北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事

Wヒート




今日、部屋の掃除をしていた時、ふとバリケンを見たら

汚ねー。

急遽、みんなのバリケンを洗う事にしました。

バリケン四つを外に出して、解体して、洗剤でこすり洗いして、水ですすいで終わり。

文章にすると、なんてまぁ簡単に聞こえることでしょう。

大変なんですよ~!

良太郎のは小さいし、たいして汚れてないから簡単です。

キレイずきな裕次郎のも、汚れが少ないからまだよし。

ひばりのはまだ一年経ってないし、これまた案外きれい好きな奴なのでよし。

問題はまき子のバリケンです。

まき子は朝、特にヒート中は「出して出して」とピーピー鳴きます。

鳴きながらバリケンをガリガリと引っ掻いたり、扉をこじ開けようとするので

バリケンが爪で傷つき、サクサクしてて、そこに汚れとか毛がたくさん挟まってます。

扉の網はヨダレのせいで錆びてしまい、茶色になってます。

中もなぜか他の三匹のよりも汚れてます。

ちょくちょく雑巾で拭いたりしてるのに、なんでこんなに汚れが蓄積するのか。

キレイになったバリケンを見てたら、中に入るわん達もキレイにしたいなぁ…

と思ったものの、ひとりで全部洗ったら、すっかり疲れて

これからわん達をシャンプーするなんて、ムリでした。

さて、そんな我が家のわん達。

まき子とひばりがヒートになりました。

実は数日前からひばりがヒートっぽかったのです。

ぷくっと膨らんではいるものの、出血がみられないし、なによりも時期が早い。

でも散歩広場の♂達の反応を見て、ヒートだと確信しました。

GW明けに終了したばかりのひばりのヒート。

若いから不定期なのでしょうか?

と悩んでいたら、床にポタッと血が!

ひばりがやっと出血かと思ったら、まき子でした。

まき子も来月の予定が少し早まりました。

二匹同時にヒートになってくれた方が面倒くさくないので助かりましたが、

ひばりの次のヒートが読めなくなってしまいました。

まさか、年四回って事はないよね?

水浴び









私が休みの日は、家事を一気に片付けます。

その間、わん達は外で待機しててもらいます。

でも最近は梅雨明けしてないとはいえ、日が出てればかなり暑い。

裕次郎はもともと暑くても平気らしく、わざと日向ぼっこしてたりしますが、

♀二匹はやはり暑いのは苦手らしく、場所の取り合い。

同じ日陰でも、玄関のドアの前のタイルが冷たくて気持ちいいみたい。

でも先日はとても天気が良かったので、いくら日陰でも暑い。

川遊びに連れて行ければ一番いいんだけど、時間がなかったので、

家の前で水浴びをさせてあげました。

良太郎はシャワーが怖いらしく、自分から寄って来ません。

少し離れて、でもシャワーの水がかすかに届く場所で様子を伺ってます。

裕次郎は完治してない顔以外に水をかけてやります。

エリザベスカラーがちょうど良い「逆・シャンプーハット」になってました。

まき子は水浴びが大好きなので、頭っから突っ込んできます。

ひばりは水浴びしたい、でも濡れるのはイヤ、というジレンマの中、

しっかり頭から水を浴びていました。

しかーし、どうして犬というのは、わざわざ人のそばにきてブルブルをするのさ?!

結局私も水浴びしたかのように、濡れてしまいました。

ま、暑いしすぐ乾くからいいけど。

なんちゃってー

数年前、芸達者なペットの番組で、

いったん食べ始めたおやつも、飼い主さんが「なんちゃってー」と言うと

おやつをクチからぺっと出して待つ、というゴールデンの子のビデオをやってました。

その時はまだ犬を飼ってなかったので、ふーん、そーなんだー、

くらいにしか思ってなかった私。

でも実際にわん達と生活するようになって、

わん達がどれだけおやつを楽しみに生きているかを知りました。

普段のご飯は食べないくせに、人間の食べてる物とか、おやつには食いつくわん達。

で、裕次郎がウチにきてから、ためしにあの「なんちゃってー」をやってみました。

すると、一発でできちゃったのです。

裕次郎もご飯は食べないけどおやつは別腹というタイプなので、

この「なんちゃってー」で一旦クチに入れたおやつもポロッと出して待っている

という姿が面白い!

