北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事

今日もひばりは…








ひばりはご飯をたべるのが、とっても遅い…という事は、前のブログに書きました。

そして最近は食欲がないのか、残す事もあります。

心配なのですが、ご飯を残す事以外は何も変わりがなく、元気です。

今日もひばりはゆーっくり、ゆーっくりと食べました。

器を軸にして、360度位置をかえながら食べてます。

どの方向から食べても、ご飯の内容はかわらないよー。

そして、あとちょっと…の量を残しました。

そのおこぼれを、至近距離から狙っているまき子と裕次郎。

前は、この二匹が至近距離で狙っているのが気になって食べられないのかと

ひばりだけ別の部屋にしてご飯をあげたりもしましたが、効果なしでした。

ご飯のトッピングも色々と試しているのですが、やっぱり残します。

どうしたものか…。

太り気味の裕次郎と良太郎は、最近ご飯を減らしているので、

ひばりの残しはまき子にだけ、あげました。

ひばりのこの食欲のムラ。

かつて裕次郎もまき子もムラがあったので、あんまり深く考えてないけど、

もうちょっと食べてくれたら、安心なんだけどな。

散歩に行くために








金曜日の夜七時過ぎ。ポチたまを見ている時間。

わん達は私たちの一挙手一投足が気になります。

なぜなら、そろそろ散歩の時間だからです。

リモコンを取りに立ち上がる。

正座していた足をくずして座り直す。

携帯を取る。

こんなちょっとした動きも見逃さず、その度に

「いよいよ散歩ですね!」

「やっと、ですね!」

と期待の目で見つめ、うっきうき。

でも、散歩じゃないとわかると、シュンとして、また元の位置に戻ります。

今日はいつもよりものんびりポチたまを見てしまいました。

するとひばりが私とテレビの前に立ちはだかり、必死のアピールです。

ひばちゃん!テレビ、見えねーよっ。

さて、足を怪我したまき子。昨日病院に行ってきました

応急処置は合ってるのでと、特に病院での処置はなし。

腫れていて痛そうだし、という事で、抗生物質の錠剤をもらってきました。

はー…またまた予定外のイタイ出費です。

原因は分からないけど、早く治ってくれればそれでいいです。

本人はなーんにも気にしてないのでいつもの散歩に連れて行ってあげたいんだけど、

念のため、あと数日は激しい運動は控えようと思います。

私の靴下が、まき子にピッタリサイズでした。

大型犬って便利ですね。使いまわしがきくのね~。

突然の流血




今日、仕事から帰ったら、床に血が垂れているのを発見。

まき子かひばりが、まさかのヒート?!

そんなハズは…。早すぎるぞ…。

で、調べてみたら、ヒートの血ではありませんでした。

が、まき子の後ろ足が真っ赤です。

爪や肉球ではなく、指の上の辺り(手の甲っていうのかな)から出血しています。

観察してみると、皮膚が少し腫れていて、穴が二つ開いています。

少し押してみると、その穴から血がプクーっと出てきます。

鮮血ではなく、少し体液が混ざっているような、ちょっと薄い血の色です。

とりあえずの応急処置をしました。

舐めないようにと、靴下を履かせてあります。

災害避難の時や、こんな怪我をした時のためにと、

人間のいらなくなった靴下をとっておいてよかったです。

穴が並んで二つ開いているのを見て、真っ先に、ヘビ?と思いましたが、

散歩中にまき子が変な動きをしたり、声をあげたりという事はなし。

さすがのまき子も、ヘビに咬まれちゃあ、鳴くとか、何か反応するよねぇ?

落ちている枝でも刺さったのかなぁ。

今朝、散歩から帰ってきて玄関で足を拭いた時も、いつもと変わらなかったまき子。

彼女はたまに散歩中の遊びで怪我をしてるらしく

気がついた時にはカサブタになっている…という事がよくあるんだけど、

今回はちょっと出血が多いかな。。。

こんな怪我をしていても、本人はいたって元気なので

大丈夫とは思うんだけど、一応明日、病院に行っておこうかな。。。

先日の裕次郎の皮膚炎の件があるので、少し心配性になっているパパ&ママです。

久しぶりの動画です。

房総の海で泳いでいるわん達です。

意外に、良太郎が上手く泳いでますね~。

ひばりはこの時はまだ怖がって海に入れずに、波打ち際をウロウロ…。

私の変なかけ声は無視してくださーい。



海で遊ぼう!











