北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
過去記事

雪解けの差。

いつもの散歩道はまだまだ雪道。

最近、雪道の運転をしてなかったので、
180209001.jpg
ちょっと積雪しただけで、運転が怖いと思うようになってしまった。

もう雪は勘弁してくれーーーーーーー!


でも、陽の辺り具合で、雪解けの差が激しいですね。

こんなキレイに雪が残ってる場所もあれば、
180209002.jpg

同じ散歩道なのに、すっかり土の道になってる場所もある。
180209003.jpg

もちろん、土の道の方が歩きやすいから嬉しい。
雪よ、さっさと融けるがいい。


ミーのいい寝顔。
1802090044.jpg
この姿勢でもスヤスヤ眠れるのね。
肩こらないのかなぁ。

最近、ブログ更新の意欲がわかないのですよね。
ってか、パソコン開くのさえ、億劫になっている、という・・・。

だって寒いんだもん!!!

先日、スマホから更新して見たら、写真が驚くほど画質が悪くて、
すぐ削除してしまった。
画像キレイにスマホ更新するのはどうしたらいいんだろう?
よくわからん。


早く春になれーーー。

たからものが集まる


文太、今日のたからもの。


171224001.jpg
今日は小さめね。

まきこの周りを
171224004.jpg

ぐるぐる回る文太。
171224002.jpg



この散歩コースには車で来て、犬を降ろして散歩して、
車の前に戻ってきたら、扉の前で、
「ハイ、チョーダイ」 と、文太からたからものを没収してから車に乗せる。
没収したたからものは、文太が見てない隙にその場にポイする。
車はいつも同じ場所に停めるので、たからものをポイする場所もだいたい同じ。

なので、
171224003.jpg
文太のたからものコレクションができる。

表面がつるっとしたのが好みらしい。

今日のたからもの。

晴れ続きは嬉しいけど、乾燥してるねー。

こないだふと、ニンニクを植え付けてから追肥をしていない事に気付いた・・・。
子猫とかまきこのことですっかり忘れてたよ。
冬前に追肥しなかったら、やっぱり収穫に影響あるんだろうなぁ・・・。
今からじゃ遅いかなぁ・・・。
あーあ。
すっかりやる気をなくして、来年のニンニクは諦めモード・・・。


今日も近くのお山で散歩。
171220006.jpg


文太、今日のたからもの。



今日のたからものは、形がザクザクだねー。
171220005.jpg


それでもたからものは大切らしく、
171220003.jpg

オシッコする時も離さない。
171220002.jpg
ウンPする時も離しませんよ。(写真はやめたけどね。)


まき姐はたからものとかは興味ないらしい。
もうボールの取って来い遊びもしなくなっちゃった。
171220004.jpg
まき 「ふん。たからものなんて、お子ちゃまの遊びよ」


オシッコの時に一瞬見せた、いい顔が撮れてしまった。
171220007.jpg
レディに失礼だね。


まき姐はだいぶ落ち着いた。
お水を置いておいても、飲み干さなくなった。
多飲多尿は終ったと言っていい・・・かなぁ。

ただし、まだ膣周りが少し汚れるんだよね。
けど、これがオリモノなのか、オシッコなのか分からないのですよ。
色もないし、匂いもなし。
どうしたもんか?と思ってた時に、
同じマラミュート飼いの方から、アドバイスを頂いたこともあり、
先日、病院に行って、診てもらって相談してきた。
やはり今の所は異常はない、とのこと。

