな異常もありませんでした。

ただ、旦那の話だと、一階に下りた時、バリケンが数10センチ、前へ移動していたらしく、

旦那が一階におりてひばりを見たときは、バリケンの中でのへーっと寝そべっていて、

でも、既に目は虚ろでクチは泡だらけ、寝そぺったままで「ワンワン!」と鳴いていたそうです。

そして血も、怪我した足以外にはついてなくて、バリケンの中はキレイな状態だったそうです。

しかし、年末で病院が閉まっている日じゃなくてよかった!

昼過ぎに無事に縫合が終了したと病院から連絡が入りました。

明日、ひばりお迎えの時に、先生に怪我の詳しい状況を聞いてこようと思います。

今は、ひばりのいない、静かな我が家です。

「ひばりがいないとサビシイなぁ。。。」と旦那がしきりにつぶやいています。

明日以降、経過報告します。

Comment

非公開コメント