オオカミ達としばしのお別れの後、海に向かいました。

今年の夏は海に行きたいと思いつつ、

海があまり得意ではない旦那の手前、川遊びばかりになってしまい、

結局一度も行かずに夏が終わってしまいました。(涙)

なので今回、南房総に行こうと決めてから、海遊びが楽しみで仕方なかった私。

いつも川遊びでは、我が家のわん達は自ら入って泳ぐ事がないので

もしかしたら、私だけが海ではしゃいじゃうか?

いいよいいよ、それでも。一人でも楽しむもんねっ。

と覚悟してましたが…。

いくつかの海水浴場をまわって見つけたこの海岸は

車の乗り入れOK、この日もいくつかテントが張ってあったり、

BBQの人達がいました。

そしてなんといっても海が穏やか!ここだけ、ベタ凪♪

シーカヤックしてるオジサンもいて、すごく気持ちよさそー。

いいなぁ、カヤック…。

そして穏やかだったせいか、わん達も自分から泳いでいましたよ~。

良太郎もすーいすいと、気持ち良さそう。

川よりも海がいいのは私に似たのか(笑)

海が苦手な旦那も、この穏やかな海では楽しんでいました。

そして9月の海につきもの(?)クラゲもいたし、刺されましたが

この楽しさと引き換えなら、全然へっちゃらというものです。

さんざん泳いで、キレ走りして、海を満喫して引き上げました。

帰りは千葉をぐるっとまわって走って帰るよりも、東京湾を横切ってしまえ!

と、フェリーに乗りたくなって乗り場まで行ってみると、

たくさんのバイクと車がずら~っと並んでまっていました。

ちょうど乗り込みの時間で、最後尾の車はもしかしたらこの船に乗れないとの情報。

時刻表をみたら次の船は一時間後、しかも最終便。

それならば、と、アクアラインで東京湾を横切ろう、という事に。

アクアラインって、時間短縮になるんだけど、たった数分のために何千円も払うのは

バカらしいと、敬遠しておりました。

が、実際走ってみたら、時間帯(通勤だったのかな)割引が適用され、

結局半額で走れました。

アクアラインなんて、この先滅多に走らないだろうと、記念に途中の海ほたるも散策。

わん達も一緒に散策したのですが、ものすごい注目されました。

今までで一番の反応。さすがにここまで注目されると、かなり恥ずかしかった。。。

海ほたる名物(?)のあさり焼きを買いにわん達を係留し、

戻ってみると、お決まりの人だかり。

そして、これもお決まりの携帯で写真撮ってる人々。

そしていつものように、人だかりを横目に、あさり焼きを食べ、

頃合を見計らって飼い主登場。

すこし海ほたるをぶらぶらして、夜の東京湾を堪能して帰ってきました。

オオカミといい、海遊びといい、人間もわん達もとても楽しめた一日でした♪

ほぼオオカミ?







さて。

ゼウス達のいる部屋の他にも、オオカミ犬がいました。

こちらは親子で、先のオオカミ達よりは、オオカミ度が少しだけ低くなるらしいですが、

立派なオオカミ犬です。

とおちゃんはさすが、貫禄充分で、よそ者の私達を警戒していました。

ゼウス達よりも、違う意味で警戒していたような気がしました。

やはり子供が一緒だからでしょうか?

そして小屋の中にはかあちゃん。
(写真二枚目がたぶんかぁちゃん。。。もしかしたら子供かも?)

