北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

文太の手術

年末年始の話なんてもう昔話?
というくらい時が経ってしまいましたが。

前の記事にも書きました通り、文太が手術をしました。
もうお気づきになられたお方もおられるようですが…

文太、異物を大量に食べてしまい、
胃を切開手術。



したのですねー。


あれは12月20日。
私がバイト休みで、引越しの荷造りの最終追い込みに入っていたこの日、
文太が そりゃまぁ、吐く。 とにかく吐く。

荷物をまとめている私の周りを

「あの、スミマセン、吐きたいのですが…」

という目をしてウロつくので、そのたびに庭に出し、
朝食べたフードを吐き、吐くフードがなくなると茶色い液体。
何度も、何度も。

でも、何度か吐いたら落ち着いたのか、私のいない部屋にいき、
ちょっとスッキリした顔をして、ぐっすりスヤスヤ寝始めたので、
ようやく私も荷造りに専念できる、と黙々と作業続行。


そして台所での荷造りをし、しばらくして居間に戻ると、


部屋中に何箇所も吐いた跡が!


なんじゃこりゃ…
というか、やっぱり病院か…





そう。やっぱり。。。

思いっきり心当たりがある。。。
5日くらい前だったか? バイトから戻って文太のゲージを見ると、
ゲージに敷いてあったビニール製のフロアマットが
約半分くらいなくなっていたんだった。
齧って遊んで、齧って齧って齧って…
約半分くらいなくなってるのに、ひとカケラも残骸がなくて、
「こりゃぁ食べたな…」
あまりに大量でビックリして、
「どこかに隠してあるんじゃ?」なんて思ったりするくらい。

でも、文太はこーゆー「食べ物じゃないもの」を食べてしまう事がよくあって…
私の軍手、私のリストバンド、私のエコバック、
私のネックウォーマー(これは飲み込む前に発見したのでセーフだったけど)
食べちゃうのはいつも私が身につけているものばかりなので、
文太の届きそうな場所には私グッズは置かないように気をつけていたのですよ。

だから、まさかゲージに敷いてあるフロアマットを食べてしまうなんて
思いもよらず…。

でも、ま、今まで何か食べても、数日後に吐くか、
ウンPと一緒に排泄されていたので、
今回のフロアマットも上からか下からか、いずれ排出されるだろう、と。
ただ、量も大量だし、布じゃなくてビニール製ってのが気にはなってたりして。

けど文太はその後も食欲もあるし、ウンPもいつもの良いウンPだし、
やっぱり数日してからウンPに少しずつ混ざってきていたので、
このまま放っておいてもいつか排出されるかな? 
なんて気軽に考えていたりしたんだった。


それが、急に繰り返される嘔吐…。
文太もちょっと元気がなくなってきて…。

さすがにこれはホントにヤバイかも
と、急遽、荷造りも投げ出し近所の病院へ。


先生に事情を話し、とりあえずレントゲンを撮りましょう、と。

「んー、ウチのレントゲン、この子のお腹を撮れるかなぁ?
 大きさが足りないかもなぁ。
 あ、助手がいないので、手伝ってくださいね。」

と言われ、先生と二人せーのっ、と文太を撮影台に乗せ、
緊張して伏せたまま「いやーーー」とへそ天してくれない文太を
こっち回転でいきますか、せーのっっっ と無理矢理へそ天にし、
もちっと左だな、
もちっと上っすかね?いーこだね文ちゃん
あ、そうね体もう少し上にずらして、
こんなもんすかね?いーこだね文ちゃん
あ、ライト点けてください
あ、スイッチこれっすね?いーこだね文ちゃんマテよー

と、なんとか三枚くらいレントゲン撮影終了。

その後、現像待ちやら、他の簡単そうな患畜さんを優先して診るやらで、
一時間くらい待たされ、やっとできたレントゲンには、

よく分からないけど、
何かがある…
なんか、こう…サクサクした、何かがある…
普通のご飯を食べてるだけじゃ写らないような、
なんか、こう…サクサクした、何かがある…

ま、状況からしてこのサクサクしたのがフロアマットでしょうかねぇ、
いずれにしても、開腹手術しないことには、
だって食べたフロアマット、まだ排出されてないのでしょう?と。


はぁ…やっぱり手術、ですよね…。

ということは…


超大型犬の緊急開腹手術
   ↓
多額の出費
   ↓
引越しのためにコツコツ貯めたお金がパァー
   ↓
新居で買う予定の物が買えない(涙)



もういっそのこと、文太が自力で排出してくれるのに期待して、
このまま手術しないでいけないものか?
もしくは文太が具合悪い事に気付かなかったことにできないか?

