北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事

林業体験・見学へ。

昨日、「林業体験ツアー」に参加してきました。


林業に興味がある旦那が申し込んだこのツアー。


数日前になって、私も追加参加できるかなぁ?


と事務局に問い合わせてみると、


「応募が多数だったため、抽選になってましたので、空きはありません。」


という返答。


えーー、このツアーって、そんなに人気があるの?


正直、意外。


追加参加なんて、モチロンできるものだと思っていたのでガッカリ…。


それが、数分後に、


 「キャンセルが出ていましたので、追加参加頂けますよ」


というメールが。


ラッキー♪ という事で、早速私も申込み、参加できました。


車での参加禁止なので、集合場所までは電車で行きました!


電車が入ってくるのを、ホームから身を乗り出し気味に、


ウキウキしながら待って、


写真撮ったりなんかしちゃって。

うっかり、車掌さんに手を振るところだった…。


隠れ鉄子なのよ、私。 アブナイ、アブナイ…。


電車に乗るのも久し振りなら、


イスが向かい合ってるタイプの電車ってのも久し振り。


こういう電車って、いいなぁ。 電車独特の匂いもいい。


走行中に料金精算で歩いてくる車掌さんに


用もないのに話かけたい衝動を抑え、


車両内のトイレもフルに活用し、電車を満喫していたら


あっと言う間に集合場所に着いてしまった。


参加者が集合してみて驚きました!


全部で40人くらいいます。


林業って、こんなに注目されてたんですねぇ。


参加者の顔ぶれは、20代からおそらく50代の人まで様々。


夫婦での参加が、私達と、もうひと組。


そして、女子一人で参加している人もいましたよ。


集合場所から林業体験場所までは、ツアーの用意するバスで移動し、


そこで一人にひとつノコギリとヘルメットを貸してもらい、


10人づつ、四つの班に分かれ、


早速、山の中を30分くらいのところまで登り、実技体験へ。


見知らぬ同士の40人が、アリの行列みたいにゾロゾロと、


無言で山道を登る光景はちょっと不気味だなぁと思っていたのですが、


指導員が色々な話をしながら歩いてくれるので、案外楽しかったです。


でも、この山登りだけで汗だくでした。


で、作業場について、早速体験開始!


指導してくれる人達はみんな、現役の林業の人達。


ちょっと難しい伐採になると危険なため、


指導員さん達だけで、どうにかする。
091025002.jpg
木一本切るのにモタモタしてる私達とは違い、


さすがプロ。 手際がいい。 萌え~♪


で、10月は間伐をする時期だそうです。


この日は二人でペアを組み、一本の木を伐採しました。


これが旦那と私で伐採した木。
091025003.jpg
見事に思った方向に倒れてくれると、気持ちいい。


伐採に慣れると、次から次に伐採したくなってくる。


でも、むやみに木を切り倒すのは危険なので、


倒す時は必ず指導員の方の指示を仰いでから。


急斜面で、変な姿勢で木を切るのって大変!


足場が確保できないから踏ん張れないし、気を抜くと滑り落ちる!


「疲れた~」とボーッとしていると、


頭上でノコギリの「ギコギコギコ」という音がする。


えっ? と思って切り口を見ると、どうやらこっちに倒すらしい。


「うわっ、こっちか!」と、慌てて安全に場所に逃げようとうるんだけど、


何しろ急斜面で土がズルズルなので、思うように逃げられない!