このかぁちゃんは結局、一度も私達の前には出てきてくれなかったけど、

チラッチラッと様子を伺っていました。

とっても臆病なんですよね。

そして、三ヶ月の子オオカミ犬もいましたよ~。

この子はまだ子供なので、警戒心が少ないそうで、

「おいで~」という声に反応して走り寄ってきてくれました。

ギザカワユス。。。

他の兄弟達は既に新しい家族の元に行っていて、

この三ヶ月の子も、もうすぐ関西方面の家族の元に行ってしまうそうです。

こうやって見ると、本当にマラミュートみたい。

こうしてオオカミとの時間を満喫し、オーナーさんともお話ができて、

「また遊びに来てくださいね」とおっしゃっていだたきました。

はい。また是非遊びにきますっ!

とお約束をしてオオカミ達とお別れしました。

知らない人が帰っていって、オオカミ達はホッとしたかな?(笑)

そして、南房総といえば。。。

海!!!

という事で、海で遊ぶために海岸沿いの道へと車を走らせました。

続く。

ほぼオオカミ?











日曜日、千葉の南房総市に行ってきました。

目的は…。

オオカミに会ってきましたよ~。

オオカミのブリーディングをしている方のサイトを発見し、

それがお隣の千葉にあると知って、早速見学の依頼をしたところ、OKとの事。

『オオカミは本来、とても優しく臆病な生き物。

家畜を襲われた人間達は彼らを人間の敵猛獣とし根絶やしにすることを考えました。

そのため、小さな子供達にまで、狼は悪い奴だと植え付ける為に、

物語の中で狼を悪者として登場させています』

と、そのサイトにも説明されており、私達もそれは充分理解しているつもりでした。

よそ者の私達が近づいたら、警戒して睨まれたり、もしかしたら唸られたりするのかな?

唸られたらどう対処したらいいんだろう。。。

ムツゴロウさんはどうしていたっけなぁ。。。

でも…実際にオオカミに会ってみると、私達の想像していたのとはだいぶ違いました。

唸るなんてとんでもない!

私達が柵に近づくだけでピューっと逃げてしまい、

小屋の中からじっと私達の動きを見ているだけでした。

そんな中、ゼウス君だけがとてもフレンドリーに挨拶してくれました。

こんなにフレンドリーな彼の方が稀なのだそうです。

オーナーさんにオオカミの話を色々して頂きました。

この子達は限りなくオオカミに近いオオカミ犬らしいです。

そして、オオカミの柵の中に入っても大丈夫とも。

でも逃げ惑うオオカミ達を見ていたら、むやみに入らない方がいいのかな、

と、ずっと躊躇していました。

するとしばらくしてから、オーナーさんの方から「中に入ってみます?^^」

と嬉しい声が!

いいんですかぁ~嬉しい~と、喜んでお邪魔しました。

ゼウス君と少しだけ戯れて、私は鼻でお尻をつんつんされたり、

髪をグイグイおもちゃにされたり。

旦那は腰につけていたポーチをおもちゃにされてました。

でもこんなフレンドリーなゼウス君でも、私がちょっと落ち葉を踏んで

「ガサッ」と音がするだけで、ビクッと逃げてしまいます。

そして何もないと分かると、ゆっくりとまた近づいてくれます。

本当にオオカミって臆病なんだな~と知りました。

他のオオカミ、ガイアちゃんは逃げる事はないものの、

私達の動き次第ではいつでも逃げれるように、離れた場所で伏せの姿勢。

ニケちゃんは知らない人が部屋に入ってきたのが怖いのか、

ずっとウロウロ動き回っていました。

テミスちゃんは小屋に入ったまま、顔を出すのが精一杯のようでした。

でも、オーナーさんの話だと、私達に対する反応はまだ良い方なのだそうです。

犬の臭いがするかららしく、全く犬に免疫が無い人が来ると、

小屋の中に入ったきり、全く出てこないそうです。

だんだん慣れてくれたゼウス君。

じゃれた時の声はハスキーやマラミュートと同じでした。

続く。

久々のクイズ♪



久しぶりのブログ更新になりました。

いつも覗いてくださっていた方々、ゴメンナサイ。

さて。

日曜日、とーっても楽しい一日になりました。

その報告ブログはただいま製作中です。

なので、その前置きとして、クイズです!

