北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事

良かったけどよくない

最近まきこの水を飲む量が増えて、
もちろん、それに伴ってオシッコの量も増えた。
いわゆる、多飲多尿ってやつ。

いつからかって言ったら、今月入ったぐらいから、かな。

いつものフードが品切れだったから、仕方なしにパピー用フード切り替えたのが
ちょうどその頃だから、それでかな?
と、いつものフードに替えてみたけど、多飲多尿は治らず、

薪ストーブの焚き過ぎで喉が渇いての多飲からの多尿か、とか
季節の変わり目だからか、とか
何かの病気?とか
猫を飼い始めたことによるストレス?とか色々考えられるんだけど、
とりあえずまきこも13歳だし、病気も考えられるので病院で検査してもらうことにした。
滅多に病院に行かない我が家が。


まず触診とエコーでは異常はなし。子宮も大丈夫。
そして血液検査もしてもらった結果、



異常なし
検査項目全てが見事に正常値で、13歳でこの結果はむしろスバラシイ!



というお褒めの言葉を頂いた。


検査結果やその他諸々を総合して出た診断結果は、
おそらく、仔猫が新しく入ったことによるストレスではないか?と。
つまり、「偽心因性多喝」 というやつ。


ミス&チルに対して現在のまきこは、嫌がるでもなく、可愛がるでもなく、
全く関心がない。
たまにミーが、まきに前足チョイチョイしたり、
顔を近づけたりするんだけど、無反応。
稀に自分から近づくこともあるけれど、
基本的に、向こうからこられるのはイヤみたい。

よく 「愛の反対語は無関心」 っていうけれど、
そーゆーことかねぇ。

なるほど。

私はジャリがキライで、近くでギャーギャー騒がれるとストレスで、
オンナがみんな子供好きだと思うなよ! と怒鳴りたくなるのでその場を離れるんだけど、
まきこも私に似てジャリ嫌いだからなー。

今まで子犬 (良太郎とひばり) を迎えた時には何も異変がなかったのに、
まきこも歳とってるから、若いころのように適応できないのかもしれないね。


子猫が来たことで、今まで以上に撫でたりギュっとハグしたり、
散歩は絶対欠かさないようにしたり、
犬たちが一番ってトコを見せてきたつもりだったんだけど・・・
そーか、やっぱりストレスなんだよな。


スタスタと先に歩いて行っちゃう文太、
171130001.jpg
を呆れて見送るまき姐&私「まったくアイツは・・・」


まきちゃん、ゴメンよー。
171130002.jpg

でも、ミス&チルはもうウチの子なんだ。
どうにか慣れておくれ。
仲良くならなくていいからさ~。

でも、まき姐が健康体ってことが分かったから良かったよ~!

なんとなく馴染む。

我が家のミス&チル。

三毛色がミス、白色のがチルね。


元気よ~

人間の膝の上に乗ってきてくれるのが嬉しいこの頃。

ミーは、まったりしたいのに、
171128007.jpg
チルがじゃれつき始める。


チル 「おりゃ~!」
171128008.jpg
ミー 「なにすんのー!」


チル 「うっしっし♪」
171128009.jpg
ミー 「寝るのー」

チル 「まだまだ遊ぶよガブリ」
1711280099.jpg
ミー 「眠いのー」


チル 「がぶがぶがぶ」
171128005.jpg
ミー 「やーめーてー」

終始、ミーの ギャッ とか、 ミ゛ャッ とかいう悲鳴が聞こえるけど、
逃げるでもないし、楽しんでるんだね

うま~く器用に膝の上でじゃれつくんだけど、
落ちそうになると思わず腿にチカラが入っちゃったりして。
私の腿の筋肉が鍛えられそうだわ。


こんな感じでくんずほぐれつしてて、
急にパタッと電池が切れて熟睡するという、子猫らしさ満開。


そんな我が家のミス&チルは色々覚え中~。


水が飲める場所とか、
171128004.jpg
猫は猫用に水を置いておくんだけど、
そっちは飲まないでこっちで飲むから、もうここオンリーでいっか、となった。
あれ?オンリーって言い方、言うよね?言わない?古い?


