FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事

今年ももうすぐ終わり。

今年もあと少しですね~。



先日、100均で、フォトフレームを買ってきて、
ひばりの写真を入れて、
先に旅立って行った我が家の「北犬とゆかいな仲間たち」と一緒に飾った。
171231002.jpg

ひばりが亡くなったのは、今年の6月3日。
ここに飾るための写真を作っておきながらも、
なんとなく飾るのをためらっていたのは、
私が、ひばりが旅立った事を認めたくなかったからかもしれない。

半年もかかっちゃったよ。ごめんね、ひばり。
相変わらずの、しょーもない飼い主で、申し訳ない。


ひばりんのいい顔。
171231003.jpg
この写真、好き。
天、丼、裕次郎、良太郎と一緒に、見守ってておくれ~


毎年毎年、あっという間に365日が過ぎ去りますが、
今年はひばりが旅立ち、のちにミス&チルが仲間入り。

171231004.jpg
元気に、文字通り、すくすくと育っております。


まき姐と文太は、いつもと変わらず。
多飲多尿から始まったまき姐の不調も、現在は治まって通常営業に戻りました~

171231001.jpg

2017年、北犬とゆかいな仲間たちのブログに来ていただいてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくおねがいします。

みなさん、よいお年を。

猫に布団

猫の寝床にと、100均で買ったフリース。

171229001.jpg
笑顔だけど目が笑ってない、心に闇を抱えた熊さんに惹かれた。

この布と中綿で、猫の布団を作ることにした。


家にあった中綿を使用。
171229002.jpg
確かこれは、ずっと前に犬おもちゃのぬいぐるみを捨てる時に、
中綿だけとっとおいたもの。


フリース布を袋状に縫って、中綿を詰めて、
171229003.jpg
中綿を平らにならして、ヨレないように、縦に2本縫ったのを2つ作った。


そして、その2つを立体的に縫い合わせる。


猫布団できたー。
171229006.jpg
最初は、単に長方形の布団の二枚重ねの形にしようと思ってたんだけどねー、
長さが足りなかったので、急遽ドーム型に変更。


後からも出入りできるように、ちょっとだけ開けといたよ。
171229007.jpg


さ! どーだ! 
と、猫の前に置いてみた。

171229004.jpg
恐る恐る近づくチル。
けど、入らず。


あ、あれ・・・


ミーも腰が引き気味・・・
171229005.jpg
やはり、入らず。


使ってくれないのか・・・?



ま、まぁ、もし使ってくれなかったら、また布と中綿に分解してとっとけばいっかー・・・



・・・ショック・・・。



でもそのあと、薪ストーブの前にさりげなく置いといてみたら、



入ってるやーん♪
171229008.jpg
嬉しー。


ミーミー、気に入ってくれたかぃ?
1712290099.jpg


いーねーいーねー。
171229009999.jpg


この場所だと、北犬に踏みつけられる恐れはあるけどね・・・
171229009.jpg


使ってくれて嬉しいんだけど、気づいた事が。

猫が出入りすると、静電気がバチバチと!
猫、痛くないの? と思うほど。

せっかく作ったけど、止めた方がいいのか・・・?

そろそろ

餡子を煮る。
あれ、餡子って「煮る」 って言うんだっけ?

久しぶりだなぁ。
171228001.jpg

薪ストーブの季節はガス代かからないからオトクね♪
171228002.jpg
ま、そのぶん、薪を食うんだけどね。


私は甘さ控えめで粒が残ってるサラサラ気味が好き。

なのに、いつも似すぎてモッサリしちゃうんだけど、
今回は上手く煮えた♪

朝、食パンにのせて食べるのが好き。
171228003.jpg
美味しいよ。

手作り餡子を、旦那は美味しいともまずいともなく、無言で食べたてたよ♪
それに、台所のシンク&ガス台周り&窓周りを大掃除したけど、
キレイになったね~の一言もなかったよ♪
主婦業なんてこんなもんよね♪





薪ストーブ周りを片づけていたら、
遊んでると勘違いしたチルが手元に紛れ込んできて、
炭を頭から被ったチル。
171228005.jpg
あらら~ と手で払ったら、結果、炭をなすりつける事になってしまった。
白い猫って、汚れが目立つのね。

