北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

逆恨み。

先日、仕事から帰宅して、なんやかんや済ませ、
ふーっ と一息。

つこうと思ったら、どこからか


カタ… カタカタ…


と音がしました。

ん? と家中を見回して音源を探すと…


どうやら↓

まきストーブの中。
しかも、前面のガラスに、カタカタ…の音とともに、何かの影が映ります。


おいおい、中になにか、いるじゃん。


ヘビの擦れる音じゃないし、虫にしちゃ音が大きい。

鳥? 鳥が煙突から入っちゃったか? と。
もしくはイタチとかネズミの類?

中にいるのが何か? を見たいんだけど、
メンドクサガリの我が家は、実はまだストーブの掃除をしておりませんでね、
前面ガラスに煤がついたままなので、中がよくみえないのですね。

だから扉を開けて見てみようと思うんだけど、
扉を開けた途端に、その「何か」が飛び出して、
家の中のどこかに逃げて隠れられたら厄介。

これは旦那が帰るまで待つか?
でも、そうこうしてるうちに、もし死んじゃったら可哀想だし、
今はまだ生きてるんだから、助けるなら早い方がいいし。


という事で、意を決して、ストーブの上面の扉をソーッと開けて覗いてみる。
130830002.jpg
いたいた! いました! 前面のガラスの所に!
やっぱり鳥。
上から覗かれていることに気付いてないようですね


一旦、扉を閉じて考える。

灰が残る薪ストーブの中。
そこで逃げようとバタバタする小鳥。
灰が羽にまぶされて、飛べなくなるって事はあるのだろーか?
旦那が帰るまでまだ2~3時間はある。

可哀想… 
一人、ストーブの暗い中で不安だろうに…
やっぱり今、取り出してあげなければ。


小鳥といえど野生動物。
何をもっているか分からないので、一応、軍手をして、

いざ!


今度は前面の扉をそーっと開けてみると…
130830003.jpg
見てます見てます! 私をめっちゃ見てます…
というより…睨んでないか?
ギギギギギキッ という鳴き声で、まさかの威嚇…。
ま、、、そら仕方ないか? 野生動物だし、、、。



部屋に出ないように扉を最小限に開いて、
中に手を差し伸べると、ストーブの中を逃げ回る逃げ回る!
ギギギギギキーッ と威嚇して逃げ回る!
灰を バブバフバフバフッ と巻き上げて、まるで煙幕!

小さい小さい鳥なので、最初は優しくそっと包むように捕まえようと、

「森へお帰り、ここはあなたの住む世界じゃないのよ、大丈夫。飛べるわ」

なんて、ナウシカちっくに助けようとしてたんだけど、
灰を撒き散らしながら逃げ回る小鳥みてたらだんだん腹が立ってきた。


「動き回るんじゃねーよコラ!
 こっちは助けてあげてるんだよ、じっとしろ!」
  
と、悪態つきつつ、鳥と灰と格闘すること数秒…。

奥の壁に、片方の羽を広げた状態で静止。
逃げ回ることに疲れたのか? 危険な状態なのか?
そこで素早く小鳥を両手で掴みウッドデッキへ。

森に放つ前にどんな鳥なのか見てみようと小鳥の顔を見ると、

「はい、とーぞ好きにしてください…」

みたいに目を閉じて観念、というか、覚悟したような顔…。

なんかムカつく…。

「誰もお前なんて捕って食やしねーよ。
 お前なんか食うとこねーよっ ほれっ」

森に向かって両手を広げてみた。
灰まみれだから、飛べるかな? と心配したその時!



ぎぎぎぎぎぎぎーっ (いやーーーーーっ)


と泣き叫びながら、森の中へと飛んでゆきました…。



自分で勝手にストーブの中に迷い込んで、だ。
助けてあげよーってゆう優しい人間にまさかの逆ギレをし、
部屋を灰だらけにして、帰り際に礼のひとつもしないで森に帰るとは、
なんという恩知らずな!


翌朝、なんだかんだ言っても、あの小鳥も私に感謝して、
ウッドデッキにお礼のイモムシ一匹や二匹置いてあるかと思ったけど、
それもなかった。


死なずに元気に戻っていったから良かったけど、
まったく、人騒がせな小鳥でしたよ!

やっぱり私はナウシカにはなれない、と思った初秋。



☆ご訪問ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

クリックしていただけると嬉しいです♪

Comment

No title

そのうち恩返しに来るかもね~♪

エバさん
恩返し、来ますかねぇ。
ならば、イモムシは食べられないので、木の実系がいいですね。
これから秋の恵みの季節だし。
非公開コメント