どっちがひばりでしょぉか?(笑)

わかりますよね~。

でもそっくりでしょ♪

知らなかったよ。









今朝、起きたら、携帯にメールの着信があった事に気づきました。

「ひばりママの家は台風で大丈夫でしたか?

ライブカメラ見たら、ひばりママの家の方がすごい事になってたので心配してます。」

と、R3ママからでした。

あぁ、ウチ、川沿いに住んでるからね、でも川がどんな状態か、まだ見てないんだ。

して、そのライブカメラとはどこのカメラかね?

と返信しました。

するとすぐにまたR3ママからのメール。

「多摩川の○○観測所で、地図みたらひばりママの家の近くだったから。」と。

えっ?○○って… すぐそこじゃん…。

慌ててテレビをつけて近所を見回したけど特に異常なし…

と思いきや、ウチの二階の窓から川沿い土手のサイクリングコースが見えるのですが、

そのサイクリングコースの向こう側には見慣れない茶色の何かが見えています。

よーく見てみると、それは川面でした。

いつもは見えるはずがない川面が見えている…。

ちょっと怖くなって出勤しようとする旦那を二階に呼び、二人でしばし呆然。

でも向こう岸の土手を見ると、水位を比べるとまだ余裕がありそうだから

とりあえず今すぐどうの、という事はないんじゃないか。

という事で旦那は出勤していきました。

すぐにテレビの台風情報にかじりつき、ネットで調べてみたら

なんと○○観測所によると、我が家の地域、

「氾濫危険水位を超えたため、警戒体制から非常体制に以降します。AM4:00」

さらにテレビでは「タマガワの○丁目から○丁目」まで避難勧告が出ております。

とのアナウンス。

あれ、タマガワ○丁目から○丁目って、ウチの事じゃん!

これはヤバイのかも?もしかして避難してないのはウチだけ?!

慌てて携帯で旦那に状況説明をし、とりあえずいつでも逃げれるようにしておくと報告。

で、もう一度よくテレビを見ていたら、同じタマガワでも避難勧告が出ていたのは

世田谷のタマガワでした。タマガワという地名、いくつかの市区にあるんですよね。

あぁビックリ。

でもネットの多摩川災害情報には確かに我が家の地域は、非常体制と出ています。

避難の時は、わん達は首輪とリードつけて、念のためハーネスも?

天(猫)と丼(フェレット)は良太郎のバリケンに入れて…

あ、でも一人で犬四匹となると両手使いたいから、

天と丼は私のバックパックに入れて背中にしょった方がいいな…

など色々と頭で考え、そうそうトイレも行っとかなきゃ、

あと、逃げるには腹ごしらえしなきゃね、とパンを食べていました。

するとビックリ、旦那が帰宅。

心配だから途中で引き返してきたとの事。

あ~、よかった。これで一人で六匹の動物と避難する事は免れたね。

で、ちょうど雨がやんでいたので、川の様子を見がてら散歩へ行きました。

すると数人の野次馬のみなさんが川を眺めていました。

結構な増水です。携帯カメラで写真撮っている人もいました。

私は普通にカメラを持っていって撮影。

どうやらピークは過ぎているようで、一番水位が上がったと思われる場所には

たくさんのゴミが打ち上げられていました。

台風も通過したし、この様子ならもう大丈夫だねと、旦那も出勤していきました。

今回の台風は関東地方直撃との事だったので、

私は水曜日の段階で、会社には休みを届け出てありました。

休みにしておいてヨカッタです!

ってか、休み取ってなかったとしても休んでいたと思います。

だって、これから川が氾濫するかもという状態で、

動物達だけを家に残して仕事なんて行けません。

停電って事もありえるんだし。

後で知ったのですが、歩いて5分とかからない下流では、避難もしていたそうで…。

氾濫危険水位を超えたとか、警戒体制が非常体制にランクアップしているとか、

ネットやテレビで静かに公表されても、寝ている人にはわからないです。

てっきり町内放送とかサイレンとかが流れるのかと思っていました。

(熟睡してて気がつかなかったのかな?)

