北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

犬の癲癇発作について。

今回は、ひばりの癲癇発作について書いてみようと思います。


先日、サーベルタイガーさんから、
このようなコメントを頂きました。


**********************************************************************************
「はじめまして
こんばんはー
いつも楽しく読ませていただいてます。

発作のことについてなんですかが、
ドッグフードをやめて、手作りご飯に変えてみてはどうでしょうか?
他にも発作のあるわんちゃんの飼い主がドッグフードから手作りご飯に変えて、
それきり発作がなくなりましたと聞いています。

それか、病院で処方された薬をちゃんと飲ませてあげてください。
ワンちゃんが可哀想です。

4日続きで13回の発作を起こす…これ多分異常ですよ。

何もせずにただ見ているだけとなると、虐待と何も変わりないかと…

愛犬家として一つ言わせてください。
犬も家族の一員なのですから、しっかり世話をしてあげてください。

ひばりさんが発作を起こすと他のワンちゃんが攻撃しに行く・・・
ハスキーは狼に近いですからね、
チワワやラブラドールとは違って時々本能が出てきてしまうのではないかと・・・
ワンちゃん同士の争いを減らすために、ひばりさんがこれ以上苦しまないために、
食生活を変えてみては?

手作りご飯のレシピはブログで検索すれば沢山見つかるはずです。

ドッグフードが原因で死んでしまう事や、アレルギーになってしまう事もあります。

それでは。

発作がなくなることを願っています。」

サーベルタイガー

*****************************************************************************************

「犬 てんかん」で検索してこのブログに辿り着いたものの、
読んでみたらまったく参考にならず、がっかりされる方、

そしてサーベルタイガーさんと同じように思っている方が、きっといるたろうな、
と思いましたので、
ここで改めて、我が家の癲癇に対しての考えを記事にしておくことにしました。



●我が家が手作りご飯にしてない件。

昔からこのブログを読んで下さっている方ならお分かりと思いますが、
ひばりが癲癇を発症してから、我が家でも手作りご飯に切り替えました。
いえ、厳密に言うと、半手作りご飯ですが、切り替えていました。

同じ癲癇を持つハスキー犬・ひなこちゃんのママさんから
このブログにコメントでアドバイスを頂いたのがきっかけです。

ドッグフードを完全に信じきっていた私達でしたが、
ひなこママさんに教えてもらったサイトを見たり、他にもアドバイスを頂いたり、
犬のご飯について調べていくと、驚くことばかりでした。

そこで、金銭的事情から完全手作りとはいけないけれど、
半手作りご飯に切り替えてみました。

他にも、癲癇抑制に良いとされる物も試してみました。
にがり、オリーブオイル、蜂蜜、サツマイモ、餡子、、、。

カリカリフードも、穀物フリーにし、原材料を吟味。
同じ食材を食べ続けておこるアレルギーを防ぐためにも、
鶏肉・鴨肉・牛肉・鹿肉・バイソン肉・ラム肉・鮭等、
色々な食材でローテーションにしています。


初めて発作を起こしたのが2007年末。
2008年に半手作りご飯に切り替えましたが…

発作抑制の効果はまったくありませんでした。

そこで一昨年の秋くらいから、カリカリフードのみに戻し、
悪化するようならまたご飯を見直そう、ということになりました。
結局、カリカリフードのみでも、発作には影響はありませんでした。
むしろ間隔があいた時期もあったりして。

なのでそのままカリカリフードのみのご飯にして、
ひばりのご飯にだけ、ハチミツとか、餡子とか、オリーブオイルとか、
癲癇に良いとされるものをトッピングしたり、
たまに手作りご飯も作って、カリカリフードにトッピングしたりしていました。

更に、発作は体に負担がかかっている=内臓にも負担が大きい?
と思い、発作デー開催中だけは、ひばりだけ完全手作りご飯にしていました。

が、最近になり、恥ずかしながら我が家もようやっと
金銭的にも生活的にも余裕が出てきたことと、
もうひばりも若くない、という理由から、
ひばりだけでも今度は完全に手作りご飯に切り替えよう、と。

