北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事

29日いよいよ帰りの日  






とうとう最後の日

去年行けなかったからと、いつもより長めに滞在した今年の小笠原旅行。

やっぱり長いかな?と思っていたのに、あっと言う間に時は過ぎていきました。

おがさわら丸が出るまでは、荷造りしたり買い物したり。

そして裕次郎はラストスイムです。
またしばらくはこの青い海とサヨナラ。
しっかり味わっておくんだよ、裕次郎。

出航前に、ロコレイ一家、ラン一家、マルパパにご挨拶しました。
いっぱい一緒に遊んでくれてありがとうございます!
また一緒に遊べるのを楽しみにしてますよ~!

おが丸の出航には、島の船が併走してお見送りしてくれますが、この日もたくさんの船に見送られ、父島を後にしました。

今回も、本当にたくさんの人達に助けられました。そのたびに、優しさと思いやりに感謝する毎日でた。

おかげさまで、裕次郎共々とても楽しめて、予想以上に充実した旅行になりました。

島のみなさん、旅友達のみなさん、お世話になりました!
ありがとうございました!

さぁ私も裕次郎も、またいつもの日常に戻ります。また遊びに行けるように、働かなきゃね。

愛犬と一緒の小笠原、プライスレス、ですよ。

島の友達  




今日は海休みの日。

近場で海を見ながら昼寝しました。

そこへ島に住むおがちゃん登場。

彼とはまだ観光客の頃に知り合い、気がつけば島民になっていて、気がつけば父島でツアーを立ち上げ、戦跡巡り・山・森のガイドとして活躍していました。

彼は独特のキャラで、普通にしゃべっていても何故か笑える、とても楽しい人です。

今日も突然現れ、とりとめのない話と細かい芸で笑わせてくれた後、サクッと帰って行きました。

そんな彼のキャラを見抜いたのか、裕次郎は最初から彼に甘えていましたよ。

こんなおがちゃんのツアー、私はまだお世話になった事はありませんが、きっと楽しいと思います。

小笠原の山・森・戦跡、そしてなにより、おがちゃんに興味のある方、
『オガツアー』いかがでしょうか?

夜散歩  


夜、寝る前に、トイレを兼ねて散歩をします。

父島のメインストリート。
夜遅くは車の通りが少ないので、車道のど真ん中を歩いちゃったりして。

リードを放して
『GO!』
って言ったらどうなるだろうか?

そんな衝動を、毎晩必死に抑える私なのでした。

ウミガメ海に帰る  






昨日、母島・石門にて。

今、小笠原はウミガメの産卵期。
夜、浜に行くとウミガメの産卵を見られる確率が高いです。
シュノーケルをしていても、産卵のために夜になるのを待っているウミガメがいたりします。

こんなに自然が残っている小笠原でさえ、開発や環境破壊の影響でウミガメの産卵場所が少なくなりつつある、と言われており、父島ではウミガメの保護活動も行われています。

一生懸命に海に帰ろうとするウミガメ。
『がんばれ、あと少し!』

と、声を掛けたくなりますね。

この時、この浜だけで、このカメ以外にも何匹か浜に上がっていました。

産卵の下見なのか、単なる甲羅干しか。

カメの一生懸命な姿を見てると、何故か切なくなる私です。

すいすい  






今日の裕次郎はたくさん泳ぎましたよ~。

前回父島に来た時よりも、ガンガン泳いでます。慣れたのかな?

ナマコのレトリーブ遊びは、ナマコのふにゃふにゃ感に戸惑いながらも、気になって仕方ない裕次郎が面白かったです。

裕次郎と一緒に泳ぐのが楽しくて仕方ないママなのでした。