北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事

誰の羽でしょう?

先日の朝。
玄関前に一枚の羽が落ちてました。
黄色と黒の小さい羽。

その日の夕方。
今度は旦那が、同じく玄関前で同じ黄色と黒の小さい羽を見つけました。



なんの鳥の羽でしょうね?
カワイイから飾っておこう。


特に「鳥好き」というワケでもないし、
鳥の知識も全くないんだけど、
羽が落ちてると、つい拾ってしまいます。
旦那も羽を見つけると拾っといてくれます。
(私がそう躾けた、とも言います。)

今日は涼しいというか寒いというか。
寒暖の差が激しくて体がまいっちんぐです。

もう低気圧はイヤだ~~。

久々の映画は。

昨日は映画鑑賞してきました。


面白そうだな~と思う映画があっても、
なかなか映画館には行かないんですが。



でもこれはぜひ、映画館で観たいと思ってました。
160825004.jpg


いや~~、面白かった!
これはもうグッズも買いでしょう!
と、鼻息も荒く売店を覗いたけど、
めぼしいのがステッカーしかなかった。
160825002.jpg
あの品数の少なさは、すでに売り切れたから?
それとも地方の映画館だから?
どうやら手ぬぐいもあるらしいんだけど。
手ぬぐい欲しいなぁ。


160825003.jpg
むむぅ。
みてて辛いところもあったけど・・・色々な意味で面白かった。
もう一回観たい。
そして!あのラスト! なにあれ?!



今朝は庭の雑草の刈り払いを。
160825006.jpg
刈り払い機やると土やら草やら石やら飛んできて危ないので厳重装備で。
動物のお医者さんでいう、チップ取りスタイルですね。

目で追う。

寝ているまきの写真を撮る旦那。

そこへ、

へー、写真撮るなんて珍しいじゃん、と、私が通りかかる。


まき 「あ、かぁちゃんの声」
160823777.jpg


まき 「きたきた。散歩かな?」
160823222.jpg


まき 「違うか。じゃ、ご飯かな?」
160823333.jpg

私のことをずっと目で追っていたそうです。

夕方は一挙手一投足を監視されてる。


昨日は台風のために旦那の仕事が半休に。

何かあってはいけないと家にいたけれど、
結局、雨も風もたいしたことなく過ぎてゆきました。
家でじっとしてると、涼しいを通り越して、寒かった。
長袖を羽織り、靴下二枚重ね。


160823666.jpg
暑くても涼しくても毎日ダラダラな北犬たち(私もね)。

思いがけず晴れた。

扇風機の前でダラける文太。


前から疑問なんだけど、
犬も扇風機の風で涼しいと感じるんだろうか?




明日ホントに荒天なの?
ってくらいに晴れてます。
160821005.jpg

嵐の前の静けさなのかな。

群がる。

みんな仲良く寝てる



ふりして、
1608190055.jpg
我さきにと、台所の出入り口に群れる北犬たち。


ご飯の出待ち。


今日のポールポジションは、ひばりんですか。
1608190066.jpg

台所の出入り口はもう一つあるから、
そっちから出入りすればいいんだけど、
私も意地になって、ここを通る。


1608190077.jpg


もー! 邪魔!
踏むぞ! 蹴るぞ!


1608190022.jpg
ひ 「じゃ早くご飯くれ」




今日のイライラ↓
1608190033.jpg
旦那の洗濯物のポケットに、タバコが入っていたもよう。
(ライターもね。)
おかげで一緒に洗ったものが、紙屑まみれになったよ♪

私がイライラカリカリするのをイヤがるくせに、
たまにこうしてイライラトラップを仕掛けてくる旦那。
しかもその旦那は仕事で家にいないから、
やり場のない怒りに、ひとり悶々とする。


洗濯物出す前にポケットの中、確認しろっつってんだろーが!

