北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事

手術の前の検査。

私が6月に子宮・両卵巣摘出手術してからもうすぐ3ケ月が経とうとしてます。

誰かのお役に立てればいいな~と、
ブログ記事に残そうと決めてからも3カ月が経とうとしておる、という事ですね。
全然、書いてませんでした!
そして徐々に忘れかけている!
なので思い出しながら、書いてみようと思います。
説明・文章のみになりますので、興味ない方はスルーで。

今日は、私が受けたPET-CTという検査について。

詳しい事はネット検索していただくとして、簡単に言うと、
特殊な薬剤を体内に注入して特殊な機械で見ると、
がん細胞だけが画像に光って写る、というもの。
つまり、体のどこにがん細胞があるのかが、
画像でパッと見でわかる。

私の場合は手術する前に、
「子宮以外にがんが転移してないか?」を調べた、ということです。

この検査の前日から、筋肉を使う作業はしてはいけないそうです。
草むしりもダメでした。
そして、検査入り6時間前から絶食 (水のみ可)
検査入りしてから退出まで3時間。
つまり9時間は水のみで過ごすことになります。

病院に着き、受付を済ませたら、婦人科ではなく、
直接PET-CTの検査室へ。
この検査室に入室したら、検査が終わるまで約3時間、退室できません。

検査室で検査の流れの説明を受けます。
検査着に着替え、その後、いよいよ検査開始。
特殊な薬剤を注射投与し、それが全身に回るまで、
1時間安静にします。キッチリ1時間。


この、キッチリ1時間、安静にしてるために、
2畳くらいかな?の個室に入ります。
この2畳くらいの個室にはリラックスソファと時計と、呼び出し用の電話機があるのみ。
ただただソファに座って、なるべく姿勢も動かさず、足も組まず、
なるべく全身の力を抜いて。リラックスして座っていました。
本を読むのもダメです。ページめくったり、姿勢動かすのがいけないんだとか。
筋肉を使うから。
この個室に入る時に500mlの水を渡され、その1時間の間に飲み切ります。
そして一時間後、尿を排泄します。
(この一時間は動いちゃいけないからトイレは我慢しなきゃいけないんだけど、
どうしても我慢できない時はトイレ行っていいそうです。)


9時間水のみよりも、この微動だにしない1時間の方がしんどい~
トイレもダメなんて!
と思ってましたが、これがまた!
置いてあったリラックスソファの座り心地の良いこと!

クッションは適度にフワフワして体にフィットして安心のホールド感だし、
座るだけで、座面と背面が適度な傾斜を保ってくれる。
(レバーを使って自分で角度調節とかしない)
オットマンに足を乗せて、ゆったりとリラックスできるソファで、
静かな狭い空間で、全身のチカラを抜いてボーッとしてたら、
一時間なんてあっという間でした。
緊張のせいか、眠りはしなかったけど、
居心地よくて、むしろもう少し座っていたかった。

キッチリ1時間すると、電話が鳴って、別室に移動するように言われます。
まるでカラオケボックスの
「お時間になりますがいかがしますか?」 の電話みたいで、
思わず 「延長でお願いします。」 と答えてしまいたくなりました。

こうして特殊な薬剤を全身に回らせたところで、
いよいよ特殊な機械で全身を映します。
ベッドに横になって、ドーム型の中にするすると入っていく、という、
よく見る、あーゆーやつです。

きおつけ!の姿勢で超・幅広のマジックテープみたいなので、
体を固定されてベッドに横になってたら、
前日からの緊張が緩んだのかウトウトしてしまい、
「はい、終了ですよ~」の声にハッと気づき、20分くらいの撮影は終了していました。

その後、30分くらいまたあの個室でゆっくりしてから、検査終了。
結果は1週間後なので、この日はこれで帰宅。

検査が終了してから24時間くらいは赤ちゃんを抱っこしたり、ペットを抱っこしたりはダメ。
なるべくなら人混みも避けた方がよいらしいです。
ごくごく微量ながらも放射能物質がまだ体から放出されてるからだとか。


慣れない検査でものすごく緊張したけど、
検査技師さんも看護師さんもとても丁寧で、
リラックスソファで過ごす静かな1時間がVIPになった気分で、
終ってみれば、こんなもんか~っ感じでした。

検査終了後、安心したらものすごい空腹感に襲われました!
というか、そうだ私お腹すいてたんだ!
って急に思い出した、と言った方がいいな。
近くのコンビニに入って (なるべく人に近寄らないようにして)、
サンドイッチやらパンやら買いこんで、イートインコーナーで
貪り食いましたよ!
喉に詰まらせながら、ワシワシっと食いましたよ!
味なんか分からないかった。
とりあえずは一つクリアしたけど、
まだまだハードルは続くと思って、味覚がマヒしてました。
ただただお腹に何か入れたかった。
人間なにがあっても、とりあえず食べるということはするんですね。


1週間後のPET-CTの検査結果で、他に転移はないとのことでした。
とてもよくキレイに撮影できてましたよ、と先生に言われ、
なんだか褒められたような気になったりして。

大きな病院で初めての検査、やっぱり緊張するし不安にもなります。
でも、病院に行けばたくさんの人がいて、なんかあるから病院にいるわけで、
そして私も、これで終わりじゃなくて、あくまでも手術する前段階なわけで。
みんな何かしら抱えているんだな~と、ぼんやりと思ったりしました。

