FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ
2018年12月22日永眠しました。


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

カワイイ。それだけ。

昨日、生協で買ったヨーグルトを食べようと蓋を開けたら、


蓋にヨーグルトが一滴もついてなかった!

これ、地味だけど、すごくないか?!

と思わず写真撮って、
しかも旦那が帰ってくるまで捨てずに残しておいて、
帰ってくるなり 「見てコレ」 と自慢してみたら、
「え、これ、すごくない?」 と同じようにビックリしていた。
「だよね? これ、すごいことだよね?」 と確信したのだけれど、

ヨーグルトの蓋の内側にヨーグルトが一滴もついてなかった。
これ、すごいことで合ってますかね?



さて、そんな私たち夫婦は、ミス&チルに癒される毎日。
181128004.jpg
チルちゃん、前足カワイイ♪


お顔くっつけてカワイイ♪
181128005.jpg
ミーの顔が潰れ気味なのもカワイイ♪


チルがミーの首に前足をまわしてるのがカワイイ♪
181128006.jpg


↑を別角度から。
181128007.jpg


でもこうして無防備にカワイイ姿で寝ていると、
旦那が2匹に、
「かわいいーーーー♪」 と言って、むぎゅーーーーーーっ とします。

そして旦那が むぎゅーーーーっ とした後の2匹は、
自分の体を舐めまくります。
汚された! とでも思うのでしょうか、旦那が触った場所を重点的に舐めます。
お互いに舐めあったりもします。

そんな2匹を見て、旦那はまた むぎゅーーーーっ とします。
そうなるともう2匹はぴゃーっと散ってって、
各々、別の場所に避難して、体を舐めてます。

旦那は、猫に対する愛情表現が不器用なために、
逆に嫌われてしまうタイプのようです。



撮りまくってるので溜まっていく一方の写真。
ブログに載せればいいんだけど、パソコンの調子が悪いので、
ついつい億劫になるんだよなー。

ミス&チル一周年!

早いもんだ~。

我が家にミス&チルが来て一年よ~。


ちょうど去年の今日。
まきと文太と、いつものお山に散歩に行ったその帰り道。

もうすぐ山道終わりますよ、というお山の出口の辺りで、
車の前をサササーッと横切った仔猫二匹。

今、思えばその時、私の頭の中で

♪チュクチューン♪


東京ラブストーリーのあの曲が響いてたわね。

あの日あの時あの場所で君に会えなかったら~

本当。
ラブストーリーは突然だったわね。


あの時からミスとチルにメロメロの暮らしが始まった。

我が家に来て三日目の写真。
181106224.jpg

保護してすぐにカメラ向けたら、
怖い思いをさせてしまうと思って、
落ち着くまでは写真は撮れなかった。

最初の何回かは、手を差し出したら、
いっちょ前に「シャーッ」と唸ったりもしたけど、
か弱い仔猫のか細い唸り声なんて、カワイイとしか思えないしね。

あっと言う間に警戒心も解けて、慣れてくれたミス&チル。


あ、あれ?チルちゃん、こんなにやさぐれてたかしら?
181106223.jpg


ちっちゃかったんだよぉ。
181106222.jpg


カワイイよぉ。
181106221.jpg


一週間くらい経った頃から徐々に部屋に放してった。

181106225.jpg
放ってすぐは、この机の下が安心する場所だったみたい。


トイレは、猫砂を置いただけで、教えてないのにちゃんとしてくれて、

この子たち、天才だわ!

って思ったもんだ。
(はい。習性ですね、はい。)




この帽子。
181106111.jpg
山道でミスとチルを保護した時、何も持ってなかったので、
その時被っていた帽子に二匹入れて、抱えて車に乗せたのです。


ね、チーちゃん、覚えてる?
181106113.jpg
・・・わけないか。


この頭の部分に二匹を入れてもガバガバの余裕があるくらい小さかったのにね。
181106118.jpg
今は一匹でも入らないくらい大きくなったもんね~。



かぁちゃんとぉちゃん大好きな元気でいい子に育ってくれたよ。
(知らない人が来ると逃げちゃいます。)


三味線の練習してても容赦なく膝の上に乗ってくるミス&チル。
181106115.jpg
練習しずらい・・・。

ミーチルの甘い誘惑に負けないように・・・
そのまま練習を続けます。

ミーが三味線の糸をカブッとな。
181106116.jpg
ギャー Σ(゚д゚|||) それはやめてーーー!
案外いい音を奏でてたけど!