ふん。ブログでみんなにチクッてやったぜ。
あー、スッキリした。

刈払機。

雑草の生命力はすさまじいですよね。
刈ったそばからもう伸びますもんね。
瞬きしたら、もう伸びてますもんね。


雑草との仁義なき戦い。


今まで雑草の刈り払いは旦那の担当だったんだけど、
私も思い立った時に刈れるよう、私専用の刈払機が欲しいなぁ・・・
なんて思っていました。
(旦那が持ってる刈払機は仕事で使うちょっとお高いやつなんでね、
私が使って壊しちゃったら大変なんでね・・・。)



欲しいと思ってたら、やってきました。



いわば、形見のような物。

旦那の仕事のお客さんが、先日亡くなられまして。
その方の奥様が、「私は使わないから、よかったら」 
と、旦那にくださったそうです。

実はその亡くなられた方、偶然にも私もちょっと知ってる方でして。
優しくて気さくて素敵な方でした。
私の体力が回復したら、また会えるのかなぁ、と思ってました。


なんというか。
いろいろな事がつながってて、
縁あってこの刈払機はウチにきたのですね。


「ほれ、アンタも草刈り、しなさいよ」

と言われてるような気がします。
ハイ、ガンバリマス。




昨日は近所のお山で散歩。

160818c.jpg


曇ってても蒸し暑くて、汗ダラダラ・・・。


ひばりはこんな変顔になるし。
160818002.jpg
かわいいねぇ。

お盆も終り。

台風の影響で、風が少し強かった我が家の辺り。

今朝は気持ちよく晴れ。




今朝の北犬のみなさんの、朝ごはんを狙う鋭いマナザシ。

160817333.jpg


160817222.jpg


160817111.jpg



お盆休みも終わりですね~。

ジャガイモ、不作。

今年の畑はやる気なかったとはいえ、
ここまで不作だと、がっかり。

雑草だらけの畑。
160813222.jpg
右側の鍬のある位置、手前から奥に向かって畝があります。
雑草だらけで畝に見えなくても、畝なんです。

種イモを畝4列に植えたのに、ほどんど発芽せず、
この一番端っこの、一番日当たりの悪い1列だけが発芽して育った。
そのかろうじて育ってくれた1列も、
ヨトウムシに次々とやられ、生き残ったのが7株?8株?

そんな貴重なジャガイモを、掘る。
160813333.jpg
それでも芋ほりは楽しい~。宝探しの気分。

これで収穫全部。少ない・・・。
160813444.jpg
大きさもまばら。
明らかにマイナス。
労力を考えたらものすごいマイナス。
ジャガイモがマイナスなんてことあるんだね。

発芽しない。種イモ腐る。発芽しても育たない。
これは、世にいう「連作障害」ってやつ・・・?
確かに、耕してる時やたらとジャガイモが出てきてた。
掘っても掘ってもゴロゴロ出てきてた。
それでも、「ジャガイモなら大丈夫でしょう~」なんて思っちゃったんだよな~。
来年はここにはジャガイモは植えないようにしよう。

お盆休み始まりましたね。
我が家の辺りは観光地ではないのでいつもと変わらないけど、
ちょっと大通り(大きくもないけど)に出ると、車が多いです。

ということで、家で読書。
160813111.jpg
図書館で借りてきた。
読んだことあるけど、また読み返す。
やっぱ面白い~。
こーゆー世界観、好きだな~。

またカブトムシ。

ウチの横には用水路が流れてます。

上流から流れてくる落ち葉をこんな鉄の柵で堰き止めていて、
160811001.jpg
朝・晩とチェックして、ゴミが溜まったら土手によけて、
流れがと滞らないようにしてます。

この季節はあちこちで草刈りするし枯れ葉もあるしで、
柵にゴミが溜まりがち。
そうなると水も堰き止められてあふれてしまうので、
朝・晩に限らず、ちょくちょくチェックしてるのですが。

先日、いつものようにその枯れ葉とか枯草とか枝とかのゴミを排除していたら、
その枯れ葉と水流にまぎれて、ゴミじゃない何かがあるのが見えた。
カブトムシの角!
けっこうな圧で流れてくる水の、バシャバシャの水の泡から、
かろうじて見え隠れしてるけど、
確かにカブトムシの角!
生きてるかどうか分からないとは思いつつ、
このまま流されちゃうのは切ない気がしたので、
とりあえず、角をつかんで引っ張りだしてみた。

生きてた!
160811002.jpg
ヨカッタ!!

