北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事

今年もカナちゃん

家の周りの草むしりしてたら、
ひっこ抜いた雑草の葉に、


おっ、これって、、、

カタツムリか?


しばらく待ってみたら、

出てきた、出てきた~~
150720bbb.jpg
おぉぉぉ、角! 角!
カタツムリの角!

でーんでんむしむしかたつむりー


なんて、ちょっと興奮してしまいましたよ。
だって、カタツムリ見たのって、何年ぶりかだもん。
もしかしたら10年以上? いや、20年以上?見てないかも?

数年前、小笠原の父島にアフリカマイマイ(だったっけ?)ってのは見たけど、
ヤドカリみたいに大きくて、
これはもはや、デンデンムシとは言えないなー、なんて摘まんで裏表を見てたら、
「寄生虫がいるから触っちゃダメだよ!」と言われ、
その寄生虫の怖い話を延々と聞かされ、すっかりビビって慌てて手を洗いに行った。
知らないって、怖い、と。

でも、そのアフリカマイマイ、父島にその辺に、いたる所にいた。
(今はどうだか知らないけど。)
裕次郎も一緒に父島に滞在していたので、裕次郎が食べちゃうんじゃないか?
食べないまでも、クチに咥えて遊んだりしないだろうか?
と、本気で心配で、
「裕さん、これは食べちゃダメだからねっ」
 と、アフリカマイマイを指さしながら、裕次郎にキツく注意。
ま、裕さんがそんなの分かるわけないようで、
「えっ、これ、食べていいの?」 って期待の目で見られてしまったっけ。

それ以来、カタツムリ系は素手では気安く触らないようにしてる私。
この日、旦那にカタツムリがいたよって話をしたら、

「ウィルス持ってるから素手で触ったらだめだぞっ!」
「え、寄生虫じゃないの?」と私。
「あ、そーだっけ?」と、急にあやふやになる旦那に
「触ってないから大丈夫だよ」 と安心させてやった。

子供のころ、カタツムリなんてフツーに掴んで遊んでたのに。
きっと触っていいのとダメなのといるんだろうな。


んで、このカタツムリは
この葉っぱごと、日陰の草むらに置いておきました。
元気で生きておくれよ~。


これは玄関前にいたクワガタの雌。
150720ccc.jpg
雌のわりにはデカい! と思ったので、旦那の人差指で比較。



さて、そんな中。

散歩から帰ると、玄関前に、


150720ddd.jpg
おわかりいただけたであろうか。

写真のど真ん中ですよ、タライの前に、カナヘビ。
(ちなみに、右端に見切れてのは、まき姐)


おー、良かった~今年も会えたね~
というか、キミは去年のカナちゃんか?
それともカナちゃんの子供?

と思いつつ見ていたら、カナちゃんが
すすすすすっ 
と日向に移動。
そうそう、カナちゃんは日向ぼっこするんだもんね~。
玄関前の日向がカナちゃんの定位置だもんね~。

と、カナちゃんを目で追うと、
その先には、、、
150720hhh.jpg
ぐえっ。 も一匹、カナちゃん・・・。

もはや、どっちがカナちゃんなのか?
そして、どっちがカナちゃんJr.なのか?
どっちも去年のカナちゃんとは関係ないのか?
わからないけど、今年もよろしくね。

今日も暑いです!

まき姐と裕さん。
150720eee.jpg
同じかたち。

ひばりんは自分のお部屋、バリケンの中。
150720fff.jpg
引きこもってます。

文太はいつものようにアホづら。
150720ggg.jpg
右の水滴は文太の鼻水。
文太は鼻水が多い。

夕方、涼しくなってから散歩。

赤紫蘇とホタル。

昨晩、ベランダの外に光る物体がフワフワと・・・!

げっ、人魂か?!
43年生きてきて、生まれて初めて見る人魂か?!

とビビって見ていたら、
その光はベランダの窓ガラスにとまった!

