FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家借家生活を経て、
標高1260の山の家で暮らしています。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ
2018年12月22日永眠しました。


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

またかよ、S便さん。






今日はとても寒い夜でした。

最近は、散歩から帰ると、裕次郎と良太郎は真っ先にストーブにあたりにいきます。

今日は冷たい雨が降っていたので、余計に寒かったでしょうね。

裕次郎は今日もストーブに近すぎて、毛がチリチリになりました。

さて。

今日、いつものようにS便さんにわん達のエサを届けてもらいました。

荷物を受け取り、「御苦労さま~」と配達員さんを見送ろうとした時、

「今回は、大丈夫ですよね、袋に穴開いてませんよね^^」と言われました。

そういえば、去年の八月の事件以来、配達員の人の前で現状確認する事にしていたんだった。
       ↓
  http://blogs.yahoo.co.jp/no6hibari/24281790.html

「えぇ、大丈夫そうですよ~」

「そうですか。前回も私が配達したもんで…。ならよかった。ありがとうございました!」

と配達員さんを見送りながら袋をチェックすると…。

なんと、また袋が破けているではありませんか!

「またかよ! 配達員さんに言わなきゃ。受け取り拒否しなくちゃいけないかもしれないし」

と、既に帰ってしまった配達員さんを探すべく、玄関を開けて辺りを見回すと、

まだ家の横に止めてあるS便のトラックを発見。

荷台の後ろの所にさっきの配達員さんがいたので、大声でいいました。

「S便さーーーん! やっぱりまた破けてますよ!穴が開いてますよ!」

すると私の言葉を聞いてこちらを見て、大きく頷く配達員さん。

「よかった、気がついてくれた。」と、私はそのまま玄関で配達員さんが来るのを待っていました。

するとその配達員さん、トラックの運転席に乗り込み、エンジンをかけ、発進するではありませんか!

てっきり、エサの袋を確認に来てくれるもんだと思っていたので、びっくりして、

大きい声で「S便さーーーーーん!S便さーーーーん!」

と、トラックに向かって呼んでみました。

しかし、私の声など聞こえないのか、そのまま無情にも走り去るS便のトラック。

外にいる人達が、「ギョッ」っとしながら、トラックと私を見比べます。

「おいおいS便、逃げる気かよっ! 逃がすかっ コノヤロ!」

と、スニーカーをつっかけ、走り去った方向に向かって追いかけました。

すると、少し走った所にさっきのトラックが停まっていて、中から配達員さんが出てきました。

「エサの袋、破けてますよっ  って言ったのになんで走り去るのっ?」

「えっ、いや、すまみせん… その…」

「私の声、聞こえてましたよねぇ? その時、目も合いましたよねぇ?」

「はぁ、あの…」

「こっちに来るかとおもったら発進するんだもん!」

「あ、あの、、」

「エサの袋、破けてるんですよぉ。またですよ。見てくださいよ!」

「はぁ。すみません…」

と、再び配達員さんを玄関に連れ戻し、破れている袋を見せました。

「これ、二回目ですよねぇ。なーんで袋が破けるんでしょぉねー。」

現物を見せられて、何も言い訳できずに、しどろもどろになる配達員さん。

「そりゃぁね、配達員さんがやったんじゃないのは知ってますよ。荷物の仕分けのアルバイトさん

か誰かがやったんでしょうねぇ。でも、これ、二回目ですよねぇ。」

本来なら、受け取り拒否するのですが、前回に比べると破れている穴もそんなに大きくなく、

エサもまだ飛び出していません。

このまま受け取ってしまおうか、と、迷うところ。

なので、フード業者に連絡しようとしたけど、

私はフード業者の連絡先を知りません。知ってるのは旦那だけ。

なのですぐに、配達員さんの目の前で旦那に携帯で連絡しました。

すると、旦那が「今からフード業者に連絡してみるから、5分待てる?」と。

なので電話する私の横で目が挙動っている配達員さんに、

「今からフード業者に連絡してみるので、その間ほかの配達に回ってきますかっ?」

と提案してみました。すると、

「いえっ、今、ここで待ってます…。」と、すっかり縮こまってつぶやく配達員さん。

旦那からの電話を待つ間も、袋がなぜ破けるのか? 誰の仕業なのか?

なぜ同じ事が繰り返されるのか? これは犬のエサとはいえ、食べ物なんですよ!

と、配達員さんを問い詰めていました。

念のため、玄関のドアは開けっぱなしのままで。

すると、1分くらいで旦那から折り返しの電話。

結局、二袋のうち、破けている一袋だけを受け取り拒否し、またあらたに送りなおしてもらう、

という事になり、破けているエサを配達員さんに渡しました。

「本当に申し訳ありませんでした!」と謝る配達員さんに、

「さっき、なんで走っていっちゃったの?!エサを見にきてくれるもんだと思って待ってたのに。

 逃げるのかと思っちゃったわよ。」と言うと、

「あ、いえ、、、最初に停めていた場所は、他の車の邪魔になってしまうので…

 その…長引くと思ったので、安全な場所に移動したんですけど…」

…あら。そうだったの。逃げるつもりじゃなかったのね…。

袋が破かれていたのに怒っていて、そんな配達員さんの配慮なんて気がつきゃぁしませんでした…。

配達員さんも、私のあまりの剣幕に、そんな事言えなかったみたいです。。。

強い言い方しちゃって、ごめんね、配達員さん。

玄関を開けっぱなしで話していたので、近所中に聞こえていたことでしょう。

だって、エサの袋が破けていたの、2回目ですよ。

前回は、フード業者が問い詰めたところ、S便が非を認めたらしいです。

配達員さんが破いたんじゃないのかもしれないけれど、

お客さんとの接点がある仕事の人が、その会社の顔であるのは、どの仕事も同じ。

接客業の辛い所と思って、頑張ってね、配達員さん。

でも、今日の配達員さんには少し悪い事をしてしまいましたね。

今度から、怒っていても、人の話は落ち着いてちゃんと最後まで聞こうと思いました。

Comment

非公開コメント