右前足(っていうの?)がもげちゃってるけど、
160811009.jpg
あんな濁流の中、よく生きてたなぁ。。。
足の掴む?握る?チカラも結構ガシッと強いから、まだいけるかな。

とりあえず近くの木に放しておいた。
160811003.jpg
あんな濁流にのまれてたんじゃ、怖かっただろうなぁ。
放心状態っぽいけど、どうしてやることもできないもんなぁ。

そう。用水路。細い水路に見えて、水圧がすごいんですよ!
枯れ葉ゴミを取るときも、水圧が邪魔してすんなり取れない。
私も身の危険を感じることもあるので、
あんまり増水してる時は、一人ではゴミ取りはしないんです。
だから、こんなちっちゃなカブトムシじゃ、自力で脱出なんて無理です。


しばらくして見てみたら、少し上まで登って、葉っぱの裏に隠れてた。
あそこまで動けるなら大丈夫かな。
あとは彼の生命力次第だもんな。
どうか無事に生ききることを祈ってるよ。


それにしても、虫って溺死ってしないんでしょうか?
そして、生きてるなら、角を掴んで引っ張り出すんじゃなくて、
胴体を掴んでちゃんと助けてあげれば良かったなー・・・
首、というか、兜がもげちゃうとこだったかも?
という思いが頭をグルグル回ってしまった。


そんなカブトムシ救出大作戦が終了して庭に戻ると、
160811008.jpg
ひばりん、静かに家の中に入れてくれアピール中でした。

そーだった。わん達を庭に出してトイレさせてたんだった。


まきちゃん、カブトムシ、無事に生き延びるといいねぇ。
160811004.jpg

「えー、カブトムシっておいしいの?」
160811005.jpg


成虫はどうなんだろう?
幼虫はいい栄養源らしいよ。
160811006.jpg
「へー、じゃ今度食べてみよっかなー」
やめてくれーーー。



カレンダー見て驚いたんですが、今日はどうやら祝日らしいですね。
山の日? いつから?

最近、ハマってるおやつ。
160811007.jpg
味濃くて食べ応えあって美味しいんですよ。
おやつ買いたくてコンビニ行ったら、まずこれを探す。
ここ最近、ない日が続いて、生産終了しちゃったのかと
本気で心配してたら、久しぶりに売ってて、
店頭にあった3つ、買い占めたくなった。

そんなこのオヤツにたいする私の気持ちを、
みすちるの 「抱きしめたい」 の替え歌で。

♪買い占めたい~
 あふれるほどのヨダレがこぼれてしまう前に~♪

はい、知らない人には分からないですね、すみません。

手術のはなし。

今回は、私が子宮体がんと診断されるまでの話を書こうと思います。
女子じゃないと分からない話、女子でもなんだか分からない話にもなります。
長くなりますけど、興味のある方は読んでください。


2月。
市から配布される子宮頸がん検査のクーポン券で、
子宮頸がんの検査をしたのが、きっかけといえばきっかけです。

頸がんの検査のちょうどその頃、
たまに不正出血する時があったので、その旨を先生に相談しました。

実は私は、少し前から不定愁訴があったため、
定期的に婦人科に通っていまして、
自分の体の変化をちょくちょく担当の先生に話していました。

不正出血は、昔からたま~にありました。
しょっちゅうではないけど、たとえば排卵の時期とか?
ずーーっと前、若い頃に行った婦人科では、
「不正出血? ふふん、そりゃ不正出血するときもあるでしょ。」
と鼻で笑われ軽くあしらわれたたこともありました。

なので今回も、一応、という感じで話しました。
ピルの服用もしていたので、その関係かな?とも思ってました。
でも担当の先生は、「え?!不正出血・・・?」 という感じでした。
んで、頸部だけでなく、体部もキチンと検査しときましょうか、と。
(この細胞剥離?の検査が痛いのなんのって!
 また今度別に記事にしようかな。)

結果、頸部には異常はなかったけど、
体部に異形成細胞があり、「子宮内膜増殖症」と診断されました。


子宮内膜増殖症は、子宮内膜症とは違うもので、
詳しくは各々検索して頂くとして(笑)

担当の先生の話だと、子宮内膜増殖症は大きく4タイプに分かれるらしく、
私はその中で、がん化するタイプのやつ、と言われました。
言い方を変えれば、がんの前段階の状態、と。
がん化する確率は30パーセント。
10人に3人ががんになる、ということですね。
私の、年齢とか子供は産まない、などの事情を考慮すると、
子宮全摘出した方がいいでしょう、とのこと。
卵巣は残すので、ホルモンの心配はないですよ、と。