一昨年までの手作りご飯の内容を見直し、今、色々試行錯誤しているところです。

前回の発作のあたりから完全手作りご飯に切り替えたばかり。
でもこれで発作が抑制されるかどうかはわかりません。
以前の半手作りご飯でまったく効果が無かったのであまり期待はしていませんが、
ひばりのためにやれる事はやっておこう、と。




●抗てんかん薬を飲ませない件。

初めて癲癇だと分ったとき、お医者さんにも相談しましたし、
ネットや本などでも調べたりしました。

で、結局、投薬はしない、という結論に達しました。

一番の理由は、副作用が怖いということでした。

肝臓に負担がかかるとわかっている薬を、しかも長期飲ませることに対して抵抗がある。

飲ませれば完全に発作が止まるというなら飲ませるけど、
止まるかどうかは個体差による、飲ませる量による、
様子見で調整していく、というならば、
その調整の間、発作以外の元気ないつもの暮らしまでも副作用のおかげで元気がなくなる。

長期間、飲ませることにより、だんだん薬の量が増える。

投薬をやめても、薬は長期間体内に残留し、完全に薬が抜けるまで時間がかかる。

癲癇発作はひばりに負担がかかるけれど、
発作デー以外のひばりはすこぶる元気です。
散歩も行くし食欲も旺盛で、
発作がなければ癲癇の「て」の字も忘れるくらいの、いたって健康体の犬です。

発作を抑えるための投薬は、ひばりの元気な時間まで奪ってしまうのではないか?

という理由から、投薬は見送ってきました。

そして、いざというときのために、座薬は常備しています。



でも発作のたびに、私達の決断はあっているのだろうか?
薬の副作用の方が、発作よりもラクなんじゃないだろうか?
旦那とも話し合い、ネットを調べたり…常に葛藤しています。

一昨年、文太の開腹手術の際、お医者さんに
「そーいえば癲癇の子がいましたよね?その後どうですか?」と聞かれ
、その時に軽く相談してみました。

やはり発作の回数から見ると投薬した方がいい、とのことでしたが、
副作用が怖いんですけど…というと、お医者さんも強く薦めてきませんでした。

結局、投薬には踏み込めず。



色々と考え、我が家では現在、投薬はせず食事療法のみ、ということになってます。
完全手作りご飯にして、発作が抑制されればそれでよし、
そうでない場合は…

ハーブなども考えています。
以前、癲癇に良いハーブのアドバイスをブログのコメントで頂きました。
早速調べてみました。

が、あるハーブは、癲癇に良いと書いている人もいれば、
癲癇の犬には使ってはいけない、と書いている人もいたり。

また別のハーブは、犬の癲癇に良いとされているけれど、
人が使う場合、肝臓に負担がかかるので肝臓が悪い人は使わない方がいいハーブだ、と。
ならば抗てんかん薬を服用している犬は、このハーブを使ったらいけないのでは?
と思うけど、そのことに関しては何も触れていないし…。

他にもハーブに関しては安易に使うのは危険なものが多いので、
やはり素人判断はしてはいけないな、と。


癲癇と一言で言っても色々あるらしく、
脳関係の病気、もともと癲癇因子をもっている、
麻酔、ホルモンバランスの異常、抗生物質、
そして、突発的な癲癇もあるし、
原因がわからない、いわゆる「本物の癲癇」もある、と。

遺伝などによる先天性なものと、病気による後天的なもの。
検査(脳波・CT・MRI等)は全身麻酔で行なわれるそうで、
ひばりに全身麻酔なんて、怖くて検査は受けさせられません。





サーベルタイガーさんは、このようなコメントを下さるからには、
ご自身でも犬を飼っており、その犬が癲癇持ちで、
なおかつ、食事療法や投薬などで、癲癇発作を見事にコントロールできてる方、
またはその経験がおありの方なのでしょう。

ならば、サーベルタイガーさんご自身の実体験からのアドバイスをいただけませんか?