薪ストーブの前が暖かいこととか、
171128003.jpg

まき 「アンタいい場所にいるじゃない」
171128002.jpg


まき姐にガン見されてても、ご飯が食べられるくらいメンタル強くなったしね。
171128001.jpg


数日前の写真が 「あら?」 って思うくらい、
毎日毎日、ぐんぐん成長していってるミス&チル。
ウンPも形のあるいいウンPになったし、
昨日からカリカリフードもふやかさずにそのまま与えてるけど、
ちゃんと食べてるからもうふやかさなくてもいいかな。

仔猫の時期はものすごく短いから、しっかり見ておこう。

まきこ誕生日♪

今日はまきこの誕生日。
12歳?あれ、13歳か?
ま、何歳でもいいや!


おめでとう、まき姐~!



まき姐には色んなことで助けられてて、
171125002.jpg


飼い主として見守っているつもりが、
171125003.jpg


逆にまき姐に支えられている。
171125004.jpg
ありがとう、まきちゃん。


文太 「ねぇ、いつまでこうしてるの?」
171125005.jpg
まき 「いいから黙って座ってなさい。」



オスワリで写真撮影に手間取って、若干怒り気味のまき姐。
171125006.jpg
ご、、、ごめんよぉ。

そこに文太がフレームインかよ!
171125007.jpg
文太 「にゃはー♪」


ま、いいや。二人で記念撮影ね
171125008.jpg


久しぶりに八ヶ岳をバックに!
1711250099.jpg


もう雪で白いね~。
171125009.jpg



まきちゃん、本当にうちの子になってくれてありがとう。
私の色んな気持ちに付き合ってくれてありがとう。
17112500999.jpg
まきこのその大きな愛に助けられてここまでこれたよ。

これからも元気で暮らしていこうね!



もう冬だね

数日前の散歩。

少し標高の高いお散歩コースへ。

もう紅葉は終ってすっかり冬だった。

熊笹の緑色がキレイね~




キンキンに寒いでもなく、北犬との散歩にはちょうど良いな。
171122002.jpg
まき 「冬が私を呼んでるわ」



散歩途中、文太が「今日のたからもの」を発見したんだけど、
171122003.jpg
小さくてクチにスッポリで、なにを咥えたのか見えない。


文太~たからものいいないいな~(棒読み)
171122004.jpg
「たらかもの、見る?」 
って顔するくせに、見せてくれない文太。
たからものにしちゃぁ、いつものよりサイズが小さいねぇ。


最後、車に乗る時に、「出せ」 でポロリとクチから出したのは、
171122007.jpg

何かの骨だった。
171122005.jpg
どうりで、なかなか見せてくれなかったわけだわ。


さ、今日の散歩は終わり~
171122006.jpg
帰ろうね、まき姐。

名前。

子猫は我が家の暮らしにだいぶ慣れてきたみたい。

ただし。
元気なんだけど、ウンPがゆるめ。
三毛色の子にいたっては、水様便もあった。
徐々に形あるウンPになってきてはいたものの心配だし、
ここらでちょっくら病院へいっとくか~。


検便してもらったけど、ウンPから虫とか卵とかは出なかった。
下痢の原因はおそらく、食べる物が変わったのと、環境の変化のストレスでしょう、と。
いずれにしてもまだ駆虫薬を投与できる月齢ではないので、
2週間後くらいにもう一度、検便しましょう、とのこと。

病院に連れて行くのに、ものすごい抵抗されたり、
鳴き叫ばれたりするかと覚悟してたんだけど、
拍子抜けするくらい静かで、先生になにされても、されるがまま。
あーよかった。

で、今ではウンPも柔らかめとはいえ、形になってきた。
とりあえず一安心だね。



北犬たちもだんだん猫を見る目が変わってきて、
171121005.jpg
まき 「これからこの子たちも一緒に暮らすのね。」

そうだよ、よろしくね。
我が家のルールをたたき込んでおくれ。
たのむよ、まき姐。


文太はいったい、仔猫をどうしたいのか謎。
171121007.jpg
とりあえずペロンとかパクッ (軽くだよ) とかしてみたり。


そして前歯で子猫を ちっちっちっちっ と嚙みたいらしい。
171121002.jpg
敵意はないようだし、子猫もまんざらでもないようなので、
あとは文太のチカラ加減の問題だな。



食欲も旺盛で、ご飯の用意の音とか雰囲気も覚えた。
17112100a.jpg
「メシくれーーーー!」

「はよメシ出さんかーーーーい!」
17112100b.jpg
私はリス猿を保護したんだったか?