これからも注意深く観察していくしかない。

どうかこのまま落ち着きますように。


~~~ご連絡~~~
まきこのことでアドバイス頂きまして、ありがとうございました!
なにがなんだかチンプンカンプンでしたので、
そんなこともあるのか・・・と、とっても参考になりましたし、
気にかけて頂けたことが嬉しかったです。
今度ともよろしくお願いします。

本日のたからもの。

文太の本日のたからもの。



ちょっと大きいんじゃないか?


文太いいの持ってるじゃーん(棒読み)
171215006.jpg
文太 「たからもの、みる?」


いーなーいーなーみせてー(棒読み)



171215002.jpg
文太 「えへっ」

文太、ご満悦。

なんなんだろう?

昨日の夜、チラチラと雪が舞ったり、止んだりで、
今朝は庭に、うーーーーっすらと雪が残ってた。
171209002.jpg
冷え込んだしね~~~



いやしかし。
ここんとこずっとわちゃわちゃ大変な数日だった。

多飲多尿のまきこ。
あの後、落ち着いてきて、峠は越えた。

と思われていたのが、ある日、
今までの多飲が比じゃないくらいの多飲多尿になり、
更には、オリモノが垂れるようになった。しかも悪臭。

これは、まさに、あの、子宮蓄膿症ってやつではないのか?!
一週間前の検診では異常なかったのに、急変したのか?!

と病院に連れて行こうとするも、ペット飼ってるあるあるの、
そんな日に限っていつものかかりつけ病院が休診日というやつ。

急な手術を要する事態かもしれないので、急遽、違う病院に連れてった。
セカンドオピニオンを聞くって意味でも、第二の病院で診てもらうのもいいかもしれないし。

その第二の病院で今までの経緯を説明し、血液検査結果表を見てもらった。
まきこの現状などからして、
「子宮蓄膿症ではないし、急を要する手術等もしなくて大丈夫でしょう」と。
とりあえず抗生物質の注射を打っておくので、
明日、いつもの病院で改めて相談してみてください、と。

で、翌日、いつもの病院に行った。
触診やエコーで念入りに診てもらったんだけど、
やっぱり子宮蓄膿症ではないなぁ、と。
先日の血液検査も異常がなかった、となると・・・

結局、
 
よくわからない


という診断だった。


膣から膿が出ているので、なにかしら炎症は起きているようだ。
けど、子宮蓄膿症ではない。
でもそうなると、水を異常に飲みたがるのが説明つかない。
はて。

というところ。

とりあえず、炎症を抑える抗生物質を飲ませて、
膿と多飲が治まるか様子を見てみる。

ということになった。


まきこは10月中旬頃、ヒートだった。
ヒートしかもご老体という、抵抗力が落ちているところに、
仔猫がやってきてのストレス。
あとは・・・季節の変わり目とか?
色々なことが重なっている時で、
膣に入った雑菌の方が勝ってしまったのかもしれない。
で、膣炎になった・・・?

すると多飲多尿は?
これはただ単に、子猫がきたことによるストレス?

現在のまきは、膣からの膿はなくなって悪臭もしなくなったけど、
あいかわらずの多飲多尿。

元気もあるし散歩も意欲的に行く。
ただ、食欲にムラがある。
我が家では朝・昼・晩の三回に分けてご飯をあげてるんだけど、
どれか一回、食べない。
どれか一回食べないだけなので、一日二食は食べてるわけだ。
でも、猫用の缶詰フードを少しトッピングすると食べる・・・
ような気がするから、単なる選り好み・・・?


もしくは・・・もしかして・・・老齢によるボケ、とか・・・?


もう、まったく、わかりまへーーーん。


こんな感じでここ一週間くらい、
あーだこーだと落ち着かないし、心配だしで、
そうなると今度は文太までもが、なんだか元気ないように見えてくるし。

もう老犬なんだから何が起きてもおかしくないんだ。
って、覚悟してたはずなんだけどな。




隣町に買い物に行ったら、ちょうどドクターヘリが着陸するところで、
カッコいいねぇ!って、少しスピード落として車の中から写真撮ってたら、
後の車に煽られたのがビックリした。

「ドクターヘリの写真なんか撮ってるよ~ははは」
って笑ってくれるような人ではなかったらしい。



私は好き。にしのあきひろ。
図書館で借りて読んだんだけど、この本に「寄贈」のハンコが押してあったよ。
まさか、本人が寄贈したんじゃあるまいな。
171209001.jpg
インスタに #革命のファンファーレ とタグをつけたら確実にいいねを押しに来てくれるらしいけど、
ブログに書いても意味ないか。


子猫と北犬たちの距離がなかなか縮まらないので、
文太の寝てるお腹に仔猫を置いてみたり。
171209004.jpg
トトロの腹の上でワクワクするめいちゃん のシーンを彷彿とさせる。

子猫は北犬に興味津々なんだけど、北犬の方がそっけないのですよ。

文太も、気づいてないフリしてるのか、
171209005.jpg
本当に気づいてないのか。
いや、文太なら気づいてない可能性もあるからねぇ。


文太の上でスヤスヤ眠るミー。
171209006.jpg


とりとめのない文章でした。
すみません。