北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事

ぐちぐち愚痴る。さぁ、耳汚しだ。

お久しぶりです。
最近、婦人公論が愛読書になった裏北犬ママです。

今回はぐちぐちぐちぐち支離滅裂に愚痴ります。
ごめんなさい。先に謝っときます。
44歳BBAの戯言です。


先週からですかね、裕次郎が急に弱りまして。
ま、弱ってきてはいたんですよ、そりゃもう13歳・・・
・・・あれ?14歳だっけ?
散歩もさほど喜ばなくなってきたし。

先週、たった数日の間に
あれよあれよという間に寝たきりになり、
ご飯も食べなくなっちゃって。
もうお別れを覚悟したんだけど・・・

寝たきりになって数日後、なんか、復活しまして。
食欲も旺盛に戻り、ヨタつくけど自分で歩くまで回復。
けど、トイレは自分でもコントロールできない、
というか、自覚ないみたいで、
トイレシート敷き詰めて。(トイレシート買うの何年ぶりだ?)

老犬介護生活開始・・・とはいえ、一時の寝たきりよりはまだ元気。
一つ峠は越したかな?
良かった・・・安心。

と思ったら、裕さんの峠と入れ替わりのように、
ひばりが発作ー開始。

あ゛ー・・・。
また数日間、家に缶詰・・・。
外に出たいーーーー。

ひばりは、特に発作中は自分勝手な行動するから目が離せず、
もう、モンモンウツウツ・・・。


老犬の介護、
そして癲癇発作の犬の世話で家に缶詰め・・・
そんな中、健康なマラミューツは健康ゆえにいつもと同じ生活を求め・・・
そして旦那は仕事優先・・・
そう、私や犬がどんな状況だろうと、仕事優先。


つまり、何が言いたいかというと、


私、すっごいストレスが溜まってる♪


日常でしゃべる相手といえば
スーパーのレジの人とか、図書館の受付の人とか・・・
こんなの会話じゃありませんよねぇ。


家に缶詰めならば、
そんな時こそ家でできる事をしてればいいんじゃないの?
と思いますよね。
はい。私もそう思います。
実際、前までそうでした。
けど・・・なんでしょうねぇ、
何事にもやる気が起きないんですよ。
色々できる事あるじゃないの、という思いと、
分かっちゃいるけどなんかやる気が起きない、
という思いが葛藤するんですよ。
最低限の家事でさえ、何もしたくない~
って、どよ~ん・・・ てね。
それにね、いくら家でなにかをしてたとしても、
やっぱり「外出する」ってのとは別物というか、
同じに考えられないと思うんですよ、少なくとも私は。

私の体調と、これから始まるであろう老犬介護を考えると、
今は働きに出る勇気がない。
弱くてごめんなさい。

こんな時は穏やかに過ごしたい。
でも周りには私の体調なんて関係ないし。
こんな時に 「たまにはデートでもしょうか」 
なんて気の利いた事をしてくれる旦那でもない。
頑張って働いて稼いでくれてるのは重々承知です。
承知してますが、それでも、
私は家政婦ですか? と言いたくなります。
じゃ、一人でなんかすりゃいいじゃないの。
でも、なんかやる気が起きない・・・
あー、堂々巡りしてますねぇ。

自分で好きで犬飼ってるんだし、
愛情はありますよ、もちろん。
だけど。
こんなこと言っちゃいけないんだろうけど、
老犬介護せずピンピンコロリがいいな。
癲癇持ちの犬がいなかったらラクだろうな。
犬のいない生活を想像した時、
「それってすごい自由だな」 なんてふうにも思ってしまうんですよ。
とはいえ、いざこの世から旅立ってしまったら
すごく悲しいし、こんな事を考えた自分を責めるんだろうな。

けどね、
言い方悪いけどね、
「死にゆく者の介護」は頑張れる。限りがあるから。
老犬介護はこれにあたる。
けど、「生きるための介護」は先が見えないぶん、辛く感じてしまう。
いつまで続くんだろう、ってね。
ひばりの介護はこっちにあたる。
あ、これはあくまでも裏北犬ママの見解ですので、
あしからず。

世の中、キレイごとだけじゃすまされないんだよ。
愛おしい時もあれば、腹立つ時もあって、
その腹が立った自分に、自己嫌悪。
そんな繰り返しの毎日に、少し嫌気がさしてんだよ。

あー、支離滅裂ですねぇ。
私、友達いないんでねぇ、
こうしてブログに吐き出してスッキリしたいのね。


あーー、海に行きたい! イルカと泳ぎたい!
旅行したい!
知らない景色を見たい!
知らない人と話したい!