まき子がきて、試しに「なんちゃってー」と言ってみたら、

これまた一発でできちゃった。

今でもたまーに「なんちゃってー」で遊んじゃったりして(鬼ママですね~)。

でもまき子は鼻パクはできません。

鼻におやつを乗せると固まってしまうからです。

で、結局人の手からおやつをあげる事になってしまいます。

ひばりに鼻パクを試してみたら、鼻におやつを乗せる事さえできませんでした。

クネクネ動いて、しまいには床にごろーんと降参ポーズになってしまいます。

ひばりはまだまだ修行が足りないようです。

※ちなみに動画だと、声が後から聞こえるかもしまれせんが、
 ちゃんと「なんちゃって」の声でクチからおやつを出してまーす。
 


雨続き…






関東地方はまだ梅雨明けしませんね~。

ずっと雨続きで、最近はいつもの散歩広場に行かずに、家の前の河原散歩だけです。

時間も短い「お散歩・雨バージョン」が続いています。

我が家のわん達、だんだん気づき始めました。

「ねー、なんか最近、いつもの広場に行ってなくね?」

「ちょっと最近の散歩、手抜きじゃね?」

ちょっとー、手抜きなんて、失礼な!

…でも、確かに。

裕次郎の皮膚炎が落ち着くまでは、散歩広場に行くのは控えていたのです。

家の前の河原散歩だとあまりお友達に会えないので、それも不満なんでしょうね~。

しかーし、雨の日もちゃんと外に散歩に連れて行ってもらえるだけでも

感謝してほしいもんです。

と思っていたら、今日久しぶりに雨が降ってなかったので

夜散歩はいつもの広場に行って、お友達と遊べました♪

ちょっと行かない間に、お友達わんこに弟ができてたりと、

ちょっとした変化があったようです。

さて、裕次郎の皮膚炎ですが、だいぶ治ってきました。

でかいカサブタも全部なくなり、短く刈った毛も少し伸びてきました。

ただし、カサブタが取れた跡はまだ新しいピンク色の皮膚なので、

このピンク色の皮膚がまた炎症を起こさないように、

引き続き注意して治療していきます。

昨日、石原裕次郎の20回目の命日だったようですが、

我が家の裕次郎はまだまだ本物の裕次郎には程遠いなぁ。。。

でも「男の顔は履歴書」っていうしね…。

今回の皮膚炎も良い経験になったかな? お互いに。

ちなみに、裕次郎ほっぺが茶色に見えるのは消毒液の色です。

ひばりの不思議



日曜日の昼ってツマンナイテレビばっかりだ…と、

テレビのチャンネルをあちこちまわしてました。

ちなみに余談ですが、私はしょっちゅうテレビのチャンネルを回すタイプです。

たまに違うチャンネルで、同じCMを同じタイミングで放送してるのを発見すると

ちょっと嬉しくなります。

と、話しを戻しますと。。。

いつものようにチャンネルをカチャカチャまわして(リモコンですが)たら、

リカオンという動物の特集をやっていました。

リカオンはイヌ科だけどハイエナみたいな感じ。

体が細くて足が長くてひょろっとしてるのに、耳が大きい。

パッと見、「ひばりみたいだなぁ」と、その番組を見ることに。

リカオンの狩りとか、子育てとか、群れ生活のドキュメントでした。

仔リカオンがまたカワイイこと!

大人リカオンが仔リカオンにチョッカイを出すと、

仔リカオンはちゃーんとお腹を見せて降参ポーズ。

ヘルパーと呼ばれる♀リカオン達は、狩りをして食べてきた肉をリバースして

仔リカオンに分け与えていました。

子育ては決して母親だけに押し付けず、群れのみんなで育児をするらしい。

えらいなぁ。

と、関心してたら、ひばりがテレビから聞こえる仔リカオンの鳴き声に反応。

テレビの前で何度も首をかしげて、私達とテレビを見比べていました。

ひばりの頭で画面の半分は隠れちゃって見えないし…。

ひばちゃん、なんだろーねー、中に何かいるねー。

ひばりもいい子にしてないと、この箱の中に吸い込まれちゃうかもよー。

裕次郎ライオンキングバージョン






裕次郎の顔の左側にずっと治らないキズがありました。

治らないというか、せっかく治りかけたカサブタを

裕次郎が足で引っ掻いて剥がしてしまい、で、また乾くのを待つ…

というのを繰り返してしました。

そして何度カサブタになっても治らせてくれないキズが、とうとう逆ギレ!

