FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家借家生活を経て、
標高1260の山の家で暮らしています。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ
2018年12月22日永眠しました。


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事

年齢ってなんだ?

レトロ・ジャンクショップ・アンナイカンナイが北杜市にopenして、
(宣伝っぽい文章にしてみた。)
週末のお店にいる時間は、犬も猫もない、自分の時間。

こうしてブログ書く時間も作れたりして、けっこう良い時間かも。


最近、強く思った事を書いてみたいと思います。


※ただし、毒づいている部分については「裏北犬ママ」です。
わたくし、北犬ママとは別人でございます。



とある人に対して、モヤッとする事がありました。
確かに私も悪いのかもしれないけれど、
「そんな言い方しなくても」 みたいな。
でもまぁ、イヤなら親しくしなければいいだけで、
上辺だけウマく付き合っておけばいっか~、
と割り切ることにしたんですよ。

それにその人は初対面からなんとなく、私と少し似てるな、と感じていたので、
その一件で、きっと向こうも私と同じ事を思っているんだろう、と思っていました。

そして、しばらく経ったころ。
その人と話ていたら、「出会い」とか「一期一会」について、みたいな内容になりまして。

すると、その人にこう言われたんですよ。

「○(私)さんと私がこうして出会ったのも、色んな偶然が重なってのご縁だと思うんです。
 なので、このご縁がイヤなご縁にならないように、私も気を付けたいと思うので、
 これからも宜しくお願いします。」

と。
私の目をしっかりと見て。

びっくりして、思わず
こちらこそ!
と、食い込み気味に即答した私。

その私の答えに、ふたりで あははは! と笑いあってしまったのでした。


私がモヤモヤしていたのを感じとって言ってきたのか、
向こうがモヤモヤしていたのか、
それとも何も考えず、ただ話の流れで言っただけなのか、
それは分からないけれど、

言われた私は正直に嬉しかった。

そして恥ずかしかった。
だって、向こう、私より10歳近く年下ですよ。
そんな年下なのに、向こうの方が私より遥か上をいっていた。


私はといえば、モヤモヤに蓋をし、
テキトーに付き合っとけばいーや、と心の扉をパタンと閉じてしまった。

10歳近く年下のその人方が全然オトナだった。
オトナというか、人間の器が大きかった。

私の器、ちっさ・・・。

それ以来、関係は良好(と思っている)で、
私はその人の事を尊敬しております。


そうかと思えば。


とある人に、会う直前に、

「私は、これこれこういう事はされたらイヤなので、しないでくださいね。」

と事前にお願いしておきました。


が、その人はその、「私がイヤだと思う事」 をしてきました。
しかも、悪いと思っていないようで、
逆に、説教というか、アドバイス、みたいな事をされてしまいました。



年齢は知らないけれど、私よりかなりの年上。


なるほど。
人がイヤだと言っている事をする、というのは、
あなたの当たり前なのね。
あなたの生き様なのね。



まさか、ね、と思っていたとはいえ、
その場でハッキリ言えなかったのは私の弱さ。
それは私が悪いのです。


いい勉強をした、と思いましょう。


それにしても、この方にかぎらずとも、
年齢は上でも、とても尊敬できない人、いますよね。

しかもそんな人に限って、
説教してくる。
アドバイスしてくる。
先輩面してくる。
自分は色々経験してきた面する。
でも、ホントは何も知らない。
(だんだん悪口ぽくなってきたのでここでやめとこう。)


正直、アンタが何言っても説得力ないから。
いや逆に、アンタみたいにはなりたくないって思うから。
あ、そうか、反面教師になってくれてるのね。



こんなに年上だ、年下だ、と書いてはいますけど、
私は人様の年齢を気にしたことがありません。
だって、年齢ってなんの参考にもならないでしょ。
(話のネタで世代の話をする事はあるし、聞かれたら素直に答えますけど。)


生まれてから何年経ってるかってだけで、
中身は年齢とかそういうもので計れるものではないと思うのですよ。


年下でも尊敬できる人がいる。
年上でも尊敬できない人がいる。


私は、尊敬される人になりたいとは思わないけれど、
私が尊敬できる人と繋がっていたい。

ただそれを言いたくてこんな長い記事になってしまいました~。


久々の裏北犬ママの登場でした。


御口直しに、チルのカワイイ写真をば。


ティッシュの空き箱にハマるチル。
180924004.jpg


背中の毛がティッシュみたいだよ~
180924002.jpg


って、引っ張ってみたりして。
180924001.jpg


チルちゃんティッシュ、もったいなくて使えないわ~。
180924003.jpg




最後まで読んでくださってありがとうございました。

インフルフルフル毒吐きます。

大人になってから、インフルエンザなんて初めてではなかろうか?

