北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事

野蛮上等!












先日のマニアッQの答です!

A・・・良太郎

B・・・まき子

C・・・裕次郎

D・・・ひばり

E・・・天

F・・・丼

でした~!

みなさんの予想はいかがでしたか?

コンメトを残してくれたロコレイママさんが、みごと全問正解でした! すげー!

ちなみに旦那も良太郎以外は不正解^^;

特にまき子とひばりが似ているようですね。

飼い主でさえ区別できない肉球、なぜロコレイママは分かったのでしょう。。。

こうなると次のマニアッQ、こちらも考えなければならないようですね…。

ふっふっふっ…。

さて、昨日の日曜日は雨が今にも降りそうな花曇りの散歩でした。

途中、散歩広場友達のボストンテリアのガバディ君に会いました。

いつも元気に走り回っているガバ君ですが、

我が家の北犬のガツガツした野蛮な遊び方が合わないようで、

いつも遠巻きに見ている感じです。

でもこの日は、いつもの広い散歩広場と違って、すこし幅の狭い河原。

逃げても逃げても我が家の野蛮北犬に追いつかれてしまいます。

結局ご挨拶もそこそこ、さっさと帰ろうと、ガバ君、気がつけば一人遠くへ…。

ガバママは、我が家のわん達をナデナデしてくれていたのを途中で切り上げ、

「あれ~ もう帰るの~? すいませーん、それじゃまたー」

と言いながら、ガバ君の元へ走っていき、あっと言う間にお友達との遊びが終了。

あーあ。せっかくお友達に会えたのに…。

悪気がないのはわかってるけど、もう少し優しく、お上品に遊べないもんかねぇ。。。

このガツガツ感がなくなれば、もっとお友達が増えて楽しくなると思うんだけど。

ガバディ君、これに懲りずにまた遊んでやってね~。

肉球クイズ第二弾!








先日の足毛カットの続きです。

今日は久々に、

「我が家の動物通選手権・マニアッQ」大三弾!

あれ?第一弾と、第二弾なんてあったっけ・・・。

そう思ったあなた。私も思いました。

よろしかったらこちらをどうぞ♪ 

   ↓↓↓

http://blogs.yahoo.co.jp/no6hibari/8973651.html

http://blogs.yahoo.co.jp/no6hibari/10736791.html


さて、本日のマニアッQは、肉球クイズ第二弾です。

A・B・C・D・E・Fの肉球はそれぞれ、我が家の動物たち(人間除く)の、

誰の肉球でしょうか?!

ポクポクポクポク…チーン!