なんと、ホタル!

家の中からベランダのガラスを撮ったもの。
150713555.jpg

いろいろな虫が光に吸い寄せられるように寄ってくるけど、
ホタルは初めてだ~。

なんで?なんで?
周りを見渡しても、ホタルはこの一匹だけ。

どうしたんだろう。
どこから飛んできたの~?

150713666.jpg



と考えながら見ていたら、このホタルはフワフワとフワフワと飛んで、

このベランダ窓の上で待ち構えていたクモの巣に見事、引っ掛かってしまいました・・・。

他の虫がクモの巣に掛かっても、
これも自然の摂理。
と、何もしない私たちなんだけど・・・

ホタルは助けたいじゃないか~!
見ると、そのクモの巣には他にもたくさん獲物が掛かってる。
それはもう、入れ食い状態の飽食ウハウハのクモ。

おい、クモよ。このホタルだけは許しておくれよ。
と、すぐに巣から救出しましたが、
掛かった時点でホタルがもがいてしまったので
もうクモの糸がホタルの体にグルグルまきになっており、
巣から放してやっても、もう飛ぶこともできないような・・・。

ごめんよ、ホタル。
こうなっちゃ、人間はもう太刀打ちできないんだよ・・・。

やるせない気持ちでベランダの柵の上にホタルをそっとおいてやると、
クモの糸にグルグル巻きにされたままで、
その場所でポッ・・・ポッ… と光続けてて、
ものすごくセツナイ気持ちになってしまった。

せめて他の生物の糧になっておくれよ。



で、今朝。


150713777.jpg

ホタル本体だけなくなってて、クモの糸だけになってた。
まさしく 「もぬけの殻」。



これはどういうこと?



そうだ。
あのホタルはあの後、するりとクモの糸から抜け出せたんだな。
生き延びたに違いない。
きっとそうだ。

今晩もどこかで、元気に光ることでしょう。

それにしてもホタルが飛んでくるのには驚いた。
我が家からちょっと歩いたところに川はあるけれど、すぐ近く、というわけではない距離。
この季節の暗い時間に、近所の山の中を歩いたことがないから、知らないだけで、
もしかしたら近所にホタルの生息地があるのかもしれないな。



話は変わって。

今日は梅干しに赤紫蘇を漬け込み。

赤紫蘇はあってもなくてもいいんだけど、
私は赤紫蘇に染まった梅干しが好きなので、入れる。

150713111.jpg
この一束の葉っぱをちぎったら


このボールいっぱいくらい。
150713222.jpg

これを塩で二回に分けてもむ。


もんで灰汁抜きですね。

150713333.jpg
こんな少なくなる。

それを梅干しの瓶に投入。
150713444.jpg

梅雨があけたら天日干しして出来上がり。

今年の梅干しの出来はどんなんでしょうか?。
早くたべたいな~。

クワガタもかわいいと思えるようになった。

ウチは窓に、虫とか鳥とか、ぶつかってきます。
窓があるってわからなくて突進してくるんでしょうかね。

小さい虫なら
「カシッ…」 くらいの音なんだけど、、
スズメバチくらいになると 「ガシッ!!」 という結構な音になり、
鳥になると 「ドカン!」 という結構な衝撃音で、
なんだなんだ何が起きた?! とビックリしてしまうほど。

ちょっと前、そうして激突したのでしょう、
窓の真下あたりに、お亡くなりになった鳥が息絶えており。。。
他の動物の食糧になれば、と、少し離れた場所に移しておいたりして。

この辺りではよくあることらしいですけど、セツナイし、
こんな場所に窓つくっちゃって、ゴメンね、とも思う。


さて、そんな中、数日前の夜、ベランダの窓に
またまたかなりの衝撃音。
これはタダモノではないっ、と中から外をうかがうと、



一瞬、Gかと思い身構えるも、
(ちなみに我が家のあたりにはGはいません。)
違った。

クワガタでしたー。 そりゃ音もでかいわけだ。
150711b.jpg
ベランダの窓開けたら、てくてく歩いてサッシ枠を乗り越えて部屋に入ろうとしましたよ。
なので掴んで観察。