「そういう場合は山の上に向かって逃げてくださ~い」 と指導員さん。 


分かってるよ、分かってるけど、登れないんじゃ! と思いながら、


まるでパニック映画の「逃げ惑う人々」のように必死に山を登る私。


そんなスリルもありながらも、間伐作業体験も終わり、


山を降りてやっとお昼ご飯。


各班に分かれて、指導員の方と話ながらのランチとなりました。


私達の班の指導員・Nさんは、


「まず村が元気にならないと森林も元気にならない。


 林業の体質を変えたいって夢がある。


 ここなら一緒に変えていける仲間がいると思った」

 
という、熱いパッションを持ったIターン林業就業者で、


気さくな、とてもいい人でした。


昼食が終わると、今度は林業で使うおもな道具の説明。
091025004.jpg
これはチェーンソーの説明。


そしてスライドを見ながら、今の日本の森林の現状・間伐の必要性、


そして林業のあれこれを説明してくれ、最後は質疑応答タイム。


こうして1日林業見学・体験は怪我人もなく、無事に終わりました。


それにしてもこういう見ず知らずの人の集まりって、


必ずいるのが 「濃いキャラ」な人。


この日も私達夫婦の間で、


見た目から、「くまーだまさーし君」と呼んでいた人がいて、


この人がたくさん質問をしていました。


このくまーだまさーし君は、林業体験ツアーの常連さん?


と思うくらい妙に慣れていて、マイヘルメットも持参。


ツアーも、林業についても、とても詳しい。


林業の実技よりも、法律やら体制に興味があるようで、


私達にはよくわからない質問して、嬉しそうにしていました。


そしてもう一人。


どう見ても林業できるとは思えないメタボな、


これまた私達の間だけで 「4リットル君」と呼ぶことになった人。


私は、その人は最初から危険な匂いを感じていたのですが、


指導員の「その荷物は絶対作業にジャマだから置いて行けば」


という優しいアドバイスも振り切り、


パンパンに膨れたリュックを背負っていました。


その4リットル君、山を登るのも一苦労のようで


みんなよりだいぶ遅れて作業場まで到着。


伐採作業もとっても大変そう。


途中、4リットル君を何気なく見たら、


いきなりチューブをクチに咥えた! 


なんだなんだ?! と思ったら、


背中に背負ったパンパンのリュックからチューブが伸びていて、


そこからチュルチュルと水を吸って飲んでいました。


旦那の話では、あの背中のパンパンなリュックの中には


4リットルの水が仕込まれていた、という。


たった2時間の作業に、なぜ、4リットルもの水分が必要なのか…。


その前に、その体では林業は無理なんじゃないか…。


そんな、つい余計なお世話的な事を思ってしまう4リットル君ですが、


作業を終えて山を降りていると、


「うわぁ! 危ねぇ!」 という叫び声が下の方の道から聞こえてきました。


見ると、その4リットル君が私達を見上げている。


「何かあったんですか?」と聞くと、私達を睨みながら


「いっ、石っ! 石がっ!」


どうやら小石が、4リットル君のヘルメットに当たったらしい。


そして彼のその目は、「お前らが蹴った石だろ」


と言いたげな、完全に疑っている目。


そんなん知らねーよっ、 ちっせぇ落石くらいでガタガタ言うなっ


と思いつつ、 「えっ? 石? あら~、どこから落ちたんでしょうかねぇ」


と言葉を掛けると、


「ちっ」いいながら(いや、私には聞こえた!)歩いて行きました。


えー、私達のせい?


んー、やっぱり彼は危険だ…。


そんな「濃いキャラ」観察も楽しみの一つだったツアー。


集合場所までの交通費と昼食代は自腹ですが、


それ以外はすべて無料です。


そしてこんなパンフレットや、木のトレー、入浴剤までくれました。
091025005.jpg


指導員のOさんは、私達の伐採したヒノキの梢の部分を使って、
091025006.jpg
皮を剥いでこんなものにしてくれました。


もっと磨いて、乾燥させれば、帽子とかちょっとした物掛けになるそうです。


指導員さん達はみんな私の大好物の 「作業着と、腰に道具」姿で、


急な斜面をサササッと駆け上ったり下りたり、


道具ナシで木をスルスルと登ってしまう姿は萌え萌えで、


目の保養にもなりました。


そんな鼻血ブーな林業ツアーは、定期的に開催されているみたいです。


実際に就業するかしないかは別として、


とてもいい体験ができる、面白いツアーだと思います。


☆血液型が書いてあるヘルメット、久し振りに見ました☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