入院とか手術とかしたことなかった私は、
手術しないでいい方法は? とか、
私はその7人の側にならないもんですかねぇ? とか言って、
なんとなーくゴニョゴニョ濁していたら、


いますぐ緊急に手術!ってものじゃないけど、
来年まで様子見してていい、というものでもありません。

と、ぴしゃりと言い切られ、大きな病院を紹介されたのが4月後半。
さっさと予約を取ってくれて、G・W明けに、
紹介された大きな病院の有名な先生に診てもらいに行きました。
(実はこの先生、そこそこ有名な先生らしい。
 なかなか予約が取れないんだそうな。※同部屋のご婦人談)


その時私は、もう子宮全摘出の覚悟で行ったんですけどね、
その有名らしい先生はまず開口一番、
摘出するかしないか、どうします?と。。。
え?そこからですか?


有名らしい先生曰く、まだ、がん化してないから、
摘出しないで様子見で、定期的に検査するってのもあり。
ただ私は、ちょっとした事情でMRIという検査ができないので、
そうなると定期的な検査が人より面倒な検査になるので、
年齢諸々を考えると、今のうちに摘出しちゃった方が、
今後はラクですね、と。
さらに、
「卵巣嚢腫もあるから、手術するなら腫れてる卵巣も一緒にとっちゃった方がいいよ」
と、サラ~ッと、本当にサラ~ッと、さざ波のように言われました。


え?子宮摘出しない道もあるの?
卵巣嚢腫は聞いてたけど、様子見でいいって話だったのに、
取った方がいいの? 
もう頭がグチャグチャ。

摘出するにしてもしないにしても、判断材料が少なすぎる。
こんな短時間に決断なんてできるわけない。
この先生に同じ検査してもらって、この先生の診断を聞かないと。
ということで、その有名らしい先生に
もう一度、あの痛~い細胞検査をしてもらいました。

ただ、手術の予約はすぐ埋まってしまうということで、
もし手術するなら、さっさと手術して早くスッキリしたかったので、
決心しないまま、とりあえず一番早い日程の手術の予約だけ押さえてもらい、
摘出するかどうかは、宿題にさせてもらって、その日は帰宅。


そして細胞の検査結果を聞きに行ったのが5月半ば。
結果、子宮内膜増殖症ではなく、子宮体がんと言われました。
つまり、すでにがん化してる細胞があった、と。

この検査結果で、子宮も両卵巣も摘出することになりました。
で、先に予約してた日程の通り、6月23日に手術を受けました。

私が子宮内膜増殖症と診断され、体がんと診断されてから、
あえてネットで検索したり調べたりしませんでした。
情報が入り過ぎるのも、なんか怖かったので。
ただ、子宮全摘出した経験のある友人にだけ、
手術についての話は聞きました。
(友人S、あの時はありがとー。)
やっぱ、人の体験談って、励みになるんですよね。
心強くなれるし、リアルに必要な物とか病院のこととか教えてくれるし。

でも結局、入院間近になってから、検索しちゃってたけど(笑)

そして、子宮内膜増殖症って診断された人の話って、
あまりなかったような気がします。
「内膜増殖症」で検索してるのに、いつのまにか「内膜症」の話になってたり、
「子宮筋腫」の話になってたり。
ただでさえデリケートな話で、人に言いたくないって人もいるんだし。

なので、私の記事が誰かの検索に引っ掛かって、
体験談として誰かの参考になればいいな、と思って書いてみました。
だいぶ大雑把にだけど。。。


入院のこととか手術のこととか退院後のこととか、
思い出しながらちょくちょく書いていこうと思います。

花火大会、今年は3つ。

最近、頻繁に更新してるじゃん、私。


体はだいぶ回復してきたけど、
だからといって調子に乗ってアレコレやってると、しんどい。
とにかく、しんどい。
動き回っててもしんどいし、ずっと同じ姿勢でいるのもしんどい。
そして、腰が痛くなる。
腹筋がなくなっちゃったから、腰に負担が掛かってるんでしょうね。
今まで腰痛は皆無だったので、44歳になって初めて腰痛の辛さを実感してるわ~。

なので、自分が 「しんどい」と自覚する一歩前、
「まだいける」 の状態で、休むようにしてます。
そして、外は酷暑。
暑すぎる。
何もする気にならない。(暑さ関係ないけど。)
ブログ更新の意欲があるだけマシよ。


さて。縁側。
家の隙間にカブトムシ発見。

ちょうど、ど真ん中。分かります?



