北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

ひばりの癲癇発作?

ひばりが発作の時、なぜまき子を隔離するのか。

それは、簡単に言うと「まき子がひばりを淘汰しようとするから」です。

ひばりが我が家に来て初めての嘔吐の時から、今でもそうなのですが、

嘔吐前の「えっく、えっく…」の状態が始ると、まき子がひばりの元に歩み寄り、

険しい顔をしてひばりを覗き込んでいました。

ひぱりの事を心配しているんだと、微笑ましい光景だと思っていたら、

ひばりが「えっく、えっく…」から「おげーっ」と嘔吐を始めた時、

突然まき子がひばりに襲いかかりました。

我が家は、身内犬同士の喧嘩は犬同士に任せているので、いつもは勝手にやらせているのですが、

その時のまき子は尋常じゃなかったので、慌ててブレイクに入る私達。

ひばりはピーピー言いいつつ吐きながらヘソ天になるものの、まき子がなかなか許してくれず、

キャインキャイン鳴きながら、まき子に引きずられ、振り回されていました。

吐しゃ物が気管に入っても危ないし、慌てて私達は2匹を引き離しました。

まき子のチカラも凄いもので、押さえつけるのも必死。

ひばりの嘔吐が終わっても、興奮しているまき子はひばりに襲いかかろうと虎視眈眈と狙っていたので、

しばらくの間、まき子を私達が押さえていました。

襲いかかると言うとなんだか怖い感じがしてしまいますが、

でも、それは明らかにまき子がいつもしている「上下関係の確認の締め」とは別物なのです。

まず、まき子は上下関係の位置づけの締めの時、よほど相手が喧嘩腰にならない限り、

相手を咬む事はしません。

というか、相手が咬んでくる前に、あっという間に相手をネジ伏せてヘソ天にさせ、

その上に四つん這いになるだけです。

でもひばりが嘔吐する時のまき子は違います。

ひばりの首元を咬み、引きずりながらブンブン振り回します。

私達が驚いてひばりの体をかばったり、引き離したりして首元が咬めない状況になると、

脚・尻尾・耳等ひばりの体のどこでもいいから咥えて自分の元に引きずり回し、ブンブン振り回します。

ただし、まき子のこの反応は、裕次郎や良太郎が嘔吐する時にはしません。全く無関心。

ひばりに対してだけです。

そして、初めてひばりが私達の前で発作を起こした時。

嘔吐の時以上の勢いで、まき子はひばりに襲いかかりました。

その時のまき子のパワーはもの凄いので、押さえ込むのに大格闘。

全身のチカラで押さえても、どこをどう押さえても、

まき子の皮膚や毛や足をワシヅカミにしても、スルッと抜けて行ってしまいます。

私の全体重をかけて押さえつけても、あっさりと振り払われてしまいます。

振り払われないようにチカラいっぱいまき子にしがみつくと、

そのままズルズル引きずられてしまいます。

やはり動物の本能からくる行動は、人間にはとても太刀打ちできない。

なので、ひばりの嘔吐や発作の時、まき子をひばりのいない別室に移すのです。

しかもひばりは、そんな時、まき子に睨まれただけで非常に怯えるので

発作の後もしばらくはまき子が視界に入らない方がひばりも安心みたいです。

この「まき子のひばり淘汰説」は、私達は最初、全く気付きませんでした。

ひばりが私達の目の前で初めて発作を起こした時、まき子のブリーダーさんに相談したのですが、

その時にまき子の反応も話してみたのです。するとブリーダーさんに、

「まきちゃんは最初から分かっていたのね。」と言われました。

まき子は、ひばりが我が家に来た子犬の時、既にひばりの体に異常がある事を分かっていた、

と言うのです。

そう言われて、正直「飼い犬に、そこまで野生な部分があるのか?」と半信半疑でした。

でも、そう考えるとつじつまが合います。信じがたいけど、そうなのかも…。

でもやっぱりそれは考えすぎじゃないかな…。

そしてしばらく経ったある日。たまたま犬橇関係の友人が集まる機会がありました。

わん子の話で盛り上がる中、ひばりの発作の話も出たので、

まき子のひばりに対する反応も話してみました。

すると私が淘汰の話をするより先に、話の途中で、あるマラミュート飼いの友人が真っ先に言いました。

「あぁ、じゃ、まきちゃんはもう分かってるんだ。」

「…! やっぱりそう思う? 実はね、ブリーダーさんにも同じ事を言われたんだ。

 まき子は淘汰の本能が働いているんじゃないかって。」

「うん、私もそう思うよ。まきちゃんには分かるんだよ。」

そうか、やっぱりそうなのかも…。

やはり飼い犬とはいえ、文明に頼り切って生きている私達人間には想像つかないような

野生の勘が働くのかもしれない。

日常生活でも、まき子がひばりを締める事が多いなぁ、とは思っていました。

でもそれは一番の新入りだし、何より自分と同等の大きさのメスだから、

常に順位付けを意識させているのだと思っていました。

でももしかしたら、健康体とはいえないひばりを、群れの一員だからこそ、

まき子は最初から、常日頃マークしていたのかもしれません。

残酷なようだけど、子孫繁栄には向かない弱い個体は淘汰する…。

動物の世界では普通の事なのでしょう。

ちなみにこの事を八ヶ岳に住む友人に話ました。それからというもの、私達の間では、

少しでも「疲れた」とか「具合が悪い」と言うと、

「まき子に淘汰されるよ」とか「まきちゃんが来るよ」と言って戒めます。

そして言われた人は「あっ、まきちゃーん、私、ぜんぜん弱ってないからね~」

とまき子に淘汰されないように元気をアピールするという、

すっかり笑い話になっています。

我が家のわんこはたった四匹。でもそれぞれに個性があって、見てて毎日飽きないし、

犬の群れ社会って面白いな~と思っていましたが、まだまだ奥が深いようです。

そしてこの記事を書いている横で今、わんこの誰かが咳をしました。ひばりのようです。

寝ていたまき子がガバッと起き上がり、険しい顔をしてひばりに歩み寄り、緊張が走ります。

ただむせただけのようで、すぐに鎮まりましたが、

まき子はまだ緊張した顔でひばりを覗き込んでいます。

「まきちゃん、大丈夫だよ、ただむせただけだよ」と言うと、

いつもの顔に戻ったまき子が耳を伏せて私の元に甘えてきました。

あぁ、犬と話せたら…真相をまき子に聞いてみたいもんですが。

「次はアンタだよ」とか言われたりして…。

Comment

非公開コメント