久々の足毛カットです













冬の間は、足裏のカットをあえてしてませんでした。

雪の冷たさから肉球を守るためだったのですが、

さすがにもう雪遊びはないだろうと。

さらに、すっかり春になった最近は雨も多く、散歩広場が泥状態の日も多くなりました。

足裏の毛が長いままだと、散歩から帰った後の足裏拭きが大変なんですよね~。

毛に泥が絡まって固まって、雑巾で拭いても拭いてもなかなかとれない…。

わん達の足裏も、春仕様にしてあげましょう。

日光浴中のわん達のもとへ行くと、

「散歩…?!じゃないか…。何が始まるの?遊ぶ?遊ぶか?」

と目をキラキラさせて私を見つめます。

その辺に腰を下ろし、「さぁ♪ だ~れが一番かな~? おいで~♪」と両手を広げて言ってみました。

すると、みんな一斉に私の元に来るのですが、一番だったのは、ひばり。

疑う事をしらない彼女は、「遊びならあたいが一番♪」と突進してきたようです。

ゴロンさせて足裏の毛のカットが始まると、

「なんだーこれかー」と、とてもつまらなそうな顔になるひばりでした。

良太郎は足裏毛カットとか爪切りはあまり好きじゃないのですが、

人間の言う事に逆らえずに、完全降伏ポーズで、切られている間中、ずっと固まったまま。

カットが終わって「はい、いいよー」と解放すると、飛び跳ねて起き上がり、

「は~、助かった~ 命は取られずに済んだね」という感じで、ピューッと逃げます。

なんかムカつく…。

まき子は足裏毛のカットだろうがなんだろうが、自分がいじられるのが好きなので、

自分から寄ってきて、自分からゴロンをしてくれるので、とてもラク。

カットが終わって「はい、いいよ」と解放しても、「やーもっとー」とアピールです。

裕次郎はできればいじられたくないヤツ。

カットが終わってのびのび遊んでいる良太郎とひばりに隠れて、知らん振りです。

裕さん、隠れたってバレバレなんだからさー。

呼ぶと、シブシブ私の元に歩み寄り、シブシブ伏せをする裕次郎。

そして我が家では、何故か、裕次郎が一番、足裏の毛がボサボサになるんですよ~。

みんな一緒の時に切ってるのに、一人でボサボサになってます。

でもその裕次郎は皮膚が弱いので、一番足裏を清潔にしなくてはいけません。

これからまた、こまめにカットする季節がやってきましたね。 

ネタなし!なのでわん以外の話です。






事情があって、数日間、安静にしなくてはいけなくなった私。

今日なんてせっかくの桜日和なのに。

わんとサシでロング散歩しながら、花見をしようと思ってたのに。

なるべく家で安静にしていなさい、とお医者さんに言われてしまったので、

今日は家で、今までにも増してノンビリだらだらと過ごす事にしました。

で、わん達は散歩に行けないかわりに、玄関前のスペースに出して日光浴をしててもらう事にして…。

さぁ、家には私一人。何をしてのんびり過ごそうかねぇ・・・

そう考えてたら、読みたかった本とか、良太郎の春夏服・新作コレクションを作りたいだとか、

あっあれも、あっこれもと、次から次へとやりたい事が出てきてしまいました。

んー、、、いかん、、、これじゃまた、休もうとしたのに結局疲れちゃったパターンだわ…。

と、全てを投げる事に。

そして私が選んだのは、「風の谷のナウシカ」のサントラ・オーケストラバージョンのCD。

これを聞きながらソファに横になって、静かに過ごしましょう。

確かにナウシカはアニメですが、音楽はとてもきれいで静かでステキ。

意外にオリエンタルチックな一枚です。

このCDを聞いていると、曲ごとに映画のシーンが浮かんできます。

そして色々なシーンでの色々な感情が湧いてきて、

「ごめんね、王蟲。許してなんて言えないよね。ひどすぎるよね。」

というナウシカの言葉を思い浮かべたり、

「あぁ、人間って、なんて馬鹿な生き物なんだろう。人間こそが地球に寄生してる害虫なんだよね」