発作の程度はどんななのか。
そして薬の種類・量、どのような効果があったか、

副作用はなかったか?あったなら、どんな副作用だったか、
たま、どのような対処をして副作用を克服したのか。

そしてどんな食材が発作抑制に効果があったのか、癲癇によいレシピ、
他にも癲癇持ちの犬に対する豆知識。

そして何より、癲癇持ちの犬の飼い主にしかわからない苦悩、あるある話など…。

もし、HPやブログなどお持ちならばURLを教えてください。
ぜひ参考にさせていただきたいと思いますし、
こちらのブログでも紹介させていただきます。
そうすれば、他のてんかん持ちの犬の飼い主さんたちも助かると思います。



私達なりに考え、悩み、葛藤しております。
今は投薬には抵抗があるけれど、
もし重積発作になってしまった時には薬に飛びつくでしょう。
これがひばりにとっていいか悪いかはわかりません。
間違っているかもしれません。



でも、特に犬に対しての考え方には、各家庭の考え方や事情があります。
犬にもいろんな性格の子がいるように、人間にもいろんなタイプの人間がいます。


ドッグフードを与えるもよし、
手作りご飯を与えるもよし。
薬で治療するもよし、
薬に頼らずに自然のままに任せるもよし。


私も他の犬の飼い主さんに対して、
「もっとあーすればいいのに。」 とか 「こーすればいいのに」
と思い、やきもきする事、正直、あります。

が、どーやら世の中、正解は一つではないらしく、
100人いれば100通りの正解があるのですね。

愛情をもって考えた上の結論なら、それはみんな正解、と私は思うのです。



私達は今回のサーベルタイガーさんのコメントを受け、
癲癇の投薬に対する考えをもう少し柔軟にしよう、と見直しました。
いいきっかけになりました。

そして他人にここまで心配してもらえるなんて、
ひばりは本当に幸せ犬だと思いす。

ありがとうございます。





ちなみにサーベルタイガーさん、
我が家で発作中のひばりを襲うのは、ハスキーではありません。
アラスカンマラミュート という犬種です。
あしからず。。。





☆ぐだぐだと書き連ねてしまい、乱文で失礼しました。
 最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。
 こんな飼い主の書くブログですが、
 もしよろしければ、今後もよろしくお願いします☆


Comment

はじめまして。
うちにも遺伝性の心臓病を患っている犬がいます。
うちの犬はまだ3歳なのですが医者から「もう長くは生きられない」と言われています。

ひばりちゃんの癲癇発作とはちょっと違いますが、飼い主の葛藤、苦しみ、試行錯誤の毎日など共感できることが多くコメントしました。

動物虐待だなんて穏やかでない言葉に思わず私もドキリとしました。
うちの犬も生活や食事などを細かく制限して生活していますが、あれもダメこれもダメの中で本当にこんな生活が犬にとって幸せなのかな?と悩みます。
副作用に怯えて薬を飲ませ、散歩すら制限した単なる延命でしかないのかなと。

仰るように正解は無く、その子とその家庭にあった最良の方法で治療にあたるのが一番の幸せなのだと思います。
だからひばりちゃんは幸せです。
父さんと母さんがどれだけ犬たちを愛しているか文章から伝わってきますよ。

ちょっとブログの内容とずれたコメントになってしまってすみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

がんばれ、ひばりん。
がんばれ、かーちゃん、とーちゃん。
いつも応援してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うん、正解ってきっとないんだね。

うちは薬飲んでるよ。フェノバールをずっとね。
途中、エクセミドに変えたけど、まったく効果なしでねー。
はい、肝臓の数値、悪いよ。副作用だね。
フェノバールって、ぼーっとしたりするらしいんだけど、しゅうは、毎日毎日ウロウロしてるよ。発作は1か月から1か月半に1回。大体24時間で6回から8回位かな。
私も、調べて、炭水化物から糖質に変化して脳に栄養を・・・と思って、ご飯食をプラスしたりしたけど、効果あるのかないのかさっぱりわからん。
で、人間の癲癇治療のひとつの「高脂肪」をやってみたけど、出るし。
ハーブオイルもプラスしてるけどこれもわからん。