こんな隙間で、なにしてんだろ。
16080802.jpg
角をチョイチョイ触ったら、「なにすんだ」と睨まれた(ような気がした)。
しばらくしてみたら、もういなくなってた。


おととい、昨日と、近所で続けてお祭りがありました。

昨日のお祭りは毎年、ステージにちょっとした芸人がくる。
去年はモノマネのホリとスギちゃんが来てて、
すごく面白かったんだけど(ホリの方がね。)
今年はそーでもなかったので、
花火大会だけ見に行きました。


16080803.jpg


16080804.jpg


○の中にハート型。かわいいねぇ。
16080805.jpg


これはヒマワリだって。
16080806.jpg


そうそう、この形、よく見るんだけど、なんでしょう?
16080807.jpg
リボン?蝶?


結局、今年は3つの花火大会に行けた。
田舎の地元の祭りとはいえ、花火は充分堪能できるし、
車で行けて駐車場も結構すんなり停められるし、
終ったらさっさと車で帰ってこれるし、
私たちにはこれくらいの規模の花火大会が合ってる。
いや、上から目線とかじゃなくて、素直に良いと思うんです。
ビバ!田舎の花火大会!

スマホでも花火の写真って撮れるもんなんですね~。
今、ミラーレス一眼カメラが欲しいと思ってるんだけど・・・
スマホで充分なのかな・・・。

ひばり10歳!

今日はひばりの誕生日。
今日でなんと10歳!

記念に庭で写真を・・・
160807444.jpg
と思ったげと、暑くて良い表情なんて撮れるわけない!
すぐに撤収。


お隣さんからいただいたスイカ。


すごい甘い~。

ひばりの誕生日だし、たまにはオヤツもいいか。

ひばりは待てができないので、何度もフライング。
160807666.jpg
そのたびに私に激怒されるも、

そんなのかんけーねー。はよよこせコラ。 な、ひばりん。
160807555.jpg
ヨシって言ったら指も一緒におもいきりパクッとやられた。
痛い・・・。


まきちゃんはいい子で待てるね。
160807222.jpg



文太は一度フライングして私が激怒したら、
160807111.jpg
ピシっとなった。
やればできるのにね。


裕次郎、まきこ、良太郎はちゃんと食べ物だけを、
パクッとうまーく食べるんだけど、ひばりと文太はそれができない。
兄弟が多くて競争相手がいると必死になるんだろうけど、
飼い主の躾の意欲の差が一番大きいと思う。


裕次郎は今年のスイカは食べられなかったけど、
そのかわり、桃は食べたもんね。
亡くなるちょっと前に、みんなが見てない所で
「みんなには内緒だよ」っつって二人で食べた。
ちょっと食欲落ちてた時だったけど、桃は匂いかいでパクッと食べてたな~。
アイツ、あー見えて甘党だったから。

裕さんの話はおいといて。

今日の主役・ひばりん。
癲癇発作以外はすごく元気!
なーんにも考えてなくてボーッとしてるようでいて、
イヤなものはイヤってはっきりしてる。
ひばりは本当にいい性格だよ。

これからも発作はあるだろうけど、
(私はまたイライラもしたりするんだろうけど)
そんなことも含め、また色々な思い出つくっていこうね。

ちょうどよい麻の布があった。

座椅子のカバーを作るのに、なにか良い布はないかと
家の布ストックをガソゴソ探してみつけた、昔、使ってた敷布団カバー。

タグを見ると「麻100%」だって。
おぉ、こんないい布があったじゃないか!


ということで、おもいがけず夏らしい座椅子カバーができた!
160806222.jpg

というのは、ちょっと前の話。


布がまだ余ってたので、型紙置いてみたら、まだ取れる!