 私もそんな人間の一人なんだよね。」

なんて事まで考え始め、最後の方の王蟲がナウシカを許すシーンの曲では、

金色の野(王蟲の触覚)を歩くナウシカのシーンを思いだして、つい涙が出てしまいました。

CDを聞いてるだけなのに、いつのまにか頭の中はすっかりナウシカ妄想。

蟲達と和解できてよかったね。

人間は驕ってはいけないよね。

自然と共に生きて、自然に生かされている人間なのよね。

そんな事を考えてしまいしまた。

でも、、、でもね、、、。

ここまで書いておいてなんなんだけど、、、。

私、虫、キライなのよね、、、。

やっぱり私はナウシカにはなれません。。。

狩人と犬・最後の旅










先日、ケーブルテレビで映画「狩人と犬・最後の旅」を放送していました。

見たいと思いつつまだみてなかったので、ラッキー♪と夫婦で急きょ映画鑑賞タイムに。

いや~、、、のんびりしてて、北犬と森と…

とりたてて何か事件が起きるとかいうような映画ではありませんが…

時間がゆっくり流れる、、、なんとなーく、また見たいな…そう思ってしまいました。

テレビから聞こえてくる北犬達の鳴き声に反応する我が家の北犬達。

映画の中の北犬達は吹雪の中、橇をひいたり、雪の中で丸まって寝たり、

狩人が仕留めてきたウサギを丸ごと食べたり…。

準主役のハスキー・アパッシュなんて、ご主人の命、助けちゃうし。。。

我が家の北犬とは正反対の力強さがありました。

そんな映画の中の北犬を見てから我が家のわん達を見ると…

なんとまぁ、締まりのない顔でしようね~。

「少しはこの北犬達を見習え~」

そう言う私も、横になって片腕で頭をささえ、ダラダラ…。日曜日のお父さん定番の格好…。

人(犬)の事いえないか…。

我が家のわん達よ、お互い、生ぬるい生活にどっぷりハマっちゃってるね。。。

もてもて裕次郎















日曜日、久し振りに犬サービスをしてあげようと、ドッグランに行きました。

我が家が今回選んだドッグランは、昭和記念公園のランです。

ここは地元はもちろん、色々な所から来る人&犬達が多いので、妙なコミュニティーができておらず、

それに小型犬用のランも用意されており、一般のランの入口には

「大型犬に慣れていないわんちゃんは、小型犬用ランをご利用ください」

という注意書きが提示してあるので、大型犬の飼い主にとっては、とても安心できます。

我が家のわん達にとっても、私達人間にとっても久し振りのドッグラン。

裕次郎は喧嘩の恐れがあるので、念のため、ランの中でもリードにつないでおきました。

案の定、挨拶に来てくれるわんこが、少しでも体に触ろうものなら、すぐに

「ガーツ!」と、尖ったナイフぶる裕次郎。

まったく、お前は何様じゃ!

そんな裕次郎のガウガウにも動じないわんこもいれば、ガウガウし返してくるわんこも。

「すいません、コイツ、喧嘩っ早いもので…」 と飼い主さんに謝るのですが、

「いいんですよ~、犬ですからね、しょうがないですよ♪」

と言って、逆に裕次郎をナデナデしてくれる飼い主さん達。

このドッグランには、こんな感じで、わんこ同士のガウガウにも寛容な人達ばかりというのが、

我が家にとってはとてもありがたいランなのです。

それにしても、ボーダーコリー率が高かったですよ~、この日は。

ボーダーはみんな同じに見えてしまう私は区別もできず、何匹いたのかは分かりません…。

しばらく遊んでいると、ランの入口付近に、とーっても小さいチワワを発見。

そのチワワもマダム風な飼い主さんも、ラン慣れしていないのか、

入口付近でただウロウロしていました。

そこへJ・ラッセルテリアと、プードルが追いかけっこをしながら走ってきて、

その小さいチワワちゃんに激突して、「ダーッ」と轢いてしまいました。

チワワちゃんはゴロゴロゴロ~ン!

