FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家借家生活を経て、
標高1260の山の家で暮らしています。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ
2018年12月22日永眠しました。


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎
2020年6月24日永眠しました。


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事

文太

文太がいなくなってもうすぐ1カ月。

いなくなってしばらくは、
あ、そろそろ文太のご飯を用意しなきゃ、と思ったり、
帰宅すると、文太はどうだ?トイレは? と気にしたり、
文太との生活が、なかなか抜けませんでした。

今はやっと、文太のいない日常に、頭と体が慣れつつあります。




文太は、まきこと同じ犬舎から迎えた子でした。
まきこのお婿さんとして。

まきこのお婿さん候補は血統と年齢から見て2頭いました。
まきことの相性は勿論だけど、他の先住犬との相性も大事なので、
何度か犬舎に通って、みんなと対面させました。

そして、喧嘩上等の裕次郎がガウッとしても、ケンカになるどころか、
「にゃはーっ♪」とウハウハしてる子を見て、
この子だ! と、決めました。

その子の犬舎での名前は源太。
生まれてから、ご縁がないまま3歳になり、
かといって、血統の関係上、交配するメスもいなく・・・
ま、要は、犬舎の中で、買い手もなく、かといって繁殖犬にもなれずで、
持て余している状態、という犬でした。

我が家の一員になるのなら、昭和のスターの名前がいい。
ということで、ゲンタに似てる名前、菅原文太からとって、文太と改名しました。


まきこと文太の子供を・・・。
交配させるにあたって色々と準備をして、
なんやかんや大変な思いをして・・・。
でも結局、子供は授かりませんでした。
今となれば、それも神の采配だったのだろう、と思います。


2009年4月10日、北犬一家の一員となった文太。
そう、我が家が山梨に移住するたった3カ月前に、
我が家の一員になったのです。


ブログを見返したらこれが我が家に来た当日か翌日の写真みたい。
200718bunta18.jpg
文太、若いねーーーーー!!




文太の写真、たくさんあるし、選べないよな~。


200718bunta17.jpg


ほげーっ・・・ という寝顔。
200718bunta16.jpg




200718bunta11.jpg


200718bunta12.jpg


200718bunta20.jpg


200718bunta19.jpg


若い頃はガツガツと先に歩いて行っちゃってしょっちゅう怒鳴ってたけど、
年とってからは、トボトボと。
200718bunta15.jpg
この文太の背中を見ながら歩くことも、もうないんだなぁ。


文太の、本日のたからもの。
200718bunta13.jpg
投げては取って来いの遊び。
他にも棒はたくさん落ちてるのに、ちゃんと自分が選んだたからものを咥えて持ってくる。


去年の秋。車で行く散歩は、これが最後になっちゃった。
200718bunta14.jpg
歩かなかったけど、久しぶりのお散歩コース、喜んでくれたのかなぁ。




文太を一言でいえば、

いいヤツ

に尽きるでしょう。

我が家では一番、図体がデカいのに一番のビビりでした。
良太郎にガウッとされて、あの小さな目をショボショボさせて怯んでる姿は、
あ、犬の上下関係は大きさじゃないんだな、と改めて認識させられてました。


3歳過ぎたマラミュートの成犬♂を迎えることには、やはり不安がありました。
犬舎の、屋外の自分だけの檻での生活から一転、
先住犬と猫と人間との、屋内での暮しへ。
よく、あんなにすんなりと馴染んでくれたなと思います。

まぁ、先住犬がいたからこそ、文太も自分がどうしたらいいのか、
分かりやすかったのかもれませんね。
飼い主としとは、先住犬と猫、そして文太に助けられました。


万年お花畑野郎の性格には、おおかた助けられましたが、
どんなに叱っても次の瞬間には叱られた事をすっかり忘れて
「にゃはー♪」と笑ってる文太の顔を見て、さらに怒りが沸いてくることもしょっちゅうで。
色んな意味で、へこたれないヤツでした。

ホント、いいヤツでした。




文太~~~~!おいで~~~!
200718bunta1.jpg


200718bunta2.jpg


200718bunta3.jpg


200718bunta4.jpg


200718bunta5.jpg


200718bunta6.jpg


200718bunta7.jpg


200718bunta8.jpg


200718bunta9.jpg
はい文太きた~♪いい子だね~♪
走ってくる文太は、耳が羽みたいにパタパタするんだよね。
そのうち飛べるんじゃない?なんて言ってたもんね。



良くも悪くもガサツでいいヤツだった文太。
ゆえに本気でムカついたり、怒り心頭な時も数知れず。
なのに、思い出すのは良い思い出だけなんだよな。


車の窓から顔を出して、
顔面で風を受けながら外を眺める文太。
200718bunta20_20200718122736089.jpg

いっぱい散歩して、走って、歩いて、
本日のたからもの見つけて、楽しかったね。

まき姐がいなくなって、文太と二人で散歩してた時、
そういえば、文太とのサシ散歩って、したことなかったな、と、
文太の背中を見て、ふと思った。

飼い主を独り占めできる散歩と、
みんなとワァワァする散歩、
文太はどっちがいい?

そんな事を問いかけながら、
本日のたからもので、取って来い遊びしてたっけ。


あぁ、なんか、書いてたら止まらなくなってきたよ!

文太を可愛がってくださった皆さん、ありがとうございました!
文太は我が家の自慢の子でした!


文太!
文太の、その底抜けの明るさに、
たくさん甘えて、助けてもらって、幸せな飼い主だったよ!
ありがとう、文太!
ウチの子になってくれて、ありがとう!






じいちゃんになった 文太
おばちゃんになった かぁちゃん
歩くスピードはトボトボと
だけど覚えてるんだ 若かった二人を
あぁきっと忘れない

キャッチボールをしたり 川で泳いだり
アルバムだって貼り付けてあるんだもの
ちゃんと覚えてるんだ ちゃんと覚えてるんだ
ちゃんと覚えてるんだ こんなに
ドライブに出掛けたり オヤツをあげたり
たまに口喧嘩したり すぐに仲直りしたり
ちゃんと覚えてるんだ ちゃんと覚えてるんだ
ちゃんと覚えてるんだ こんなに

♪あんまり覚えてないや by ミスチル
~文太バージョン~

文太

我が家の最後の北犬、文太。
2020年6月24日 午前9時に亡くなりました。

亡くなる9日前から歩けなくなりました。
そして3日後くらいから自力で上半身を起こせなくなったので、
私が介助してあげる状態でしたが、
それでもフードはいつも通りガツガツ食べていました。

死ぬ死ぬ詐欺・・・なんて言われていた文太なので、
今回も、しれ~っと復活するのか?と思ったりもしましたが、
なんとなく、今回は違う気がする、なんとなく。
直感。

そして次第にフードの量が減り、
フードを食べなくなり、
フード以外の固形物も食べなくなり、
液状の物も飲まなくなり、
水だけになりました。
亡くなる日の朝は、水も飲まなくなったので、覚悟しました。


ウチの旦那に似て色々な意味でタイミングの悪いヤツなのに、
ちょうど私が仕事が休みの日に見送らせてくれたのは、もはや奇跡だね。


文太には何度も何度も覚悟させられていたからか、
自分でもビックリするくらい、アッサリしたお別れだな。

と思っていたけど、
今日までブログにもインスタにも載せることができず・・・。

文太の写真を見るのはやっぱりまだ、ちと苦しいなぁ。


もうすっかり放置状態のこのブログですが、
それでも見てくださっている方には、とりあえず報告はしなければ。
という感じです。

200711a.jpg

文太を可愛がってくださった方々、ありがとうございました。