今回は何も被害がなかったからいいけど、今後このような場合、

寝ないでテレビとネットにかじりついてるしかないのかな、と思いました。

長文ですが、良かったら読んでくださいね。



先週の火曜日の夜。

旦那と車で近所のスーパーで買い物をして帰る途中、家のすぐそばの道で、

一人で歩いている犬を発見。

一度は通り過ぎたものの、気になったのですぐに引き返してみると

いました。一人でてくてくと歩く中型の犬。

こういう犬種があるのか、雑種なのかわからないけど、テリア系のようです。

この辺では、私達は会った事がない子です。

車から降りてそばまで行き、「どうしたの?」と話しかけてみると、

「あ、どーも、こんばんは。」という感じでこちらに近寄ってきて、

何も言わないのにじっと目を見上げながら、チョコンとお座り。

しゃがみこむ私のひざ小僧とひざ小僧の間にオデコを押し付けて

じっと撫でられて甘えてきました。

これって、やっぱり俗に言う「迷い犬」だよね?

雨上がりという事もあり、結構濡れていました。

革製の立派な首輪はしてあるけど、迷子札はなし。

とても頑丈そうな鎖をジャラジャラ引きずりながら歩いていました。

鎖は切れたのではなく、外れてしまった、という感じ。

さっき雷が鳴っていたから、それで脱走しちゃったのかな。

どうしようか、このまま放っておいたら自分で帰れるの?

そうしている間にもまた一人でフラフラと歩き出す迷子君。

車の通る道なので「危ないからおいで」と呼ぶと、嬉しそうに近寄ってきて、

また何もいわないのに目をじっと見つめながらチョコンとお座り。

カワイイ…。これはそうとう可愛がられていたに違いない。

初対面の人にも臆せず、知らない人の手も怖がらずに喜んで撫でられるし、

なにより、人の目をジッと見つめ、クチを舐めてくる。

どうしたものかと思っていたら、ちょうどそこにチャリンコおまわりさんが。

なんてグッドタイミングなんだ!と、おまわりさんに事情を説明。

しかし、そのおまわりさんが何を聞いても「担当じゃないのでわからないのですが…」

と言うだけで、なんとも頼りない。

で、私達の連絡先と名前を一通りメモした後、無線で応援要請。

すると数分で、もう二台のチャリンコおまわりさんが駆けつけてきました。

さっきも話したんだけど…と思いつつ、後から来たおまわりさんにも

「警察に保護されて飼い主が現れない場合、保健所に連れて行かれると思うけど、

もし保健所でも飼い主が現れなかったら、殺処分されてしまうと思うのですが、

殺されるくらいなら私達が引き取りますので、処分する前に連絡を頂けるように

保健所に話を通してもらえないでしょうか?絶対に殺さないで欲しいんです。」

と訴えました。すると、

「とりあえず担当が警察の会計課になりますので、今後の流れとか対応は

会計課から連絡するように話しておきますので、

連絡のつく電話番号等を教えてください」

との事で、携帯番号を教え、とりあえず迷子君はおまわりさん達に任せて、

帰宅しました。

帰宅後、旦那と会議。

もし飼い主が現れなかった場合、我が家で引き取り、飼い主か里親を探そう。

一生面倒を見る事になるかもしれないけど、これも何かの縁かもしれない。

との結論に至りました。

で、翌日の水曜日。早速警察の会計課から旦那の携帯に連絡が入りました。

この地区で保護された犬は警察で預かり、飼い主からの届けが無い場合は

翌日に動物保護センターに送られるそうです。

センターで飼い主からの連絡を待ち、現れなかった場合は

犬のテストを行い、里親募集できそうな子は里親探しをするそうで、

処分は滅多にしないらしい、との事でした。

一応保護センターには私達の事を話してあるので、○○警察署の会計課○○から

保護された犬の件で、と言えば話が通るようにしてある、と。

旦那が電話をくれた会計課の人に迷子君の様子を聞いたら

「今も横で元気ですよ!カワイイですね~」と話していたそうです。

犬好きの人でよかった。

その水曜日の夜、動物保護センターのHPの「収容動物一覧」を見てみたら、

あの迷子君が載ってました。

もし飼い主が現れなくても、あの性格なら里親募集対象になれるね、きっと。

次の日の木曜の朝、保護センターのHPにはまだあの迷子君が。

大丈夫だと思っても、やっぱり心配。

私はもしかしたら余計な事をしてしまったのかな?