そして、爪。
171228004.jpg
これはもはや凶器。


ミス&チル、そろそろシャンプーしたい。
爪も切りたい。
でもきっと、すごくイヤがるだろうなぁ。
嫌われちゃうかなぁ。
そう思うとできないんだよなぁ。


ミーは柄があるからか、あまり汚れてる感は、ない。
171228007.jpg
長いミー。


のびーーーーーー♪
171228006.jpg

ちょいちょいと

実はちょいちょい、家の壁塗りをやってますよ。
「壁塗りの神様」が降臨した時にだけやるので、
自分でもいつやるのか分からない。
計画なしのぶっつけ。


先日は、前からやろうと思ってて手つかずにいた玄関の壁を塗ることに。
ここが後回しになっていたのは、塗る面積が広いから。
ついつい億劫になっちゃったのよね~



繊維壁もレトロでいいんだけど、なーんか暗いので、
171226005.jpg


白く塗った。
171226006.jpg


本当は繊維壁とか和室の壁はいきなり塗るんじゃなくて、
下地の塗料を塗ってから、とか、
あらかじめ表面のボコボコをこそぎ落として、フラットにしておいた方がいい、
らしいんだけど、私はそんな労力かけたくないので、
表面のザラザラを、雑巾でぴゃぴゃぴゃーっとはたき落とすだけ。

これでも上手く塗れば、結構、和室壁にも塗料がのるんですよ。
塗料を少しだけ水で伸ばすのがコツ。
ただし、水を入れ過ぎると色がのらない。
でも水が足りないと、塗料が乾いた時にひび割れを起こしてしまう。
水加減が難しいところですな。
そして、ローラーを何度もコロコロしないこと。


前は養生をマスキングテープとか使って念入りにやってたけど、
最近はそんなに気にせず、新聞紙をテキトーに広げるだけになっちゃった。
隅っこがキチンと塗れてるかなんて、誰も見ないもんね。
そして時間が経てば、馴染む!

171226001.jpg


明るくなった~♪
171226002.jpg

壁が白くなったら、壁の面積の広さが際立ったような。
なんか飾りたくなるねぇ♪


けど、こういうDIYって、作業は楽しいんだけど、後片付けが面倒。
とくにローラーとか刷毛は、ちゃんと洗って乾かしておかないと、
ガチガチに固くなって、次に使う時に大変だもんね。
171226009.jpg





図書館で借りてきた本。
171226007.jpg
前から気になってて読みたいなぁ・・・と思っていた本なので、
図書館で見つけた時は思わず「あっ」と声が出てしまった。

猫を引用した啓発?精神論?哲学?
率直な感想は・・・
悪くはないど・・・むりくり? こじつけ? 
気になる方は読んでみてください。


我が家のミス&チルは今日も元気~
171226008.jpg

たからものが集まる


文太、今日のたからもの。


171224001.jpg
今日は小さめね。

まきこの周りを
171224004.jpg

ぐるぐる回る文太。
171224002.jpg



この散歩コースには車で来て、犬を降ろして散歩して、
車の前に戻ってきたら、扉の前で、
「ハイ、チョーダイ」 と、文太からたからものを没収してから車に乗せる。
没収したたからものは、文太が見てない隙にその場にポイする。
車はいつも同じ場所に停めるので、たからものをポイする場所もだいたい同じ。

なので、
171224003.jpg
文太のたからものコレクションができる。

表面がつるっとしたのが好みらしい。

距離感

ミーは、臆病だけど度胸がある。(どっちやねん)

自らまき姐のお腹の上に乗り、
171223002.jpg
寛ぐ、ということを覚えたらしい。

フワフワで暖かいんだろうね。
171223003.jpg
まき姐は、受け入れるでもなく、嫌がるでもなく。
子猫が乗ってるのは分かってるはず。
相変わらずの、無関心。


チルは、行動派だけどビビり(だからどっちやねん)

でも、少しずつ、北犬のそばで寝るようになってきた。
171223001.jpg
あえて北犬のそばに寄っていくわけじゃないけど、
ストーブの前なら北犬のそばでも寝るよ、な感じ。

基本は二人一緒がいいんだよね~。

か、かわいい、、、
171223004.jpg
天使かな?