そんな思いも頭をよぎりましたが、さすがにできないでしょう!
これで文太が死んじゃったら、新居の暮らしも心の底から喜べないし!

でもこんな超大型犬の開腹手術だから
予約して日を改めなきゃいけないのかと思い、
「えっと、年内に手術はできますか?」と聞いてみると、
「えっ年内?!」とビックリする先生。

やっぱり年内は無理か…そりゃそうだよねぇ、そんな急には無理だよねぇ、

と思っている私に先生は

「すぐにでしょ! 今晩すぐにでも手術しないとダメでしょう!」
と、半分怒鳴られてしまった。
「私一人じゃできないから、知り合いの先生に急遽、来てもらって…
 二人がかりだな。
 このまま入院して、今晩手術しますよ!」 
と。

今まで淡々と冷静に対応してくれてた先生なのに、
この時のこの言葉で 「あら、結構アブナかったのかも…?」
と思い知りました。


というわけで、緊急入院&手術。

「先生、実は我が家、3日後に引越しなんですよ。
 入院ってどれくらいしますかね?
 というか、手術ってお金かかりますよね?
 もうねぇ、引越しで色々買うものがありましてね?
 せっかくコツコツ貯めたんすよ、お金…
 そのお金がね! コイツの手術に消えるんですよね…?
 いや、ホント、節約して我慢して、ホントに色々我慢して、
 やっと貯めたんすヨお金…
 もう、、、私、悔しくて悔しくて、、、
 だって、何十万もするでしょ? こんなデカイ犬の手術ってのは…」

はい。私、先生の前で泣きました。
厳密に言えばオイオイ泣くのではなく、
悔しすぎて涙滲ませ愚痴った、といった方が正しいでしょうか?

そんな私を見て先生は
「ウチはそんな取らないから。とにかく手術しましょう…」
と慰めてくれましたよ。。。


翌朝、手術も無事に終わり、文太も麻酔から目覚めましたよ、と連絡を頂きました。
「食べたものねぇ、、、結構すごい量ですよ。一キロくらいあるかな」
との報告も頂きました。

そしてバイト終わりに病院に行き、文太と面会。
手術する前とは打ってかわって、目に元気がありました。

そして食べた物も捨てずにとっておいてくれたのですが、

えーーーー!
こんなに食ってたんか?!


と驚くくらい食べてました…。
こま切れになったフロアマットが、
スーパーの大きいサイズの袋に、わんさか入ってました。

というか、こんなに食ってこんなに胃の中に残ってたくせに、
よくあんなにフードを食って、ウンPも普通にして、
散歩も元気に走り回っていたものだ…
とある意味、感心するくらい、大量に食べてました。。。
(ブログに載せようと持ち帰ったのですが、
 引越しのゴタゴタで、写真撮る前に旦那が捨ててしまってました)


ちなみに、手術中に撮った、
文太の胃とか胃壁とか、ぐにゅぐにゅの腸の写真も見せてくれました。
私はこーゆーの平気だし「へぇ、これが文太の腸かぁ」と見たい方だけど、
旦那はきっと見られないだろう写真でした。


そんなこんなで結局、病院には二泊入院。
一泊でも帰宅していいですよ、と許可が出たのですが、
引越し中、術後の文太を気にしてあげられる余裕はないので、
文太が入院中に引越しを終わらせて、
引越しの最後に文太を迎えに行こう、
ガツガツうるさいアイツがいない方が引越しもラクというものよ♪
という事で、もう一泊させてもらうことにしました。

帰宅してからしばらくは消化の良い食パンとか、
缶のウェットフードとか与えて、
二週間くらいかけて徐々に食事を元に戻していき、

抜糸直前の文太。

文太サイズのエリザベスカラーはモチロンないので、
ダンボールでムチ打ち症のコルセットみたいの作ってつけてました。


そしてこれが今の文太。
130121001.jpg
すっかり元気です。
というか、きっと手術したことなんてもう忘れているでしょう。


今となっては、逆に手術するお金がある時の出来事でヨカッタ。。。
手術してあげられてよかった。。。
元気な文太を見て、
「家族全員そろってこの家で暮らせる幸せ」
を実感しております。