ま、元気でなにより。


病院の先生に見てもらったら、2匹ともメスだということが分かった。
てっきり白い子はオスだと思っていたんだけどな~。

ということで、名前!
171121006.jpg
三毛色の子がミス  白色の子がチル
そう、二人合わせて~♪

はい。
分かってます。
もちろん分かっていますよ。
いくら好きだからって、ペットの名前をミス&チルにするなんて、
イタイ命名だってことは。

ただ、三毛色の子がミーミーミーミーとよく鳴く子で、
仮の名前として、「ミーちゃん」 と呼んでいたのだけど、
「ミ」 といえば私の中では「ミスチル」だよなーと。
そこで白い子を 「チルちゃん」 と呼んでいたら、
それが仔猫も人間もそれで定着してしまって。

万が一、次にペットを飼うなら・・・と、名前を使いたい昭和スターは決まっていて、
じゃぁそれだっ と、その名前で呼んでみたりもしたんだけど、
なんか違う… やっぱ、ミー&チル の方がしっくりくる・・・
もーいーや! 
ということで、 ミス&チルになりました。
ま、ちょうど今年はミスチルイヤーだったし、その年に生まれた猫ってことで忘れないでしょう!

ということで、我が家の ミス&チル をよろしくです~

ゆっくりと。

あっという間に過ぎる毎日。
気付けばもう11月半ば・・・。


仔猫たちはだいぶ慣れてきて、
撫でるとゴロゴロ喉を鳴らして、
抱っこすると人間のお腹の上でもスヤスヤと寝るようになった。

スマホカメラの自撮りで、起こさないように、そーーーっと撮影。
そう、スマホの自撮りって、生涯、使うことはないと思っていたけど、
こーゆー時にも使えるのね。



仔猫の寝てる籠の前に張りつくまき姐。
171115001.jpg

バリケンの近くで寝て、仔猫に無言の圧をかける北犬たち。
171115003.jpg

これらの写真は数日前に撮ったもの。
今ではここまで執着はしてないけど、

まき姐と文太と仔猫たちの初対面は、その場にいる全員、

ザ・緊張

とりあえず仔猫は犬に対してシャーーーーッだし、
文太はいきなりペロンパクッとかやるし、
なにより緊張したのは、まき姐の目がすわってたこと。
飼い主を前にした理性と、仔猫に対する本能がせめぎ合ってる感じ。

文太は、悪気がないとはいえ、チカラ加減が分かってないみたいだし、
仔猫が見えてないから踏んづけそう。
まき姐は、発作中のひばりを殺ろうとする本能を持つオンナ。
ひばりを襲う時の、あの本能丸出しのまき姐がもし出たら、
こんな小さな仔猫じゃ、とても助けてあげられないよ。


なので、仔猫が我が家に慣れて、機敏に動けるようになるまで、
北犬たちと仔猫たちは別部屋で生活、ということに。


とはいえ、仔猫もだいぶ我が家にも慣れてきたようなので、
少しずつ対面させてますよ。
ここ2~3日くらいは仔猫も北犬を前にしてもシャーーッとならなくなった。
まき姐の目も、いつもの「まきちゃん」になってきた。
文太は…相変わらずガサツで困るけど・・・

