北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

伊豆へ~2

今回の旅行は、海と海の幸を堪能する、ということで、

西伊豆行くならココに行こう!と最初から決めていたお店。

140921izuc.jpg
旦那の知り合いが西伊豆にいまして、
その人に連れてってもらったのはもう10年以上前か。

安くてボリュームがあって大満足&大感激したこのお店。

私は飛び魚の天ぷら定食が食べたかったんだけど、
この日は飛び魚がないってことでしたので、普通の天ぷら定食。
140921izug.jpg
旦那は鯵のたたき定食。

ここは注文を受けてから、ミニ釜でご飯を炊いてくれます。
140921izud.jpg


写真じゃイマイチ、このボリュームが伝わらないんですけど、、、
140921izue.jpg
大きさ比較で、スマホを隣に置いてみた。


天ぷらも、鯵・イワシ・サザエ・あと、名前わからない魚の天ぷらに、
野菜のかき揚げが裏に隠れてます。
140921izuf.jpg
緑の葉は、明日葉の天ぷらです。

いやいやホント、鯵のたたきも、天ぷらも、山盛りなんですよーー!

定食なので小鉢類もいくつか付いてます。

汁物にも魚がゴロッと入ってます!
140921aaa.jpg
魚の出汁がでてて美味しい♪

そしてこのお店は料理を注文すると、トコロテン食べ放題です。
定番のトコロテンから、甘い味まで、色んな味のトコロテンが並んでます。
トコロテンバイキングです。

ご飯を炊く時間もあるので、注文してから料理か出てくるまで時間がかかるので、
その間、トコロテンでも食べて待っててくださいね、ということなのでしょうが、
ここで調子に乗ってトコロテンを食べ過ぎると、
肝心な料理が食べられなくなってしまいます。
トコロテンは料理食べ終わってから、まだ余裕がある時だけ食べるのが良いでしょう。

このお店はボリューム的には大満足でした!
ただ、、、以前よりも、、、値上げした?
前は地元に愛される地元民向け価格だったような気がしたんだけど・・・
観光客向け値段に変わった、、、ような気がします。
このボリュームだしこのご時勢だから(ここもまた?)仕方ないのでしょうかね。

この値段でこのボリューム?! だったのが、
この値段だけどこのボリュームならしゃーないか? という感想になりました。


さぁ、海も満喫したし、美味しい海の幸も堪能したし、
帰りはどの道順で帰るべ?

と、ここで土肥からフェリーが出ている事を思いつき、

もしちょうど良い時間にフェリーが出るなら乗る、
あまりにも待つようなら乗らない。
いずれにしても値段が高かったら乗らない。

と、何も調べずにフェリー乗り場に向かってみることに。

乗り場に着くと、出迎えてくれた係りのおじさんに
「乗るの?」と聞かれ
「あのー、料金はいくらですか?」と聞くと、
「人間が2人? んーと、5100円だね。」と。
車と人間二人でこの値段なら・・・
「乗ります!」と即答。

するとすぐそこに停泊しているフェリーを指差し、
140921izuh.jpg
「あの船がちょうどあと2分で出港だから!急いで!」と。

時刻表を見ると、このフェリーは14:40出航。
その次は約1時間後。
ならばこのフェリーに乗ったほうがいい!
そしてただ今の時刻は、14:38! 本当にあと2分!

「あ、あの、犬が4頭いるんだけど・・・」という旦那の声など聞いてないのか、
「時間ないよ、早くお金払ってきて」とオジサン。

ひぃぃいいい! 
と、慌てて車を飛び降り、券売所に走り、料金を払うと、
券売り場のオバサンにも 
「あともう1分しかないから! 急いで!」 と急かされ、
また走って車に戻る途中、さっきのオジサンに、
「これ、ペット乗船の事が書いてあるから、読んどいて!」
と紙を渡されました。
なんかよく分からないけど、「はいっ」と紙を受け取り、車に飛び乗る。

140922b.jpg


そしてフェリーのケツの入り口から乗船。
140921izui.jpg
古びたホワイトベースのようで。

車で乗り込み、ここに停めて、といわれたのはバスの後ろ。
140921izujjjj.jpg

本当に私達が最後の乗船客だったようで、
車を停めてふーっと一息して後ろを振り返ると、
ホワイトベースの扉が既に閉まってました!
そしてすぐ船が動き始め、出航。
ホントにギリギリだったようです。。。


んで、さぁ、乗ったはいいけど、、、甲板に出てみたい。
出てみたいけど、、犬、どーする…?
乗ってから考える私達。。。

普通、フェリーって甲板に犬一緒はNGだよなぁ。
車中に「荷物」として残すのが普通だったような・・・。
小笠原に向かうおが丸は食堂と客室以外は犬もOKだけど、
そっちの方が特別なわけで・・・。
よっぽど人情のある船員さんの乗る船じゃないと無理だよなぁ・・・。

その時、さっきオジサンにサラッと渡された紙を思い出し読んでみた。
なんやかんや書いてある。

要約すると、小型犬はバッグなどに入れて持ち歩く。
大中型犬は船内の所定のペットゲージに格納。ただし先着2頭まで。
それ以外は車中に残す。←この場合、別紙の届け書を提出すること。

ペットゲージ先着2頭なんて・・・
ってことはどうあっても我が家の4頭のいずれかは車中に残すってことか。

車中に残すって・・・
んじゃ、少し窓開けておくか? とも思ったけど、
この時点で前に停めてあるバスがエンジンつけたままなので、
その真後ろに停めている我が家の車中に排気ガスが充満して危険。

じゃ、我が家の車もエンジンつけたままクーラーつけとくか?
そもそもエンジンつけといていいのか?