ま、全身麻酔して、精密検査したら原因が解るのかもしれないけどさ、病院に行くと発作出るし、車に乗せると出るし・・・。検査させるなら、最悪死を覚悟しなきゃならんのですよ。麻酔中に発作出るかもしれないしね。
これは、私たち夫婦の極端な意見だけど、もう「しかたないよ」って思ってるのです。
発作出ちゃうけど、苦しい時もあるけど、ほ
かに病気になっても積極的な治療はできないけど、毎日楽しく、おいしく、元気で過ごせればいいじゃないの。かわいそうだねとは思わず、発作の後は「はいー、お疲れさん」でいいさ。ケアするこっちもすんごく疲れて、「きー!!」って思うこともあるけどさ、「しかたないよ」って笑うことにしています。
出来るだけの治療を優先するのではなく、できるだけのハッピーを共有したい。
ま、飼い主のエゴって言ってしまえばそうなんですけどねー。
ちなみに、あや(柴)は発作中に襲いに行くけど、たまに、しゅうが落ち着いて復活するまでそっと添い寝をしてたりするよ。
にこすけも今のところ落ち着いてるけど。いやぁ、4頭中2頭が癲癇って・・・。すんごい確率だねーと夫と笑う私なのでした。

今日も発作中です。

北犬ママさん お久しぶりです。

わが家のひなこも、1歳の時から、てんかんの発作とたたかっていて、
もうすぐ7歳になるので、もう6年近くフェノバールを投薬しています。
発作が始まった頃から、手作りご飯にして、少しでも体にいいものを・・・
と思って、頑張っていますが、発作が治ることはありません。

ひなこの体重だと、最大量が1回3錠を1日2回までなんですが、
発作がでると、薬を最大の量まで与えます。

それで治まってくれることもあるのですが、
治まらないこともあります。

それどころか、薬を最大量まで与えている副作用(落ち着かない・徘徊・異常な食欲など)
が、すごいです。

本当に、これでいいのかという気持ちと、薬と発作で異常な状態になっているひなをみていると泣きたくなるときがあります。

発作が治まって、リハビリ(ひなの場合いろんなことを思い出すまで時間がかかります)
が終わって、やっと、普通の生活に戻ります。

きっと肝臓の数値が悪いと思うのですが、ひなこも病院が大嫌いなので、発作の引き金になっては・・・と思い、いつも薬だけもらっています。

私も、ひばりちゃんは幸せなワンちゃんだと思います。
パパとママさんに愛されて、本当に幸せだと思います。

簡単な手作りご飯にしてみては・・・と提案してしまってすみませんでした。
ひばりちゃんのママにも、都合や考え方があるのに・・・
すみませんでした。

ひなは今日も発作中です。
軽く数回の発作で終わるか、3日間3~4時間おきにくるかはわかりませんが、
頑張って支えてやります。

すみません、ちょっといろいろ考えすぎて文章がおかしくなってしまいましたが、
許してください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

北犬ママさん、こんにちは~
止まらない発作で超どんよりしていた時に、カツを入れてくれたのがついこの前のようです。
ブログでひばりちゃんを見つけて、どんだけ勇気づけられたか!

てんかんの原因はその犬によって全く違うし、薬の効果もご飯の効果も、氾濫しているサプリ類から何から、ある犬にはあっても、こっちの犬には全く効果なし。。。
唯一無二の正しい答えなんてないのがてんかん。

完治のない持病だけれど、人間も犬も一杯笑って過ごす事出来る~って、北犬とゆかいな仲間たち見ているといつも思います。

ひばりちゃんもうちのトビ男も、もっともっと幸せ続くように、がんばって長生きさせようね!

こんにちは

こんにちは。
以前もコメントさせてもらったことがあるビーグル犬の飼い主です。
ひばりちゃんと同じく3日間で10回以上、多い時は、20回以上発作を
起こしてたお話しをしました。
もちろん毎回、失禁もしました。
3日間ほとんど寝ずのこのお世話がどんなに大変で
愛犬も飼い主も辛いものか、身にしみてよくわかります。
この経験をしたことない方にただ単に虐待だと言われるのは心外です。

うちも副作用が怖くて、ホメオパシーで回復していたお友達がいたので
3年間は、投薬せずにあらゆる手作り食やサプリメント、良いと言われる情報は
試してみました。
でも改善は見られず、発作後の徘徊が3日3晩続くことや1週間ほどは
敏感な行動が治まらないことなど、いろいろ検討して投薬に踏み切りました。

