FC2ブログ
北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ
2018年12月22日永眠しました。


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事

春。そして、嬉しいお客様。

更新しない間に季節は春になっていた・・・。

というか、元号さえ変わっていた・・・。

いつもこの季節は、冬の冬眠モードから一気に活動モードになるので、
体が追いつかないという時期ですねぇ。

どこがシンドイのか?といことではなくて、
体全体が重いのです。
諸説ありますが、体重増加ということが有力な説かと。

なんで運動のためにとプールに通い始めたけれど、
泳ぐって、まぁ! なんと体力の使うこと!
プールで泳いだという満足感とは裏腹に、
家に帰ればグッタリなんてもんじゃない。
いや、プールから上がって、更衣室に向かうプールサイドからしてもう重い・・・。
這う這うの体。
「私、これくらい全然へっちゃらですわよ」って顔して歩いてるけど、
更衣室と間違えてトイレのドアを開けてしまうほど、体が重い・・・。

浮力ってすごいんだね。

でも、プール、楽しいです。
平泳ぎもクロールも、25メートル泳げたのには驚きました。
上手いかどうかは別として。
やるじゃん、自分。



さて。
もう一週間以上前の話ですが。

もうすぐ休店してしまうアンナイカンナイに、可愛らしいお客様がいらしてくださいました~。


アラスカンマラミュートのラム嬢。
190501002.jpg
「あら、呼んだ?」


以前からブログ・インスタでは知っていたので、
「初めまして」 という挨拶がなんか違和感を感じますね。


イイ顔でお水待ちするラム嬢。
190501001.jpg


文太も挨拶させてもらいましたよ。

ラム嬢も文太もシニアだからか、
190501004.jpg
しっとりとしたご挨拶となりました。



ラム嬢といえば、このムキっ歯!
190501003.jpg
ラム嬢のガウガウ~ハウハウ~はインスタにアップされてましてね、
私も見ておりました。
見ながら、つられて私までムキーッとしておりました。
このたび、ムキッ歯、見せて~~~とお願いしたら見せてくれたのですねぇ。

たまらない瞬間だったわ。

ラム一家のみなさん、ご来店を、
そして、楽しい時間をありがとうございました!


さて。
近所のお山でコシアブラ収穫。
190501005.jpg
伐採されちゃって、コシアブラの漁場も減ってしまったけど、
どうにか採れました。


もちろん、コシアブラご飯ね!
190501006.jpg

画像編集していたら、去年か一昨年か、似たような写真があって・・・
もう去年の写真を使いまわしても分からないんじゃないか?とさえ思う。

ミーチルは伸びて寝ております。
190501007.jpg
ミーのお腹のあたりの毛布の下には湯たんぽがあります。
私が横になってたらミーとチルに場所を占領されてしまった、の図。
カワイイから許す。


パソコンの動きが悪くて立ち上げるのが億劫になります。
スマホからの更新は画像加工が分からないのでできないのです。
という言い訳をしてしまいますが、
更新ままならないブログをお読みいただきまして、
いつもありがとうございます。

嬉しいね!

先週末のアンナイカンナイは賑やかでした~!

ライザお嬢様。
190326005.jpg

いい笑顔です。
190326001.jpg

イケメンさらら君。
190326002.jpg

アゴ。
190326009.jpg


文太とも再会させていただきましたよ。
190326003.jpg


文太にハスキーパンチをお見舞いするさらら君!
190326007.jpg
でもこのあと、ライザちゃんに怒られていたさらら君。


北犬カラーをお買い上げいただきまして・・・

ライザちゃんは、赤に小花のレトロ布。
190326006.jpg
黒い毛色に赤が映える!


さらら君はシンプルなブラウン。
190326008.jpg
落ち着いた雰囲気がさらら君に会ってるなぁ。


ふたりとも似合ってる~。
嬉しいわ~。


サイズ調整するママを見上げるさらら君。
1903260099.jpg
「おっ、新しいカラーっすか♪」


ありがとうございます!
是非、ご愛用くださいませ~。



さて。
三味線レンタル屋さんに、
「そろそろレンタルを卒業して、マイ三味線を持ちませんか?」
とセールスされました。

せめて撥だけでも、my撥、いかがですか? 
レンタルのとりあえずの撥とは違って、弾き心地とか音色もだいぶ違いますよ!

