北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事

ひばり退院す。











今日、無事にひばりが退院しました。

病院に向かえに行くと、避妊手術のお迎え同様、ものすごい「はうーはうー!」と鳴いて、

タックルしてきたり、飛びつこうとしたりの興奮ぶりでした。

先生は「もの凄く寂しがっていましたよ」と言っていたので、たぶん相当鳴いていたんでしょうね。

で、傷の詳しい話を聞いてみると、デジカメで写真を撮ってくれていて、

「ちょっとエグいですよ。見ますか?」と先生に忠告されましたが、

飼い主として、事実はちゃんと把握しておきたい、と申し出て見せていただきました。

見た瞬間「なんじゃぁ、こりゃぁ!」と叫んでしまいました。

痛そー。 いやいや、痛いとか超越してる。

抜糸まで一か月弱、完治するのはそれ以上かかるのでは。

かなり酷い怪我で、こんなの滅多にないですね、と先生。

いったいどうしたらこんな怪我をするのか、先生も私達も首をひねるばかり。

怪我の写真は、記念(?)にくれるというので、ありがたくいただきました。

少しびっこをひいていますが、ひばり自身はいたって元気なので、それが何よりの救いです。

退院してすり寄るひばりに旦那が、「よしよし、寂しかったね~、頑張ったね~」

と言っていましたが、その言葉、そっくりそのまま旦那に返そう。

「だってひばりは、我が家のペースメーカーだもんな~」と旦那。

…それを言うなら、ムードメーカーだよ…。

あんた、天然ボケしてしまうほど、嬉しいんだねぇ…。

さて、家に帰ってみんなとご対面したら…。

まき子がひばりをいきなりシメました。

実は昨日も、怪我して興奮しているひばりをいきなりシメたまき子。

まさか、とは思って警戒していましたか゛、やっぱりやってくれました。

最初はまき子の方を怒りましたが、ふとまき子の気持ちを考えたら…。

まき子はヒート中で悶々としたストレス、

いつもの散歩広場でみんなと遊べない事のストレス。

更に、最近避妊手術や結膜炎などで、私達がひばりばかりをかまっている、特別扱いしている

と、まき子には見えていたのかもしれません。

そう考えたら、まき子を叱れなくなりました。

むしろひばりは放っておいて、まき子を溺愛してあげればいいのかも、という考えに至りました。

シメられたひばりは、まき子を恐れていつもは乗らないソファーの上、

しかも旦那の後ろに隠れてしまって、まるで背後霊。

まき子の動きを目で追っては、少しでもまき子から離れるように、ソファーの上でもウロウロ。

そんなひばりを常に監視し、少しでも怪しい動きをしようもんなら、

すぐにシメてやるぞ、という一触即発の空気。

でも私達がまき子を馬鹿みたいに大袈裟にかまい続けたら、その空気が少しずつ和らぎました。

私達の判断が合っているかどうかは分かりませんが、今は二人とも、床でのへーっと並んで寝ています。

が、まだまき子の、ひばりを見る目がたまに厳しくなるので、油断なりません。

まき子がひばりをシメた瞬間、私の頭の中には、あの大奥の音楽が鳴り響きました。

本当に犬という生き物は、分かり易いのか、分かりにくいのか、

面白い生き物です。