お薬は、副作用が少ないと言われているエクセグランと臭化カリウムに
落ち着いています。
効果は、2週間から3週間に1度の発作になりました。
発作が起きたらホリゾンを飲ませると群発発作になることはなくなりました。
多くても月に3回の発作に治まりました。
それでも先生は多いと言われますが、以前の発作に比べたら断然の差なので
これ以上の期待はしていません。
今のところ副作用も出ていません。
愛犬が発作の後、徘徊も1時間で治まり楽にしてることが
何より嬉しいです。
お薬についても検討の余地はあると思います。

ご家族がどの選択をされても、愛情をもって育てられていることは
よくわかります。
少しでもひばりちゃんやご家族の負担が軽くなりますように。
長々とすみません。気持ちが伝わっていたら嬉しいです。

悩みますよ

飼い方、考え方はそれぞれ、迷い方もそれぞれです。うちは猫が極端にアレルギー持ちでガンも抱えています。甘ったれのシニアなのに留守番が多いですし。一緒にいられる時間はその分ベタベタしてますけど。試行錯誤して、どんなに手と金と愛情をかけても万一の時は後悔するんですよね。
自分の家族のことは飼い主が一番良くわかっているし、ブログに書かれることが全てじゃないですから。
支離滅裂ですみません。また遊びにきてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

怒ったような記事になってますけど、気分を害されましたらすみません
私の母国語が日本語ではないので私の書き方によって誤解されれると困りますので、以下私の使う言語で書かせていただきます


For instance, If Hibari is your human daughter, would you still give her dried dog food from the store? Are you treating your dogs as pets? not family?

I was just suggesting you that one way that I now for sure that epilepsy will does away...that is to make home made dog food.

I think you may know about the ingredients for the dried dog food. Dried dog foods contains artificial additives, colors, preservative, and unnecessary. Did you know all these chemicals damage your dogs' body? There are NO natural dried dog food. There is something that dogs are not supposed to have for meal.

If you think about the side effects, then you should reconsider about dried dog food too. That is probably making your dog sick too. Have you ever done Allergy test for her? If you are not, you should. If you have time to write articles this looong, you better take her to the vet and test for allergy test...

How long had have you been making home made dog food for her? Half dried dog food and half home made dog food? Why did you mixed with dried dog food? You better to study about food and nutrition for making home made food for her. Other wise...I have no idea to help you dogs from that disease.
Open Google and search perfect home made dog food by yourself. In addition, from the article you posted,...that's not the proper way to beg people like that. And it seems like you are extremely irritated by my comments.


You should visit vet as much as you could. Not just your local animal hospital.
Of course doctors won't recommends you and her to take strong medication. Because they know there are some side effects that could damage her symptoms. Plus, they do not want to take full responsibilities for all of their patients.

I'm not a professional about seizure, although, I know many dogs recovered from that disease when they switched dried crappy store brand dog food to home made dog food.
I am not going to search for you, because I'm not your mom or even your doctor. Search by yourself please. There are several ameba blogger, many FC2 blogger, and many more blogger from other sites have dogs like that seizure. Please ask them how they got recovered from seizure.

Because my dogs does not have any disease like that. And I do not buy dogs or any other animals at the breeders. I RESCUE from the shelter or pound. You should study about breeding dogs and breeder too.



If you want to kill her and go ahead and let her suffer from the disease.  

You know...dogs can't choose their owner.

Please do not excuse what you going to say or write next.


Here are the URL that you requested.

http://canine-epilepsy-guardian-angels.com/healthy_diet.htm

http://dogaware.com/articles/wdjhomemade1.html

http://voices.yahoo.com/how-safely-switch-dogs-diet-homemade-dog-280632.html

http://dogfoodcoach.com/sarah-whitmannew-report-slams-value-commercial-dog-food/




I hope these helps.

chikaさん
コメントありがとうございます!
本当に色々と考えますね。
犬にとっての幸せとか、今の自分にとって出来る事とか、
考えればキリがないですね。
もう長く生きられないかも、と宣告させた時の気持ち、
私には計り知れなしけれど、chikaさんの愛情も文章から伝わってきました。
あたたかいコメントありがとうございました。


鍵コメAさん
コメントありがとうございます!
それ、私も気になっていたところです!
でも身近な所での情報がなかったので迷っていましたが、
かなり興味深いです!
良い情報ありがとうございました!