チルの甘えん坊

チルは抱っこが大好きみたいで、
抱っこ~抱っこ~ が激しい。特に食後。

今朝も抱っこアピールが激しいチルは、

足元にまとわりついて、
171221001.jpg



ミーーー(抱っこー)
171221003.jpg

ミーーー(ねぇ抱っこー)
171221005.jpg



やることがあるから抱っこしてる時間はないんだけど、
あんまりしつこいから、ちょっと抱っこすると、ゴロゴロ喉を鳴らして嬉しそう。
ごめんねー、やること終わったら抱っこするからさー
と降ろしたとたん、


ミーーー(ねぇーー)
171221006.jpg

抱っこしてーと鳴いてまとわりつく。


ミーーー(ねぇってばーー)
171221007.jpg


ミーーー(抱っこしてよーーー)
171221008.jpg


それでも無視していると、


171221002.jpg
チルの目つきが変わり、


足をよじ登ってくるよ。
171221004.jpg


結局、私が負けて、家事の手が止まる。

子猫を抱っこしてボーッとする2017年、師走。

今日のたからもの。

晴れ続きは嬉しいけど、乾燥してるねー。

こないだふと、ニンニクを植え付けてから追肥をしていない事に気付いた・・・。
子猫とかまきこのことですっかり忘れてたよ。
冬前に追肥しなかったら、やっぱり収穫に影響あるんだろうなぁ・・・。
今からじゃ遅いかなぁ・・・。
あーあ。
すっかりやる気をなくして、来年のニンニクは諦めモード・・・。


今日も近くのお山で散歩。
171220006.jpg


文太、今日のたからもの。



今日のたからものは、形がザクザクだねー。
171220005.jpg


それでもたからものは大切らしく、
171220003.jpg

オシッコする時も離さない。
171220002.jpg
ウンPする時も離しませんよ。(写真はやめたけどね。)


まき姐はたからものとかは興味ないらしい。
もうボールの取って来い遊びもしなくなっちゃった。
171220004.jpg
まき 「ふん。たからものなんて、お子ちゃまの遊びよ」


オシッコの時に一瞬見せた、いい顔が撮れてしまった。
171220007.jpg
レディに失礼だね。


まき姐はだいぶ落ち着いた。
お水を置いておいても、飲み干さなくなった。
多飲多尿は終ったと言っていい・・・かなぁ。

ただし、まだ膣周りが少し汚れるんだよね。
けど、これがオリモノなのか、オシッコなのか分からないのですよ。
色もないし、匂いもなし。
どうしたもんか?と思ってた時に、
同じマラミュート飼いの方から、アドバイスを頂いたこともあり、
先日、病院に行って、診てもらって相談してきた。
やはり今の所は異常はない、とのこと。