思い通りにいかないことがほとんどで
無理に足掻けば 囚われの身の動物園
いつか逃げ出してやるのにな
尖らせた八重歯 その日まで しまう

「いっそ飛べない鳥の羽なんか もがれちまえばいい」
 そう ほざいてみたって 試練は 手を緩めちゃくれない


ミスチルの「未完」って曲の歌詞が、いちいち心に沁みます!
やっぱ桜井さんってすごいな。

さ、またミスチル聴きながら頑張るか。

以上、裏北犬ママの愚痴でした。

イライラするわー!

久しぶりの愚痴ネタです。
犬ネタ、移住ネタではないので、スルー可。





最近、職場でイラつき度が高い。。。



仕事ができないくせに、プライドは高く、頑固で負けず嫌い。 な人。。。。



自分で仕事を見つけられないから、人のやってる仕事に手を出してくる。
こんなん、二人でやるような仕事じゃねーし。。。
と、仕方なく私は他の仕事に移行する。
すると、そこにも手を出してくる…
そしてこう言う。

「いいですよ。 これ、私がやりましょうか?」

なぜ、上から目線?
だったら最初から自分でやれよ。





「何かやる事あったら言ってくださいね♪
 私、気付かないことが多いのでぇ。」


と当たり前のように言う。
あなたももう、この職場に来て半年。
そろそろ自分で仕事みつけろよ、と思う。


仕事には、Aよりは先にBを、更にBよりは先にCを、
何を置いてもDは最優先、というように、
優先順位ってものがある。
その優先順位って、別に誰が決めるわけでもなく、
働いていれば自然と判別できるもの。

でもこの人はその優先順位が未だ分かってないのか、
どーでもいー仕事をやる傾向がある。
でも彼女には彼女なりの考えがあるのかもしれないから、と、
ギリギリまであえて黙っているけれど、さすがにそれは…という時、
「何かやることあったら言ってくださいね♪」
という彼女の言葉を思い出し、ホントに仕事の指示を出してみると、
なんだかんだ、言い訳する。
時には、あからさまに面白くない顔をする。


で、やっと指示された仕事をやり始めるんだけど、
これ、どうやるんでしたっけ?
あれ? どーするんでしたっけ?
ここ何センチですか? あれはどこにあるんですか?
とか、あれこれ質問してくる。
もー、やった事あんだろ? メモ取ってねぇのかよ、と思いながらも
仕方なく今、自分がやってる仕事を中断して、教えに行く。
結局最後まで私がやって見せる、という結果に。
…はぁ、、、自分でやっちゃった方が早かったな…。




仕事のことを注意とか指摘をすると、

「えっ? そーなんですか? 今初めて聞きました!」

と言う。
いやいや、これ言うの、もう3度目ですから、と思いつつ、
えと、確かこないだも言いましたよね、と返すと、

「え? そーでしたっけ? 初めて聞いたと…」

と、納得いかない顔をする。
ま、納得いかなくても構わないよ。今、覚えてくれれば。
と、こっちは開き直るしかない。
が、しばらくするとまた同じ間違いを繰り返し、
同じように指摘しては、また初めて聞きました、という顔をされ、、、。



仕事を覚えるペースとか仕事の進め方は人それぞれ、と思うので
必要最低限のことしかクチ出ししないようにしてます。
しかも、お互いイヤな気持ちにならないよう、
丁寧な言い方で指摘するよう、気をつけてはいるのですが、
この人と組むと、一事が万事こんな調子なので、
すごく疲れるし、イラッとします。
放っておきたくても、万が一ミスがあれば、
一緒にいた私の責任にもなるので放っておけず。。。




もう堪忍袋の緒が切れるーーー。
でも、この人、どうやら今月いっぱいで辞めるらしい。
本当に辞めるのか?
だから我慢してるけど、もし辞めなかったら、
一度、キチンと言った方がいいかもしれないな。
それで嫌われたとしても仕方ない。
私とアナタはそれまでの関係ってことで。