鍵コメPさん
コメントありがとうございます。
余計なお世話どころか!励まされました。
ありがとうございました。


たまぶすさん
コメントありがとうございます。
たまぶすさん家は癲癇の大先輩だよ(笑)
ウチは薬は飲ませてなてけれど、でもほぼ同じ考えだー。
発作の後は、はいー、お疲れさん、あるある!
たまにきーっと思う、あるある!
かわいそうだとは思わず、あるある!
ウチも何かあれば「これがこの子の寿命だから仕方ない」と
割り切ってるよ。
癲癇の犬の飼い主だって神様じゃないんだから、人間としての感情はあるもんね。
にこちゃん落ち着いてて良かった。

ひなこママさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます。
ひなこママさんには感謝しているんですよ!
ご飯のアドバイスもそうだけれど、癲癇の犬の飼い主さんがコメントくれて、
本当に心強かったです!
ひなこちゃんのブログ読み逃げしておりまして、
治まらないこともあるようだけれど、治まっている事もあるみたいで、
よかったな、と思ってました!
治らないのが癲癇ですので、お互いそれぞれの愛情で乗り越えましょうね。


鍵コメYさん
細かい情報ありがとうございます。
なるほど…とても参考になります。
W君は幸せでしたね。
フラワーレメデイ、気になっていたんですが、
今回、他の方にもアドバイスいただいてます。
詳しいコメントありがとうございます!


なみ太郎さん
コメントありがとうございます!
なみ太郎さんの努力、こちらこそ参考になりますし、
いつもブログ読み逃げで…
片目のトビー…最初に見た時「トビー、かっこえぇ♪」と不謹慎ながらも
思ってしまった私。(ごめんなさい。。。)
トビー、カッコイイってコメントしようとして自粛しました。。。
なみ太郎さんには私こそいつも勇気づけられています。
ありがとうございます!




さくらさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
ホメオパシー療法、効果がない子もいるのですね。。。
以前頂いたさくらさんのコメント、
勝手に記事にさせてもらっちゃってスミマセンでした。
他の方にも参考になれば、と。。。
薬についてはもちろん、絶対投薬しない、というわけではありません。
様子を見て決めるときは決めようと思っています。
これからもよろしくお願いします。


もくれんさん
コメントありがとうございます。
確かに、何をしても後悔すると思います。
ならばその家の考えで、一番良いと思う事をしてあげた方がいいと思うのです。
支離滅裂ではないです!暖かいコメントありがとうございます。
ぜひ、遊びにいきます!


鍵コメPさん
ありがとうございます!見てみます!
いやいやいやいや!
何があってもぶれないPさんこそ、芯のあるお方だと。
それにしてもPさん…経験豊富すぎて太刀打できない…


サーベルタイガーさん
I understood what you wanted tell me.Thankyou for advice.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメUさん
情報ありがとうございます。
私、初めて聞くハーブです。。。
是非参考にさせていただきます!
発作の体力消耗がなくせるなら、ひばりもずいぶんラクになりますね。
ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

応援してます!

今日は。いつも、読ませてもらってますが、はじめてコメントさせて頂きます。

うちの子もてんかん発作持ち、そしてマラミュートの男の子です!
うちも、本当に色々試行錯誤を繰り返して来ました。
投薬するかどうか、手作り食に変えるかどうか、
どうすれば発作を楽にしてあげられるのか…
なので、北犬ママさんの気持ちは痛いほど分かるつもりです。
結局、投薬に踏み切り、手作り食に変えてから5年。効果は…
という感じです。一ヶ月に一回は、群発発作を起こしてます。

けれど、今まででわかった事は、てんかんには正解が無いということ、
その飼い主の気持ちは、同じてんかん持ちの飼い主にしか多分わからないということ、
そして何より、ワンコが元気でいてくれれば、多少の発作なんて。とある意味開き直る⁉
ことです。

おかげさまで、うちの子も11歳になりますが、ひばりちゃん同様、食欲旺盛、元気いっぱいです!
それが、1番ですよね!
これからもずっと応援しています。頑張りましょうね!