また思い出しながら記事にしていこうと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

手術のはなし。

今回は、私が子宮体がんと診断されるまでの話を書こうと思います。
女子じゃないと分からない話、女子でもなんだか分からない話にもなります。
長くなりますけど、興味のある方は読んでください。


2月。
市から配布される子宮頸がん検査のクーポン券で、
子宮頸がんの検査をしたのが、きっかけといえばきっかけです。

頸がんの検査のちょうどその頃、
たまに不正出血する時があったので、その旨を先生に相談しました。

実は私は、少し前から不定愁訴があったため、
定期的に婦人科に通っていまして、
自分の体の変化をちょくちょく担当の先生に話していました。

不正出血は、昔からたま~にありました。
しょっちゅうではないけど、たとえば排卵の時期とか?
ずーーっと前、若い頃に行った婦人科では、
「不正出血? ふふん、そりゃ不正出血するときもあるでしょ。」
と鼻で笑われ軽くあしらわれたたこともありました。

なので今回も、一応、という感じで話しました。
ピルの服用もしていたので、その関係かな?とも思ってました。
でも担当の先生は、「え?!不正出血・・・?」 という感じでした。
んで、頸部だけでなく、体部もキチンと検査しときましょうか、と。
(この細胞剥離?の検査が痛いのなんのって!
 また今度別に記事にしようかな。)

結果、頸部には異常はなかったけど、
体部に異形成細胞があり、「子宮内膜増殖症」と診断されました。


子宮内膜増殖症は、子宮内膜症とは違うもので、
詳しくは各々検索して頂くとして(笑)

担当の先生の話だと、子宮内膜増殖症は大きく4タイプに分かれるらしく、
私はその中で、がん化するタイプのやつ、と言われました。
言い方を変えれば、がんの前段階の状態、と。
がん化する確率は30パーセント。
10人に3人ががんになる、ということですね。
私の、年齢とか子供は産まない、などの事情を考慮すると、
子宮全摘出した方がいいでしょう、とのこと。
卵巣は残すので、ホルモンの心配はないですよ、と。


入院とか手術とかしたことなかった私は、
手術しないでいい方法は? とか、
私はその7人の側にならないもんですかねぇ? とか言って、
なんとなーくゴニョゴニョ濁していたら、


いますぐ緊急に手術!ってものじゃないけど、
来年まで様子見してていい、というものでもありません。

と、ぴしゃりと言い切られ、大きな病院を紹介されたのが4月後半。
さっさと予約を取ってくれて、G・W明けに、
紹介された大きな病院の有名な先生に診てもらいに行きました。
(実はこの先生、そこそこ有名な先生らしい。
 なかなか予約が取れないんだそうな。※同部屋のご婦人談)


その時私は、もう子宮全摘出の覚悟で行ったんですけどね、
その有名らしい先生はまず開口一番、
摘出するかしないか、どうします?と。。。
え?そこからですか?


有名らしい先生曰く、まだ、がん化してないから、
摘出しないで様子見で、定期的に検査するってのもあり。
ただ私は、ちょっとした事情でMRIという検査ができないので、
そうなると定期的な検査が人より面倒な検査になるので、
年齢諸々を考えると、今のうちに摘出しちゃった方が、
今後はラクですね、と。
さらに、
「卵巣嚢腫もあるから、手術するなら腫れてる卵巣も一緒にとっちゃった方がいいよ」
と、サラ~ッと、本当にサラ~ッと、さざ波のように言われました。


え?子宮摘出しない道もあるの?
卵巣嚢腫は聞いてたけど、様子見でいいって話だったのに、
取った方がいいの? 
もう頭がグチャグチャ。

摘出するにしてもしないにしても、判断材料が少なすぎる。
こんな短時間に決断なんてできるわけない。
この先生に同じ検査してもらって、この先生の診断を聞かないと。
ということで、その有名らしい先生に
もう一度、あの痛~い細胞検査をしてもらいました。

ただ、手術の予約はすぐ埋まってしまうということで、
もし手術するなら、さっさと手術して早くスッキリしたかったので、
決心しないまま、とりあえず一番早い日程の手術の予約だけ押さえてもらい、
摘出するかどうかは、宿題にさせてもらって、その日は帰宅。


そして細胞の検査結果を聞きに行ったのが5月半ば。
結果、子宮内膜増殖症ではなく、子宮体がんと言われました。
つまり、すでにがん化してる細胞があった、と。

この検査結果で、子宮も両卵巣も摘出することになりました。
で、先に予約してた日程の通り、6月23日に手術を受けました。

私が子宮内膜増殖症と診断され、体がんと診断されてから、
あえてネットで検索したり調べたりしませんでした。
情報が入り過ぎるのも、なんか怖かったので。
ただ、子宮全摘出した経験のある友人にだけ、
手術についての話は聞きました。
(友人S、あの時はありがとー。)
やっぱ、人の体験談って、励みになるんですよね。
心強くなれるし、リアルに必要な物とか病院のこととか教えてくれるし。

でも結局、入院間近になってから、検索しちゃってたけど(笑)

そして、子宮内膜増殖症って診断された人の話って、
あまりなかったような気がします。
「内膜増殖症」で検索してるのに、いつのまにか「内膜症」の話になってたり、
「子宮筋腫」の話になってたり。
ただでさえデリケートな話で、人に言いたくないって人もいるんだし。

なので、私の記事が誰かの検索に引っ掛かって、
体験談として誰かの参考になればいいな、と思って書いてみました。
だいぶ大雑把にだけど。。。


入院のこととか手術のこととか退院後のこととか、
思い出しながらちょくちょく書いていこうと思います。