FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家借家生活を経て、
標高1260の山の家で暮らしています。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ
2018年12月22日永眠しました。


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事

ダラダラ

12月まで、わりと忙しく働いて、
仕事が少し落ち着いた1月は、体を休めようとノンビリと・・・
していたら、気が付けば2月。
ノンビリし過ぎて、なぁんにもやる気が起きないです。

グータラし過ぎか?ヤバイか?
と思っていたけど。

こうして文章にしてみたら、
なんだ。まだ1月の一カ月しかグータラしてなかったわ。

じゃ、2月からエンジン掛け始めればいいや。
と思い至りました。



私はスロースターター。

ね、ミーちゃん。
いい顔。

暖冬。

気がついたらもう一月も数日で終るんですね。
去年は更新ままならず、それでも訪問してくださった方々、
本当に、本当にありがとうございました。

今年ものんびり更新になると思いますがよろしくお願いします。
新しくパソコン買えたら、もっと更新するようになると思います。
でも、買えないだろうなぁ・・・。



今年の冬は暖かい!

とはいえ、雪も、たまに降ってます。
降ってますが地熱が暖かいせいか、よほどの日陰以外はすぐ融けます。
ありがたや、ありがたや。

と思っていたら、明日から大雪の予報・・・。
どうか、積もりませんように。
積もっても、すぐ融けますように。


薪ストーブの前で、だら~~~とするミス&チル。
200126002.jpg
相変わらず、かわいくてかわいくてそして元気です。

避妊手術をしなきゃな~と思いつつ、なんやかんやバタバタしているうちに、
年が明けてしまって。

それに、いまいち避妊手術に踏み込めない。
私が、まぁ、同じような手術を経験しているので、
術後のあんなに痛くてツライくてしんどい思いを、
こんな小さな体のミーチルにさせるのかと思うと・・・

それに、ひばりの事があるので、麻酔がいったいどんな影響があるのか、
癲癇とか・・・なにか後遺症が残ってしまったらどうしよう・・・とか。
ひばりは、麻酔が原因ではないとは思うんだけど、
避妊手術の時の麻酔がトリガーになってないとは言い切れない、とか言われたし・・・

等々・・・色々考えてしまって踏み込めない。
ま、今後のことを考えたら避妊手術はした方がいいのだろうけど。。



こちらも、相変わらずな文太。
200126001.jpg
ほとんど寝て過ごしているけど、ご飯前だけは元気にウロウロしてる。
ご飯前にウロウロする元気はあるくせに、
トイレで外に出すと、足元がフラついて、長く歩いていられないみたい。




先月に始めた短期バイト、期間延長という話になり、今も通ってます。
津軽三味線、買いたい。
ジムニーもキレイに塗装し直したい。
乗りたいバイクもある。
旅行もしたい。
お店も出したい。
頑張って稼ごう。


行って良かった!

今月だけの短期バイトを始めたので、最近はちょっと忙しい。
去年からお世話になってるカーネーションのバイトと掛け持ち。
とはいえ、カーネーションバイトもシーズンが終わり、
来週からは仕事がなくなるでしょう。
そしたら短期バイトに集中できるから、ちょうど良かったな。



そんな忙しい毎日の中、昨日は東京ドームへ。

191220004.jpg



UVERworld のライブ!

191220005.jpg

ウーバー好きになったのはいつからだったかな?
と、このブログの過去記事を見直してみたら、今年の二月に記事にしているので、
まだ10カ月、というところですね。



数少ない私の周りの人間でウーバーを知っている人はいなくて、
もちろん、一緒に行ってくれる人もいないので、
旦那についてきてもらうことに。

その旦那が、25歳の仕事仲間に、
今度UVERworldというバンドのライブに行く、と言ったら、
「ウーバー行くんすか?若いっすね!」
と言われたらしい。


生歌を聴いてみたいな~
ま、どうせチケット当たらないだろうし、申し込むだけ申し込んでみるか。
と気楽に申し込んでみたら、なんと当選してしまったたんだけど、
(こうなると、申し込んだ人みんな当選か?と邪推してしまうのだけど。)

アラフィフBBAがウーバーのライブ行って楽しめるんだろうか?
若い人たちのノリについていけるんだろうか?
カツアゲに遭ったりしないだろうか?
オヤジ狩りに遭ったりしないだろうか?
(なんちゅう偏見だ)
と、軽く怯んでいたけれど。



すっっっっごい楽しかった♪


ウーバー好きのきっかけとなった曲、PRAYING RUNも歌ってくれた~。
「全部やって確かめりゃいいだろーーー!」 とみんなで叫ぶのがこの曲の楽しいところ。

聴きたかった曲たくさん歌ってくれたし、
もちろん、知らない曲も何曲もあった!
なので、これからたくさん聴いて、次、ライブ行けることがあったら、
もっと全力で乗れるように勉強しようと思います。