キズから出た膿が近所の皮膚をも襲撃し、

とうとう左の顔の広い範囲が炎症を起こしてしまいました。

異変に気づいたその日は、いつもの病院が定休日だったので急遽、別の病院へ。

消毒液と抗生物質をもらって治療していたのですが、2~3日経っても治らない。

最初は古傷の隣の皮膚だけだったのが、だんだん広がってしまい、

耳の中や目にも広がったら怖いので、いつもの病院で改めて診てもらいました。

とにかく乾燥させなきゃならないという事で、膿んでいる所の毛を短くカット。

最初に連れて行った病院では、毛をカットしようとしたら裕次郎が暴れたので、

「自分で家で毛をカットしといてよ」と、

あっさりとさじを投げられ、カットしてくれませんでした。

で、自分でカットはしたんだけど、やっぱりちゃんとカットできてなかったみたい。

いつもの病院では、先生・看護婦さん達と私達の総動員で毛をカット。

お蔭様で、今はやっと乾燥してきて、快方に向かっています。

炎症を起こして膿んでしまった部分がカサブタになってます。

煙草のケースよりやや大きいくらいの大きさです。

カサブタと消毒液の色で黒っぽい赤茶色になってますが、

膿んでいる時の黄色のような黄緑色のようなクジュグジュの状態よりは

まだ見ていられます。

たかがかすり傷と軽く見ていたのですが、確かに裕次郎はアレルギー持ってるし、

キズの治りが悪い体質なのかもしれません。

そして時期も悪かった。。。

結果論だし、「たられば」の話しをしたらキリがないんだけど

最初からいつもの病院に連れて行ってあげてれば、ここまで広がらずに済んだかも。

そう思うと、裕次郎に悪い事をしたという、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今、カサブタになって、痒い時期です。

できるだけカサブタの周りを掻いてあげたりしてます。

キズが治っても毛が生え揃うまで、しばらく時間がかかりそうです。

エリザベスカラーが邪魔なようで、散歩しても走らないです。

でも元気だし、食欲も旺盛だし、便もいたって正常なので救われます。

裕ちゃん、頑張って治そうね。

ひばり11ヶ月


ひばりが11ヶ月になりました。

今日もマイブームの前足クロスは健在です。

もう少しで一歳になるなんて。本当に早いですよね。

ひばりの歳を聞かれて「○○ヶ月です」と答えた時の相手の反応、

だいたいが「え?これで?(笑)」でした。

確かに飼い主でさえ、子犬って事を忘れるくらいの

大きさと落ち着き方なので、仕方ないですね。

11ヶ月ともなると、目立った成長や変化はないものです。

なので今回は、先日の関東支部集会の時に撮影した、

分かる人しか感動しないという動画です。

(集会ネタ、しつこいですね~。だって嬉しかったんだもん)

兄弟・姉妹の四匹が一緒に走っています。

良太郎を追いかけてヒマワリちゃん、ひばり、その後にリンク君と烈君が続きます。

ものすごい短いですが、私はなんだか感動してしまいました。


答え




良い子のみんなの呼びかけで、ひばりんが登場してくれましたね~。

わかりましたか?

じつは、向かって、木の左側。少し口を開いている横顔が写っています。

まったく、こんな所でひとりで何をしていたのでしょうね~。

ただでさえ怖い顔してるんだから、こんな所でぬぼーっとしてたら

ぱっと見、「ぎょっ」とするよ。

ちなみに向かって右側の山の上に見える耳のようなものは、

木の根っこのような、枝のような突起物です。

でも確かに耳に見えますね! 気がつかなかった!

でも、ちょうどいい目くらましになったようです(笑)

さて、問題です。


ひばりんを探せ~!

この画像のどこかにひばりがいます。

さて、どこでしょうか?

さぁ、そこのPCの前にいる、良い子のみんな!

画面に向かって「ひーばーりーん!」って呼びかけてみよう!



………




あっれ~?

声がちいさいぞぅ!

さぁ、もう一回!

せぇのぉ~!

「ひーばーりーん!」

北海道息吹兄弟姉妹連合関東支部集会?











