北犬一家


北犬4、南犬1、猫1、人間2で、
2009年に東京を脱出し
八ヶ岳南麓に移住。
古民家で暮らしてます。
登場動物
proyujiro.jpg
裕次郎♂
シベリアンハスキー
2002年11月21日生
団体行動より一人が好き
脱走命&喧嘩上等!
でも本当は一番優しい、
ナルシスト君
2016年7月15日永眠しました。


promaki.jpg
まきこ♀
アラスカンマラミュート
2004年11月25日生
群れ意識が強く一人がキライ
飼い主の言う事をよくきく
頼れる我が家のボス犬
我が強いのがたまにキズ


proryotaro.jpg
良太郎♂
チワワ???
2005年10月10日生
一番賢く腹黒い
規格外のデカいチワワ
誰とでも仲良くできる、
我が家の営業担当
2014年7月22日永眠しました。

prohiba.jpg
ひばり♀
ハスキー×マラミュート
2006年8月7日生
すぐ文句ブーブーよくしゃべる
行動が読めない不思議ちゃん
我が家のムードメーカー
癲癇発作の持病あり
2017年6月3日永眠しました。


probun.jpg
文太♂
アラスカンマラミュート
2006年1月1日生
3歳で繁殖犬を卒業し、
我が家の一員に
頭の中はいつでもお花畑♪
一番デカイけど一番ビビリな
元気いっぱいガサツな野郎


d.jpg
天♂
茶トラ猫
1995年8月くらいの生まれ
猫らしさがない猫
犬がキライでいつも逃げている
我が家の一番の古株動物
2012年2月5日永眠しました。


2.jpg
丼(どん)♂
サウスランドフェレット
2001年8月22日生
犬と対等に遊ぶ最強フェレット
大きい北犬にも負けません
2008年12月10日永眠しました。


コメント
カテゴリ
検索フォーム
paw
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事

ゆっくりと。

あっという間に過ぎる毎日。
気付けばもう11月半ば・・・。


仔猫たちはだいぶ慣れてきて、
撫でるとゴロゴロ喉を鳴らして、
抱っこすると人間のお腹の上でもスヤスヤと寝るようになった。

スマホカメラの自撮りで、起こさないように、そーーーっと撮影。
そう、スマホの自撮りって、生涯、使うことはないと思っていたけど、
こーゆー時にも使えるのね。



仔猫の寝てる籠の前に張りつくまき姐。
171115001.jpg

バリケンの近くで寝て、仔猫に無言の圧をかける北犬たち。
171115003.jpg

これらの写真は数日前に撮ったもの。
今ではここまで執着はしてないけど、

まき姐と文太と仔猫たちの初対面は、その場にいる全員、

ザ・緊張

とりあえず仔猫は犬に対してシャーーーーッだし、
文太はいきなりペロンパクッとかやるし、
なにより緊張したのは、まき姐の目がすわってたこと。
飼い主を前にした理性と、仔猫に対する本能がせめぎ合ってる感じ。

文太は、悪気がないとはいえ、チカラ加減が分かってないみたいだし、
仔猫が見えてないから踏んづけそう。
まき姐は、発作中のひばりを殺ろうとする本能を持つオンナ。
ひばりを襲う時の、あの本能丸出しのまき姐がもし出たら、
こんな小さな仔猫じゃ、とても助けてあげられないよ。


なので、仔猫が我が家に慣れて、機敏に動けるようになるまで、
北犬たちと仔猫たちは別部屋で生活、ということに。


とはいえ、仔猫もだいぶ我が家にも慣れてきたようなので、
少しずつ対面させてますよ。
ここ2~3日くらいは仔猫も北犬を前にしてもシャーーッとならなくなった。
まき姐の目も、いつもの「まきちゃん」になってきた。
文太は…相変わらずガサツで困るけど・・・

ま、この仔猫たちを保護してまだ10日目よ。
少しずつ、少しずつ、慣れていけばいいんじゃないかな。
仔猫も北犬も人間も。

仲良し

保護した猫はとりあえず元気。

いつも2匹一緒で、


くっついて寝ている姿は微笑ましいね~


縁側で自由にさせるために、置いてある物をとりあえず隅っこに寄せといたら、

171112002.jpg
その寄せた物の中で寝てた。
猫のために布を敷き詰めた籠を置いておいたんだけど、
その籠よりもこのガラクタの方がお気に入りらしい。

じゃれ合ってる仔猫って本当にカワイイねぇ。
171112001.jpg
こーゆーのを「癒される」って言うんだろうなぁ。

トイレの猫砂を置いたら、一発でトイレでしてくれた!
トイレが一番心配だったから、一安心・・・。
こんなちっちゃな仔猫なのに、誰も教えてないのに、
習性なんだろうけど、不思議だなぁ~。


なーんて、猫にかまけてちゃいけない。


こんな時こそ、我が家の先住民を、より大切に、第一に考えたい
171112004.jpg
家にいるとどうしても仔猫のことを気にかけてしまうんだけど、
散歩の時間は、私も犬も今までと変わらない時間が過ごせるので、
良い息抜きになってるんじゃないかな。


そう、思いがけず仔猫を保護して、生活リズムが変わっちゃって、
イマイチ気持ちが落ち着かないんだよね。
でも、犬達には負担にならないようにしたいな~

何が起きるかわからない

月曜日。
いつもの近所のお山に散歩へ行ったその帰り道、














仔猫を保護してしまった・・・。


散歩が終わって山道を走ってたら小さな動物が車の前を横切ったんですよ。
あ、仔猫だってすぐ分かりまして。

動物の親子連れにはよく遭遇する山道だから珍しくないんだけど、
だからこそ逆に、仔猫が横切るのが珍しくて、車を降りて確認。
やっぱり仔猫。二匹。
他には猫は見当たらなかったけど、
ま、そのうち親猫が迎えに来るだろうな、と。
ちゃんと合流できるといいね、生き延びてね、と声をかけて車に戻った。

それからガソリンスタンドに寄って給油して家に帰るつもりが、
やっぱり気になって仔猫のいた山道に戻ってみた。
同じ場所にさっきの仔猫二匹がいた。
ちょっと歩き回って他に猫がいないか探してみたり、
親猫の鳴き声がしないか耳を澄ませてみたりしたんだけど、
どうやらいないみたい。

ものすごく迷ったけど、カラスがいつもよりたくさん、近くで鳴いている気がして、
とりあえず今晩だけは連れて帰ろうと決めた。

翌朝、母猫とか兄弟猫がいないか見に行ってみたけど、いなかった。



ということで、今日に至ります。

日向ぼっこ。
171109002.jpg
この家は無駄に広いし、大型犬もいるし、フリーにするのはまだ怖いので、
使ってないバリケンの扉で蓋。


171109003.jpg
スヤスヤ。

171109004.jpg
あ、起きた。


この子は臆病で食も細い。
171109005.jpg
周りを気にしぃで損するタイプ。でも気が強いっぽい。まき姐タイプだな。


この子は比較的フレンドリーでよく食べる。
171109006.jpg
元気。文太タイプね。


今日、初めて指を嚙んでくれた。
171109007.jpg
仔猫が嚙むとこんなに痛いっけ?!


猫を飼うのは初めてじゃないんだけど、
なんならお産に立ち会ったこともあるし、へその緒を切ってあげたりしたこともある。
でも、親猫がいないこんなちっさい仔猫を飼うのは初めて。
どうしたらいいのかわかりまへん。


というか、夢中で保護したはいいけれど。。。
これからどうするんだろう。。。