だってさ。

そりゃmy三味線、my撥欲しいけどねぇ。
マネーがねぇっす、とお断りした数分後、

撥をするっと床に落として欠けてしまいました・・・。

こうなると定価の7掛けで買い取りだそうな・・・えーん。
そのうえで、別の撥を貸してくれるのだと。

ただし、my撥をお買い上げいただくのなら、欠けた撥代は戴かず、
my撥の代金のみで大丈夫です。とのこと。
撥はだいたい2万~3万円ぐらいだそうな。

こんなタイミングで撥を落として割るってことは、
my撥、買えっていうメッセージなのかも?!

と、一瞬、ぐらっときたけど、
ここはちょっと冷静になって・・・


結局、欠けた撥を7掛けで買い取り、新しい撥をレンタルしてもらいました・・・。

190326004.jpg
これでも弾けるっちゃ弾けるんだけどねぇ。


レンタルの三味線も皮が少し剥がれてきてて、

「あー、湿気が原因かなぁ。皮の張り替えした方がいいですねぇ。」

と指摘されてしまいました。

レンタルとはいえ、メンテナンスも実費の7掛けを支払わなきゃいけないらしいのだけど、

「えっ?!実費払うんですか?! レンタル料にメンテナンス代入ってるんじゃなかったんですか?!」

と、私がものすごく驚いていたら、
 (だって本当にビックリしたんだもん。
最初の説明でメンテナンス代含むって言ってたような気がするんだもん。)

今回はサービスで無料で別の三味線と交換していただきました。

次もすっごい驚いて見せたら無料交換してくれるかなぁ、無理か。


皮が剥がれかけた三味線も、欠けた撥も、
これでも弾けるからいいんだけどなぁ~
なんて思ってたけど、
新しい三味線と新しい撥で弾いてみたら、ぜんぜん違う!
音色はもちろんだけど、弾き心地がいい。
(演奏が下手くそというのは大前提としても。)

良い三味線、良い撥で弾いたらさぞかしもっといい弾き心地なんだろうなぁ・・・
いつかmy三味線my撥を持ちたいものです。


今朝、ウグイスの鳴き声を聞きました。
まだ少しぎこちない鳴き声だったげと、春、なんですねぇ。

最近、慌ただしいので今日はノンビリしたい。

文太のウイニングラン

※まずは業務連絡です。
S君&Rちゃん一家のみなさん、北犬カラー製作しました~。
とりあえず、こちらのブログのコメント欄にご連絡先等々、
鍵コメにてお知らせくださ~い。






去年お世話になった職場で、今年もお仕事させて頂けることになりまして、
(ありがたいなぁ・・・しみじみ・・・)
まだ日数は少ないですが、先月からちょこちょこ始まってます。

昨日は出勤日で、
190306001.jpg
職場付近はこんな雪景色。

「雪が降ったので、道が悪かったらお休みでもいいですよ」
と、気遣いの連絡を頂いてたんだけど、
我が家の辺りはずーっと雨で、雪なんて全く降らなかったので、
えー、そんなに? と思っていたら、ホントに違った。
とはいえ、通常で言えば、これくらいの雪は当たり前なわけで。
今年が雪が少なかったから、おぉ~ってなってるだけね。



昨日の文太の、「本日のたからもの」
190306006.jpg
木の皮。


伐採業者の重機と文太。
190306003.jpg
重機って、カッコイイよね。


そしてなぜか、本日のたからものを咥えて、
190306004.jpg

重機の周りを、
190306005.jpg
ウイニングランする文太。


文太いーなーいーなー(棒読み)
190306007.jpg
文太 「いいでしょー♪でも見せるだけ」



さて、伐採といえば。

先日の朝、出勤前の旦那が、
「日本酒ある?」
と。

神棚用に日本酒は常備しているので、それでいいならどうぞ。
というと、

「いや、少しでいいから。」

聞くとその日は、大きな松の木を切り倒す仕事だそうで。

古い木、大きな木、これはと思う木を切り倒す時は、
キチンと日本酒とお塩で清めるんですね。
じゃ、塩も持っていかないとじゃないの?と聞いたら、
主に塩はお施主さんが、酒は業者が用意することが多いんだよなぁ、って。
なんででしょうねぇ?
こういう「お清め」は、業者も進んでやるんたけど、
大抵は、お施主さん(木を切り倒すことを依頼した人)の方から申し出ることが多い、とのこと。