これからも注意深く観察していくしかない。

どうかこのまま落ち着きますように。


~~~ご連絡~~~
まきこのことでアドバイス頂きまして、ありがとうございました!
なにがなんだかチンプンカンプンでしたので、
そんなこともあるのか・・・と、とっても参考になりましたし、
気にかけて頂けたことが嬉しかったです。
今度ともよろしくお願いします。

本日のたからもの。

文太の本日のたからもの。



ちょっと大きいんじゃないか?


文太いいの持ってるじゃーん(棒読み)
171215006.jpg
文太 「たからもの、みる?」


いーなーいーなーみせてー(棒読み)



171215002.jpg
文太 「えへっ」

文太、ご満悦。

これからは明るくなる方向へ。

今年の冬至は12月22日らしい。

でも日の入りの時刻が一番早いのは先週まで。
今週から、だんだん日の入り時刻が遅くなってきてる。

冬はまだまだこれからが本番なんだけど、
でも徐々に日が長くなって、夕方が明るくなってくると思うと、
確実に春に近づいているような気がして、縁起がいいような気がして、
なんか嬉しい。


今日も夕日がキレイだった~



カメラを持って出るの忘れた。
けど、スマホでもそれなりにキレイに撮れるよね。

171214002.jpg

前は冬の八ヶ岳が好きだったけど、
最近はやっぱり暖かい方が好きになってきた。
歳のせい?



もう知らんがな!
と匙を投げたその日から、まきがご飯を残さず食べるようになった。


171214005.jpg
ご飯待ちするまき姐。ミーが見切れてる。

まったく・・・

171214003.jpg
まき 「なによ。いいからご飯とお水、出しなさいよ。」




なにげにこれが今の我が家の集合写真。
171214006.jpg
北犬2、猫2、私の膝と旦那の肩も写ってる。

15点だとしても正しい。

まき姐のオリモノは治まった。
水は飲みたがるし、オシッコも多いけれど、前のような激しさはなくなった。

食欲は・・・これは選り好みをしているのでは・・・
という気がしてきた。


今回のまきこの件では、
「子猫」 というストレスを与えてしまった、という負い目が少なからずあり、
心配なのと、申し訳ないという思いでいっぱいいっぱい。


でもー!
まき姐に振り回されることに、そろそろ疲れてきちゃったわよ~。
我が家にはね、まきこだけじゃないのよ。
文太もいるし仔猫もいる。
そして人間の生活もあるのよ。

ええい、ままよ! 
もう色々考えた。
あとは、なるようにしかならない!

ミスチルの歌詞にある、

♪悩んだ末に出た答えなら15点だとしても正しい

またまたミスチルの歌詞ですか?って思うかもしれないけれど、
これは、病気を患ってるペットの飼い主さんには、特に響く歌詞だと思う。

物言わない動物だからこそ、全てが飼い主に委ねられていて、
考えて悩んで出した答えに、100パーセントの自信なんて、ない。
でも、愛するペットの事を考えて、それぞれのご家庭の諸事情を考慮して、
悩んだ末に出た答えなら、どんな答えでも正しいんじゃないかな、と。

以上、ひばりの癲癇でさんざん悩んでた時に思っていた個人的見解でした。
偉そうにスミマセン。

と言いつつも、またまき姐を心配してしまうのだけれど。




ミーの寝相。


17121002.jpg


171212001.jpg


171212008.jpg


171212003.jpg


171212006.jpg


171212007.jpg
あ、起きた。


キミ、きゃわうぃーぃーねぇ!


穏やかに。

我が家のミス&チルの寝顔。



癒されるわ。

北犬と猫の写真を撮りまくるので、溜まっていく一方。。。

なんなんだろう?

昨日の夜、チラチラと雪が舞ったり、止んだりで、
今朝は庭に、うーーーーっすらと雪が残ってた。
171209002.jpg
冷え込んだしね~~~



いやしかし。
ここんとこずっとわちゃわちゃ大変な数日だった。

多飲多尿のまきこ。
あの後、落ち着いてきて、峠は越えた。

と思われていたのが、ある日、
今までの多飲が比じゃないくらいの多飲多尿になり、
更には、オリモノが垂れるようになった。しかも悪臭。

これは、まさに、あの、子宮蓄膿症ってやつではないのか?!
一週間前の検診では異常なかったのに、急変したのか?!

と病院に連れて行こうとするも、ペット飼ってるあるあるの、
そんな日に限っていつものかかりつけ病院が休診日というやつ。

急な手術を要する事態かもしれないので、急遽、違う病院に連れてった。
セカンドオピニオンを聞くって意味でも、第二の病院で診てもらうのもいいかもしれないし。

その第二の病院で今までの経緯を説明し、血液検査結果表を見てもらった。
まきこの現状などからして、
「子宮蓄膿症ではないし、急を要する手術等もしなくて大丈夫でしょう」と。