すごく立派なクワガタだー。でけー、色キレー、
ミヤマクワガタ、、、らしいよ、
なんて、スマホ片手に旦那と二人、わーきゃー言って、たら、
すごい威嚇された。

いや、そもそも部屋に入ろうとしたの、そっちじゃん。
150711d.jpg

あんまりいじるとかわいそうな気がしたので、
そっとベランダのウッドデッキにかえしました。
すると、放心状態のミヤマのあんさんでしたが、
しばらくして、またてくてくと歩いてどこかに消えてゆきました。
(飛ばないんかい。)

無事に生き延びるんだよ、ミヤマのあんさんよ。

次はカブトムシ、来ないかなー。


今日は暑かった!!
夕日を浴びて熟睡する裕さん。
150711a.jpg
気持ちよさそう。

裕さんももう歳も歳なので、こーゆー姿はちょっとドキッとしてしまう。
呼吸してるか? と、おなかの上下を確認してしまう。
でも、そんなお別れが、お互いに一番いいのかなぁ、
とも思う。

一か月の壁。

一週間くらい前の話ですが。

なんだか無性にタコ焼きが食べたくなりました。
お好み焼きじゃなくて、タコ焼き。

150708222.jpg
おウチでタコ焼きしました。




五月晴れの山の中のおウチのベランダで、
鳥とヒグラシの鳴き声と緑に囲まれてタコ焼き・・・。
うーん、山暮らし満喫してるっぽいですねぇ。

でも、ですね、
旦那と二人きりでしたのでね、
ただただ、焼く、食べる、焼く、食べる、、、でした。

一番恐れていた、スズメバチの襲来はありませんでしたが、
ハエはそれなりに飛んできました。
ま、ハエくらい、どーってことないけど。


黙々と食べておなか一杯になってタコ焼きの材料が余ってしまった。
あら、どうしたらいいの?
そーいえば家でタコ焼きやって、余らしたことないなぁ。

と、ネットで調べてみたら、焼いといて冷凍保存する、という人もいるらしい。

ということで、
150708333.jpg
タッパーに入れて冷凍してみることにしました。

食べるときにレンジでチンすればいいらしい。
へーそーなんだー。知らなかったなー。
レンジでチンしたタコ焼きって、美味しいのかねぇ。。。

でも
「しばらくタコ焼きは見たくもない・・・」
ってくらい、たくさん食べてしまったので、
この冷凍タコ焼きの味確認は、まだまだ先になりそうだな。

今、このタコ焼き入りタッパー、冷凍庫でちょっとジャマ。



さて、昨日からひばりが発作デー開催中。
前回の発作が6月12日。
もうちょっとで、一か月って言えたんだけどなー。
「間隔一カ月」 の壁は高いらしい。

150708111.jpg
ひばりん、頑張れ。


ここ数日、あるドラマにハマってまして。

ストーリーも脚本もキャスティングも、
主人公の住む家とかインテリアとか小物とかスタイルとか、
風情とか雰囲気とか、もう、すべてが本当に素敵で、
久しぶりに
「終わってほしくないーー」
と思えるドラマでした。

なので、今回の発作デーは、その原作を読んで過ごしましょう。

150708444.jpg

と思っていたら、あっという間に読んじゃった。

去年、放送されたドラマみたいで、評価も高かったとか。
今さらハマってるの?って感じですかね。

昭和レトロとほっこりまったり感が好きな方にはおすすめのドラマです。


あのタコ焼きの頃は五月晴続きだったのに、
それからはずーーーっと雨続き。
梅雨だから仕方ないんだけど。
うすら寒いし、洗濯物が乾かないし、ってことで、薪ストーブ焚いたりしてます。

あー、晴れが恋しい。。。