だけど、
人のフリみて我がフリ直せ。
私も気をつけよう。




バイト先の読書好きな子が、今、ハマってるという作家さんの本を借りてみた。
1204190066.jpg
結構、面白いです。
読書は現実逃避ができていいですね♪



☆モヤッとしてたけど、ブログで文章にしたらスッキリしちゃった
 久々の裏北犬ママでした。☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村

甘えちゃいけないよ。

人手不足だった私のバイト先に新人が入りまして。。。
新人と言っても、50歳の主婦で、人生で言えば先輩なんですけどね。


私のバイト先はパン屋さん。

なにはともあれ、パンの値段を覚えなきゃ仕事にならない。
特に混雑時のレジでは ちゃっちゃか テキパキ と動くことが必要になる。



で、その新人さんですが。。。


パンの値段が覚えられない。
レジに立つとプチパニックになって自分が何してるのか、わからなくなる。
与えられた仕事が時間内に終わらなくてオーナーに怒られる。




と、落ち込んでしまったんですよ。。。



私の意見からすると、「どんな事も、習うより慣れろ」。
頭で覚えるよりも、場数こなして体で覚えるべし。

しかもその新人さんは50歳。
頭で覚えるより先に、体が条件反射的に覚えてしまう若い頃と違って、
年齢いくとそれがなかなかできなくなる・・・
というのを私も最近、実感しているので、

「大丈夫、大丈夫♪
 あー、そーなんですよね~、
 歳とると、若い頃にできてた事ができなくなるんすよね~
 でも自分のペースで覚えていけばいいんじゃないっすか?
 最初のうちはできなくて当たり前っすよ♪」


なんて励ましたりして、

そういうと新人さんは、
「も~、みなさん優しいから・・・」
なんて涙目になっちゃったりもしてて。。。

頑張れ~と、暖かく見守っていたのですよ。



だけど。。。


その新人さん、自分からすすんで仕事を覚えようとしない。
いや、正確に言うと、
本人の中で、これはできるとか、これは覚えたから大丈夫、
という仕事はするけど、苦手な仕事は絶対自分からやろうとしない。

私も最初、慣れない頃は、レジでプチパニックになることもあったけど、
「頼む! 覚えたいからレジやらせて!」と、
周りにお願いして自分からレジに立つようにしてた。

他の苦手意識のあった作業も、なるべく自分から取り組んだ。
そうして、自分なりのペースとか、コツを掴んでいった。

そうしないと、困るのは自分だし、何より周りに迷惑がかかるし。
ってか、これって仕事なら当たり前のことでしょ。


「こーゆーことは頭で覚えようとしないで、
 どんどん率先して仕事こなしていかないと覚えないですよ。」

「○○(新人)さんはまだ失敗しても許される時期なんですから~
 今のうちに色々やってみて、失敗して、覚えてってくださいね」

と言っても、やらない。

しまいには、自分の失敗を言い訳するようになってきた。

「一度聞いたかもしれないけど・・・」
「覚えてたはずなのに、忘れちゃう」
「シフトに日数があいちゃうと、ポーンと飛んじゃうのよ」

これって案に「歳」のせいにしてるのか?
若い頃と違って時間かかるのは仕方ない、とは言ったけど、
歳だから出来なくても許される、とは言ってない。


覚えられないならメモしろや!
慣れないと思うなら慣れるよう自分から動けや!
いつまでも周りが助けてくれると思ったら大間違いや!

前にバイトの子に、
「○○さん(私)って滅多に怒らないでしょ。」
「○○さん(私)って優しいよね。」
といわれたことがある。
めちゃくちゃ短気だし、冷酷だよ、と答えたけど、
ある意味当たってるかも。
一生懸命なのに出来ないってなら、とことんフォローしてあげたくなるけど、
自分からやろうとしない甘ったれは助けてあげない。
笑顔で放っておくから。


☆私、甘ったれは大っキライなのー♪☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村

矛盾。

最近、びっくりした事、なんか納得できないことを書きます。
せこかったり愚痴だったり、犬関係ない話です。
興味ない方はスルーしてください。



先日、私のバイト先開催の食事会がありまして。
私は参加しなかったのですが、参加した人から聞いた話。

お店は和食のお店で、出た食事も和食のコース。

一番最初にサンマの塩焼き、丸々一尾出てきたらしい。
それに女子はみんなひいた、と。
???なんでサンマにひいたのか???
と思って聞くと、どうやら
「魚をキレイに食べられるか」自信がないんだとかで。