烈君がいつも遊んでいるというドッグラン。

とっても良いランでした。

一面芝生なので泥だらけ・砂だらけになる心配がないし、

緑に囲まれている環境なので、なんとなく癒されるランでした。

我が家のわん達も、初めての場所・初めてのお友達に興奮気味。

一番キレて走り回っていたのは良太郎だったような気がします。

裕次郎もアッシュにぶつかり稽古をしてもらったり、

ヒマワリちゃんにプロレスごっこをしてもらったりと、

裕次郎がわんと絡んで遊ぶ姿は久しぶりに見たような気がします。

いつもの散歩広場では、走るかボーッとするか…なので、

もう年齢的に、絡んで遊ぶのはしなくなっちゃったのかな、と思っていました。

でもこの日はきっと、裕次郎も相当楽しかったのだと思われます。

良太郎はいつものように、わん達だけでなく、知らない人達に愛想を振りまいて、

気がつくと遠くで、他人の家の子になっちゃったかのように可愛がられていました。

ひばりも初めてのお友達とも仲良く遊んでもらってました。

特に写真に写っている茶色の男の子がたいそうお気に入りらしく、

常にチョッカイを出しては遊びに誘っていました。

ひばりが自分からチョッカイを出すなんて、珍しいんですよ~。

まき子はひまわりちゃんのパパ・ママにおなかをなでてもらってご満悦。

このドッグランはいくつもランがあって、何箇所か移動して回りました。

蛇が出ると聞いていたのですが、結局蛇には会えず。

みんな疲れきって、トロ~ンとするまで遊び倒しました。

なので、最後の集合写真は先日の川遊びの時と違い、撮り易かったです。

そしてこのランの閉園ちかくまで遊んで、皆さんとお別れして帰宅しました。

帰り、車に乗ってすぐに四匹は夢の中…。

エアコンガンガンなので、良太郎は大きい三匹の隙間にハマって、

暖かそうにして眠っていました。

きっと今日一日の楽しかった事を夢にみてるんでしょうね~。

みなさん、ありがとうございました。

また是非、第二段、開催しましょうね♪

北海道息吹兄弟姉妹連合関東支部集会?











昨日、やっと、念願叶って、兄弟姉妹の再会が果たせました。

千葉に住む烈君がいつも遊んでいるというドッグランで集合しました。

ひばりは、リンク君とは何度か会っていますが、

烈君とは羽田空港以来、ヒマワリちゃんは北海道の実家以来の対面となりました。

烈君は毛がフサフサしてて、毛質も柔らか。

毛が長いタイプのマラミュート、という感じです。

ヒマワリちゃんは、ハスキータイプの女の子でした。

でも女の子のハスキーでこのサイズなら、大きい方でしょう。

ドッグランに入って、烈ママが用意してくれていた、烈君専用の水飲みようバケツ。

このバケツ番をめぐって烈君とリンク君がバトル開始…

でも様子がなんか変。

烈君はリンク君にホレてしまったようで、この日はずーっと「リンク命」でした。

あまりのしつこさにリンクが本気でガウガウ!烈君もガウガウ!

本気の喧嘩に発展するかも?という事も何度かありましたが、

いい頃合でガウも収まるし、ガウっとされてる烈君はなんだか嬉しそう。

ソーマと裕次郎の関係と全く同じで笑っちゃいました。

ただし、このガウガウで、バケツをひっくり返して、

守っていたはずの水や氷がなくなっちゃった…

という本末転倒な事態が何度かありました。

そして、嬉しかったのは、ヒマワリちゃんとひばりが思った以上に似ていた事です。

前々からヒマワリちゃんのブログを見て、「色違いのひばりだなぁ」

と思っていたのですが、実際に会うと、見た目だけでなく、

ふとした表情とかしぐさとか動きがソックリでした。

ランで走っていると、どっちがどっちだかわからなくなるくらい。

ヒマワリちゃんのパパもママも

「ヒマワリだと思って目でおいかけてたら、ひばりちゃんだったよぉ」

と、私と同じ過ちをしていました。

体格もウエストとかお尻の曲線が二匹とも女の子らしくて似てました。

もうすぐ11ヶ月。

やはり四匹比べると、男の子と女の子の差がくっきり出てきましたね。

体格では、烈&リンクはがっちり、ヒマワリ&ひばりは丸くてしなやか、

という感じでした。

そして性格も、男の子は元気一杯、女の子は一足お先に大人になってしっとり…

そんな風に、違いが現れてきてました。

途中、裕次郎と烈君がマジモードの喧嘩をしてしまいましたが、

一度ガウってしまった後は揉め事なく遊んでくれました。

まったく、裕次郎は気難しいオッサンになったなぁ。

烈君、ごめんね。

でも兄弟のパパ・ママだけでなく、このドッグランにいた飼い主さん達は、

犬のガウに動じない飼い主さん達ばかりだったので

私達は涙が出るほど嬉しかったです。

?に続く。