あんなにシンドイんだねぇ・・・。

最初は旦那でした。
なんだか喉が痛い、咳が出る、風邪ひいたかも、と訴えて2日後ぐらいに、
仕事から帰るなり、寒い寒い! 
とガタガタ震えて帰ってきた。
慌てて近所の病院に行ったけど、なぜか閉まってて、
んじゃもう少し遠くの病院行くか? と提案するも、
「もう・・いいよ・・・家で横になりたい・・・」
と超絶に具合わるそうで、連れ回さない方がいいのかもしれない、と
諦めて帰宅。旦那はそのまま寝込み。

そんな旦那を見て、
「あぁこれがあのインフルエンザか。」 と。
ならば、私も明日か明後日には、あんなふうになるんだろうなーと覚悟を決めた。
そして、明日からでも私も寝込んでもいいように、
できる事はやっておこう、と。

ちょうど買い物は済ませてあったから、
うどんを入れて煮込めばいいだけにするために豚汁を多めに作り、
洗濯とか掃除とか片づけとか鉢植えの水やりとかできる限りの家事を済ませた。

灯油が少なかったからマスクして買いに走った。
薪ストーブ用の薪も家の中に運び込んだ。
(本当は灯油の買い出しも薪の準備も旦那の担当なのにやってなかったんだよ!)
ストーブを満タンに給油して、
しばらく散歩にも行けないだろうからと、犬の散歩もたっぷり目にした。

そして旦那が発熱した翌日、私も喉が痛くなってきて・・・
その翌日ぐらい?から発熱。




ここ数年、今回のインフルにしても、通常の風邪にしても、
まず旦那がもらってくるパターンなのね。

旦那にお願いする。


帰宅したら手洗いとうがいぐらいしろや!!!


ウチの旦那は今まで風邪ひかない人だったんですよ。
手も洗わない、うがいもしない、
私が風邪ひいても、なぜか旦那に伝染することもなかった。
旦那がティッシュで鼻をかんでる姿って見たことなかったんですよ。

それが数年前から、むしろ旦那が風邪をもらってくるようになり・・・。

最初は「寝りゃ治る」と病院にもいかず、市販の薬も飲まなかった。
そして、私にうつす。

そして年々、風邪をひいたら薬を飲まないと辛くなってきたらしく、
やっとこさ市販の薬は飲むようになった。ビールで。
そして、私にうつす。

ここまできても自分は風邪をひかない体質なんだ、という謎の思い込みはなかなか消えず、
相変わらず、帰宅してから手を洗わない、うがいもしないで風邪をひき、
そして、私にうつす。

そして今回、とうとうインフルエンザに感染。
そして、私にうつす。


いえね、風邪もインフルエンザも、どんなに予防しても感染するときはするんですよ。
そりゃ分かってます。
でもね、
しっかり予防して、できることやってるのに感染するのと、
手も洗わない、うがいもしないで感染するのは全く別の話!
尚且つ、それで家族にうつすのは、言語道断。
むしろ迷惑。同情の余地なし。

予防せずに感染して自分ひとりがツライだけならいいですよ、
どうぞご勝手に風邪でもインフルでもなってください。
でも、家族にもうつってしまうってことには気づいていないんでしょうか?
それともなんですか?
専業主婦はいつでも寝込めるから、うつっちゃってもいいでしょ、
ぐらいに思ってるんでしょうか?



私ね、喉が弱い方みたいでね、
普通の風邪でも、咳がこじれて気管支炎みたいになっちゃうこともあるんですよ。
あれはツライです。2~3ヶ月、咳が止まらないってことも。
咳の出過ぎで、オエーーーっとえづくし。
おかげで外出も睡眠もままならなくなる。
だから極力、風邪ひきたくないんですよ。
だから自分でなんとか予防しているのに、
結局旦那が風邪やらインフルやら感染しちゃったらもう防ぎようがないでしょう。

ホント、勘弁して。マジで勘弁して。


先日、二人してインフルが落ち着いてきた頃、
帰宅した旦那が手を洗わなかったので、
「せめて手ぐらい洗いなよ!」と注意したら、
「えー?」と不快な顔をして水道水でチャチャチャっとゆすぐだけ・・・
「ちゃんと洗剤つけて洗ってよ。もうインフルは嫌だよ」
と訴えたら、しぶしぶ洗剤つけて、サササーっと洗った。
その時の旦那の、「めんどくせーな」 という目を私は忘れない。


旦那よ、もう一度言う。

帰宅したら手洗い・うがいぐらいしろや!迷惑だ!