えー、別にフツーに食べればいいんでないの?
と思っていたけど。

でも、さらにビックリする事を聞いた。

「○○さんと××さんなんて、いまだに魚の骨は親がとってくれるんだってさ」
 
サンマに限らず魚料理は全て、親が骨と身を食べやすいように分けてくれるらしい。

ちなみに○○さんは27歳で二人の子持ちの主婦。
××さんは19歳の専門学生。

私からするとまず、親が魚の骨を取り分けてくれるってのにビックリ。
そんなん、マンガやアニメの中だけの話だと思ってましたので。
そんな過保護な親、実在するのか。。。
でもまぁ、ね。。。まぁ、100歩譲って、
「子供の頃は親にとってもらってました~」
というのなら、まだ… まだ理解できるとして、、、

19歳専門学生やら、27歳の子持ち主婦が、
いまだ現役でやってもらってるのはもうビックリしたんですよ。

そしてそれを、隠さず言えるってことは、
恥ずかしいとか思ってないって事なのか。


なのでその食事会で出てきたサンマに、その2人だけは、
サンマをキレイに食べられるか? という意味でひいたのではなく、
サンマを一人で食べた事がない… という意味でひいたらしい。

って事は、その27歳の主婦は、自分の子供には魚を食べさせてないの?
日本人の魚離れって、こーゆー事も原因の一つなの?

きっとこの二人は、小骨がノドにつっかえて、あわてて白米食べてみたり、
水やお茶飲んでも流れなくて、「一生このままかも…」なんてびびったり、
ノドボトケの横に骨がグッサリ刺さって、奥さんにピンセットで取ってもらったり
(↑これは私の旦那だけ?)
「おっ、このアジの開きは小さいから丸ごと食えるな」
と思ってバリバリ食ったら思ったより背骨が硬くて、
やっぱり食べずに出した方がいいのか、思い切って飲み込んじゃおうかって
迷ったりした経験もないんだろうなぁ。。。

はぁ~。。。
世の中には本当に「蝶よ花よ」と大切に育てられた人はいるもんだなぁ。
私とは世界が違いすぎて理解てきない。。。

と思い知った話。



そして、この話をしてくれたその人(43歳三人の子持ち)、
「ホント、どこまで甘やかされて育てられてるんだか!」
なんて言っていた彼女もにもビックリさせられたのですが、、、


その人は、畑と田んぼをしている親がいて、
野菜はだいたい親からもらっていて、
お米に関しては、お金出して買った事がないという。

ま、そんなことは、田舎では当たり前の話なのですが。。。


その人は白米を炊いて残ってしまうと、
なんと! そのままゴミ箱行き。
捨ててしまうらしい。
冷蔵・冷凍保存は一切しないんだとか。

冷蔵保存したとしても、チャーハンとか作るのも面倒だし、
冷凍ご飯は、チンすると味が落ちて美味しくないから、と。

「きっと自分でお金出して買ってないから
 そーゆー事できちゃうのよねー」

なんて言ってたけど、そーゆー問題か?
人様が、しかも自分の親が汗水流して作ったお米を、
そんな粗末にできるのか?

自分の親が作ったお米だって、大切に食べてる人も、もちろんいる。

「お米を粗末にすると目がつぶれるよ!」

「お米には88の手間がかかってるんだよ。
 その手間を考えて、ありがたくいただきなさい」

私の親は別に農家でもなんでもないけど、
そう教えられて、育った。

誰が作ろうが、食べ物は粗末にしてはいけないでしょ。


私のバイト先はパン屋なので、パンの耳をもらえたりするんだけど、
先日、パンの耳を喜んでもらってたらその43歳の主婦に
「パンの耳なんて、何にするの? 犬のオヤツ?」と聞かれたので、
「え、犬も食べますけど、私も食べますよ♪ 美味しいですよ♪」と答えたら、
「そうなの?!食べるの?!」とビックリされてしまった。