ま、この仔猫たちを保護してまだ10日目よ。
少しずつ、少しずつ、慣れていけばいいんじゃないかな。
仔猫も北犬も人間も。

仲良し

保護した猫はとりあえず元気。

いつも2匹一緒で、


くっついて寝ている姿は微笑ましいね~


縁側で自由にさせるために、置いてある物をとりあえず隅っこに寄せといたら、

171112002.jpg
その寄せた物の中で寝てた。
猫のために布を敷き詰めた籠を置いておいたんだけど、
その籠よりもこのガラクタの方がお気に入りらしい。

じゃれ合ってる仔猫って本当にカワイイねぇ。
171112001.jpg
こーゆーのを「癒される」って言うんだろうなぁ。

トイレの猫砂を置いたら、一発でトイレでしてくれた!
トイレが一番心配だったから、一安心・・・。
こんなちっちゃな仔猫なのに、誰も教えてないのに、
習性なんだろうけど、不思議だなぁ~。


なーんて、猫にかまけてちゃいけない。


こんな時こそ、我が家の先住民を、より大切に、第一に考えたい
171112004.jpg
家にいるとどうしても仔猫のことを気にかけてしまうんだけど、
散歩の時間は、私も犬も今までと変わらない時間が過ごせるので、
良い息抜きになってるんじゃないかな。


そう、思いがけず仔猫を保護して、生活リズムが変わっちゃって、
イマイチ気持ちが落ち着かないんだよね。
でも、犬達には負担にならないようにしたいな~

何が起きるかわからない

月曜日。
いつもの近所のお山に散歩へ行ったその帰り道、














仔猫を保護してしまった・・・。


散歩が終わって山道を走ってたら小さな動物が車の前を横切ったんですよ。
あ、仔猫だってすぐ分かりまして。

動物の親子連れにはよく遭遇する山道だから珍しくないんだけど、
だからこそ逆に、仔猫が横切るのが珍しくて、車を降りて確認。
やっぱり仔猫。二匹。
他には猫は見当たらなかったけど、
ま、そのうち親猫が迎えに来るだろうな、と。
ちゃんと合流できるといいね、生き延びてね、と声をかけて車に戻った。

それからガソリンスタンドに寄って給油して家に帰るつもりが、
やっぱり気になって仔猫のいた山道に戻ってみた。
同じ場所にさっきの仔猫二匹がいた。
ちょっと歩き回って他に猫がいないか探してみたり、
親猫の鳴き声がしないか耳を澄ませてみたりしたんだけど、
どうやらいないみたい。

ものすごく迷ったけど、カラスがいつもよりたくさん、近くで鳴いている気がして、
とりあえず今晩だけは連れて帰ろうと決めた。

翌朝、母猫とか兄弟猫がいないか見に行ってみたけど、いなかった。



ということで、今日に至ります。

日向ぼっこ。
171109002.jpg
この家は無駄に広いし、大型犬もいるし、フリーにするのはまだ怖いので、
使ってないバリケンの扉で蓋。


171109003.jpg
スヤスヤ。

171109004.jpg
あ、起きた。


この子は臆病で食も細い。
171109005.jpg
周りを気にしぃで損するタイプ。でも気が強いっぽい。まき姐タイプだな。


この子は比較的フレンドリーでよく食べる。
171109006.jpg
元気。文太タイプね。


今日、初めて指を嚙んでくれた。
171109007.jpg
仔猫が嚙むとこんなに痛いっけ?!


猫を飼うのは初めてじゃないんだけど、
なんならお産に立ち会ったこともあるし、へその緒を切ってあげたりしたこともある。
でも、親猫がいないこんなちっさい仔猫を飼うのは初めて。
どうしたらいいのかわかりまへん。


というか、夢中で保護したはいいけれど。。。
これからどうするんだろう。。。

横着する文太。

iPhoneの着信音を自分の好きな曲に設定したくて、
色々調べて、悪戦苦闘の末・・・


・・・やった・・・やっと、できた・・・


設定できた瞬間、映画「ロッキー」の、あの勝利した時の音楽が頭の中で流れた。


好きな曲の好きな部分を着信音用の秒数で作りなおして拡張子を変えてナンタラカンタラ・・・
慣れてる人にとっては簡単な作業なんだろうけど、
はぁーーーー!ちんぷんかんぷん!
頭から湯気を出しながら、パソコンと格闘してやっとできた!