ということで、

あっちでこのパーツとって、こっちでこのパーツとって、、、


できた~前から欲しいと思ってた、麻のイージーパンツ。
160806111.jpg
ゆるゆるでいい感じ~。
サイドと後ろにもポケットがあって便利。


お隣さんが回覧板と一緒に持ってきてくれたスイカ。
160806444.jpg
今年、初スイカ~。


ここんとこ暑い日が続いてますねぇ。


160806555.jpg

北犬たちと一緒にダラダラゴロゴロしております。

今の私、どうなんだろう。

裕次郎が亡くなって、お花いただいたり、コメントいただいたり、
本当にありがとうございます。
コメント欄を閉じていたので、代わってこちらでお返事を。


裕さん亡きあと・・・ペットロス・・・どうなんだろ。
自分でもわからないです。

残った3頭が手のかかる奴らばかりなので、ロス感じてる暇がないかもしれません。
裕次郎の介護とひばりの発作の介護もあったりで、
まきこと文太の散歩を、ろくに行ってあげられなかったぶん、
それを取り戻したいとは思ってるんだけど・・・。

私自身が今、療養中で。
私が6月に受けた手術は、子宮・卵巣全摘出でした。
子宮体がんでした。
他転移はなし。
初期の初期だったので、摘出手術だけで根治、
他の治療は必要なし、と言われました。

手術から一カ月以上経ち・・・
先日の術後一カ月健診では、経過良好で一安心している所です。
(この病気関連の話はこれからブログ書ければ、と思ってますが、
 なんせ記憶がグチャグチャなので、思い出してから。。。)

今いる北犬たち全員、最後まで見届けるのが飼い主の責任。
なーんて思っていたげと、
自分が見送られる立場になり得るんですよね。
犬が先に亡くなる、なんてのは、とんだ驕りだ、
と、気づかされました。


気がつば良太郎の命日も過ぎ、
ひばりの発作も容赦なく起きて、
まきと文太はエサくれだ、散歩行けだうるさく、
私の術後一カ月健診も終わり、
旦那も仕事を忙しくさせてもらって・・・

ヒグラシが鳴いて日が暮れて、
発泡酒を飲んで一日が終わって、また朝が来る。
毎日がどんどん積み重なっていって、
裕次郎のいない生活が馴染んでいく。
それは悲しいような、穏やかなような。


とにかく、まずは私自身が回復せねば!
おとといから車の運転も再開したし。
これから少しずつ運動して筋肉つけて、体力を取り戻して、
あとはそれから考えよう。


今はこんな感じです~。

みんな必死。

草むしりしてたら、私の頭上を飛ぶ、一匹の虫。

見上げると、大きくてカラフルでキレイ。
色はキレイなんだけど、飛び方がおかしかった。

羽の大きさのわりに、腹?胴体?が重すぎるのか、
必死の羽ばたいてるわりに、上に上がらないし、
自分の思う方向に飛べてない感じ。

枝にとまるのかとまらないのか、
こっちに来るのか向こうに行きたいのか、
着地するのかしないのか、
飛ぶのか落ちるのか、
その不安定な飛び方に、見てるこっちがヒヤヒヤして、
しばし草むしりの手をとめて、目で追ってしまった。

で、結局、私のすぐ横に着地した。

けっこう大きいんですよ。クワガタのメスくらい?
「ふぅ…」 そんな溜息が聞こえた気がしたので、
お疲れさま。 と声をかけておいた。

しばらくすると、また不安定に飛び立ち、
おおよそ南の方角に飛び去っていった。

頑張れよ~~。

みんな必死に生きてるんですね。


さて、畑では地味に収穫してるんですよ。
16080302.jpg
キュウリはデカくなり過ぎ。


蚊取り線香。
この季節の我が家の必需品。
蚊除けはもちろん、お香代わりに、毎日玄関前で焚いてます。

ついに大サイズを購入。
16080303.jpg
左が通常サイズ。右が大きいサイズ。

蚊は、朝と夕方・晩の気温が低い時間帯 (もしくは日陰) しかいないから、
一本焚きっばなしはもったいないのでペキペキ折って使ってたけど、
この大サイズは一本でなんと12時間だって!
もっと小刻みに折って使うから・・・
だいぶもつな。


あげませんよ。

縁側の座椅子でくつろいでると、



ひばりんが、魅惑の  アゴ乗せ ポーズ。

16080102.jpg
かぁちゃん♪



ひばり以外も、私の周りに、北犬たち。

かぁちゃんのそばがいいの♪



なんつって。


みんなが私のそばにいるのは・・・


私が歌舞伎揚げ食べてるから~。

16080101.jpg
一枚一枚、袋から取り出すごとに、みんなの目が キラ~ン♪


あげませんよ。

それにしても。
歌舞伎揚げ、小さくなった気がするのは私だけ?