北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

生きてると色々ありますね。


先週の水曜日、ひばりが全身硬直・痙攣・失神しました。

それは嘔吐から始まったのですが、その時の様子はここに書くと長ーくなってしまうので省くとして。

一言で言えば「修羅場」でした。

何が起きているのかわからない。何をしたらいいのか分からない。

目の前でひばりが苦しそうにジタバタともがいているのに、

私達にはなす術もなく、ただひばりが死んでゆくのを見守る事しかできないんだ…。

そう思いました。

その時の気持ちは、悔しい、もどかしい、自分が情けない、、、

似たような言葉はたくさんあるけれど、どの言葉を使っても表現できません。

そして涙なんて出ませんでした。

ひばりが痙攣・硬直・失神してすぐに、かかりつけの病院に救急で電話。

我が家のかかりつけの病院は、夜間は留守電にメッセージを残すと、

五分以内に先生から折り返し電話が掛かってくる、という仕組みなのですが、

折り返し電話がきた時には、ひばりはすでに意識が戻ってケロッとしていたので、

とりあえず今すぐできる事はない、という事で、翌日、先生に話を聞いてきました。

「癲癇(てんかん)の可能性が高い」との事でした。

私達も、ひばりの様子からしても、ネットで調べた事からも、癲癇では?と思っていたので、

やっぱり、、、という感じでお話を聞きました。

そして、先日の「バリケン密室・ひばり前足怪我事件」も、癲癇が犯人、と決着しました。

癲癇発作中は錯乱状態にあるので、自虐行為をしてしまう子もいるらしいです。

目の前にあるモノは、たとえ自分の足でも咬んでしまうので、

飼い主もむやみに手を出さない方がいいんだそうです。

癲癇と一言で言っても色々あるらしく、脳関係の病気・もともと癲癇因子をもっている・

麻酔・ホルモンバランスの異常・抗生物質、そして、突発的な癲癇もあるし、

原因がわからない、いわゆる「本物の癲癇」もあるらしいです。

ひばりの場合、何が原因なのか、何がきっかけで発作が起きたのかがまだ分からないので、

麻酔を必要とする脳の検査は、今はできません。

そして、足の治療のために飲んでいた抗生物質もストップしました。

癲癇だとしても、ひばりはひばりです。

ただ「癲癇」という個性を持っているだで、我が家のカワイイ娘には変わりありません。

でも、癲癇持ちという知り合いもわんこも、私達の周りにはいないので

ネットではない、誰かに話を聞きたい…と思ってまず頭に浮かんだのは、

まき子のブリーダーさんでした。

まき子のブリーダーさんは、マラミュートのブリーディング歴ン十年というベテランです。

もしかしたら何か良い情報が得られるかも。

ただしこのブリーダーさん、いつも多忙な方なので、即返事は期待しないでおこう。

と、メールを一通送ってみました。

すると、翌日、早速お電話。

しかも電話する前に、癲癇について色々調べたり、知り合いに話を聞いてみたり、

このブリーダーさんかかりつけの動物病院の先生に話を聞いたりしてくださったそうです。

電話で話したのは旦那なのですが、

「○○さんと話ができて良かった。安心した。なんとなく…。」と言ってました。

特に実のあるアドバイスがあったとか、なかったとか、そういう問題ではないんですよね。

多少なりとも不安だった私達に、

すぐに電話をくださり、アドバイスしてくださり、そして何よりも親身になって話を聞いてくれました。

それが今の私達には、とっても嬉しかったのです。

発作は今のところ、先週の水曜日以来、起きてません。

今のひばりはいたって元気で、散歩広場に行っても

「ひばりちゃん、本当に怪我してるのぉ~?」と言われるくらい、元気に走り回っています。

でも、留守にしている間に発作が起きたらどうしよう…。

ひばりは今、クチ輪をしているから、自虐行為はないと思うけど、

逆にクチ輪をしてると、嘔吐した時に危険ではないのか…?

など、毎日心配でしかたありません。

本当は一日中ひばりについていてあげたいんだけど、私も仕事をしてるし…。

私が仕事を辞めて、家にいてあげた方がいいのか、とも思いましたが、

癲癇の検査・治療ともなると、多大なお金が必要となるので、

今、私が仕事を辞めるわけにはいきません。

先生やブリーダーさんの話を聞き、色々考えて、私達としては、今はとりあえずしばらく様子を見よう、

様子をみて、癲癇発作の傾向と対策を考えよう、という事になりました。

中には、天気次第で癲癇発作が起こるという子もいるらしいです。

ひばりにとって、何が引き金となっているのか、どれくらいのサイクルで起こるのか等。

次に発作が起きたら、慌てず騒がず、落ち着いてひばりの発作を観察し、

できれば今後の診察に役立つというので、発作の動画も録画もできたらしようと思います。

「大丈夫。癲癇の発作では死にゃぁしないんだから。

 発作中は何もできないんだから、とにかくひばりをよーく観察してあげて。

 癲癇とうまく付き合っていきましょう。 気を大きく持って!」
 
というブリーダーさんの言葉に励まされた私達。

気持ちも落ち着き、やっとこのブログで報告する気持ちになれました。

みなさんの中でも、わんこの癲癇について何か情報がありましたら

何かアドバイス等、教えていただけると嬉しいです。

※ひばりはまだ検査も何もしていなく、癲癇と決定したわけではありません。
 癲癇以外にもこのような発作を起こす病気はありますので、それも含めての現状観察、です。
 誤解のないように。。。
 

Comment

非公開コメント