転がされた後は、何が起きたのか分からないようで、キョトンとしてます。

私達は「あらら~、転がされた~あははは」と笑ってしまうような微笑ましい光景だったのですが、

チワワちゃんのマダム風飼い主さん、すかさずチワワちゃんを抱き上げ、

体についた土埃りを払いはじめました。

そこへJ・ラッセルテリアかプードルの飼い主なのでしょう、一人のおねえさんが駆け寄り、

「ごめんなさい!大丈夫ですか?」と謝っていました。

「あれくらい…謝る必要ないのになぁ…」

そう思いながら見ていたら、そのチワワちゃんのマダム風飼い主さん、

謝るそのお姉さんの言葉をわざと無視し、さっきよりも大袈裟に土埃りを払ったり、

チワワちゃんの体をあちこち確かめて、怪我してないかチェック。

最初はにこやかに謝っていたおねえさんも、マダム風飼い主さんが思ったよりお怒りなのにビビり、

表情もだんだん固まっていきます。

そしてマダム風飼い主さん、謝るお姉さんに、「大丈夫ですよ」の一言もなしに、

チワワちゃんを抱っこしたまま、お姉さんに背中を向け、歩きだしてしまいました。

呆れるのを通り越し、

「おぉ、、、久し振りに 『That’s 小型犬の飼い主!』 というのを見たなあ…」

と感心すると同時に、

「そうゆうのがイヤならランに来んな! それに小型犬用ランで遊ばせればいいじゃーん」

と、文句を(心の中で)叫ぶ私。

そして、できればそのマダム風飼い主さんと関わりたくないので、

我が家のわん達がそのチワワちゃんに近づかないように、注意しなきゃ…。

と、注意勧告発令。

結局、そのマダム風飼い主さんは、チワワちゃんをだっこしたまま、

そそくさと小型犬エリアに去っていきました。

「あー、いやぁねぇ、野蛮な子は。」

マダム風飼い主さんの背中がそう言っていたように見えてしまいました。。。

そんな色々なわん達のいる中、相変わらず尖ったナイフの裕次郎。

でもそんなナイフ野郎が逆に好き、と言ってくれるわんこもいるんですよ。

この日もウェスティの竜馬君と、チョコラブのブラウニー君が

「裕くんスキスキモード」になってくれました。

いくら裕次郎がガウガウ言っても全く怯みません。

かえって嬉しいのか、裕次郎がガウガウすればすれほどスキスキ状態に。

飼い主さんも、裕次郎のガウガウを全く気にする事なく、放っておいてくれる方だったので、

こちらも気兼ねなく遊んでもらう事ができました。

こうなると裕次郎も根負け(?)するのか、ガウガウ言いながらも取っ組み合いの遊びモードに。

ここまでさせてもらえて、仲良しになれるわんこは珍しいんだから、

ありがたく仲良くしてもらうのよ、裕次郎。

閉園間際、裕次郎と喧嘩のおそれのあるわんこがいなくなったのを見計らって、

やっと裕次郎もリードを外して遊ばせ、思いっきり走り回って今日のランは終了。

この日、仲良くしてれたわんこ達、その飼い主さん達、ありがとうございました。

感謝・感謝です。

今度どこかでお会いできたら、また一緒に遊んでやってくださいね~。

殉職…オフコースの歌にのせて…










先日手作りしたマズルガード…。

私が心を込めて作った花柄のマズルガード…。

仕事から帰ってひばりを見ると、マズルガードをしていませんでした。

やはり後ろで結ぶタイプはすぐに外されちゃうんだなぁ、と思いつつよく見てみたら…。

無残にも、咬まれ弄ばれ、バリケンの中でグッタリしているマズルガードが…。

持っていたカバンを放り投げ、バリケンに駆け寄り、

その痛々しい姿のマズルガードを、これ以上破れてしまわないように優しく抱き起す私。

おいっ おいっ 大丈夫かっ?!

必死な思いで呼びかけると、ヨロヨロになったその小さい体で、

「アニキ、すみません…俺とした事が…マズルを守り切れなかった…めんぼくねぇ…」

もう…もういい…もうこれ以上しゃべるな!

「アニキ…短い間でしたが…お世話になりやした…ふっ、これで心おきなく元の世界に戻れますわ…」

何を言ってるんだ! お前にはまだまだやらなきゃいけない事があるだろう!

「いえ、もう十分です…もともと俺は端切れ布…そんなゴミ同然の俺を使ってくれて…

 アニキ…楽しかったなぁ…ありがとう…
 
 そしてどうか、どうかひばりのマズルを、マズルをお願いしま…(ガクン)」

おいっ おいっ う、ウソだろぉ…?

マズルガードォォォ! マ、、、マズ、、、マズルガード……。

~~ひゅるる~~。

こうして彼は静かに、元のボロ布の世界に帰っていまきした。

あぁ、花柄で、青くて、気だての良い奴だった…。

君はマズルガードとしての人生を全うしたよ…。

最後まで健気に、そしてしっかりとひばりのマズルをガードしてくれたね。

ありがとう、マズルガード。さようなら、マズルガード。

青花柄マズルガード・殉職す。

今週の月曜日に作ったので、たった5日間の短い命でした…。

こんなに早く壊されるなんて…!