willmamさん
初めまして。コメントありがとうございます!
マラミュート飼ってるのですね!
本当に仰る通り、癲癇にしてもなんでもですけど、
当事者にならないとわからない事ってありますものね。
今回のこの人のコメント意外にも、何度か心無い言葉かけられた事ありますが、
「ま、しゃーないな、この人は知らないんだから」と気にしなくなりました。
ホント、多少の発作は…と、willmamさんと同じように、割り切ってます!
そしてもし何かあっても、それがこの子の寿命、とも思っております。
だからこそ普段は元気いっぱい、普通のひばりでいて欲しいんですよね。
あ、長々と失礼しました 笑
willmamさんはブログとかしてないのですか?
11歳とは!癲癇持ちの先輩ですね!今後もよろしくお願いします!

No title

初めまして☆犬の癲癇発作、ブログでたどり着いたものです。
うちの子も3月21日に発作を起こし、最初はなんだか理解できず、心臓のショック状態かと思って本当に慌てました。病院の緊急電話に電話し、その後心電図、エコー、血液検査、レントゲン検査と全部受け、何処にも異常なしと帰宅しました。私が一緒に寝ていて、寝返りをしたときに失神させたのではないかと…それで本当にそれだったら良かったのですが、1ヶ月半後に今度は午前の時間に発作…

年齢を考えても先天性は5歳までに発症するというお話。うちのワイヤーダックスは今月で8歳になります。年齢から考え、また内蔵系も何も無かったことを考えると、残すは脳腫瘍か脳の炎症…
仙台には検査を受けるところがないので、岩手大の付属動物病院まで行き、MRI検査を受けてきました。
「脳腫瘍、脳の炎症はなし。飼い主さんが心配し過ぎてしまうとワンちゃんも心配になっちゃうからね。」と言われ、また「人間でもテレビの画面のフラッシュで発作が起きてしまうことがあるように、何かの要因はあってだとは思うけど、気にしないように。」と言われてきました。

ですが、その1ヶ月後6月9日、発作がありました。先生から「1度の発作で脳に受けるダメージはものすごくあります。抗癲癇薬を飲みましょう。」と言われて服薬を開始しています。

フェノバールという薬を2週間服用。そして2週間後に血液検査。薬の副作用で肝機能に影響を及ぼすからですね。そしてまた2週間後に血液検査。
肝臓の値が少し高くなってきたので、現在はフェノバールと臭化カリウムを服用しています。臭化カリウムは安定するまでに時間がかかるとのことで服薬から1ヶ月後に血液検査をし、血中濃度と肝機能の数値を検査することになっています。

肝臓に負担をかけてまで、服薬する…服薬しないで、癲癇の発作を抑えることが出来るのだったら…私も試したいです。

掛かりつけの先生は「発作を起こさない、でも肝臓も安定する、その服薬の量を調節していくし。」と言っています。



発作…本当に何も出来ずにただ「大丈夫だよ。」「心配ない。」「ママ、ここにいるからね」と声をかけ、見守るしかなく、本当に辛いです。
服薬をしている今でも、発作をお越しやしないかと、毎日ハラハラ…ドキドキで、様子がおかしいだけで、胸がきゅっとなり、私は手が震えます。
なので、同じ状況、お気持ち、お察しします。

健康で元気なのが一番ですよね。自分の子だけじゃなく、他のうちのわんこも同じように私は可愛い^^ 皆が健康で幸せなわん生を…と思います。



うちにももう一人ブラックのロングのダックスがいます。多頭はいいですね☆

ちひろ☆さん
初めまして。コメントありがとうございます。
そしてお返事コメント遅れて申し訳ありません。
癲癇発作の服用はみなさん悩みに悩んでますよね。
服用しようがしまいが、発作が抑えられるのならなんでもしたあげたいですもんね。
服用による肝臓負担と、発作による負担と、どちらがいいのか、
こんなに医学が進んでるのに、未だ特効薬がないのが不思議です。

発作の時の飼い主の気持ち、これは経験してみないと分からないものですよね。
我が家ももう何年もひばりの癲癇発作と付き合っていますが、
未だ、発作の時の音には慣れません。心臓バクバクします。
発作の時のひばりの表情も、胸が締め付けられます。