もうだいぶ日常生活に戻りつつあるけれど、
なんかまだ喉が・・・おかしい。
たまに忘れた頃に咳が止まらなくなるので、それが怖いなぁ、というところ。


二人で寝込んでいる間、我が家のミス&チルはとてもいい子でした。
180124001.jpg
相変わらずカワェェのぉ♪

久しぶりのブログで毒吐き、
なぐり書きならぬ、なぐり打ちで文章おかしかったらスンマセン。
スッキリしたようなスッキリしないような。

ぐちぐち愚痴る。さぁ、耳汚しだ。

お久しぶりです。
最近、婦人公論が愛読書になった裏北犬ママです。

今回はぐちぐちぐちぐち支離滅裂に愚痴ります。
ごめんなさい。先に謝っときます。
44歳BBAの戯言です。


先週からですかね、裕次郎が急に弱りまして。
ま、弱ってきてはいたんですよ、そりゃもう13歳・・・
・・・あれ?14歳だっけ?
散歩もさほど喜ばなくなってきたし。

先週、たった数日の間に
あれよあれよという間に寝たきりになり、
ご飯も食べなくなっちゃって。
もうお別れを覚悟したんだけど・・・

寝たきりになって数日後、なんか、復活しまして。
食欲も旺盛に戻り、ヨタつくけど自分で歩くまで回復。
けど、トイレは自分でもコントロールできない、
というか、自覚ないみたいで、
トイレシート敷き詰めて。(トイレシート買うの何年ぶりだ?)

老犬介護生活開始・・・とはいえ、一時の寝たきりよりはまだ元気。
一つ峠は越したかな?
良かった・・・安心。

と思ったら、裕さんの峠と入れ替わりのように、
ひばりが発作ー開始。

あ゛ー・・・。
また数日間、家に缶詰・・・。
外に出たいーーーー。

ひばりは、特に発作中は自分勝手な行動するから目が離せず、
もう、モンモンウツウツ・・・。


老犬の介護、
そして癲癇発作の犬の世話で家に缶詰め・・・
そんな中、健康なマラミューツは健康ゆえにいつもと同じ生活を求め・・・
そして旦那は仕事優先・・・
そう、私や犬がどんな状況だろうと、仕事優先。


つまり、何が言いたいかというと、


私、すっごいストレスが溜まってる♪


日常でしゃべる相手といえば
スーパーのレジの人とか、図書館の受付の人とか・・・
こんなの会話じゃありませんよねぇ。


家に缶詰めならば、
そんな時こそ家でできる事をしてればいいんじゃないの?
と思いますよね。
はい。私もそう思います。
実際、前までそうでした。
けど・・・なんでしょうねぇ、
何事にもやる気が起きないんですよ。
色々できる事あるじゃないの、という思いと、
分かっちゃいるけどなんかやる気が起きない、
という思いが葛藤するんですよ。
最低限の家事でさえ、何もしたくない~
って、どよ~ん・・・ てね。
それにね、いくら家でなにかをしてたとしても、
やっぱり「外出する」ってのとは別物というか、
同じに考えられないと思うんですよ、少なくとも私は。

私の体調と、これから始まるであろう老犬介護を考えると、
今は働きに出る勇気がない。
弱くてごめんなさい。

こんな時は穏やかに過ごしたい。
でも周りには私の体調なんて関係ないし。
こんな時に 「たまにはデートでもしょうか」 
なんて気の利いた事をしてくれる旦那でもない。
頑張って働いて稼いでくれてるのは重々承知です。
承知してますが、それでも、
私は家政婦ですか? と言いたくなります。
じゃ、一人でなんかすりゃいいじゃないの。
でも、なんかやる気が起きない・・・
あー、堂々巡りしてますねぇ。

自分で好きで犬飼ってるんだし、
愛情はありますよ、もちろん。
だけど。
こんなこと言っちゃいけないんだろうけど、
老犬介護せずピンピンコロリがいいな。
癲癇持ちの犬がいなかったらラクだろうな。
犬のいない生活を想像した時、
「それってすごい自由だな」 なんてふうにも思ってしまうんですよ。
とはいえ、いざこの世から旅立ってしまったら
すごく悲しいし、こんな事を考えた自分を責めるんだろうな。