ちゃんとお清めしないで切り倒した現場では、
お施主さんの身内が・・・とか、業者の一人が・・・とか、
やはり良からぬ事が起こっているらしくて、
そういう現実が実際に身近に起こっているので、
お清めをしないで切り倒すなんて怖くてできない、
と旦那は話していましたよ。

オレらも、ちゃんと考えてやってるんだよ。
木を切り倒すことに過剰反応する私に、
弁解するみたいにアピールする旦那。

だって田舎の人って、木を切り倒すのをなんとも思ってない人が多いような気がして、
だからこういう話を聞くと、ちょっとホッとするんですよ。
ちゃんとお施主さんからお清めしてくれって言うんだなーって。

ま、私からすると、小さな木でも切る時はお清めはしたいところです。
でも、業者はそんなことしてたら仕事が進まないのでしょうね〜。

日本昔話にそんな話がありますね。
「七本ひのき」 という話。
昔、この話をテレビで見た時、やっぱりな、と思ったものでした。


旦那の身に何か起こると困る悲しいので、
これからもちゃんとお清めはして欲しい、と思いましたよ。


で、これが持って行った日本酒。
190306002.jpg
少なくないか?大丈夫か?

文太なんやかんやいって・・・

文太はなんやかんやいっても、元気。

190228001.jpg


匂いチェックに忙しそうです。
190228002.jpg


こないだは、「ほんじつのたからもの」も復活。

これだ! ってくわえたのが・・・
190228003.jpg
ちっさいねぇ。


目が必死です。
190228004.jpg

よかったねぇ。いいことだねぇ。

巷では死ぬ死ぬ詐欺と言われてますけどね。


2月22日は「猫の日」で、
ふとスマホの待ち受け画面には、こんなゾロ目。
1902280099.png
思わずスクショしてしまった。
ブログという披露する場があってよかった。


我が家の猫、ミス&チルは元気です!
190228005.jpg


190228006.jpg


190228007.jpg


190228008.jpg


190228009.jpg

喧嘩するほど仲がいい、というのがぴったり当てはまるね、この2人には。
毎日、癒されております。

寒いのか?暖かいのか?

最近の文太は、散歩中に「たからもの」を見つけて拾う、
ということはしなくなっちゃった。

ま、今は文太が歩きやすい散歩コースを歩いているので、
たからもの(木っ端)があまり落ちていないってのもあるんだけど。

なので、私が見つけて、文太に

「ほれ、たかものだよ~」 

と渡してあげてます。
すると、嬉しそうに尻尾をゆっくり揺らしながらパクッと咥えて、
歩くスピードが少しだけ早くなる。
喜んでいるってことだね。


190206003.jpg







190206004.jpg


190206001.jpg


「文太いーなーいーなー(棒読み)」

といいながら、たからものを取ろうとすると、
顔を背けたり、さらに歩くスピードを早めたり、
私に取られないようにしてる。
動きは非常にスローモーだけども。
190206005.jpg

去年、文太が体調を崩してから、めっきり落ち着いて、
まき姐がいなくなったらさらにゆっくりしっとりした文太。

でも、正直、私からすれば、12歳、あれ、13歳だっけ?
この年になってやっと落ち着いてくれたわよ~
という感じ。
今までがガツガツし過ぎ。

よく、
「いつまでも少年の心を忘れない男」
とか言いますね。
は?
私、そういう男、キライなんで。
厳密に言うと、友達ならいいけど、身内は勘弁。


そう考えるとやっぱ裕さんって、
若い頃は相当やんちゃだったけど、いい大人になったら落ち着いた渋い男になってたから、
名前の通りだったんだなぁ、とつくづく思う。(←親バカ)
良太郎と天ちゃんと丼ちゃんは、最初から落ち着いた奴だったし。


三味線のお稽古、まだ続けてます。
なかなか上達しません。

私の三味線の先生は、たまに、超絶不機嫌な時があるので、
内心ビクビクです。
三味線が上達するために練習してるのか、
先生に怒られないために練習してるのか、時々分からなくなります。


練習してるとミーが膝に乗ってきます。

190206006.jpg

耳のすぐ横で雑音。
うるさくないんだろうか?

190206007.jpg

もしかして、こっちもミス&チルって名前の通り、音楽好きなのかも?!
ジャンル全然違うけど。