席が、二階の一列目だったんです。
二階の一列目は、立つのがダメで、ずっと座って鑑賞しなくちゃいけないのです。
それが逆に、腰が弱い旦那にはちょうど良かったみたいで、
「罪悪感なく座って鑑賞できたからラクだった」
だって。
初めててでノリがよく分からなかった私にも、良かった部分もありますが、
やっぱり不完全燃焼気味だったな~。


公演終了後、撮影許可が出たので、撮りました。
191220006.jpg


ひとり一つずつ、客席にライトが用意されていて、
191220007.jpg
このライトは無線で制御されていて、自分で好きに点けたり消したりできないんたけど、
客席に光がパーッと広がって、色々な色と形に変化してて、
演出がとても綺麗でしたよ~。


客層はやっぱりみんな若くて、ヘタすりゃ、いや、しなくても、
私の子供って言ってもいいくらいの年齢の子ばかり。

髪の毛の色が、赤とか青とか緑とかも多くて、
そしてそれがすごく似合っててオサレなんだよな~。

私よりも明らかに年上または同年齢、という人は見なかったです。
私が見た限りでは、ね。

男性のファンが多いからか、若いからか、
歓声が、ミスチルとかB'zとは、ちょっと違ったかな。
ものすごい、重低音というか、轟音、というか。

始まる前、まだメンバーが登場する前から、
この図太い歓声が、ゴゴゴーーーッと広がって、
始まる前からこの盛り上がり?!
とビックリするとともに、ワクワク!!

そしていざメンバーが登場すると、更にその轟音のボリュームが爆上げで、
お腹にずどーーーーーーん!と、響く響く!


ボーカルはすごく声が出てて歌が上手い!
CD通りの歌声!

なんだけど、途中からちょっと声が厳しくなってきているように感じた。
MCの声がうわずってきていたし、
最後の方は、声が出なくなってたみたいでした。

それを見て、
やっばり、桜井さんとか稲葉さんって、スゴイんだな~と、
改めて感じましたよ。
あの2人は、最後の一声までCD以上のクオリティの声が出てるし、
なんなら、最後は必ずマイクなしで、
「ありがとー」とか叫んでて、それがちゃんと客席まで届いてるもんな。


とはいえ、UVERworld、とっても楽しかった!
またライブ行きたい!




我が家のミス&チルは、元気ですよ~。
191220001.jpg


191220002.jpg


191220003.jpg
仲良くバトル。


文太も相変わらず。
ホントに、相変わらず。
191220008.jpg
相変わらずなのはいいこと、だね。


最終。久しぶりの一人船旅は、何かを取り戻せた感。

御蔵島イルカスイム旅行。


実は、今年の初め頃には、
「今年はイルカと泳ぎに行く。」
と目標設定していました。
それが思いがけない引っ越しやら、なんやかんやあって、バタバタしてて、
目標を見失いかけていたのだけど、
なんとか計画を立て、予約もした。
そこに台風19号。
あー、もう今シーズンは無理かもと思っていたけど、
諦めず行って良かった。


久しぶりの一人船旅は、
楽しみだけど、反面、緊張して不安で、吐きそうだった。
前日の夜には、
「なんでこんな計画を立てちゃったんだろう」
とか、
「旅行するより家でボーッとしてた方がラクじゃん」
などと憂鬱になったし、
一人旅に、こんなに不安になってる自分が情けなかった。

なので、
10年もずっと山梨に籠ってた主婦なんだからしょうがない!
何度も行ったことある御蔵島じゃん。
そうだ、たかが御蔵島一人旅だ!
みんな簡単に行ってるさ!
イルカが待ってるしね!
と自分に言い聞かせた。


で、いざ旅行が始まると、
バックパック背負って歩いてる自分が嬉しかった。

そして久しぶりに、海好き・イルカ好き・島好き・旅行が好きな、
面白い人達に囲まれて、いろんな人と話して、
すごく楽しかった!
すごくワクワクした!
なんか、しっくりきた。

山梨に移住してからの10年間にはなかった、
久しぶりの感覚だった。

そして、安心した。
上手く言えないけれど、
あ、私、いいんだ。
みたいな?
取り戻せた、
みたいな?




10年以上ぶりに奥底から引っ張り出したバックパック。
191104040.jpg
愛用してて使いやすいんだけど、もう中がボロボロ。
今度はキャリーケースの方がいいかな。

帰ってきてから荷物の片付けをするのがまたセツナイのよね~。

次はどこに行こうかなー。
いや、その前に、また働いてお金を貯めなきゃいけないんだけども。

そして、気持ち良く「行っておいで~」
と言って送り出してくれた旦那にも感謝してるよ。



また御蔵島に行きたい。
他にも、いろいろ、行ってみたいな。


☆☆☆最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。☆☆☆



其の四。御蔵島最終日、イルカは!