そして先生に褒められました。

「この子はホントにいい性格ですねぇ。
 こんなにいい子なら、大きくてもカワイイですよねぇ♪」

コイツのせいでとんだ出費で落ち込む私に染み入る言葉でしたよ。

でも、こうも言われました。

「何でも食べる癖がある子はまた繰り返してしまうので、
 今後も注意してあげてくださいね」

と。

だから今、文太にはよくこう言ってます。

「文太、マジで、次はないからな。」



☆ご訪問ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

クリックしていただけると嬉しいです♪

Comment

元気そうで良かった。

こんばんわ。

文太の写真を見て安心しました。
本当に元気そうで良かった。

我が家のレイラは病院(高度医療センター)に連れて行ったときには、
もう手の施しようが無いほど、病状が進んでおり、
治療というよりも痛みをとってあげることしか、
やってあげられませんでした。

度重なる吐血、それに伴う重度の貧血。
仮に放射線治療をやっても、回復は見込めず、
痛みを取ることしか出来ないと言われ、
一気に絶望の淵にたたきこめられました。

どうやったら楽に過ごさせるか、
どうやったらレイラを楽にさせられるか。

生きて欲しいと思う反面、もう頑張らなくても
良いよと思う自分。
ホームドクターと相談して決めたレイラに最期を迎えさせる方法。
それは失血死でした。
せめて亡くなる時くらいは、痛みを感じさせたくなかった。
生きて欲しいと願っているのに、
どうやったら楽に送ることが出来るか。
真逆のことを考えていました。

我が家の愛娘を幸せな最期で送ってあげられなかった。
どうすることも出来ないことだけど、まだ悩んでいます。

レイラのことがあったので、北犬さん達には穏やかに穏やかに、
生きていって欲しいと真に思います。

とにかく手術がうまくいってよかった。

文太、もう食べ物以外のものは口に入れるのは止めなさいよ。
父さん、母さんに心配かけたらだめだよ。

よかったですねぇ・・・

すごい大変なことになっていたんですね・・想像はしてましたがピタリとハマるとは。
でも、量が凄かったのね。

文太ちゃん、余計なもん取ってもらって元気になってきたようね、もうそこらのものなんでも食べちゃダメだよ。

とにかく良かった良かった。


うちもこないだこたつの下に敷く断熱シートかじって・・でもピッタリはまるゴミが落ちてたのでひと安心しました。

No title

やっぱり食べてた~。
それしか思いつかなかったよ・・・
よくレントゲンとれましたね。

家も串のんだ疑惑のままです(^_^;)
初めて来たお正月にビニールのんで病院探したり。

泣けてくるのわかります~色々頭に浮かんで。
お腹が寒くなったね。
無事に取り出せてよかった。

寝顔も家のにそっくりなんですけどー
文太は甘えてきますか?

kouさん
大切な愛動物の最後に後悔しない人はいないような気がします。
なにをしても「あーすればよかったかも、こーしてあげられてたら…」
そう思ってしまうものなんだと思います。
私もその一人です。
「どんな人間も生きてるうちにいろんな業を背負っちまうものなんだ。
でもそれをいちいち拒んでいてもしょうがねー。
それを取り込むだけの大きな器を作りやがれ!
人間はそーやって生きていくものなんだ。」
落ちてる時、私のココロに響いたとある本の台詞です(マンガですけどー)
kouさんのココロが少しでも軽くなれば幸いです。


ぺぐさん
もーーーそりゃスゴイ量でした!
元気になってくれてよかったですけど、元気に戻り過ぎて、
今はちょっとウルサイ・・・(笑汗)
元気ない頃が懐かしい・・・。
ピタッとはまるカケラを発見した時の「ホッとした」感、分かります!



fightloveさん
あはは! そーそー!
お腹の毛がまだ短いので、寒そうですよ!
串、ですか・・・それは飲み込んでしまっていたとしてら、
。。。形状が心配なアイテムですね。。。
文太、甘えてきますよー。赤べこみたいに首をふんふん振りながら、
鼻汁押し付けて甘えてきます。。。

文太くん!そんなものを食べてたのぉ〜。文太くんのママの作るご飯は、ピカイチなのにさぁ〜。なんでまた、フロアマットを〜。でも元気になって良かったわぁ〜。安心した。先生がいうように、文太くん、本当に性格いい、優しい子だよ〜。去年に文太くんにあった時、あすかママはちゃんと、文太くんみて、そう思ってました。本当に、もう変なもの食べちゃだめだよ。実は今日、風花も爪楊枝食べた〜。胃腸にささらんか心配〜

あすかママさん
風花ちゃん!なんと!
爪楊枝食べちゃったんですか?
んー、ちょつと心配ですね。
お互い、気が気じゃないですね(笑)

非公開コメント