普段、一斤68円の食パンしか食べてない私からすると、
一斤220円の超・高級食パンの耳も、超・高級食材なのですよ。
わん達にあげるのも、ちょっともったいねーかな?
とも思ってしまうわけですよ。

でも一斤220円の食パンをフツーに買うその主婦からすると、
パンの耳はもはや人間の食べ物ではないらしく。。。

その人は、ちょっと距離があるとすぐ高速を使う、とか、
いろいろ話を聞いていると、
「はぁ~、結構いい暮らししてんな~」
なんて思うのですが…

そんないい生活しているその主婦、
母子家庭という事で、生活保護受けてるのですよ。
さらに言っていまえば、子供手当てだってもらってるのですよ。

ホント世の中、矛盾だらけ。

そんな事を思いながら、ペットボトルホルダーを洗った。
110908221.jpg
もう古くて汚いけど、洗えば使える。
ほころんでるところあるけど、縫えば使える。


我が家は裕福じゃないけれど、食べる物も着る物もあるし、
屋根があって、電気・ガス・水道が通ってる家に住めてる。
これは本当にありがたいこと。


物のありがたみも忘れてしまう生活よりも、
多少キツくても、その分、
いろいろな物事に感謝しながら生きていく方が
私は好きだな。。。


と思ったのでした。

☆最後まで読んでくださってありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村

せめて覚えておく。

福島第一原発の警戒区域での一時帰宅が始まって、
残されていたペット達が救出されたようですね。


「どうして最初からペットを連れて避難しなかっのだろう?」


と疑問に思っていたのですが、
「2~3日で帰れるから」と聞いていた方もいたようですね。
(私個人的には、2~3日ペットを繋いだまま、ゲージに入れたままで
しかもこのような状況の中、家を離れるのは
いかがなものかと思いますが。)


いずれにしても、あぁ、やっと一時帰宅!ペットを救い出すチャンスだね。
と思いながら見たニュースでは。

「猫も家族だから…」と泣きながら一時帰宅するある婦人を取材していました。
これ、テレビで見た人も多いと思う。
うんうん、そうだよね、良かったね、やっと助け出してあげられるね。
私も泣きながら画面にくぎ付け。
でも。
その人は、「孫がぜんそくだから」という理由で、
エサだけ置いて、猫はそのまま残していってしまいました。

ま、確かにね、繋いでるわけじゃないし、
閉じ込めているわけじゃないし、
野良化して自力で生き延びるのかもしれない。

でも。

「猫も家族だから…」と言って泣いた、
あの涙はなんだったの?


もう愕然。
次に怒りがこみ上げてきたのは私だけでしょうか。

今が一緒に暮らせない環境ならば、一緒に暮らせる環境を探すとか、
せめて信頼できる保護団体を探して預けるとかしませんか。

と、ここまで書いて、ふと思った。

保護団体に預けられて、狭いゲージに格納されて暮らすよりも、
野良猫になってて自由に生きた方が、猫にとっては幸せ?
世の中、野良猫なんて、たくさんいるしね。

そんな思いが頭をよぎりました。



動物を助けたい。
せめて自分にできること…
寄付・募金、それでいいのだろうか。
ずーっと何かが気持ちにひっかかってます。
でも、正直、今いる自分のわん達の生活を犠牲にするような事は
私はしたくない。


もう何が正解なのかわかりません。



でも、人間の都合で見捨てられた動物がたくさんいることは事実。
その悲しい現実を、目を背けず受け止めて、忘れないでいくこと。
それが今の私にできること。







サムネイル画像にしましたが、見たくない人はスルーしてください。











110516221.jpg
写ってる牛、みんな死んでいます。
エサを求めて首をのばして。

110516223.jpg
人間の為に、閉じ込められた場所で卵を産み続け、
閉じ込められたままで、卵を産んで
死んでいきました。


110516222.jpg
本当にごめんね。






これらの写真は新庄動物病院ブログからお借りしました。
色んな方がブログにリンクを貼っているようなので、
ご存じの方も多いと思います。

暗い気持ちにしてしまってごめんなさい。
でも、現実を見ること。忘れないこと。
それが今の私達にできる動物たちへの供養と思って記事にしました。



最後に。


壊れた柵から逃げだした豚らしいです。
110516224.jpg
分かっててこの場所に立っているんでしょうか。


人間は自然や動物に生かされている。
驕ってはいけない。

にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