昨晩も興奮してるのか、あまり眠れなかった。
っていうか、暑かった!

10月後半だから寒々しいかと予想してて、
なんなら電気湯たんぽまで持っていってたのに全く必要なかった。
長袖しか持ってない私は、久々に暑さで寝苦しい夜になってしまった。
山梨の山の家の気候を基準に考えちゃうのが良くないんだろう。

でも!
海が昨日と違ってすごい穏やか!
凪!

これはイルカ、行けるでしょう!

昨日、会えなかったぶん、今日は会いたい!

午前のイルカスイムは、朝ごはんの前に行くのです。
でも大丈夫!空腹なんて全然、感じないよ!

船が出ると早速、イルカ~~~!

この日は群れがたくさんで、しかも一つの群れの頭数が多い!
どの群れを目指したらいいのか、船長さんも迷うくらい。
船がイルカに囲まれてる状態。
前後左右、あっちにも背びれ、こっちにも背びれ、遠くにも背びれ。
さぁ、どうする状態。

なんだけど!

初日のイルカのフレンドリーさとは打って変わって、

191104039.jpg
素通り・・・。


すぐ近くまで来てくれるんだけど、
191104038.jpg


191104037.jpg
素通り・・・。
※Kちゃん撮影

こんな時は、イルカは寝ているのかもしれない、らしいですね。
イルカは脳の半分ずつ寝るので、
起きている方の脳で障害物を避けて泳ぎながら寝るらしい。

何度か潜って誘ってみたけど、ダメだった。

それでも、海底の砂地に体をスリスリしながら楽しそうに泳ぐイルカとか、
親子のイルカとか、
ちらっとだけくるくる泳ぎしてくれるイルカとか、
野生のイルカを眺めていられるんだから、
楽しいったらありゃしない!

こうしてイルカだらけの海を十分に堪能させてもらい、
楽しい時間はあっと言う間に終了。


イルカスイムが終わって陸に帰る時、
イルカたちが私たちの乗る船の通った後にできる引き波で遊んでいたので、
その背びれに向かって、
ありがとーーーまたねーーーー
と手を振ってお別れ。

ほんと、また来るから、その時まで元気で!
また遊んでね!!

宿に戻って、お風呂に入って体を温めて、
朝ごはん兼お昼ご飯を食べて、
荷物のパッキングとか清算とか船のチケット買って、
バタバタしているうちに、帰りの時間が近づく。


この日は凪で橘丸も無事に寄港。

港に入ってくる橘丸。
191104031.jpg
あーあ。本当に帰っちゃうんだな。
いや、こうして予定通りに、船で無事に帰れるのはいいことなんだけど。


お世話になった宿の皆さんにお礼を言って、船に乗り込む。
あーあ、帰りたくない。


191104032.jpg

手を振る島の人たち。
離れて行く御蔵島。
イルカの棲む海からどんどん遠ざかる。

47歳初老のおばちゃんはもう涙腺ヨワヨワだからさ、
うっかり泣いてしまった。
「ダメだ~こういうの」
って言いながら泣く私をみて、
「うそでしょ?泣いてんの?!」
なんてビックリしてた周りの人達も、
「やだー!もらい泣きしそー」
なんて言ってウルウルしてた。

泣いたっていいじゃない、人間だもの。
それだけ楽しかったってことよ。


遠ざかるあの海で今もイルカたちは泳いでいるんだよな~
イルカたち、みんな元気で、いつまでもここに棲みついててほしいなぁ。
あぁ、イルカかわいかったなぁ、
あぁ、イルカ・・・

なんて思いながらふと見ると、船の上にイルカが!
私、とうとう幻覚が見えるようになったか?
と思ってたら、イルカの被り物を被った人だった。

なんか楽しそ~。 
191104033.jpg
こういう遊び心の余裕がある旅行できる人っていいね。
記念に写真を撮らせてもらった。

被りますか?と薦められ、

私も御蔵島のイルカになった気分で、
191104034.jpg
御蔵島をバックに。
のんべえイルカ。
私がイルカだったらきっとこんな感じだろうな、という一枚になった。


この後しばらく甲板で、私はビールを数本飲み、
Kちゃんにいたっては、竹芝到着寸前まで缶チューハイを飲んで過ごした。


船の上で見る夕日。
191104035.jpg


幻想的だね~。
191104036.jpg


こうして海と空を眺めながら、ほとんど甲板で過ごしていたら、
あっと言う間に竹芝桟橋に到着。

船は全然揺れなかった。
酔い止めは一応、飲んでおいたけど、飲まなくても大丈夫だったかも。


竹芝に着いて、みんなでJRに乗って帰宅の途に。
それぞれが自分の家に帰って、日常生活がまた始まるんだね。

私は新宿から特急あずさで山梨へ帰った。

こうして御蔵島旅行は、無事に終ったのでした。

つづく。。。