北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事

良太郎。

お久しぶりの更新になってしまいましたが。


我が家の営業部長・D-チワワの良太郎。

7月22日の朝、亡くなりました。


首というか喉というか耳の付け根というか・・・に、しこりを発見し、
検査してもらって癌ということが判明したのが4月末。
その時点で、余命1~2ヶ月 と宣告されました。


ブログで良太郎が癌だということを打ち明けると、
「良太郎はもう長くない」 「良太郎君、死んじゃうんだ」 という、
なんていうんでしょうか、
「気」 というか 「想念」 というか 「エネルギー」 が
良太郎に飛んできそうな気がして、記事にできませんでした。


良太郎の癌は、喉に張り付いてるように侵食しているので、
摘出手術は不可能。
そして、このしこりは次第に肥大化していくだろう、
脳や体がすこぶる元気でも、喉のしこりが肥大するせいで、
食事ができなくなり餓死するか、
呼吸できなくなり窒息死するか、 との診断でした。

たとえ延命治療したとしても、一年もつかもたないか・・・と。
それならばたとえ短くても、いつもの平凡な毎日の時間を送らせてやりたい、
という思いから、対処療法のみの闘病生活を選びました。


それから1ヶ月以上、
オマエ本当に癌なのか? というくらい元気に過ごしていたのですが、
6月の上旬頃から病状悪化してきました。
そう、私の肋骨骨折と、ちょうど同時期くらいから…。
私が24時間、良太郎につきっきりで看護ができるように、と、
良太郎が仕組んだのか? と思うくらい同時期でした。


途中、良太郎があまりにも辛そうで、安楽死まで考えました。

が、急に、良太郎は見事なまでの回復ぶりを見せました。


動物病院の先生からも
「この子には奇跡が起きる? なんて考えちゃいますね」
と言われ。
そんな先生の言葉を「まさか~」なんて笑い飛ばしましたが、
本当に、本当に元気になっていきました。
ゾンビみたいだった見た目も、普通の良太郎に戻り、
散歩で良太郎お得意の 
「アホの坂田歩き」 が復活したのを見た時は、
「奇跡というよりも、そもそも癌って診断自体が間違いだったんじゃないか?」
と思うようになっていたのですが。


亡くなる3日前までフラフラながらもみんなと一緒に散歩に行き、
(途中で人間が抱っこしたりしてましたが)
2日前から完全寝たきりになりましたが、
上半身を起こしてあげれば自力でミルクも水も飲んでいました。
寝たきり介護生活、こりゃぁ長期戦だな…
と覚悟した矢先でした。

良太郎は最後まで本当によく頑張りました。

一番心配していた、餓死とか窒息死ではなく、
静かに逝くことができて良かったです。

いつものように、いつもの自分の場所で、
いつもの平凡な毎日の生活の中で。



まだ南犬・良太郎のいない生活には違和感を感じます。
ちょっと小さめの中型犬サイズだったけど、
我が家に欠かせない存在だったみたいです、良太郎は。



良太郎 小っちゃいけど存在感あったでしょ? えへ。
140804001.jpg
そーね、クヤシイけどね! 
良太郎は世界一、いや、宇宙一のチワワだった!
クヤシイけど、大好きなんだよ!
こーゆーと、調子ずいてる良の得意げな顔が浮かぶんだよねぇ!
まったく、良太郎のくせに。 ちっ。 ムカつく。

本当に、本当に、ウチの子になってくれてありがとう。
また会う日まで、向こうで、天ちゃんと丼ちゃんと仲良くしててよね!

ミスチルの 「花の匂い」 を歌いながら、
また会えるのを楽しみにしてるから。


♪ ”本当のさよなら”をしても
温かい呼吸が私には聞こえてる
別の姿で 同じ愛眼差しで
あなたはきっとまた会いに来てくれる

Comment

No title

ぅわー・・
仕事中(昼休み)に読んじゃった・・
涙と鼻水ガマンして凄い顔しながら書いてます。

更新ないなぁ、ママさん、骨折の具合良くないのかぁって思ってたんですけど、
そうですか・・良太郎くん・・そうですか。
大きい北犬さんたちの中で、ちっさいのに存在感抜群のわんちゃんでしたよね。
口ではなんだかんだ言いながら、ママさんのでっかい愛情伝わる文面、大好きでした。

天ちゃん、いなくなったばかりなのに。
さみしいですね。

良太郎くんのご冥福を心よりお祈り致します。

良太郎お疲れ様

あぁ良太郎も逝ってしまったか。
何だろう、過失感と共に満足感がありませんか?うちも6月にランを亡くした時、寂しい気持ちと一緒に心から愛したこと、してやれることは全てしてあげたこと、精神的にも、物理的にも飼いきったという気持ち。そしてもちろん、私たちも心からの愛をたくさんもらいました。