ですので、癲癇発作持ちの犬を飼った事がない人に、
知ったようなことを言われると、腹立つのを通り越して、
この人、哀れな人だなー、と思います。
が、残念なことに、そんな哀れな人が世の中には多いですね。
私もひばりについて心無いことを言われたこと、多々あります。
それも親しい友人からも、です。
それだけ癲癇発作というのは理解されにくいもの、のようです。
ちひろ☆さんも服用とか発作の対処等など、
色々と考えてしまうと思いますが、考えても完治しないものですので、
開き直るのも手と思いますよ~(冷たい言い方ではなく、良い意味で、です。)
我が家のブログは参考にならないとは思いますが、
よければまた覗いてみてくださいね☆

No title

初めまして。

うちの犬ブルテリアとキャバリアの雑種で癲癇持ちです。
現在3歳・12キロ・雄です。
1歳になった年の11月に初めて引きつけを起こしました。
最初は1ヶ月に1回程のペースだったのが2回になり
昨日、今日と3回も立て続けに引きつけ、色々調べてるうちにこちらに辿り着きました。

最初は痙攣だけだったのが、失禁し脱糞し引きつけ後、目が見えなくなりと
だんだん症状が重くなり、投薬を今年の4月から始めました。
病院の先生は薬は飲ませても治らないし、すぐに飲ませるものでは無いよ、という考えで
初めての癲癇から1年以上経過を見てから投薬に至りました。
ご飯も手作りとドライフード半々で頑張ってみたりしました。
(現在はドライフードにサツマイモや鰹節を乗せる程度です)

薬を飲ませ始めて、最初は1月1回位になりましたが
夏過ぎたあたりからまた回数が増え、昨日、今日と過去最高回数になりました。
薬を飲ませると午前中はだるそうにしています。
頭の中がぼやーっとしているのかなぁ、と。
食欲は小さい時から旺盛なので、それは副作用では無いな・・・と。

薬は最低量飲ませているので、これから増やそうと思えば増やせるのでしょうけど
先生はゆっくりゆっくり経過を見てらっしゃるので、
うちの犬にあった方法で投薬を続けています。
色んなパターンがあるので、どれが1番いいとは言い切れないです。
人間の考え方は色々あるし、犬の状態や、飼い主の状態も千差万別です。
その中でベストな方法を見つけるのはなかなか難しいのも事実です。

普段はとっても元気で人間が大好きで甘えん坊な犬が
しんどそうな様子を見ると、本当に辛いです。
自分に出来る事が少なすぎて情けなくなりますが
精一杯、一緒にいる時間を大切にしよう、と最近よく思います。

これからもっと大変になるのだろう、と予測していますが
前向きに私たちにとっても犬にとっても良い選択をして良い時間を過ごせたらなぁ、と考えています。

大変で落ち込む時もいっぱいありますが
世の中に癲癇を持って頑張って生きている犬と飼い主さんが
たくさんいらっしゃると分かり励まされました。
ありがとうございます。また寄らせて頂きます。

ぼんちゃんさん
はじめまして。コメントありがとうこざいます!
犬、癲癇で検索して我が家のブログに辿り着く方が多いようですが、
でも我が家のブログはあまり参考にならなくて申し訳ないです。。。
こんな飼い主もいるんだなー、くらいの参考になれば、とは思います。

記事にも書きましたが、愛情のある判断ならどれも正解だと思います。
ぼんちゃんさんもあまり重く深く考えずに、
ぼんちゃんさんのできる範囲のことをされるのが一番と思います。

ただひとつ、我が家が思ってる事は、
癲癇の看病に限ったことではないですが、
飼い主が不安だったり迷ったりしていると、
犬も不安になってしまうと思うので、
飼い主は「こんなの、どーってことないよ、大丈夫さ~」
と、どっしり構えている事が何より大事なことだと思ってます。
治らない癲癇なら、発作じゃない時を大切に、楽しく過ごしましょう!
我が家は、当の本人(本犬)が発作以外は楽しそうにしてるのを見て、
そう思えるようになりました!

こんな飼い主でよければ、これからもよろしくお願いします☆
非公開コメント