とりあえず抗生物質の注射を打っておくので、
明日、いつもの病院で改めて相談してみてください、と。

で、翌日、いつもの病院に行った。
触診やエコーで念入りに診てもらったんだけど、
やっぱり子宮蓄膿症ではないなぁ、と。
先日の血液検査も異常がなかった、となると・・・

結局、
 
よくわからない


という診断だった。


膣から膿が出ているので、なにかしら炎症は起きているようだ。
けど、子宮蓄膿症ではない。
でもそうなると、水を異常に飲みたがるのが説明つかない。
はて。

というところ。

とりあえず、炎症を抑える抗生物質を飲ませて、
膿と多飲が治まるか様子を見てみる。

ということになった。


まきこは10月中旬頃、ヒートだった。
ヒートしかもご老体という、抵抗力が落ちているところに、
仔猫がやってきてのストレス。
あとは・・・季節の変わり目とか?
色々なことが重なっている時で、
膣に入った雑菌の方が勝ってしまったのかもしれない。
で、膣炎になった・・・?

すると多飲多尿は?
これはただ単に、子猫がきたことによるストレス?

現在のまきは、膣からの膿はなくなって悪臭もしなくなったけど、
あいかわらずの多飲多尿。

元気もあるし散歩も意欲的に行く。
ただ、食欲にムラがある。
我が家では朝・昼・晩の三回に分けてご飯をあげてるんだけど、
どれか一回、食べない。
どれか一回食べないだけなので、一日二食は食べてるわけだ。
でも、猫用の缶詰フードを少しトッピングすると食べる・・・
ような気がするから、単なる選り好み・・・?


もしくは・・・もしかして・・・老齢によるボケ、とか・・・?


もう、まったく、わかりまへーーーん。


こんな感じでここ一週間くらい、
あーだこーだと落ち着かないし、心配だしで、
そうなると今度は文太までもが、なんだか元気ないように見えてくるし。

もう老犬なんだから何が起きてもおかしくないんだ。
って、覚悟してたはずなんだけどな。




隣町に買い物に行ったら、ちょうどドクターヘリが着陸するところで、
カッコいいねぇ!って、少しスピード落として車の中から写真撮ってたら、
後の車に煽られたのがビックリした。

「ドクターヘリの写真なんか撮ってるよ~ははは」
って笑ってくれるような人ではなかったらしい。



私は好き。にしのあきひろ。
図書館で借りて読んだんだけど、この本に「寄贈」のハンコが押してあったよ。
まさか、本人が寄贈したんじゃあるまいな。
171209001.jpg
インスタに #革命のファンファーレ とタグをつけたら確実にいいねを押しに来てくれるらしいけど、
ブログに書いても意味ないか。


子猫と北犬たちの距離がなかなか縮まらないので、
文太の寝てるお腹に仔猫を置いてみたり。
171209004.jpg
トトロの腹の上でワクワクするめいちゃん のシーンを彷彿とさせる。

子猫は北犬に興味津々なんだけど、北犬の方がそっけないのですよ。

文太も、気づいてないフリしてるのか、
171209005.jpg
本当に気づいてないのか。
いや、文太なら気づいてない可能性もあるからねぇ。


文太の上でスヤスヤ眠るミー。
171209006.jpg


とりとめのない文章でした。
すみません。

今日もカワイイ

まきこの多飲多尿は、少しずつ落ち着いてきたような気がする。
水を飲む量は減った。
オシッコの回数も減った。
けど、一度にするオシッコの量はまだ今までよりは多いのでまだ油断ならないけど。
どうかこのまま、通常営業に落ち着きますように。



ミス&チルは相変わらずの可愛さ。

あぁ、鼻をぷにっとしたい。




171202002.jpg


171202003.jpg


171202004.jpg


171202005.jpg



ミス&チルは仲がよいから、いつも二人一緒。
遊んぶのも、寝てる時も、ひっついてて愛らしい。


みてみて、あんなに顔と顔をくっつけて寝てるよ!
いや~ん、お互いに毛づくろいし合ってて、優しいね~
あっ、ジャンプした!落ちた!
かわいいねー!


ミス&チルの、あーだこーだを逐一報告しては、
子猫ってこんなに可愛かったっけ?
という私に、旦那から、
ってか、お前ってこんな親バカだったっけ?
と。


だってね、呼ぶとみゃーっと鳴いてこっち来るんだもん。
呼ばなくたって、「抱っこして~」って足をよじ登ってくるんだもん。
抱っこするとゴロゴロゴロゴロゴロゴロって、うっとりしてくれるんだもん。
私に顔を近づけてくるから、なぁに?っていうと、顔をスリスリしてきて、
私のクチをぺろぺろぺろぺろ舐めてくれるんだもん。




確かに・・・



ミス&チルにメロメロになってる私。
自分で自分が怖い。

一応、こーゆーメロメロは、まきこと文太の前では隠して、
平静を装ってるんだけど、
きっとまきこには御見通しなのかもしれない。
こんな私に
「しっかりしろや。」
と思ってるんだろう。