なんだか不思議なのは、逝き方がランと似てるなとおもいました。亡くなる直前まで、ふらふらになりながらも散歩に行き、介護が長期戦になると覚悟した矢先に亡くなるというところ、全く同じです。

今頃良太郎とランが「どーも初めましてランのことは、裕さんから聞いてます」とか上の世界で言っていることでしょう。

なーんて言っても、涙が出ちゃうんですよね。たまに写真とか見て思いっきり泣くとすっきりしますよ。

No title

今、私は全身を引き裂かれるような気持ちで、共に泣いてます。
北犬一家の中で一番大好きな良ちゃんが。
私も良ちゃんを愛しています。
思えば、私の初コメは、町でチワワを見ると良ちゃんを思うと
書きましたね。
7月22日は主人の誕生日だから、一生忘れませんよ。
北犬ブログなのに、良ちゃんは私を始め世界中のファンを惹きつけた、立派な営業部長でした。

北犬ママは、辛い看病を、一言ももらさず、ひたすらに良ちゃんの幸せだけを願って
最期までやり遂げられましたね。
私の猫も治らない病気だから、私は別れがこわくておびえる毎日ですが
北犬ママはきっと勇敢に、良ちゃんを少しでも苦しみから守ろうとし
静かに天国へ先に送り出してあげたこと、偉かったですね。
私も、会いたい子達が何匹もお空で待ってますよ。
私はそんなに若くないから、会えるまでそんなにもう長くもないよ、と自分に言い聞かせます。
長くなっちゃってごめんなさい。
北犬パパも、北犬ママを支えてくださり本当に良いご主人ですね。
良ちゃんは本当に宇宙一幸せですね。
私も良ちゃんに会う日を楽しみにしてますからね。
かわいい良ちゃん、おばちゃんにもだっこ、させてね。

No title

良太郎、おつかれさま。がんばったね。
今まで、しあわせな笑顔、ありがとう。
ゆっくり休んでね。

とおさん、かあさんもお疲れ様でした。

寂しいですね

良太郎のカメラ目線と、北犬ママのツッコミ、いつも楽しく読んでいました。
一人南犬なのに、雪の中でよく頑張っていましたよね。

北犬ママのことだから、大切に大切に見守って見送ったことでしょう。
身体に気をつけてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつものように、いつもの自分の場所で、
いつもの平凡な毎日の生活の中で。

こういう最期の時を迎えられたこと、命あるものとして最も幸せな最期だと思います。

デカい北犬たちの中で、ときにいちばんの存在感を光らせていた宇宙一のチワワ。
お疲れさま、頑張ったね。

ママさんたちもお疲れさまでした。
暑い日が続きますので(そちらは涼しいでしょうか?)お身体大切になさってくださいね。

No title

良太郎お疲れさま。
信じられないけど、そっか、もういないんだね。
北犬ママと良太郎の掛け合いが大好きでした。
必ずカメラ目線で見切れてくる良太郎。おもしろかったな。
今はお空で、じーっと北犬一家を見下ろしているんだね。
またいつか、北犬か?ちっちゃいチワワか?どんな姿かわからないけど
北犬一家の元へ戻っておいでよね!良太郎!

No title

良太郎くん、幸せだったことでしょう。
北犬ママさん、パパさん、愉快な大きな仲間に囲まれて
素敵な犬生を送れたんですから。

いない寂しさもあることでしょうけれど、良太郎くんはきっと
北犬一家の笑顔を待ってることでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

No title

良太郎君最後までがんばったね。
北犬一家の皆、個性があって大好きだけれど、良太郎君が一番大大大好きでした。
北犬ママさんのやけに良太郎君だけに冷たいそぶりの言いぐさも、ツンデレだな~と確信していました。

もっと気の利いたこと北犬ママさんに書きたいけれど、言葉がみつかりません。
早く元気になってね。

たぶん

世界で一番のチワワだったよ。 良太郎。
だって 橇ひいてたもん。 私は忘れない。 
ハーネス付けて雪の中を走ってた良ちゃん。 

パパとママもお疲れ様でした。

risamamaさん
ありがとうございます。
存在感に限らず、気持ちも北犬に負けないくらい強気の子でしたねぇ。
だから余計になんだかんだ言いたくなる奴でしたよ。
きっと今頃、天ちゃんと再会してることでしょう。


ランママさん
確かに。「飼いきった」という満足感あります。
だから介護してる間も、「これで亡くなっても、引きずることはないだろうな」
と思っていたのですが、やっぱり寂しくて。
いつまでも泣いてちゃいけない、と思ってましたが、
ランママの言う通り、たまに思いっきり泣いてすっきりしようと思いました。
今ごろ上の世界で良太郎はランちゃんの後を付いて歩いてるかと。
あー見えて、大きな女の子が好きなムッツリスケベな奴ですので(笑)