でもなー、わんだけ残すなんてやっぱりイヤだよ。
飼い主とわんか離ればなれになるのは、何かあった時、助けられないかもしれない。
やっぱ心配だから人間も一緒に車中に残るか?
せっかく船に乗ったのにそれはつまらんなぁ。。。

そこで、その辺にいた船員さんに事情を相談してみました。

するとその船員さん、我が家わん達を見ると 「うん、いいよ」 と。

えっと、いいよって、どーゆーこと?

とりあえす貴重品とか念のためのウンP袋とかペットシートとか慌てて準備していると、
その船員さん 「一番小さい子はどの子?」と。
裕次郎を指さすと、んじゃこの子貸して、と、裕次郎のリードを持ち、
「こっちついて来て!」と
裕さんと共に、さっさと歩いていくではないか!

旦那と私と、まきことひばりと文太で慌てて船員さんと裕次郎の後を付いていく。

この階段を上って出た所は、
140921izuk.jpg

船の1階の側面。
他の乗客がこないから、ここならいいよ、と。
15時35分頃になったら車に戻ればいいよ、と。
聞くと、この船員さん、大の犬好きらしい。
大きい犬も全然平気で、文太の事もワシャワシャと撫でてくれました。

ありがとーーー!船員さん!
なんと粋な計らい!

側面だけど、海も景色も充分見られる!

140921izun.jpg


どう?文太? 船の上は。気持ちいいでしょう♪
140921izum.jpg

ひばりんも、船からの海をよく見ておきなよ~。
140921izuo.jpg

椅子もあるし、特等席だよ~!
140921izul.jpg
と、旦那は椅子から一歩も離れず。
というか、椅子と壁にへばりついたまま動かず。
海が怖い旦那は、おっこちそうで手すりまで行けないし、
歩き回るのもいやなんだと。

てことは、たとえ上のデッキもわん連れOKだったとしても、
一箇所で一歩も動かずに終わった、ってことかい。
旦那はカナヅチなのでね、しょーがない。ぷぷぷ。

しばらくすると飽きたのか、3北犬はボーッとし始めましたが、
140921izuq.jpg
そんな中、私と一緒に最後まで海を眺めていたのは、

裕次郎。 乗り物とか、新しい場所・経験が好きだもんね。
140921izur.jpg
また二人で一緒に小笠原行きたいね、裕さん。

ね、裕さん、と話しかけると、
140921izup.jpg
こんな顔で振り返りやがりました。
海を見てるとね、そーなるよね、わかる、わかるよ。
いいよね、海。。。
私も、まさかみんなで船の上から海を眺められると思わなかったな。
感激だよ。いい家族の思い出だよ。


そんなこんなであっと言う間に清水港に到着。
車でフェリーから降りると出口の所に、船員さん達が並んで立っていました。
その中に、粋な計らいをしてくれたあの船員さんが!

その船員さんの前を通り過ぎるとき、車の窓を開けて、
小さく、「ありがとうございました」と頭を下げると、
仕事中だからなのか、無表情な顔をして何も言ってはくれませんでしたが、
私達に向けて右手で小さくピースサインをしてくれました。
最後までなんてカッコイイ船員さんなのでしょう!

惚れてまうやろーーーー!


こうして伊豆一泊旅行が終わったのでした~。


注) 今回、フェリーの1階デッキにわん達を許可してくださいましたが、
   必ず許可してくれるものではありません。
   これから乗船を考えてる方は、このフェリーは
   基本は客エリアに犬はNGということをご理解ください。
   そしてご自身で問い合わせしてみることをお薦めします。
   案外OKしてくれるかもしれないし、
   海の状況やお客さんの入り具合等で変わるのかもしれません。
   この船員さんのご好意を無にすることにならないよう、
   よろしくお願いします。


そして、旅行といえば、コレ。
ご当地手ぬぐい。途中、立ち寄った道の駅すばしりで買いました。
140922a.jpg
富士山とアトム、豪華コラボ。

当初の目的通り、海と海の幸を堪能、
ノンビリダラダラできてリフレッシュ~。
いい人にもいいわん達にも出会えて、とて良い旅行になりました!
みなさん、本当に感謝します。ありがとうございました!

そして運転頑張った旦那、ありがとう!
お疲れ様。また頼むよ。


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

Comment

楽しい旅行でしたね~^^

海岸も走れたし、ちゃんとシャワーも^^ ワンちゃんとのふれあいも、いい船員さんとの出会いもありで楽しい旅行になりましたね。
フェリーでワンコと一緒に海見れるなんて最高です。
椅子に座ったままの方が約一名いらしたようですが~~~(笑)


アジのたたきのボリューム十分見ただけで分かります♪
てんぷらの量の多さにビックリですよ。

いい旅行ができましたね・・昔ペナント、今てぬぐいか・・・いいなこれ。

No title

ぺぐさん
ね~!旦那の海嫌いには驚きです(笑)
カナヅチとは知ってましたけど、まさかフェリーさえも
こんなに怖がるとは。。。
本当に一歩も動かなかったんですよ~。
ペナント!懐かし~!そういえば今、ペナントって
あまり見かけないような…。
コテコテのお土産って、見てて楽しくて好きですけどね(笑)
非公開コメント