あのまま放っておいたら、自分で帰れる子だったかもしれないし…。

子供の頃に見ていたドラマ「炎の犬」でも、確か同じようなシーンがあったな。。。

優しい人が、良かれと思って保護してしまったために、

ママがすぐ近くを通りかかったのに、鎖につながれてて、

大好きなママの元へ走れず、また離れ離れ… あ~すれ違い…。

こいつっ! なんて余計な事をするんだよぅ! 

とテレビの前で悔しい思いをしていた事を思い出し、

もしや、今、私はその優しい人になっちゃったかも?

大丈夫、少なくとも処分前には連絡をくれるようになってるハズ…。

で、木曜日の夕方。HPを見てみたら…迷子君がリストから削除されていました!

これって、これって、飼い主が現れたって事だよね?

念のため、翌日保護センターに問い合わせてみた所、

無事、飼い主さんがお迎えにきて、一緒に帰っていったとの事。

よかった!火曜日に保護して木曜日には引き取られたなんて…。

きっと飼い主さんも必死に探していたんだね。

本当に良かった。

たまたま迷子になったのか、脱走の常習犯だったのか、

どちらにしても、やっばり迷子札は大切なんだ、と思い知らされました。

そして我が家はわんこが迷子になった事も、迷子犬を保護した事もなかったので、

今回は、とても貴重な経験をさせて頂きました。

我が家の迷子対策、もう一度再確認しようと思いました。

ぶーたれるひばりん








今日、わん達をフリーにしたまま、二階で洗濯物を干していました。

下で「ゴーリゴーリ」という音。

これは誰かが何かやっちゃってるな?と、そぉ~っと一階へ降りてみました。

居間の入り口から「なにしてんの!」と、飛び出してみたら、

裕次郎はすでにバリケンで寝ていました。

まき子と良太郎は居間で、私が飛び出したのに驚いて、

目を丸くしてこっちを見上げてます。

ひばりは…

バリケンの部屋から耳を伏せて「ごめんしゃい」の顔で擦り寄ってきました。

今にも降参ポーズに落ちそうなくらいの低姿勢です。

ははぁ~ん、ひばりが何かイタズラしてたな…。

バリケンの方角を観察してみると、まき子のバリケンの淵が光っている。

よぉ~く見てみたら、それはヨダレでした。しかも血が混ざってるし。

これだな…。

まき子のバリケンの異変をチェックしている私の横で、

耳をたたんで、舌なめずりしながら見守るひばり。

ひばりのクチを開けてみてみたら、やっぱり歯茎から血が出ていました。

物的・状況証拠有り、被疑者ひばりん確保です。

以前からひばりはバリケンの淵をガジガジと噛むイタズラをしていました。

そのおかげで噛まれた所が変形してしまっています。

辺りに噛み砕いたバリケンの破片が落ちていないので、

多分、噛みながら飲み込んでしまっているのだと思います。

なので見つけるたびにイケナイとお説教はしてきたのですが、

今日、久しぶりにやってくれました。しかも現行犯です。

みっちり説教した後、ぶーたれひばりんになっていました。

自分がいけないんだからね!

さて、そんなひばりですが、今更?!の換毛期でございます。

もう夏も終わろうとしている今、やっとです。

ボーッとしているひばりん、換毛するのを忘れていたのでしょうか。

頭の毛も換毛しているので、頭の毛の色が若干薄くなりました。

そして額に、くらげのような模様も出てきました。

写真だとわかりづらいかな。

眉毛みたいで、ちょっと変です。