ま、そんなこんなもカワイイのですよ。うふ。




ふたりは本当に仲良しで、
181106003.jpg



181106002.jpg


181103005.jpg


181103006.jpg


181106001.jpg


181106004.jpg

二匹一緒に保護できて良かったな~と思うのです。
今でも少し気に掛かるのが、他に兄弟姉妹猫はいなかったのかな?ということ。

たとえばミス&チルの他にも一緒に捨てられた子がいたとして、
その子だけ取り残してしまっていたら、それは本当にかわいそうな事なわけで。
それが一番恐れる事なので、、
保護当時、ちゃんと周りを確認して、翌日も見回りに行って、
それからしばらくは、散歩でその道を通るたびに、
よーく見ながら運転して、他に仔猫がいないか確認したので大丈夫とは思うんだけどね。


ミスとチルの正確な誕生日は分かりませんので、
私とミス&チルのチュクチューンの日、
2017年11月6日を誕生日にしよう!


181106114.jpg
あぁ、カワイイ・・・。
これからも元気に育っておくれよ。



ミス&チル、誕生日、おめでとう。

そして。

あの時、私の車の前を横切ってくれて、ありがとう。

邪魔されるシアワセ

旦那の仕事の領収書等々の整理をしていると、

領収書BOXに入るミー。
180701001.jpg
無理でしょーと思ったのに、案外ジャストサイズ。

ミーちゃん・・・かぁちゃんは領収書をね・・・
180701002.jpg
ミー 「え? この箱、アタシのために用意してくれたんじゃないの?」

はよどいてくれー 
なんて言いつつも、カワイイからしばしそのままにしてみる。




そして。
梅作業をしていると、さっそくチルがやってきて、


チル 「ねーねーこれなに?」
180701003.jpg


チル 「ねーねーなにしてるのー?」
180701008.jpg

この梅でね、梅干しと梅シロップを作るんだよ。

チル 「ねーねーそんなこといいから遊んでーー」
180701006.jpg

んー、今はちょっと手が離せないな~


チル 「じゃあ抱っこー」
180701004.jpg

ごめんよー、抱っこも無理だな~


チル 「ねーえー構ってってばー」
180701005.jpg

ん~ごめんよ~今は無理なんだよ~


とチルの要求を無視続けた結果。


私の肩に飛び乗ってきたチル。
180701007.jpg
チルご満悦。

おばぁはこのまま梅仕事を続けましたとさ。


邪魔されるシアワセ。
猫の飼い主あるある。




チル、落ちる。

チル、膝の上で毛づくろい中。

180417001.jpg
足をピーンと上げて器用にバランスとってます。


前にいた天ちゃんは体が硬かったのか、お肉が邪魔してできなかったのか、
はたまたアイツはやっぱり猫じゃなかったのか、
足をピーンと上げて毛づくろいとかしなかったので、
こーゆーのを見ると、あぁ、猫を飼ってるんだなぁ、
と、しみじみ思う。


ミーもそんなチルの仕草に興味津々ね。
180417002.jpg
ミー 「チルちゃん、器用だね」


するとなぜか、猫パンチの応酬が始まる。
180417003.jpg


でもこれは、チルの分が悪いか?
180417004.jpg
がんばれ、チル!
思わず私の腿にもチカラが入る。


結局、チルはこの後、
180417005.jpg
ミーのパンチ炸裂とは関係なく、クネクネクネクネし過ぎで膝から滑り落ちていった。



こんな二人を見てるのがとってもシアワセで、
やっぱり家猫として暮して欲しいなー、と思うのだった。

チル、もうちょっとで届くよ。

鴨居に掛けてある帽子がどうしても欲しい!


ジャンプ!


よっ。
180310001.jpg



また届かなかった!
180310002.jpg




もうちょっとなのに!
180310003.jpg


今朝も届かなかったチル。
明日は届くかな?

・・・じゃなくて、いい加減、帽子しまってね、旦那。
もうとっくに乾いてるから。



昨日は雨上がりの散歩でした。
180310004.jpg


空気が冷たい~
180310005.jpg


今朝も起きたら一面真っ白の雪景色にビックリ。
聞いてないよー。
今はすっかり晴れてキレイな青空で雪もとっくに解けてなくなって一安心。
雪道運転はしたくないんだもん。