北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

もてもて裕次郎















日曜日、久し振りに犬サービスをしてあげようと、ドッグランに行きました。

我が家が今回選んだドッグランは、昭和記念公園のランです。

ここは地元はもちろん、色々な所から来る人&犬達が多いので、妙なコミュニティーができておらず、

それに小型犬用のランも用意されており、一般のランの入口には

「大型犬に慣れていないわんちゃんは、小型犬用ランをご利用ください」

という注意書きが提示してあるので、大型犬の飼い主にとっては、とても安心できます。

我が家のわん達にとっても、私達人間にとっても久し振りのドッグラン。

裕次郎は喧嘩の恐れがあるので、念のため、ランの中でもリードにつないでおきました。

案の定、挨拶に来てくれるわんこが、少しでも体に触ろうものなら、すぐに

「ガーツ!」と、尖ったナイフぶる裕次郎。

まったく、お前は何様じゃ!

そんな裕次郎のガウガウにも動じないわんこもいれば、ガウガウし返してくるわんこも。

「すいません、コイツ、喧嘩っ早いもので…」 と飼い主さんに謝るのですが、

「いいんですよ~、犬ですからね、しょうがないですよ♪」

と言って、逆に裕次郎をナデナデしてくれる飼い主さん達。

このドッグランには、こんな感じで、わんこ同士のガウガウにも寛容な人達ばかりというのが、

我が家にとってはとてもありがたいランなのです。

それにしても、ボーダーコリー率が高かったですよ~、この日は。

ボーダーはみんな同じに見えてしまう私は区別もできず、何匹いたのかは分かりません…。

しばらく遊んでいると、ランの入口付近に、とーっても小さいチワワを発見。

そのチワワもマダム風な飼い主さんも、ラン慣れしていないのか、

入口付近でただウロウロしていました。

そこへJ・ラッセルテリアと、プードルが追いかけっこをしながら走ってきて、

その小さいチワワちゃんに激突して、「ダーッ」と轢いてしまいました。

チワワちゃんはゴロゴロゴロ~ン!

転がされた後は、何が起きたのか分からないようで、キョトンとしてます。

私達は「あらら~、転がされた~あははは」と笑ってしまうような微笑ましい光景だったのですが、

チワワちゃんのマダム風飼い主さん、すかさずチワワちゃんを抱き上げ、

体についた土埃りを払いはじめました。

そこへJ・ラッセルテリアかプードルの飼い主なのでしょう、一人のおねえさんが駆け寄り、

「ごめんなさい!大丈夫ですか?」と謝っていました。

「あれくらい…謝る必要ないのになぁ…」

そう思いながら見ていたら、そのチワワちゃんのマダム風飼い主さん、

謝るそのお姉さんの言葉をわざと無視し、さっきよりも大袈裟に土埃りを払ったり、

チワワちゃんの体をあちこち確かめて、怪我してないかチェック。

最初はにこやかに謝っていたおねえさんも、マダム風飼い主さんが思ったよりお怒りなのにビビり、

表情もだんだん固まっていきます。

そしてマダム風飼い主さん、謝るお姉さんに、「大丈夫ですよ」の一言もなしに、

チワワちゃんを抱っこしたまま、お姉さんに背中を向け、歩きだしてしまいました。

呆れるのを通り越し、

「おぉ、、、久し振りに 『That’s 小型犬の飼い主!』 というのを見たなあ…」

と感心すると同時に、

「そうゆうのがイヤならランに来んな! それに小型犬用ランで遊ばせればいいじゃーん」

と、文句を(心の中で)叫ぶ私。

そして、できればそのマダム風飼い主さんと関わりたくないので、

我が家のわん達がそのチワワちゃんに近づかないように、注意しなきゃ…。

と、注意勧告発令。

結局、そのマダム風飼い主さんは、チワワちゃんをだっこしたまま、

そそくさと小型犬エリアに去っていきました。

「あー、いやぁねぇ、野蛮な子は。」

マダム風飼い主さんの背中がそう言っていたように見えてしまいました。。。

そんな色々なわん達のいる中、相変わらず尖ったナイフの裕次郎。

でもそんなナイフ野郎が逆に好き、と言ってくれるわんこもいるんですよ。

この日もウェスティの竜馬君と、チョコラブのブラウニー君が

「裕くんスキスキモード」になってくれました。

いくら裕次郎がガウガウ言っても全く怯みません。

かえって嬉しいのか、裕次郎がガウガウすればすれほどスキスキ状態に。

飼い主さんも、裕次郎のガウガウを全く気にする事なく、放っておいてくれる方だったので、

こちらも気兼ねなく遊んでもらう事ができました。

こうなると裕次郎も根負け(?)するのか、ガウガウ言いながらも取っ組み合いの遊びモードに。

ここまでさせてもらえて、仲良しになれるわんこは珍しいんだから、

ありがたく仲良くしてもらうのよ、裕次郎。

閉園間際、裕次郎と喧嘩のおそれのあるわんこがいなくなったのを見計らって、

やっと裕次郎もリードを外して遊ばせ、思いっきり走り回って今日のランは終了。

この日、仲良くしてれたわんこ達、その飼い主さん達、ありがとうございました。

感謝・感謝です。

今度どこかでお会いできたら、また一緒に遊んでやってくださいね~。

Comment

非公開コメント