北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事

ありがとう。

突然ですが、昔話。


私はアパートで一人暮らしをしていました。
私が住むアパートは階段下に、集合郵便ポストがありまして、
そのポストあるの場所からは、隣に建ってるアパートの、一階ベランダが、
いや、ベランダどころか、部屋の中が丸見えでした。

その丸見えの部屋の中から、ベランダのガラス越しに、
いつも外をジーッと見ている猫がいました。

帰宅して郵便ポストをチェックしてるといつもその猫は
「おっ、人間だ!」みたいな顔をして、こっちを凝視してて、
私も猫が好きなので、たまに「チッチッチッ」と舌を鳴らしてみると、
「おっ!あの人間、なんか言ってるぞ!」
みたいなワクワクしてるような、ビクビクしてるような顔になったりして、

それが面白くて、郵便ポストの場所でその猫に会うのが、毎日の楽しみとなっていました。
そして「私も、猫飼いたいなぁ」なんて思うようになっていました。


ある日、帰宅してポストの場所に行くと、
あの猫の部屋の住人がベランダで洗濯物を取り込んでいました。
猫は毎日のようにガラス越しに会っていたけど、
住人を見るのは初めてで。

しかも私の中では、この部屋の住人は

「事業に失敗、もしくはリストラされてしまい、妻と子にも逃げられ、
こんな陽の当たらない、周りに苔だけがびっしりと密生している、
このオンボロアパートに一人寂しく暮らしているさえない中年のオッサンが、
ある日、捨て猫を発見。自分と似た境遇のその猫をどうしても見捨てられず、
思わず拾って帰ってしまった。
そして今は、唯一の話し相手として一緒に暮らしている。」


なんて勝手なストーリーを作り上げていたので、
初めて見る住人が茶髪ロン毛、スウェットさえ腰履きしてる今時の若者だったことにビックリ。
だっていつも干してある洗濯物のパンツとか靴下とかが地味な物ばかりで、
若者の洗濯物にはとても見えず。


なんだ、年齢近そうじゃーん。話しかけてみよう!


「スミマセン、このアパートうちのアパートと大家さん同じですよね~。
 猫を飼ってもいいんですか?実は私も猫、飼いたくて。」

「しーっ! 静かに! 
 いや、あの、、、猫飼ってるの、内緒なんです…。」

「えっそーなんですか?(内緒て…もう充分、バレバレだと思うけど…)」



そしてこの会話をキッカケに、この猫の飼い主と付き合うことになり、
一ヶ月後には、いつも見ていた、あの丸見えだった部屋に
私が転がり込む形で、完全同棲開始。
結果、私はその猫の飼い主となり。。。


そう、その彼が、今の旦那です。




そんな、二人を結びつけてくれた猫の天ちゃんが、
二月五日、亡くなりました。


フードをふやかしてあげるようになってから数ヶ月。
食欲はあって食べているのに痩せていくので、
きっと何かの病気なんだろうなぁ、とは思っていましたが、
特に治療などはしませんでした。
外が大嫌いな天ちゃんなので、病院に連れて行くなんて、
この年齢でそんな事したら、病気の前にショック死しちゃうよねぇ。



きっと長くはない、と腹をくくっていましたが、やっぱり悲しいですね。


一週間経って、だいぶ気持ちもスッキリしてきましたが、
いまだ朝起きてすぐ天ちゃんの定位置を見てしまったり、
「ご飯食べてるかな?」とエサを置いていた場所を見てしまったり、
「ウンコ転がってないかな?」と、トイレのあった場所を見てしまったり、
まだまだ天ちゃんの存在が日常生活から抜けてないようです。


天ちゃんは本当に猫らしくない猫でした。
爪とぎの時に爪出さないから、キュッキュッと肉球が擦れる音がする。
台所のシンクの高さまでしか飛び乗れない。
鳴く時は、ニャ~ ではなく、 ニャッホロ と鳴く。
他にもいろいろあるけれど、


もう天ちゃん以外の猫は飼えないよ。
もう他の猫はムリ。





そう思っていたけれど。




でも天ちゃんとの生活はとても楽しかった!
たくさん癒された!
私達は幸せだった!




だからね、天ちゃん。
槙原敬之の歌の替え歌で歌うよ!




♪本当に~本当に~天が大好きだったから~
 もう猫なんて飼わないなんて~
 言わないよぜったい~





ありがとう天ちゃん!
こんな飼い主でよかったら、またいつかウチの子になって戻ってきてね!
120105007.jpg
 LOVE 天