……おのれ…ひばりめ……。

そんな気持ちも込めてひばりとマズルガードの写真を撮っていたら、

まき子と裕次郎が寄ってきました。

そして、「なでれ」と催促してきます。

あの…今、マズルガードの追悼式をしているんだけど…

そんな私の悲しい気持ちなどお構いなしの大きい3匹。

そんな大きい3匹の後ろで、密かに心の中で甘えている良太郎。

おかげで悲しい気持ちがどこかにいっちやいました。。。

やはり、手作りマズルガードは無力なのか?!

久し振りの丼ちゃんです。










我が家の次男、丼ちゃんは普段ゲージで暮らしています。

以前は、しょっちゅうゲージから出してあげて、部屋中走り回らせて運動させていました。

大型犬にもひるむ事なく、果敢にも向かって行き、決して負けない丼ちゃん。

でも丼ちゃんも例外なく歳を取り、体力がなくなってきているようなので、

最近は毎晩のゲージ&トイレ掃除の時だけ部屋に放して運動させています。

そんな丼ちゃんに容赦なく飛びかかるひばり。

丼ちゃんも負けてはいないのですが、最近はすぐに自分からゲージに帰って行くようになりました。

やっぱり御老体の丼ちゃんには、ひばりの相手は過酷のようです。

そんな丼ちゃんが、昨日久し振りに自分からゲージを出て、ひばりと遊んでいました。

丼ちゃんはフェレットの中でも活発な方なので、写真が難しいんですよ~。

フェレットの平均寿命をクリアした丼ちゃん。

これからも元気な丼ちゃんでいてもらいたいもんです。

ありあわせは好評すぎて…。













先日、うっかり犬のドライフードの注文が遅れてしまいました。

いつもの業者に連絡しましたが、エサが届くのは明後日。

こんな時のためにと、フードのサンプルをいくつかストックしてあるから

今日一日くらい、それで食いつなげばいっか。

そう考えていたのですが、いざご飯を用意しようとしたら、

そのストックさえももえ残り僅かだった事にきがつきました。

そういやぁ、サンプルで食いつなげはいいやー、と、何日もサンプルご飯が続いていたっけ…。

『いつまでも、あると思うな、親とサンプル』。

あるのは、シニア用ドライフードサンプル一袋、パピー用ドライフード小型犬用サンプル一袋、

缶フード小型犬用二缶。

これに白菜・パン・牛乳をぶっこみました。

ドライフードはカサが増すようにと、お湯でふやかしてみましたが、

もともと少ない量なので、あまり意味ありませんでした。

でもこれが、わん達には大好評のご飯に!

みんなの前に器を置いて「マテ」させている間も、既に目がギラギラです。

いつもはモソモソとゆーっくり食べるひばりも、この日はガツガツと食いつき、

周りでウロウロする裕次郎に、何度も歯を剥いて威嚇していました。

あまりのガッつきぶりに、「おぉぉぉ、いいねーいいねー」と感動する私。

そうだよなー、ドライフードとトッピングの比率がいつもの逆だもんなー、

そりゃぁ、大好評なわけだ…。

無事にドライフードが届き、トッピンぐとの比率が通常に戻った次の日は、

「あのー、なんか、ご飯が違うような気がしますが?」という、痛い視線を向けるひばり。

え?

なにか問題でも?

ふんっ、昨日のご飯は、夢よ! 幻だったのよ! とっとと食え! 