ふみえさん
良太郎が推しメンでしたか。ありがとうございます。
そんな良太郎の命日がご主人の誕生日とは…なんか申し訳ないです(笑)
看病が大変とかは不思議と思いませんでした。
「なんで肋骨骨折してる時なんだ?!」とは思いましたけどねー。
北犬パパは最初は非協力的でしたけど(あ、言っちゃった♪)
途中から活躍してくれましたのでね、感謝してます。
こうやって向こう世界が身近になっていくんですねー。



名無しさん
こちらこそ、ありがとうございます。
八ヶ岳のD-チワワ、一匹減っちゃいましたよ。


にゃぴさん
良太郎のカメラ目線は本当にムカついたよね~。
誰が教えたワケでもないのに、どこで習得したんだか。
私は肋骨骨折も良くなったし大丈夫だよ、ありがとう。

鍵コメTさん
ありがとうございます。


鍵コメRさん
ありがとうね。


ナナセさん
ありがとうございます。
「平凡な毎日」ほどの宝物はありませんよね。
癌の闘病生活だったのに、そんな中で逝けたのは、
ずっとイイ子だった良太郎への、神様からの贈り物だったのだと思います。
コチラは暑いとはいえ、朝晩は涼しいですよ~。
ナナセさんも夏風邪などひきませんように。



locomiさん
うん。私もまだ信じられない。でも現実なんだよね。
・・・ん・・・?
「北犬ママと良太郎の掛け合い」・・・?
漫才か!(笑)
でも本当に、悪態つきたくなる奴でした。
これからこの悪態はどこに向ければいいのやら!
いえ、マジに、良太郎を可愛がってくれてありがとうございました。



モモキヨさん
ありがとうございます。
私達も良太郎のようなチワワと暮らせて幸せでした。
良太郎のおかげで犬服の大切さとか、犬服を作る楽しさを知ったので、
そういう意味でも良太郎には感謝してるんですよ~。



なみ太郎さん
なんと、なみ太郎さんも、良太郎が推しメンでしたか。
いやいや~、良太郎は本当に頭が良くてですね、
(人間含め)アホが揃っている我が家なので、
軽くムカついちゃうんですよね~。
でもそんなのも、もう終わり、と思うと寂しいですけど。
コメントいただけただけで元気出ます。
ありがとうございます。



R3ママさん
そーだよね、橇ひいてたよね!
しかも優勝してるし。対戦相手がいなくて(笑)
私の手作り・良太郎の橇ハーネス、大切に保管しておこうと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

えええ。。。
良太郎。。。
ちょっと頭の中の整理が着かずにおりました。

良太郎がいたから来春を迎えたんだぞ。。。
良太郎が最高のデカチワワだから。。。

良太郎。。。
そんなキャラじゃなかったろ?
誰よりも長生きすると思ってたよ。。。

これからもカメラむけたら映り込んできて良いよ。
また会いたいから!

ありがとうね。良太郎。北犬一家。

ぐえるの森さん
そうそう、良太郎と小春ちゃんは、
デカチワワとしていいライバルでしたね。
私達も良太郎が一番生き残るとばかり思ってましたよ。
ホント、キャラじゃないですよねぇ。
これからも写真とったら見切れてカメラ目線で写りこむかもしれませんよ、
心霊写真ばりに。(こえ~。)
本当にぐえるの森さんには一番お世話になりました。
良太郎に代わって、お礼させていただきますね。
ありがとうございました。

鍵コメaさん
ありがとうございます。

No title

毎日覗いてたのに
ここ二日ばかりうっかり覗きそびれてた間に更新が

なんだか、全然実感無くて
頭の中が白い感じ

北犬ママ、貴女は本当に大型犬の様な…
誰にも悟らせず、黙って耐えて。

そんなママにスパルタな愛情を注がれて、身も心もノビノビでっかく育った良ちゃん
ママとの駆け引きが楽しかった。カメラ目線のね(笑
良ちゃんみたいに犬らしいチワワはなかなかいない。
稀有な存在。涼しい眼差しがイケメンで。

良ちゃんも北犬ママもお疲れ様でした。
沢山思い出して、沢山偲んで、心を軽くして下さいね。
肋骨も、お大事に…

P子さん
ありがとうございます。
いやしかし、「スパルタ」とは…?
私の精一杯の小型犬に対する愛情だったのですが…何か?(笑)
本当にでっかく育ったチワワでしたね。
あのウザいカメラ目線がなくなったのはいいんですけど、
ムカつくって言う相手がいなくなっちゃって寂しいです。
非公開コメント