けどね、
言い方悪いけどね、
「死にゆく者の介護」は頑張れる。限りがあるから。
老犬介護はこれにあたる。
けど、「生きるための介護」は先が見えないぶん、辛く感じてしまう。
いつまで続くんだろう、ってね。
ひばりの介護はこっちにあたる。
あ、これはあくまでも裏北犬ママの見解ですので、
あしからず。

世の中、キレイごとだけじゃすまされないんだよ。
愛おしい時もあれば、腹立つ時もあって、
その腹が立った自分に、自己嫌悪。
そんな繰り返しの毎日に、少し嫌気がさしてんだよ。

あー、支離滅裂ですねぇ。
私、友達いないんでねぇ、
こうしてブログに吐き出してスッキリしたいのね。


あーー、海に行きたい! イルカと泳ぎたい!
旅行したい!
知らない景色を見たい!
知らない人と話したい!




思い通りにいかないことがほとんどで
無理に足掻けば 囚われの身の動物園
いつか逃げ出してやるのにな
尖らせた八重歯 その日まで しまう

「いっそ飛べない鳥の羽なんか もがれちまえばいい」
 そう ほざいてみたって 試練は 手を緩めちゃくれない


ミスチルの「未完」って曲の歌詞が、いちいち心に沁みます!
やっぱ桜井さんってすごいな。

さ、またミスチル聴きながら頑張るか。

以上、裏北犬ママの愚痴でした。

イライラするわー!

久しぶりの愚痴ネタです。
犬ネタ、移住ネタではないので、スルー可。





最近、職場でイラつき度が高い。。。



仕事ができないくせに、プライドは高く、頑固で負けず嫌い。 な人。。。。



自分で仕事を見つけられないから、人のやってる仕事に手を出してくる。
こんなん、二人でやるような仕事じゃねーし。。。
と、仕方なく私は他の仕事に移行する。
すると、そこにも手を出してくる…
そしてこう言う。

「いいですよ。 これ、私がやりましょうか?」

なぜ、上から目線?
だったら最初から自分でやれよ。





「何かやる事あったら言ってくださいね♪
 私、気付かないことが多いのでぇ。」


と当たり前のように言う。
あなたももう、この職場に来て半年。
そろそろ自分で仕事みつけろよ、と思う。


仕事には、Aよりは先にBを、更にBよりは先にCを、
何を置いてもDは最優先、というように、
優先順位ってものがある。
その優先順位って、別に誰が決めるわけでもなく、
働いていれば自然と判別できるもの。

でもこの人はその優先順位が未だ分かってないのか、
どーでもいー仕事をやる傾向がある。
でも彼女には彼女なりの考えがあるのかもしれないから、と、
ギリギリまであえて黙っているけれど、さすがにそれは…という時、
「何かやることあったら言ってくださいね♪」
という彼女の言葉を思い出し、ホントに仕事の指示を出してみると、
なんだかんだ、言い訳する。
時には、あからさまに面白くない顔をする。


で、やっと指示された仕事をやり始めるんだけど、
これ、どうやるんでしたっけ?
あれ? どーするんでしたっけ?
ここ何センチですか? あれはどこにあるんですか?
とか、あれこれ質問してくる。
もー、やった事あんだろ? メモ取ってねぇのかよ、と思いながらも
仕方なく今、自分がやってる仕事を中断して、教えに行く。
結局最後まで私がやって見せる、という結果に。
…はぁ、、、自分でやっちゃった方が早かったな…。




仕事のことを注意とか指摘をすると、

「えっ? そーなんですか? 今初めて聞きました!」

と言う。
いやいや、これ言うの、もう3度目ですから、と思いつつ、
えと、確かこないだも言いましたよね、と返すと、

「え? そーでしたっけ? 初めて聞いたと…」

と、納得いかない顔をする。
ま、納得いかなくても構わないよ。今、覚えてくれれば。
と、こっちは開き直るしかない。
が、しばらくするとまた同じ間違いを繰り返し、
同じように指摘しては、また初めて聞きました、という顔をされ、、、。



仕事を覚えるペースとか仕事の進め方は人それぞれ、と思うので
必要最低限のことしかクチ出ししないようにしてます。
しかも、お互いイヤな気持ちにならないよう、
丁寧な言い方で指摘するよう、気をつけてはいるのですが、
この人と組むと、一事が万事こんな調子なので、
すごく疲れるし、イラッとします。
放っておきたくても、万が一ミスがあれば、
一緒にいた私の責任にもなるので放っておけず。。。




