北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
現在は古民家を借りて暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事

プチキュウリ

今年、初めて植えてみた野菜。

ワシャワシャと茂ってるのは、

プチキュウリ。
17072602.jpg

苗のポットに刺さってるポップに、
「放任でよく育つ!美味しい!カワイイ!」
と謳われていて、つい惹かれて即買いしてしまった。

確かに本当に放任でよく育つし、
17072603.jpg
真っ先に実ってくれた。


こんなちっさいキュウリ。
17072604.jpg
かわいい。

が、「美味しい!」というのは・・・

そのまま食べるとなると、皮がちと硬いと思う。
中は普通のキュウリみたいにみずみずしいだけに、惜しい。


ので、最近、ハマってるコレ。
17072607.jpg
いつもの浅漬けの素より少し甘め。
なんとなくピクルス寄りで美味しいのですよ。


プチキュウリを30分くらいか?
軽く漬けると、皮も柔らかくなって、プチプチして美味しくなります。
17072605.jpg
ま、普通にピクルス漬けを作ればいいのですが、
浅漬けの素、ラクなんだもん。





という記事を書いたのは何日前だろう?
書いてるうちにだんだん具合悪くなってきて途中で断念。

毎日毎日暑い中、畑・花壇仕事でカラダが参ってしまったようで、
頭痛するしダルいしやる気が起きなくて。
もしかしたら軽~く熱中症かも?
と、家でノンビリゆっくりしてたら、もっとダル重~になってしまった。

なので、思い切って庭に出て、畑・花壇仕事して大量に汗かいたらスッキリした!

やっぱ暑いからと家にこもってるのも良くないな~
水分補給しながら汗かいて、体を動かした方が体調は良いみたい。
とはいえ、無理はしないように。

ど根性ユリ

大量のワラビをいただいたのは5月。



いつもは灰汁抜きして冷凍保存してたんだけど、
今年は塩漬け保存に挑戦してみた。
170713003.jpg
灰汁抜き後のワラビを大量の塩に漬けて常温保存。


それを先日、食べてみた。
170713004.jpg
美味しい~。
冷凍保存よりも、食感とか風味が残ってる!
これからワラビは塩漬け保存にしよう。


家の玄関に続く通路に、ユリ。
170716a.jpg
春に芽吹きはじめて、今日やっと開花。

ここは北西、屋根あり日照無し、建物の際で砕石土壌、
見かねて、栄養のある土を少し根元に盛ってあげて、
思いだした時に水やりをする程度、
という悪条件にもかかわらず、こんな立派な花が咲いた。
旦那いわく、去年は1輪しか咲かなかったのにね、と。
あら、去年も咲いたっけ?覚えてないや。

シュン!と通路に飛び出す形に伸びてきて、
支え棒をしようと思った頃には、もう茎が結構な硬さになっていて、
支え棒が逆に窮屈そうだったので、そのまま自由に成長してもらった。

170716b.jpg
ど根性ユリ。美しい。
時期がきたら移植しようか。それともここが居心地がいいのか。
どっち?


庭のマツムシソウは、こんなシックな色も咲いた。
170713001.jpg
どうやら色んな色が混ざってる種だったらしい。


本当に毎日暑い~。
暑いのでアイス~。
170716f.jpg
果物ゴロゴロで美味しい~。
でも一つが小さいから一気に3本は食べられる。

北犬にはツライ季節・・・ね、まき姐。
170716d.jpg
まき 「あたちにもアイスくれ。」

昨日は裕次郎の命日でした。
1年って早いな・・・。

本能ってすごい。

庭のセイヨウニンジンボクにセミの抜け殻。


すぐ近くの枝に、この抜け殻の主であろうセミもいて、
無事に孵化できたのねヨカッタね、でも今は鳴かないでねうるさいからね、
と思いつつ、庭仕事を初めて数分後。

後ろで ポサッ となにかが落ちる音。
よく見ると、さっきのセミが地面でモソモソ動いてた。
あら、落ちちゃったのか?大丈夫か? と見ていたら、
そのセミは体勢を整え、迷うことなくこっちに向かって歩き始めた。
なんだなんだ? なんでこっち? と考えてすぐ気づいた。

栗の木だ~。
170713semi2.jpg
赤○印がセミの抜け殻。
奥にある栗の木に行きたいんだね。

途中にはこの、私の庭仕事ベースがあるんだけど、
170713semi3.jpg

当たり前のように枕木の階段を上り、
170713semi4.jpg


170713semi5.jpg


170713semi6.jpg


170713semi7.jpg


170713semi8.jpg
迷うことなく、栗の木に向かって一直線。


真ん中にセミがいます。
170713semi9.jpg
木肌に同化してる。


この後もセミはぐんぐんと登っていって、
170713semi99.jpg
とうとう見えない位置まで行ってしまった。

なんか、感動した。
人間から見たら目と鼻の先にある距離だけど、
セミからしたら遠い道のりだろうに、
一番近くて大きな木に向かって、
迷うことなく一直線に。
誰が教えたんでもないのに。
すごいなぁ。
うまく言えないけど、なんだか感動してしまった。
ま、「飛べばいいのに」とも思ったけどね。
(孵化してすぐは飛べないのかな?)

虫で感動系と言えば、ホタルを見に隣町まで行ってきた。
一昨年、初めて見に行ったこの場所は、
ホタルが見られる名所として知られている。
ホタルもたくさんいたけど、観光客もそれなりにいた。
170713111.jpg

写真におさめるのは、
170713222.jpg


難しい~
170713444.jpg


真ん中に三つ光ってるのはホタルではないのですよ。残念。
遠くの畦道の、足元を照らすLEDライト。
ホタルを見に来る人のために設置してあるもの。
170713555.jpg
でも左下の小さな光はホタルの光。


で、この翌日。
ウチのすぐ隣りを流れる川にてホタル観賞。

170713333.jpg
今年も会えたね~。ヨカッタよ~。
名所ほどたくさんはいないけど、
家の隣りをホタルがフワフワと飛んでるなんて、ものすごく贅沢だと思う。
そしてもちろん、観光客もいないからゆっくり見られる。
どうか、このまま、ホタルが棲める環境を残してほしい。

今年の梅雨は雨が少ない。少な過ぎ。
水不足にならないだろうか、心配。