北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

島蜂蜜がきたよ♪














今日、父島から荷物が届きました! 父島産の蜂蜜です!

父島に住むお友達(このブログにも何度か登場のわん友達でもある)に頼んで購入し、

送ってもらいました。

この父島産の蜂蜜は、蜂達が色々な植物から集めた蜜なので、季節によって味が違うそうです。

とても濃厚で、深みのある味わい。でいて、しつこくない甘さ。どことなく華やいだ感じ。

ひと舐めすれば「ん~! まるで味のパラダイスや~」と彦麻呂になってしまうような蜂蜜です。

そんな楽しみにしていた蜂蜜。早速荷物を開封しましょうか…。

しかーし! 南の島・父島からの荷物を開封する時は、注意すべし!

なぜなら、もしかすると「ヤツ」が紛れ込んでいる可能性があるからです。

いや、誤解がないように言えば、紛れ込んでいる方が珍しいと思うんですよ。

でもね、なにせヤツは、「嫌っている人の元に限って出現する」という習性がある(?)のですよ…。

さぁ、ここまで読んで、ヤツが何か分かったアナタは、頭がいい!

そう、「ヤツ」とは、茶黒くて、黒光りしていて、夏・特に夜になるとカサカサと徘徊する、あの害虫。

私はヤツが死ぬほど苦手。まぁ、好きな人は少ないと思いますが、とにかく苦手です。

で、なぜ父島からの荷物を開封する時に私がこんなにも厳重装備になるかというと…。

一昨年の事です。父島に旅行し、帰りは荷物を父島から自宅まで宅配便で自宅まで送りました。

帰宅した次の日に荷物が到着。早速荷をほどき、旅行の後かたずけをしていたら!

ヤツが出たのです!私のすぐそばの壁を這い歩くヤツが!

それはどう見ても島産のヤツでした。どうして島産のヤツなのかが分かるのかって?

そりゃぁもう、大きさが違います。マジでかい。肥えてて厚みがある。

この時は幸い、旦那がいたので退治してくれましたが、旦那も感動していました。

「うひゃひゃ~ すげーでけーよ、あの○○○○!今まで何匹も○○○○見てきたけどさー、

 いやぁ、あれは別格だね!さすが父島!うひゃひゃ~」

で、今日は旦那はいません。もしヤツが出たらすべて私が対処しなくてはなりません。

旦那が帰るまで開封しないで待っていようかとも思いましたが、待ちに待った蜂蜜。

早くあの感動を味わいたい!

なので、開封前にあらかじめ殺虫剤と新聞紙を横に置き、開封準備完了。

でも、この中にもしかしたらヤツが潜んでいるかもしれないと思うと…

どうしても開ける勇気がわきません。

しかも、一昨年は一匹だったけど、もしかしたら今回は二匹、いや、三匹いるかもしれない。

もし三匹出たらどうしよう…一匹でさえ退治できるか分からないのに…

そんな誇大妄想が膨らみ、どうしても荷物に手が伸びずに迷っていると…。

気がつけば、荷物の匂いを嗅ぎまくっていたひばりはとっくにバリケンで寝てるし、

まき子は荷物の向こうで私に冷たい視線を送っています。

はいはい、そーですね、開けます、開けますよ。

せっかくだからブログ用に写真も撮るか…撮れるか?私。

ひゃ~こえーよー。恐る恐ると、爆発処理班の気分です。

で、途中でちょっと叩いてみたり、降ってみたりして。

で、結局、ヤツは出ず… ふぅ… 終わった…。

無事に開封を終えた私、気がつけば、汗ぐっしょりになっていました。

そしてヤツがいなかったかわりに、小笠原の観光パンフレットが入っていました。

毎年行っていた父島。去年は事情で行けなくて、数年ぶりに色白な一年間だった私。

パンフレットを見てしまったら、小笠原への思いがフツフツと湧き上がり、、、

「くそーーっ 行きてーよー!」

ある意味、ヤツより見てはいけないモノだったかも…?(笑)

父島のロコレイママ、ランママ、ありがとうございまーす!

こんな開封の仕方しかできない私をどうか許してください!

すべては一昨年のトラウマ。そう、すべてヤツが悪いのです。

島蜂蜜、有り難く、大切に大切にいただきまーす♪

Comment

非公開コメント