もう堪忍袋の緒が切れるーーー。
でも、この人、どうやら今月いっぱいで辞めるらしい。
本当に辞めるのか?
だから我慢してるけど、もし辞めなかったら、
一度、キチンと言った方がいいかもしれないな。
それで嫌われたとしても仕方ない。
私とアナタはそれまでの関係ってことで。




だけど、
人のフリみて我がフリ直せ。
私も気をつけよう。




バイト先の読書好きな子が、今、ハマってるという作家さんの本を借りてみた。
1204190066.jpg
結構、面白いです。
読書は現実逃避ができていいですね♪



☆モヤッとしてたけど、ブログで文章にしたらスッキリしちゃった
 久々の裏北犬ママでした。☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村

甘えちゃいけないよ。

人手不足だった私のバイト先に新人が入りまして。。。
新人と言っても、50歳の主婦で、人生で言えば先輩なんですけどね。


私のバイト先はパン屋さん。

なにはともあれ、パンの値段を覚えなきゃ仕事にならない。
特に混雑時のレジでは ちゃっちゃか テキパキ と動くことが必要になる。



で、その新人さんですが。。。


パンの値段が覚えられない。
レジに立つとプチパニックになって自分が何してるのか、わからなくなる。
与えられた仕事が時間内に終わらなくてオーナーに怒られる。




と、落ち込んでしまったんですよ。。。



私の意見からすると、「どんな事も、習うより慣れろ」。
頭で覚えるよりも、場数こなして体で覚えるべし。

しかもその新人さんは50歳。
頭で覚えるより先に、体が条件反射的に覚えてしまう若い頃と違って、
年齢いくとそれがなかなかできなくなる・・・
というのを私も最近、実感しているので、

「大丈夫、大丈夫♪
 あー、そーなんですよね~、
 歳とると、若い頃にできてた事ができなくなるんすよね~
 でも自分のペースで覚えていけばいいんじゃないっすか?
 最初のうちはできなくて当たり前っすよ♪」


なんて励ましたりして、

そういうと新人さんは、
「も~、みなさん優しいから・・・」
なんて涙目になっちゃったりもしてて。。。

頑張れ~と、暖かく見守っていたのですよ。



だけど。。。


その新人さん、自分からすすんで仕事を覚えようとしない。
いや、正確に言うと、
本人の中で、これはできるとか、これは覚えたから大丈夫、
という仕事はするけど、苦手な仕事は絶対自分からやろうとしない。

私も最初、慣れない頃は、レジでプチパニックになることもあったけど、
「頼む! 覚えたいからレジやらせて!」と、
周りにお願いして自分からレジに立つようにしてた。

他の苦手意識のあった作業も、なるべく自分から取り組んだ。
そうして、自分なりのペースとか、コツを掴んでいった。

そうしないと、困るのは自分だし、何より周りに迷惑がかかるし。
ってか、これって仕事なら当たり前のことでしょ。


「こーゆーことは頭で覚えようとしないで、
 どんどん率先して仕事こなしていかないと覚えないですよ。」

「○○(新人)さんはまだ失敗しても許される時期なんですから~
 今のうちに色々やってみて、失敗して、覚えてってくださいね」

と言っても、やらない。

しまいには、自分の失敗を言い訳するようになってきた。

「一度聞いたかもしれないけど・・・」
「覚えてたはずなのに、忘れちゃう」
「シフトに日数があいちゃうと、ポーンと飛んじゃうのよ」

これって案に「歳」のせいにしてるのか?
若い頃と違って時間かかるのは仕方ない、とは言ったけど、
歳だから出来なくても許される、とは言ってない。


覚えられないならメモしろや!
慣れないと思うなら慣れるよう自分から動けや!
いつまでも周りが助けてくれると思ったら大間違いや!

前にバイトの子に、
「○○さん(私)って滅多に怒らないでしょ。」
「○○さん(私)って優しいよね。」
といわれたことがある。
めちゃくちゃ短気だし、冷酷だよ、と答えたけど、
ある意味当たってるかも。
一生懸命なのに出来ないってなら、とことんフォローしてあげたくなるけど、
自分からやろうとしない甘ったれは助けてあげない。
笑顔で放っておくから。


☆私、甘ったれは大っキライなのー♪☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村