・・・こんなに頑張ったけど、今時、着信音を曲にしてる人なんてあんまりいないって話も。
いやそもそも、私に電話なんて滅多にかかってこないんだった・・・

違う。逆よ。
あんまりかかってこないからこそ、耳慣れない音だと、
自分の携帯が鳴ってるって気付かないんだよね。

「誰だ? 携帯鳴ってるぞおい、早く出ろよ・・・ あ!私だった!」

ってことになる。
だから、好きな曲の方が耳が反応しやすい。

ということで、新しいスマホ問題、一つクリア。



ご飯待ち中の文太。

前足そろえてお行儀よく。


この、揃ってる前足がカワイイ。
171106002.jpg
でもマットをグシャグシャにするのでちょっとイヤ。


そして、ケースの上にオシリを乗せて座る文太。
171106003-3.jpg
ウンPスタイルに似てるから一瞬ビビったけど、
座ってるだけだった。
これでいいらしい。
オシリの下の薪はあんまり触りたくない。

iPhoneにリングをつけた。

晴れが続いて嬉しいわぁ。


散歩中、急にハイテンションになるまきこと、

171102006.jpg


戸惑う文太。
171102005.jpg


台風の後は倒木もあるのだけど、

171102007.jpg
気にせず歩く文太。(たぶん気付いてない。)

散歩にちょうどいい気候。
我が家のあたりでは、紅葉の見頃はもう少し、かな。
標高の高い所では今かも。




さて、iPhone8plusに、リングをつけた。


171102003.jpg
柔らかなピンクベージュにいきなりの銀のリング。
自己主張感がすごいね。

女子にしては手は大きい方の私だけど、
やっぱり8plusは大きいから、リングあった方が断然ラクだし、なにより安心。

ずっとandroidだった人がiPhoneにすると、
使いづらく感じるとか、後悔してandroidに戻りたくなるとか、
色々聞いていたし、
実際、数年前ソフトバンクがiPhoneを取り扱い始めたころ、
新しもの好きな旦那がiPhoneにしたけど、
そりゃーもう使いづらい ったらなかった。
こんなもの、すぐ廃れるだろう、と思ってたのに、
なぜかiPhoneは浸透してって、なんで??? と思ってた。
だから私の中では、
「iPhoneは本当は使いづらいけど、ネームバリューで選ばれているだけ。」
という勝手なイメージを持っていた。
初めてスマホにする時も、迷わずandroidにした。

そんな私でも、今の所、問題なく使えております。
とりあえず、操作でイラつくとかはない。

私が特に気にしていたのは、

戻るボタンがないことと、
キーボードのカーソルの矢印がないこと。

けれど、それもクリアできてて、
端末としての戻るボタンはないけれど、それぞれの操作上での戻るボタンがある。
カーソル移動の矢印の代わりに、キーボード長押しすれば上下左右にギュインギュイン動かせる。

ま、私がXperiaを使いこなせてなかったのかもしれないし、
四年前のXperiaからの機種変だったから、逆にすんなりなじめたのかもしれない。

あ、でも一つ、「えー、それできないの?」と思ったことがあった!
お気に入りの曲を着信音にできないみたいだけど、本当?
itunesから購入した曲じゃないと着信音にできない・・・とか、本当?
裏技的な事はあるらしいので、もう少しよく調べてみるけど、
前のXperiaでは「着信音に設定する」って項目が当たり前にあったから、ちょっとビックリ。
もしかしてandroidでも今は着信音にできないのかな?


今のスマホは写真もキレイに撮れるのね~

半月の空と、



たからものゲットの文太。
171102002.jpg
文太 「たからもの、見る?」

デジカメ忘れた! って時にスマホで撮っても大丈夫、そんな感じです。


ただし、
iPhoneが使いやすい! iPhone LOVE♪
ってわけではなく、
4年前のエクスペアリアもこのiPhoneも、そんな変わんないな、
というくらい。
単純に、機種としての違い、そんな感じ。

これからiPhoneの便利さを実感できる日がくるのかな?