という視線を返し、数秒間のガンの飛ばし合い。

結果、仕方なくモソモソと食べるひばりでした。

さて、そんなひばりは、今もバリケンにいる間はマズルガードを装着しています。

先日作ったマズルガード。気がついたらだいぶ汚れていて、

しかもヨダレなのかなんなのか、ちょっとにおう…。

ウンPはイヤですが、犬の体臭とかゴムパッキンの匂いとか、案外キライじゃない私。

「くちゃーい♪」と言いながらも、何度も匂いを嗅いじゃうんですよね~。

(あ、あれ…? みなさん、ひかないでー! 戻ってきてーー(汗))

…で、洗い替えを作る事にしました。

今回は余っていた花柄の布と、私が着なくなったカットソーの布を利用。

ベルトとバックルがなかったので、今回は紐を後ろで結ぶタイプにしてみました。

結ぶタイプだとあまり丈夫じゃないかな、という気もするのですが、

とりあえずお試しに使ってみてます。

ひばりの場合は、「ガブリッ」と咬みつくのを防げればいいので、

これくらいゆる目のマズルガードでもいいかな、と思ってます。

結ぶタイプ、後ろ姿がなんとも女の子らしくていい感じ。

一番いいのは、このまま発作が起きないでいてくれる事なんですけどね。

ストーブの前で…






先日のストーブの前でのひとコマ。

良太郎が天に何かを語っているようでした。

天じぃは、良いアドバイスをしてあげられたのでしょうか。。。

ご飯の様子














以前、ここで我が家の北犬はご飯を食べるスピードが遅い、と書きましたね。

それが…。

なぜかあれから、みんなご飯に執着するようになったのです!

ブログに書かれた事に気がついて心を入れ替えたのでしょうか(なんで?)

今では台所の前で、今か今かとご飯を待つわん達の姿!

まぁ、写真で分かる通り、♀二匹は、なんとも余裕の待ちの姿勢で、ちょっとムカつきますが、

目からは明らかにご飯待ちビーム照射。

待ってくれている姿が見られるのは嬉しいもので、用意のし甲斐もありますね。

思わずトッピングを頑張っちゃったり。

ご飯の器を持ってお座りをさせると、なぜか四匹はいつも決まった場所に並びます。

面白いなー。

食べるスピードは、相変わらず良太郎が一抜け。

その後は裕次郎、まき子と続くのも毎回同じ順番。

そして最後のひばりの横では、先に食べ終わってしまった三匹が、

ひばりが食べ残すのや、回りに落ちているエサを狙っています。

でも食べるのが遅くても、いつもちゃんと完食するひばり。

みんな食べてくれるようになって良かった。。。

以前、裕次郎とまき子しかいない時、台所でご飯の用意を始めると、音で気がつくのか、

さっさとバリケンに入ってしまい、「ご飯いらなーい」アピールされる事もありました。

よく北犬は食が難しいと言う人もいましたが、まさかバリケンに逃げるなんて…

と、軽くショックを受けた時期もありましたねぇ。

今では考えられない光景です。

今朝もみんな良く食べました~。

本当は仲良し



まき子とひばりのプロレスごっこは互角の戦い。

でも最近は、まき子がわざとゴロンをしてひばりの下になって

「やられた~」をしてあげる事も多くなりました。

一応年上のお姉ちゃんだからなのか、それとも姐さんの余裕なのか。

あんまりひばりが調子にのってやり過ぎると、まき子はすかさず反撃。

結局はまき子に抑えられてマイッタするひばりです。

さて。そんな二人がプロレスごっこをしていた昨日。気がつくと部屋が静か。

見たら、二人がこんなにくっついてスヤスヤと寝ていました。

さっきまでドッタンバッタンと暴れていたのに、そんなに急に寝られるものかぃ?

でも二人の寝てる姿が可愛かったので思わず撮っちゃいました。

我が家のわん達がくっついて寝るのは滅多にない事なのです。

なんだかんだ言っても、仲良しなのね。

しかし…。

まき子の目が少し開いてて、ちょっと不気味。。。

まき子って、寝ていてもこんな風に目が開いてる事が多いんですよ。

熟睡している証拠です。